ママひろば

子育てママたちに、さまざまなお役立ち情報を提供します。

半・田舎暮らしのシェアハウス

食品ロス削減ワークショップ (食事会とレシピ開発)

夏の夜空のページェント「ペルセウス座流星群」

2018-08-10 13:52:10 | Weblog

火星の大接近に続き、またまた夏の夜空の一大ページェント
1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並び三大流星群と言われている
ペルセウス座流星群が8月11日の夜から14日の明け方まて、とても見ごろとなるようです。

特に、今年は11日が新月なので12日とか13日のよるはとても見ごろの様です。
ちょうど、お盆休みの期間中ですし、機会があれば家族で観測会も良いですね。

何れの日も、21時頃から空が明るくなり始めるまでが、流星を見るのに適した時間帯との
ことですが、夜中の2時過ぎくらいの方がより多く見られるとのこと。

ちなみに国立天文台では「夏の夜、流れ星を数えよう 2018」というキャンペーンを実施していて
流星の観察報告を募集していますよ。
詳細は下記まで・・・
https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201808-perseids/report.html

 

(出典)国立天文台 https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201808-perseids/observe.html

コメント

この7月31日は、15年ぶりの火星大接近 !

2018-07-27 22:17:52 | Weblog

地球も火星も太陽の周りをまわっています。

地球の公転周期は365日、火星は687日で且つ地球と違って楕円形の軌道ですから
地球と火星の距離は一定ではありません。

地球と火星は2年2カ月ごとに接近していますが、その距離が6千万キロを切ると大接近といわれ
この大接近は、15年~17年ごとに起きるそうです。
平成15年には5576万キロで、実に57,000年ぶりの超大接近でした。

今年の大接近は5759万キロですから、超と言わずも結構な大接近ですよね。
次回の大接近は17年後 !  今回是非見ておきたいですね。

31日の夜は。南東の低い空にあり深夜にかけて上昇し南へ移動するそうで、
最も離れて見える時期に比べて約80倍も明るく、条件がよければも双眼鏡や小さな望遠鏡でも
表面の模様を見ることができるそうです。

ま、9月頃までは明るく見えるそうですから、31日に見逃してもチャンスはいっぱい ?

あつい暑い今年の夏の夜、ひとときを火星と過ごしてみては・・・。

(出典)国立天文台情報センター https://www.nao.ac.jp/astro/feature/mars2018/


コメント

今は盛りの夾竹桃 (キョウチクトウ)

2018-07-22 23:42:33 | Weblog

暑い暑い夏がやってきて、夏の花の「夾竹桃」も真っ盛りです。

インドが原産の花で江戸時代の中頃に日本に伝わったと言われています。
「夾竹桃」はとても生命力の強い花で、高速道路などにも植えられていますよね。

原爆投下後の広島の街に、いち早く夾竹桃が咲いたことから広島の市の花になっています。
広島では、平和公園を中心に市内のいたるところに夾竹桃が咲きほこっていますよ。
夾竹桃を見ると、夏の広島を思い出します。

ちなみに、夾竹桃には若干の毒性があるので、葉っぱを動物に食べさせたりするとダメの様です。
また同様に、夏のキャンプなどで、夾竹桃の枝で「箸」をつくり使うなんてのもだめです。

強烈な夏の日差しの中に、、、強烈に咲いている夾竹桃、、、

八木重吉もこんな詩を謳っています。

夾竹桃 (八木重吉)
おほぞらのもとに 死ぬる
はつ夏の こころ ああ ただひとり
きようちくとうの くれなゐが
はつなつのこころに しみてゆく

青空のもとに死ぬる
初夏の心、ああ只ひとり
夾竹桃の紅が
初夏の心に、しみていく

コメント

夏の美肌とやせ体質を手に入れる「酢パプリカ」

2018-07-11 22:47:10 | レシピ

緑黄色野菜の中でもトップクラスの抗酸化力をもつ「パプリカ」と
内臓脂肪を減少させ食後の血糖値上昇を抑える力のある食酢(酢酸)を組み合わせた
簡単な常備采の紹介が「日経ウーマンオンライン」に掲載されていましたのでご紹介します。

作り方も簡単で、一週間程度保存がきく「酢パプリカ」、、、
小腹のすいたときにも、ちょっとしたつまみ食いに最適なステキな一品です。

詳しくは
(1) 「酢パプリカ」で手に入れる夏の美肌とやせ体質
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/012200052/051900154/ 

(2)  切って付けるだけの簡単「酢パプリカ」常備菜にも
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/012200052/051900155/?ref=health-top-kanban

<材料>
「漬け酢」 水(200cc)+酢(200cc)+塩(大さじ1)+砂糖(お好みで) 量が変わっても、水と酢は基本1:1の比率
「パプリカ」パプリカは食べやすい大きさにカット

<作り方>
1. 食べやすい大きさにカットしたパプリカを保存容器に詰める。
2. 漬け酢の材料 (水・酢・塩)を鍋に入れて沸かし、最後に砂糖を入れて溶けたら火を止める。
3. 保存容器に詰めたパプリカに、2.の漬け酢を冷まして、ヒタヒタになるまで注ぐ
4. 蓋をして冷蔵庫へ、、、半日経つと味がしみ込んでくる。保存は約一週間。

漬けこむときに、ローリエとか黒コショウを共に漬け込むと違った味わいにもなるようです。

これは良いです !   簡単だし、栄養もあるし、夏にぴったりなレシピで気に入りました !!


