小笠原日記

夫婦で小笠原に移住予定です。どんな生活が待ち受けているか?とりあえず小笠原の生活を綴って見ようと思います。

寒い!!

2018-01-14 16:29:10 | Weblog
第一級の寒気団と冬型の気圧配置の影響で、内地では大雪による被害も出ているようだが、ここ父島でも昨夜から今朝にかけてはこの冬一番の寒さだった。

そんな寒さにもめげず完全OFFだった本日、やはりお休みだった息子と桟橋での釣り。

オガマル入港翌日の今日は、昨日オガマルとの接続で母島へ向かった【ゆり丸】ハハマルがドック中でその間の代船、が母島で一泊、本日4時20分父島へ帰ってくる。と言う訳で朝一から夕方までハハマルの岸壁で釣行可能。

まだ薄暗い早朝6時前岸壁へ到着、さすがに誰もいない、やがて息子も登場。

開口一番「寒っ!」

やや強めの北寄りの風が吹き荒れ、岸壁では後ろからの風となって釣りはしやすいのだが、夜明け前後の一番冷える時間帯と相まって、父島と言えども本当に寒い。こんな寒さの中早朝から釣りなんて、我々親子も相当クレージーだ。

いつものように息子はサビキのムロ狙い、僕はオキアミで一応大本命はシマアジ狙いの餌釣り。

息子の竿にはぽつりぽつり反応があり、ムロが上がった。僕の浮も沈むのだが、アカバ、オジサン、ブダイ、ショナクチetc所謂外道ばかり。

やがて息子は、釣れたムロを生餌に泳がせ釣り。するとしばらくしてその竿が撓った、上がって来たのはアオチビキ、島ではコケブリと呼ぶ魚、これはお持ち帰り、クーラーボックスへ。

その後今度は僕の竿に当たり、ドラグもちょっぴり出たし走る、もしかして大本命、久しぶりにドキドキしたが、上がって来たのは小ぶりなカンパチ。まあ本命ではなかったが、強い引きを楽しむ事が出来たし、餌釣りで久しぶりのクーラーボックスへ入る釣果、良しとせねば。

寒い中早朝から頑張ったクレージーな親子へのプレゼント、と言った所かな。

なかなか楽しい釣りだったが、それにしても本当に寒かった。



アオチビキ(コケブリ)








そして息子が釣ったムロ






久し振りのちびカンパ


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

宮之浜ランチ

2018-01-10 05:45:52 | Weblog
昨日1月9日、小学校では3学期の始業式。

僕は年明け4日から学校で勤務はしていたのだが、出勤している先生も一人か二人、本当に閑散としていて寂しい限りだった。これでやっと本来の小学校の賑やかさが帰って来た。

と共に、この時期ここ数年お決まりになりつつあるのだが、インフルエンザの流行。内地に帰省していた島民の方々が、ありがたくないお土産を島に持ち帰ってくる。

今年はどうなのだろうか、数人の生徒さんが休んでいるようだが、インフルエンザ感染による欠席が増えれば、学校運営にも大きな支障をきたす。差し当たって14日(日)に予定されている小中学校合同の餅つき大会の開催が心配される。確か昨年は、インフルエンザの流行で中止になった記憶がある。

インフルエンザの蔓延が無い事を祈るばかりだ。

さて内地は大荒れのお天気のようだが、昨日の父島は南寄りの風がドン吹き。おかげさまで暖かくてよいのだが、お昼休みの前浜ランチはとても無理。そんな訳で南寄りの風をかわしてくれる宮之浜でのランチを選択。

本当に久しぶりの宮之浜、予想通り強い南風をきちんとかわしていて、上空の雲の流れは速いのだが、デッキの上でゆっくりランチを楽しむ事が出来た。

何よりも幸いな事に、僕一人。


昨日の宮之浜












所で年末年始のお休み、そして一昨日の成人の日の休日まで僕の完全OFFの日は六日有ったのだが、多少の雨に降られたことはあったが、その六日間釣りを楽しむ事が出来た。

オキアミの餌釣りが4回、そしてサビキでのムロ狙いが2回。

残念ながら餌釣りでの大本命、シマアジの姿は全く見ることが出来なかった。例年だと「観光客が上げたよ」etc噂が伝わってくるのだが今年は全然。

桟橋付近にシマアジは回遊してこなくなってしまったのだろうか・・・・

サビキ釣りのほうはそれなりに釣果があった。特に6日(土)は午前中さっぱりだったのだが、午後2時過ぎからムロの群れがやって来たようで一時間くらいの間に21本をゲット。久しぶりにサビキ釣りの楽しさを満喫できた。


その時の思わぬ敵が、こいつ





たぶんカモメ?

