小笠原日記

夫婦で小笠原に移住予定です。どんな生活が待ち受けているか?とりあえず小笠原の生活を綴って見ようと思います。

やっと僕にも

2017-02-20 05:22:19 | Weblog
先週末の土日、僕にとっては珍しく完全OFFの連休。

前回のブログの通り、土曜日の釣りは息子デー。少しはおこぼれ頂戴と、昨日の日曜日も桟橋での釣り。サビキのムロ釣りを選択すれば釣果は間違いないと思ったのだが、「ムロはもういいよ」妻の一言も有り、相変わらずの餌釣り。

今まで何度となく触れてきたが、もちろん本命はシマアジ、しかし昨年からの釣行を通じシマアジはもういないのかも、あるいはその数が極端に少なくなってきているにでは、と言うのが最近の僕の正直な心境。

それでもこの時期のオキアミでの餌釣り、「もしかしたら」と言うかすかな期待を心の隅に浮を見つめている。

昨日は定期船のハハマルが7時30分に母島へ向け出港、午後4時に帰港する。桟橋の空いているその間が釣り人に与えられた時間だ。

昨日の桟橋、釣行開始しばらくの間は僕一人ノンビリ釣りを楽しむ事ができたのだが、予想通り一昨日のムロ爆釣の情報が伝わっていたのだろう、時間の経過とともにどんどん釣り人は増え、最近にしては本当に珍しく20人以上の釣り人が桟橋に並んだ。

そしてこれまた予想通り、ムロは昨日も爆釣、昼前あたりからは桟橋の下に飼い付いてしまい、たらし状態でムロがポンポンと上がり、まるで釣り堀状態。昨日の釣り人の皆さん、バッチリの釣果できっと大満足した事だろう。

所で僕は、そんな様子を横目に一人、意地?の餌釣り(おそらく昨日の桟橋、オキアミの餌釣りは僕だけ)そんな僕に神様がほほ笑んでくれたのか、2キロほどのカンパチが来てくれた。前日の息子のそれに比べると一回り小ぶりだがそれでも十分。

強い引きとやり取り、そして釣果、これだから釣りは止められません。



昨日の桟橋、最近にしては本当に珍しい大混雑








そしてカンパチ(ヒレナガではなくホンカンパチ、と教えてもらった)





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ムロを呼ぶ男

2017-02-18 17:46:11 | Weblog
先週の休日は時化のおかげで大好きな釣りはできず、大きな付けを払わされてしまった。

完全OFFだった本日、もちろん昨日からオキアミを購入、ハハマルのいない桟橋で飽きもせずにシマアジ狙いの餌釣り。ちなみにハハマルは昨日入港したオガマルの接続便で母島へ、そして本日午後4時に父島へ戻って来る。

早朝から夕方まで心置きなく釣りが出来る。

夜明けがだいぶ早くなってきたとはいえ、朝6時の第一投、浮は薄暗い中で何となく見ずらい。そんな中釣行を続けるうち、たまたまOFFが重なった息子が登場。いつもサビキ釣りの息子が今日は珍しく餌釣り。

「シマアジ釣るよ!」と、気合十分。

しかし、そんな息子の最初のアタリはなぜかムロ。その後息子は急遽方向転換、タナを浅くしオキアミをコマセ代わりにしてサビキでのムロ狙い。なんとこれが大当たり、面白いようにムロが釣れ、トータル40本、大漁だ。

まさにムロを呼ぶ男だ。

そして、午後には釣れたムロを生餌に、カンパチまでゲット。

今日の桟橋釣りは、息子デー、参りました。


今日の桟橋






昼休み覗きに来たお嫁さんと




ムロ、この後クーラーボックスは一杯に




そしてカンパチ


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

つけの支払い

2017-02-14 05:44:48 | Weblog
前回のブログ投稿のあと数分後、ハハマルの運行予定を告げる防災小笠原の島内放送。

「ハハマルは午前11時出港予定。途中海況が悪い場合は引き返す事も。また母島到着、荷役作業終了後、直ちに父島へ向け出港。」

といった内容。

ハハマル出港後桟橋でムロ釣りでもと思っていたが、出港まで3時間近くあるし、釣りの途中でハハマルが引き返してくる可能性もある。そんな状況で無理して釣りしてもな・・・と言う事で、大好きな釣りは諦め、朝一で用意していたお弁当を持ってお散歩?へGO!