(出典:日経ウーマンオンライン)

 

コメント

七夕のころ

2018-07-05 22:43:59 | Weblog

 

今年も七夕かやってきました。

五色の短冊 ━ 青(緑)・赤・黄・白・黒(紫) ━に願いを書いて
竹の枝がなくても、、、何処かに飾りたいですね。

七夕のころ (金子みすゞ)

風が吹き吹き笹藪の
笹のささやきききました。

伸びても伸びてもまだ遠い、
夜の星ぞら、天の川、
いつになつたら、届かうか。

風がふきふき大海の
波のなげきをききました。

もう七夕もすんだのか、
お空の川もうすれるか。 

さつき通つた旅びとは、
五色のきれいな短冊の
さめてさみしい、笹の枝 

 

コメント

日本小児学会のわかりやすい「こどもの救急」小冊子

2018-06-29 00:37:41 | ヘルスケア

日本小児学会が「こどもの救急」という症状別に対処法をまとめた小冊子を出しています。

印刷用原稿をそのままダウンロードして見ることができるようになっています。
下記の日本小児学会のWebに行き、利用規約に同意するとダウンロードして利用することができます。

http://kodomo-qq.jp/index.php?pname=dlconfirm04

 

内容は、
発熱(30℃以上)、けいれん・ふるえ、吐き気、せき・ゼェゼェする、腹痛・便秘
皮膚のぶつぶつ、下痢、おしっこが出ない、泣き止まない、意識がない、耳を痛がる
頭痛、誤飲、ウンチが変、鼻血、動物に咬まれた、蜂に刺された、やけど、不機嫌
の項目が掲載されていて、約20ページ。

各項目とも、症状をチェックするとツリー式に自動的に対処法にたどり着ける形式となっています。
DLして印刷しておくといざというときに役立つと思います。

内容の一部 (けいれん・ふるえ)のページ

 

 

コメント

こどもとおとなのワクチンサイト

2018-06-27 11:53:24 | ヘルスケア

日本医学会加盟団体の「(社)日本プライマリ・ケア連合学会」が、こどもからお年寄りまでの
全世代のワクチンや予防接種についての、全網羅的な情報発信サイトを開設されました。

ワクチンが定期接種になる前の世代の方の追加接種や妊婦や慢性疾患の方などの特別な状況の場合
や海外渡航前の必要なものなどが、掲載されています。

「ママひろば」でもブックマークしてありますが、
ぜひお手持ちのPCにブックマークされると良いと思います。

こどもとおとなのワクチンサイト https://www.vaccine4all.jp/

 

全ての年代での予防接種、ワクチンの必要性がわかる表もあります。

 

社団法人日本プライマリ・ケア連合学会は、
日本プライマリ・ケア学会、NPO法人日本家庭医療学会、日本総合診療医学会の三団体が合併して
2010年4月に設立された医学団体。

コメント

みんなでフードロス削減レシピをつくる !

2018-06-23 11:37:07 | Weblog

家庭での余り物食材と食材の使い切りで、レシピを開発し、楽しい食事会活動をしている
山梨県韮崎市のママたちの活動クラブ「NIRASAKIのこりものあった会」

昨年12月から毎月一回、みんなで余った食材をもちよったり農家から野菜の提供を
うけて、レシピを考え食事会をしながらのフードロス削減ワークショップを開催している。

6月の開催会では地元の中高生、大学生も参加し着実にその輪が広がっているようです。

この6月開催分から、食事会での料理レシピのサイトがオープン !

是非感想を送ってあげて下さい。

「食品ロス削減のレシピコレクション」 https://fsrecipe.jimdofree.com

 

コメント

アジサイ

2018-05-23 23:44:41 | Weblog

今年のアジサイは少し早めに咲き出しました。

ガクアジサイの方が先に咲き出している感じがします。

皆さんもそろそろ探し始めてみたらいかがでしょうか。


 私は姉さん思い出す (小川未明)

によう似に姿をば、
なんのかとわれると 
すぐには返答るけど。

ただ微笑みてものいわず、
うす青白世よに、
いまはぶかな。

にいろいろあるけれど、
燃えでない。
冷たでない。

はまだく、色淡く、
紫陽花くころに、
さん出だす。


(近所のマンションの生垣で見つけた)

コメント

雨降りお月さん 詩: 野口雨情

2018-05-22 00:10:21 | Weblog

野口雨情(明治15年~昭和20年)の作詞、中山晋平作曲で大正14年に発表された童謡です。

野口雨情は同時期に活躍した小説家、詩人と同様に多感で波乱万丈な人生だったようです。

なぜだか、この季節になると何だかこの童謡を思い出します。
少し物悲しいような郷愁をさそうような、、、

大正14年という大正デモクラシーの真っ只中で自由主義の風潮が加速していった時代ですが、農村はまだまだ貧困でした。
その後10年もしないで日本は又戦争に突入していくのですが・・・

そういう時代でした。


雨降りお月さん 雲の蔭(かげ)
お嫁にゆくときゃ 誰とゆく
一人で傘(からかさ) さしてゆく
(からかさ)ないときゃ 誰とゆく
シャラシャラ シャンシャン 鈴つけた
お馬にゆられて ぬれてゆく

いそがにゃお馬よ 夜が明けよう
手綱(たづな)の下から チョイと見たりゃ
お袖(そで)でお顔を かくしてる
お袖はぬれても 乾(ほ)しゃかわく
雨降りお月さん 雲の蔭(かげ)
お馬にゆられて ぬれてゆく

https://youtu.be/FFPei6yDzvg

コメント