一見かわいいのだが、釣れたムロを盗み取ろうと全然恐れることなく、ハリに掛かっているムロに一目散。追っ払っても全く動じない。僕がムロを針から外している隙に、コマセ袋に頭を突っ込んでいる。全く油断ならないやつだ。

おかげさまで本当に忙しいムロ釣りになった。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

初釣り&おせち料理

2018-01-06 06:41:34 | Weblog
前回のブログ投稿後、いざ初釣りと意気込んでいたのだが何と予想外の土砂降り。日の出の時間帯は明るかったので、初日の出ツアーの皆さんご来光は拝めたと思うのだが、その後の帰路は大変だったのでは、特に歩きや原チャリの皆さんは、元旦早々びしょ濡れ。気まぐれな小笠原のお天気の洗礼を、いやと言うほど感じた事だろう。

まあそれも楽しい旅の思い出の一つだネ!

さて出ばなをくじかれた初釣りだが、雨が止むのを待って9時頃からのスタート。その後回復したお天気、日差しを浴びながら息子と二人元旦の釣りを楽しんだが、釣果はサッパリ。

一日を通じてほとんど浮は沈まず、そんな中今年のファーストヒットは、ある意味予想通りのブダイ。勿論だがリリース、そしてクーラーボックスは空のまま寂しい帰宅。

余りの反応の無さに息子は「明日は止めた!」

そんな訳で正月の二日は一人桟橋に座った。この日は観光客も含め多くの島の顔見知りが竿を出してとても賑やかな桟橋、さすがお正月。

しかし前日同様浮の反応はサッパリ、あまりの静けさに一人また一人と竿をたたみ、午後になるといつもの寂しい桟橋に。しかし3時頃だっただろうか浮がペタッと寝た、所謂喰い上げた状態、そしてムロが上がった。群れが小さかったのかその後は余り続かなかったが、それでもトータル5本のムロをゲット。

お正月の初釣り、なんとか恰好はついた、かな・・・



だらだらの元旦初釣り





今年の初釣果






明けてお正月の三日、息子夫婦を招き家族4人で楽しい会食。

ほとんど洋食の多い妻の手料理だが、この日ばかりはお正月と言う事でおせち料理。

懐かしい妻の実家のお雑煮、白味噌、焼かないお餅、子芋etc、その上に鰹節、初めて食べたときはカルチャーショックだったが、今ではお正月に絶対欠かせない一品。

「今年も宜しく!」

と言う事で、おせち料理を楽しんだ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2018-01-01 05:33:58 | Weblog
このブログを覗きに来てくれている皆様、明けましておめでとうございます。

2018年が皆様にとって素敵な一年でありますように!!!

昨年の元旦は、妻と二人中央山で初日の出を拝み、その後はハートロック初詣と、一日中歩き回り、ある意味我家らしい一年の幕開けだった。この島に来て何度かトライしていたが、天候に恵まれずお預けとなっていた初日の出も、初めて拝むことができた。

さて今年の元旦、現在早朝6時前、こうしてパソコンに向かっている。

妻は朝一からお仕事、ハートロック初歩きだけでもと思っていたのだが、お互い歳を重ね長年の酷使に深刻ではないのだが、体の方から「少しお休みを」と言うメッセージを感じる今日この頃。