予想通り、前回の冬将軍がくれた思わぬ休日のつけを払わされる事に。

この日のお散歩、まずは最近ご無沙汰していたウェザーステーション。そして宮野浜、遊歩道を利用して、宮野浜~釣浜~長崎。ここからはいつもの夜明け道路を時計回り、途中中央山展望台へ寄り道、その後長谷トンネル先、農業センターで桜をチェック。浄水場の横を抜け、湾岸通り左手に二見湾を臨みながら我が家まで。

30分くらいのランチ休憩を入れて約6時間のお散歩。久しぶりに歩いた宮野浜~長崎までの遊歩道が意外にきつく、けっこう歩きでがあるな~と実感。残念ながら見晴らしの良い場所は強風で長居出来なかったが、たまにはこのコースも使えると今更ながら再発見。

実り多いつけの支払いでした。


そんな日曜日のお散歩


ウェザーステーションから 時化でクジラの発見は難しそう








ウェザーからの下り 二見湾には自衛艦






宮野浜








遊歩道から










中央山展望台から








長谷トンネル先の桜




農業センターの桜




扇浦




夕日スポットからの自衛艦




境浦上からの自衛艦









コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

冬将軍その2

2017-02-12 07:28:28 | Weblog
この冬二度目の冬将軍の襲来で、特に日本海側では交通機関にかなりの影響が出ているようだ。

昨日入港したオガマル、この冬将軍の影響で東京出港を一日遅らせるのではetc、先読み好きな一部の島民の間では、早い時期から噂話が盛んだった。

ネットの波予想ではオガマルの航路、波高5メートルの所も有り予定通り出港したものの入港は相当遅れるのでは、と言うのが島民の大方の予想。ところがそのオガマルなんと定刻10分遅れの11時10分、二見湾桟橋に無事入港。

ドック明けの新オガマル、ヤルジャン!

船員さんの話では、潮に恵まれ、波の方向も斜め横くらいのやや追い波だった事も幸いしたようだ。ただ途中大きなうねりを一発くらった時は相当な揺れだったようで、500名を超える乗船客の皆さん、さぞかしビックリした事だろう。

オガマルは無事入港したのだが、時化模様の小笠原近海、父島、母島間を運航しているハハマルはその影響で欠航。一応今日の午前11時頃までには出港予定らしいのだが、まだ波高4メートル位の時化状態、無事出港できるのだろうか。

現在岸壁にはオガマル、ハハマルが停泊状態。加えて言えば、一週間ほど前に入港した貨物船共勝丸も、出港できずに停泊中。

こんな時に怒られちゃうかもしれないが、せっかくのお休みの本日、釣りする場所が無いだよネ。ハハマルが無事出港すればその場所でムロ釣りでもと思っているのだが・・・

前回の冬将軍は思わぬお休みを一日プレゼントしてくれたが、今回の冬将軍にはどうやらその付けを払われそうだ。

話は変わるが、現在父島は水不足がかなり深刻。ダムの総貯水率は30%台まで落ち込んでいる。日本海側は大雪と言うのに、皮肉なものである。何年か前の夏の時期の渇水の時は、台風一発、一晩で貯水率が100%に回復したことがあったが、この時期さすがに台風は期待できない、それどころか、一年で一番雨の少ない時期だ。

昨日入港のオガマルが「海水浄化装置」なる物を積んできたが、船の揺れも有り、荷卸しは超慎重状態。

フル稼働で頑張って欲しいが、雨が無い事には根本的な解決は難しそう。

季節外れ、奇跡の大量降雨、まさに神頼みになって来た。


写真は金曜の夜、夕食にやって来た息子夫婦





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

最後の連休

2017-02-07 05:20:20 | Weblog
ドック明けオガマルの入港日、朝一でキーボードに向かっている。

半月以上人の出入りの無かったここ父島、今日のオガマルの入港でまたいつもの島の生活リズムが戻ってくる。夕方には、お店の店頭にもたくさんの品物が並ぶことだろう。

そして人も、乗船客数は500名越えとの事。

今便は不規則な運航で、一泊便。明日の3時半には竹芝へ向け出港する。勿論、優雅?に内地でバカンスを過ごした島民の方々の帰島もあるのだろうが、内地の旅行業関係の方々の来島も多いようである。