あまり無理して深刻なダメージになってもね、お互い体が資本の仕事だから、と言う事で今年はのんびりの元旦。

僕の年末年始のお休みは、小学校が29日から3日までOFF、オガマルの荷役が30日入港の3日出港。と言う事で29,31,1,2日が完全OFF。

まあ当然だが、釣りだね。

「橋本さん、シマアジは居ないよ」と言われながらも相変わらずシマアジ狙い、オキアミでの餌釣り。

29日はムロの群れが何度か訪れ、僕の仕掛けでも二桁をゲット。しかし釣り収めとなった昨日はサッパリ浮が沈まず、ウマヅラ(サウバハギ)2枚を釣り上げただけ。幸運にも?一枚は貰い手が付いてプレゼント。

それにしてもお寂しい釣り収めとなってしまった。

さて元旦の本日、このブログ投稿後、ハハマルの出港する7時半から桟橋で初釣りの予定。

何かクーラーオックスに入るといいのだが・・・・



29日の釣果





お寂しい釣り収めの桟橋





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

一足早いクリスマス

2017-12-24 05:58:02 | Weblog
21日(木)オガマルの出港日、翌日22日小学校の終業式を待たず多くの家族連れの島民がこの船に乗船、内地へと向かった。

故郷でのクリスマス、年末年始を過ごそうと、ややフライング気味の冬休みだ。おかげさまで終業式は生徒数が少なくやや閑散としたものになってしまったが、これも小笠原ならでは、という所だろうか。内地へのアクセスが、ほぼ週に一回しかないのだから致し方ない。

そんな出港日の日、皆さんの都合が良く、息子夫婦を招いて我が家で一足早いクリスマス。

この歳になってクリスマスですか?と言うご意見もあるかもしれないが、まあ何かの節目に家族そろって楽しくディナー、と言うのも良いものだ。何せ、僕は何もせず美味しい食事とアルコールを存分に楽しむ事が出来るのだから・・・・

こんな素敵な一時もこの先どれくらい楽しめるのかな、と言うお歳になって来たし、瞬間瞬間を無駄にすることなく毎日を過ごせればと思う。



そんな素敵な瞬間、一足早いクリスマス















そして完全OFFの昨日、休日の重なった息子と桟橋での釣り。

天気の良い休日、息子とノンビリ釣りと言うのも本当に素敵な瞬間だ、大事にしないとネ!

僕は相も変わらずオキアミの餌釣りでシマアジ狙い、息子はサビキでムロ、そしてそのムロを生餌に大物狙い。

朝6時から餌の無くなる4時過ぎまで、好天に恵まれ、サビキも餌釣りも浮は良く沈み楽しい釣行。

息子がムロを泳がせて大物を狙っている間は、僕が息子の仕掛けでクロ釣り、そんなことを繰り返しながらムロは二人で27本釣り上げた。残念ながら生餌に大物、そして僕の餌釣りにシマアジはお出ましにならなかったが、満足な一日だった。



昨日の桟橋








一足早いクリスマスプレゼント?


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の週末

2017-12-17 06:22:42 | Weblog
12月に入って父島は雨の日が多い。特にそういうバイオリズムなのか、週末になると雨雨雨と言うイメージだ。

そんな雨予報にもめげず、カッパを着込んで趣味の釣りには出かけている。

先々週の月曜日(週末ではないが)この日は展覧会の振休でお休み。前日オガマルは出港、平日で釣り人も少なく、そして大潮、カレンダーとにらめっこしながら、ずいぶん前からこの日こそはと期待していた一日。雨予報だったが前日から餌を購入、カッパを着込んで桟橋へ。

釣行開始頃はぽつりぽつりと来ていたが、その後雨は上がりやや明るい空。そしていつものオキアミの餌釣りの仕掛けに、ムロが反応、立て続けに5本をゲット。これはと気合が入ったのだが、再び暗くなってきた空から雨が落ち始め、やがて強い南風とともに豪雨。とても釣りをする状況ではなく雨宿り。

やがて上がるのではと2時間ほど粘ったが、一向に雨脚は衰えず、さすがに諦め、ほとんど使っていなかった残りの餌を泣く泣く海へ投げて、楽しみにしていた一日は終了。

続いて先週の日曜、この日も雨予報、カッパを着込んで桟橋へ。雨は降ったり止んだりで釣りは一日楽しめたのだが、浮が沈まず釣果はムロ2本。

そして昨日、久しぶりに晴れマークの付いた週末、そして大潮入り、今日こそはと桟橋へ。特に午前中浮はぽつりぽつりと沈んだが、オジサン、ブダイ、ギンダイ、ヨツバリ。午後は浮の沈みも渋くなり、結局クーラーボックスは空のまま4時過ぎに終了。

お天気は良かったのだが、なかなかうまく行かない。

オガマル出港中の日曜日の本日、またまた朝から雨。予定されていた団地の草刈りは来週へ順延、さてせっかくの休日だが、どうしますかね・・・


昨日の桟橋、久しぶりの好天








こちらは本文に関係ないが、先週木曜日に点灯式が行われた父島NO1のイルミネーション、クリスマスだネ!




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

展覧会

2017-12-03 06:31:37 | Weblog
   OGArt Ocean~とびこめ!アートの海~





12月1日、2日、3日の三日間小学校では展覧会が開催されており、本日が最終日、午後2時の終了となる。

今日はオガマルの出港日、荷役の仕事があり残念ながら僕はお手伝い出来無いが、一昨日は会場案内係、昨日はライブパフォーマンスの舞台裏でのお手伝いと、本当に微力ではあるがチョッピリ展覧会に参加させていただいた。

小学校では毎年この時期、学芸会と展覧会を隔年で開催している。

お爺さん用務員の僕、50年以上も前の自分の小学校時代の学芸会や展覧会、薄れかけたその記憶と比べようもない素晴らしさに毎年驚かされる。

今年も図工の先生を中心に先生生徒さん達の力を結集、素晴らしい展覧会となった。



ほんの一部をご紹介




































そして昨夜は、息子夫婦が内地休暇から島へ帰り久し振りのディナーへ。

内地の土産話に花が咲いた。














コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

チャリデー

2017-11-27 05:32:27 | Weblog
昨日はブログ投稿の後、予定通りアルプスのメンテ。

釣り道具を運ぶために取り付けた荷台、釣りだけではなく新しく加わったお気に入りの趣味、サップのパドルのラックとしても大活躍。長年の使用で錆が発生、パイプの一部に亀裂が入り、そこが切断される状況までになったしまった。とても頑丈なラックでまだ使えない事は無いようだが、転ばぬ先の杖、と言う事で新しいラックを注文、昨日その交換をした。

最初のラックはとにかく多くの荷物を積もうと頑丈なものを選択、しかし実際に使ってみると、多くの荷物を積むと当然重くなりバランスが悪くなりまともに走れないことが判明。そこで今回は、最低限の荷物が積め、より軽量なものを選択。おかげでよりコンパクトで、前回のラックに比べるとかなり軽量化につながった。


before





after






ずいぶんすっきりした感じだが、釣りにサップに僕の父島ライフのサポート、宜しく!



アルプスのレストアの後は、久しぶりに恋人ヴォーグとサイクリング。自宅のラックに置きっぱなしでは無く、たまには走ってあげないとね。色んな楽しみ方はあると思うけど、自転車やっぱ走ってなんぼ、でしょ!

本日はチャリデー!

何時ものように夜明け道路を時計回り、通称山のコンビニ、ビーコマで菓子パンと飲み物を購入、扇浦レストハウスでランチ。その後は洲崎、小港、夜明け道路を反時計回りで戻り、自衛隊から最後は久し振りにウェザーへ。

東寄りの風の風裏となり、暖かな西日の当たるウェザーで、i-podしながらのんびり海を眺めた。

久し振りのウェザーだったが、この場所も僕のお気に入りスポットと改めて実感。

人が少なく日差したっぷり、プラスi-podがあれば、僕は一日中でもここでノンビリできそうな気がする、僕にとってはそんな場所だ。



扇浦でのガソリン補給











久し振りのウェザー








ウェザーの激坂を上っても、息は上がるのだが汗があまり出ない、いつの間にかそんな季節に、もう今週は12月。

と言う事で我が家もクリスマスバージョンにマイナーチェンジ。











コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

立入禁止

2017-11-26 06:11:34 | Weblog
工事が始まるという噂だけが先行していた感のある青灯台、その工事が遂に先週から再開され、青灯台には立ち入り禁止の看板と厳重なバリケード?