いずれにしても、我が家のお気に入り「不便ながらも静かな父島」は、オガマルドック明けとともに幕を閉じる。

先週の土日、僕にとってはそんな父島の最後の連休。

土曜日は、オガマルのいない桟橋で朝6時から餌の無くなる午後3時過ぎまで、シマアジ狙いの餌釣り。小潮にもかかわらず浮は思いのほか沈み、釣り自体は楽しめたのだが、シマアジはおろか、クーラーボックスは空での帰宅。

僕にとってオガマルやハハマルの運行を気にせず桟橋釣りのできるオガマルのドック期間、残念ながら今年もシマアジには縁がなかった。

翌日曜日、小学校の先生からのリクエストで、ご希望の先生方やご家族を妻と二人でハートロックへご案内。

小港園地9時集合、お子様も含め総勢15名の大パーティー。

一日を通して曇りの予報だったが、風も無く、お日様が顔を出す時間も多く、ハートロックからの絶景、そしてクジラ、帰路ではアカガシラにも遭遇。

この時期のハートロックツアーとしては、ほぼ満点と言えるくらいの楽しい一日となり、ご案内させていただいた我々もホッと一安心。

ドック期間最後の休日を、素敵に締めくくった。




そんなハートロックの一日


小港園地集合






北袋沢登り口







山歩き中!






ハートロック赤土の上で










ガジュマルの森






上り口に無事帰宅




帰路寄り道した農業センターの桜



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Happy Birthday & ぼくにも

2017-01-30 06:08:39 | Weblog
一昨日、1月28日は息子の誕生日、そして明日1月31日は妻の誕生日。

と言う事で、皆さんの都合が良かった28日の土曜日、息子夫婦を招いて合同誕生パーティー。とは言え、妻は自分で料理を用意し、おまけに昨年一区切りの還暦を超え、今更誕生日?主役はもちろん息子と言う事になるのだが・・・

その息子も30歳、我々も歳を取るはずだ。

しかし、いくつになっても息子は息子、せっかく近くに住んでいるし、こうして何かの節目に家族で一緒に食事をするのは楽しい事、そんな環境で暮らしている事に感謝しないとネ!

オガマルドック期間真っ只中、青物が無い時期にもかかわらず、この日のために妻が保存していた新鮮なお野菜も食卓を飾り、最後は洋ナシの手作りケーキで「Happy Birthday To You」

チョット 食べ過ぎた!

そして昨日の日曜日、早朝6時から桟橋でシマアジ狙いの餌釣り。

残念ながらシマは上がらなかったが、この島ではホンカイワリと呼ばれる(ネットで見ると、たぶんクロヒラアジ)ヒラアジを2枚ゲット。

餌釣りでは本当に久しぶりの釣果、僕にも誕生日プレゼントのお裾分け?

後は、シマアジですな。


一昨日の宴














昨日の桟橋 7時30分、母島へ向け出港する、ドック中のハハマルの代船ユリマル




途中ランチした前浜






釣果




PS
一杯の036ちゃん、MARI メールサンキューです。皆さんお元気そうで何より!みんな本当に素敵に年齢を重ねているな~と感心しました。僕も、南の島で頑張ります。

036ちゃん、なぜか画像が添付されていませんでした。またの機会に送ってください。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オガマル ドック入り

2017-01-22 05:23:54 | Weblog
昨日、大時化の中オガマルは東京、竹芝へ向け出港していった。二見湾の湾口を抜けるオガマルが、ウネリに刺さりブリッジまで真っ白い水しぶきを被った時には、心無い?島民から大歓声が上がっていた。乗っている人たちは、きっと大変なんだろうな・・・・