こんな感じだ












来年の3月15日まで青灯での釣りはできない事になる。

桟橋に比べると高さが低く魚の取り込みも楽で、特にムロの魚影は濃いような気のする青灯。父島における釣りスポットとしてその人気はナンバーワン、休日は多くの釣り人で賑わう。

僕はその賑わいがどうも苦手で、どちらかと言えば桟橋での釣行が多い。しかし青灯が立入禁止となれば、当然釣り人は桟橋へと移動してくる。

勤労感謝の日で休日の先週木曜日、オガマル出港中の岸壁は雨予報のお天気にもかかわらず、久し振りに多くの釣り人で賑わった。

こんなに人の並んだ岸壁は本当に久しぶり。





僕もそんな釣り人の中に混じり、相変わらずオキアミの餌釣りでシマアジ狙い。

幸い天気予報は良い方に外れ、向かい風は強かったが降雨は無く一日釣りを楽しんだ。浮は適度に沈み、特に午前中はムロが回って来たようで餌釣りの僕の仕掛でも5本をゲット。釣り人が増え皆でエサを撒けばお魚も寄ってくるかもしれない。シマアジのお出ましにも期待したい。

そして昨日の土曜日、僕は完全OFF。

一昨日入港したオガマルの接続便で母島へ行ったハハマルは、母島一泊、翌日夕方4時に父島へ帰ってくる。

つまり昨日は朝一から夕方4時まで、ハハマル岸壁での釣りが可能だ、ただし相変わらず岸壁の下はダイバーが潜水作業中ではあるが・・・

工事関係の方々と友好関係?を保ちつつ、早朝6時の第一投から餌の無くなる3時過ぎまでの釣行、勿論狙いはシマアジ。

小潮にもかかわらず浮はぽつりぽつりと沈み、合計八目を釣り上げたが、クーラーボックスの中は小ぶりなホンカイワリ(クロヒラアジ)一枚。

シマアジは遠い・・・・


昨日の釣果






さて本日も完全OFFの日曜日だが、今日は釣りは無し。今便のオガマルが内地から部品を届けてくれたので、日常の足アルプスのメンテナンス。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

一年ぶり

2017-11-12 06:16:25 | Weblog
今便のオガマルは、この時期にしては珍しく500名オーバーの乗船客。と言うのも、その内の200名以上が高校の修学旅行のお客さん。

街は若い学生さん達であふれ、とても賑やかだ。今便のオガマルお天気にもまずまず恵まれ、高校生の皆さんにとっては、きっと思い出深い修学旅行になる事だろう。

実はこのオガマルで娘が島へ帰って来た。お仕事での帰島、しかも一便と言う事で滞在期間中は忙しく飛び回り中々ゆっくり話す時間も無かったのだが、昨夜は息子も交え一年ぶりに我が家でディナー。

そんな昨日、「お姉様に島魚食わせてやろうぜ」と言う事で、日帰りの仕事で母島へ向かった娘を見送った後、岸壁で息子と釣り。

所が釣りの準備を始めていると、工事関係と思われる方が

「この岸壁の下ダイバーが潜ってこれから作業します。まあ釣りはしてもいいんですが、魚いないと思いますよ」

だって!

テンションは一気に下がってしまったが、気を取り直しての釣行。息子はムロ狙いのサビキ釣り、そしてムロが釣れれば生餌で大物狙い。僕は相変わらずのオキアミの餌釣りで大本命は勿論シマアジ。

工事関係の方の忠告に反し、小潮にもかかわらず浮は結構沈み思いのほか楽しい釣り。生餌の大物は不発、そしてシマアジもお出ましにならなかったが、娘に島魚を味合わせてやれるだけの釣果は十分に上がった。

そして夜は、楽しいディナー。



昨日の釣果、一番上のデカムロは、久し振りのビックサイズ





釣れたてムロのポキと楽しい一時












また帰っておいで、次はシマアジ!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加