この便は所謂ドック便。

年に一度、この時期にドック入りし船の点検整備を行ってくる。次の父島入港は来月の7日、半月以上基本的に人の行き来は無くなる。貨物船の共勝丸がドック期間中一便入港の予定で、多少の物資も届くのだが、海が時化ればその運航予定も甚だ不確になってしまう。

そんなわけでこのドック便が入港した18日(水)は、恒例の買い物戦争?島の二大商店のレジはどちらも長蛇の列だったようだ。妻も両手に千切れんばかりの荷物を抱え買い物から帰って来た。

それにしてもあんなに重い荷物を両手に、よく自転車に乗れるものだ(我が家に車は無いので、移動は徒歩か自転車)、僕にはとても無理!主婦、恐るべし!!

いつもこのドック便の時期になると触れているが、妻と二人この島へ移り住んできたのがこのドック便。父島生活まる11年と言う事になるのだが、島での生活を重ねていくうちに、ドック期間中の物の無い生活も慣れれば何とかなってしまうし、人の出入りの無い一年で父島が一番静かな半月、ここ数年我が家では父島生活の中でこのドック期間がとてもお気に入りだ。

僕にとっては、オガマルがいないので桟橋での釣りも心置きなくマイペースでできるしネ。

さて本日も桟橋に座りますか。


写真は先週日曜日、強風で大荒れの日、お弁当を持って目的地を決めずに半日お散歩した時の物


久し振りに行ったコペペ海岸、大時化




亜熱帯農業センターの桜




強風を避けランチした農業センター内







コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

冬将軍がくれたもの」

2017-01-15 05:34:47 | Weblog
この時期、冬型の気圧配置が強まると、オガマルの運行に影響が出ることは間々ある。特に向かい風となる東京へ向かう便は、入港時間の遅れが発生しやすい。

8日(日)に父島を出港したオガマルも発達した低気圧の影響で、当初は入港5時間遅れとの情報、結果的には3時間の遅れで入港したようだが、相当な揺れだったことは想像に難くない。

そしてこの船には、内地への修学旅行に向かうオガ高の2年生と先生方も乗船、話によると、北海道へ行くらしい。

小笠原の島っ子達にとって、やはり【雪】と言うのは特別なものだろうからネ。

そして現在、この冬一番の寒気団の南下で日本列島は極寒状態。交通機関への影響etc注意を促すニュースが頻繁に流れている。

オガ高の修学旅行生達は、今どこにいるのだろう・・・北海道?雪景色を楽しむどころでは無いかも知れないが、思い出に残る旅行になると良いね。

所でこの寒気団の影響で、昨日14日父島を出港予定だったオガマルは、出港日を一日繰り上げ13日(金)に父島を出港。おかげさまで昨日の土曜日、僕は急遽完全OFFの一日。

冬将軍がくれた思わぬ休日。

朝一番は小雨が降っていたのだが、雲は多いながらもなんとかその雨も上がり、釣具屋さんが開店する8時に餌を購入、桟橋での釣り。

昨日は、久しぶりにムロ狙いのサビキ釣り。昨年10月からシマアジを狙い続けていたが、あまりにも反応がなく、ちょっぴり気分転換。

勿論シマアジを諦めた訳では無いのだが・・・

午前中は風の影響も少なく、ぽつりぽつりと浮は沈みムロ10本をゲット。久し振りの釣果だ。午後は風が強まり釣りにならない状態。それでも餌が無くなるまで頑張ったが浮は反応しなかった。

さて思わぬ連休となった本日、外は風がビュービュー。桟橋は消防団の出初式の予定があり、午前中釣りは、ブー!!どうしますかね・・・


昨日のムロ、僕にとっては久し振りの釣果



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

おせち料理とお年玉

2017-01-05 05:19:09 | Weblog
昨日から小学校の用務の仕事が始まり、僕の中ではいつもの生活のペースに戻りつつある。

しかし二日のオガマル出港の後が、特に島で観光業に携わる人々にとっては本当のお正月。昨日の昼休みも町のメインストリートは閑散としていた。

小学校も日直の先生が一人出勤しているだけで、僕と二人での仕事、まだまだ正月気分である。

そんな島のお正月も今日で終わり、今日入港予定のオガマルで内地でお正月を過ごした島民が、大挙帰島してくるはずだ。学校もにぎやかになり、中断していた工事関係の仕事も始まる事だろう。いつもの島の生活が戻ってくる。

さて我が家のお正月。元旦のハートロックツアーに続き、二日、オガマル出港の仕事の後は、息子夫婦を招いて妻の手料理に舌鼓。

基本的に洋食が多い我が家のメニューだが、お正月と言う事も有り、この日は和食。

おせち料理、と言う事ですな。

妻の実家(滋賀県)で初めて食べたときはびっくりしたあの懐かしいお雑煮も。白味噌ベースに鰹節をかけたもの、これが結構癖になる、僕にとってはすっかり食べなれたお雑煮の味だ。

相変わらず食べきれないほどのボリュームと品数、日本酒の杯も進み大満足の新春の宴となりました。

翌三日、僕も息子も正月最後のOFFの一日。

桟橋で待ち合わせ、初釣り。

息子はなんと3時起きとの事。6時前に僕が到着した時にはケミホタルで緑に光る浮をにらんでの釣行中。浮は沈むらしいのだが、外道ばかりらしい。

僕も準備を済ませ、早速初釣り。僕は沖アミの餌釣り、息子はコマセのサビキ釣り。

今年は珍しく穏やかなお正月、ポカポカ陽気の中(途中突然の雨はあったが)でノンビリ初釣りを楽しんだ。

そして息子にはお年玉、上げ止まりから一時間したころの10時過ぎ、トキアイが来たようでムロが入れ食い。暮れの娘との釣り収めに続きこの日はムロ25本をゲット。

どうやら息子はこのところムロとの相性はいいようで、釣り収め、初釣りと破竹の快進撃だ。

僕は相変わらずのブダイばかり。今シーズンンもシマアジは遠い。



二日の宴








息子夫婦とムロ


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2017-01-01 14:33:06 | Weblog
2017年、明けましておめでとうございます。

このブログを覗きに来てくれている皆様にとって、2017年が素敵な年でありますように。

我が家の元旦は、このところ恒例となっている妻とのハートロックトレッキングで幕開け。今年は妻の提案で、中央山での初日の出オプションを追加。

6時20分頃の日の出時刻に合わせ、わが家を4時45分に出発、夜明け道路を時計回り、懐中電灯の明かりを頼りにひたすら歩く。途中、初日の出見学のスクーターや車が次々と我々をパスして行く。

目的地、中央山への到着は6時を少し回ったところ、すでに山頂には初日の出ツアーの観光客や、島の人が約20人ほど。東の空には雲がかかっているように見えたが、水平線との間にわずかに隙間があるように見える。

やがて日の出時刻、太陽は水平線と雲との間にバッチリ昇って来てくれた。この島に来て初めて見る初日の出、今年は元旦から縁起が良さそう、かな?

無事初日の出ツアーを終え、そのまま辰巳道路経由でハートロックへ。到着はなんと8時ちょっと過ぎ、当然と言えば当然だが、無人のハートロック。観光ツアーはピックアップが始まる頃の時間だ。

到着時はうす曇りだったが、やがて元気なお日様が顔を出し、時間の経過とともにほぼ快晴に。

妻と二人2時間ほどノンビリ、そしてかなり早いランチetc元旦のハートロックを楽しんだ。

動き出しが速かったので帰宅は1時過ぎ、無事オプション付きのハートロックツアーを終え、キーボドに向かっているところだ。

所で、今回もう一つラッキーが。辰巳道路の遊歩道を入った所から始まり、帰路を含め計四か所で5羽のアカガシラカラスバトとばったり。最近その生息数は増えてはいるようだが、こんなにご対面したのは初めて。

今年は素敵な一年になるかもネ!


中央山、初日の出を待つ人々






初日の出






遊歩道途中、島の東側




絶景ポイント




ハートロックにて










そしてアカガシラ


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加