小笠原日記

夫婦で小笠原に移住予定です。どんな生活が待ち受けているか?とりあえず小笠原の生活を綴って見ようと思います。

一足遅い夏休み

2018-09-18 05:31:45 | Weblog
世の中一般的には三連休だった先週末、土曜日はオガマルの入港日で荷役作業、日曜日は妻と二人、スポットでアパート空部屋の清掃のバイト、と言う訳で僕の完全OFFの日は昨日一日。

前日からコマセ2ブロックを購入、母島へ向け7時30分出港したハハマルの岸壁で、ムロ狙いのいサビキ釣り。

途中ランチ休みをはさみ餌の無くなる夕方3時まで頑張ったが、浮が沈んだのはたったの5回、ブダイ一、ヨツバリ(アイゴ)一、そしてアイッパラ(スマカツオ)三本。

本命ムロの気配は全くなかったが、今シーズン初のアイッパラが上がり良しとせねば。例年夏休みが始まるいころチビッパラと我々が呼ぶ小型のものが上がるのだが、今年はもう9月も半ば過ぎ、その分サイズもアップはしているが、一足遅い夏休みだ。

そして夜は今日出港のオガマルで、こちらも一足遅い夏休み、内地へ向かう息子夫婦と、たまたま同じ船で内地へ向かう息子夫婦の親友、我々夫婦もお馴染みのNチャンK君を招き楽しい宴。

若い人たちとの宴は本当に楽しいし、今日から旅立ちと言う事で当然ハイテンション、大いに盛り上がった。

今が一番いい時だネ、大いに楽しんで。行ってらっしゃ~い!



今年初のアイッパラ(すぐ絞めているので見栄えが悪い)よく走り久し振りの手ごたえ





宴前





そして楽しい一時





コメント (1)

サップ&前浜スイム

2018-09-12 06:32:22 | Weblog
ネットの台風情報では900hPaくらいまで発達しそうな台風22号、どうやらこのまま西に進みそうで、幸いにもここ小笠原に大きな影響は無さそう。そして昨日には台風23号も発生、こちらも日本への影響は無さそうだが・・・

振り返ってみると今年ここまで、父島は台風による直接の被害を受けることはほとんどなく(この先まだ分からないが)それは大変ありがたい事なのだが、毎週のように発生する台風の影響で凪の日が本当に少なかった。

特に僕のOFFの日に、快晴無風ベッタリ、と言うコンディションとぶつかる日が全くと言っていいほどなく、気が付けばもう9月半ば近く。

例年だとよく楽しんでいた早朝サップ、そして夕方のサップもほとんどできず、パドリングした日はほんの数日。そして昼休みの前浜スイムも、海が悪かったり耳の具合が悪くドクターストップなどがありとんとご無沙汰。

このまま夏が終わってはと、先日オガマルの入港日荷役作業の後重い腰を上げ扇浦へ、台風養生で外しておいたフィンの取り付けから始まり、本当に久しぶりにパドリング。お決まりの湾口の赤ブイを回るコースで約一時間、のんびりサップを楽しんだ。

そして一昨日の昼休み、耳への点耳薬がなくなればそのまま様子見、と言うドクターのお言葉、スイム解禁と勝手に解釈、こちらも久しぶりに前浜スイム。水温はまだまだ温く透明度はもう一つだったが、やはり昼休みの前浜スイムは僕にとって贅沢なひと時。

せっかく父島で暮らしているのだから、特に夏場はボニンブルーを楽しまないとネ!



ちらは土曜の岸壁、早朝ムロ釣りしてたら新富士丸が着岸。それまで2本新ムロが釣れていたのだが、船の着岸で場所を移動した途端浮が沈まなくなり終了、そんな日も有ります。





釣りの後は最近の定番、境浦の妻と合流、ノンビリタイム。


















入港日、夕方の扇浦。








そして久しぶりの前浜。








コメント (1)

65回目

2018-09-02 05:43:14 | Weblog
9月最初の日曜日、オガマル入港日の朝パソコンに向かっている。

猛烈な台風にまで発達した台風21号、一時は今日入港予定のオガマルの運行が心配されたが、幸いにも台風の進路とスピードがオガマルに味方してくれたようで、現時点ではどうやら予定通りの運行になりそうである。

しかしこの21号、前回の20号と同じようなコースをさらに発達した状態で進みそうで、内地に大きな被害が無い事を祈るばかりだ。

所で一昨日の8月31日は僕の65回目の誕生日、以前このブログでも触れたが、必要であれば介護保険のサービスが受けられる、そんな年齢になってしまった。

勿論そんなサービスを受けるつもりは毛頭ないし、そうならないよう日々の生活の中で努力は怠らないつもりでいる。

しかし65回目の誕生日の当日、不本意にも歯医者さんと診療所のダブル受診と言う、厳しい現実(ちょっと大袈裟かな?)を突き付けられる日となってしまった。

歯のほうは、何年も前にブリッジにしてもらった部分の具合が悪くなり、取り外して現在処置中、診療所のほうは先々週当たり急に右耳が聞こえなくなり受診、突発性難聴などではなく、外耳炎の膿等がたまってのものだろうと言う事で、一昨日の3回目の処置で無事聞こえるようになり、現在一応様子見。

どちらも大事に至らず、やれやれと言った所だが、これからは体のあちこちで益々不具合が起きてくるのだろう、上手に付き合っていくしかないネ!



一昨日の誕生日、息子夫婦と宴









昨日のOFF、妻と境浦でまったり





コメント (1)

ダブル台風

2018-08-26 06:31:14 | Weblog
同じ様なコースをたどった台風19号20号、幸いここ父島への被害は全くと言っていいほど無かったのだが、内地の方々は本当に大変でしたね。

どうやら今年の傾向になってしまったようだが、近づく台風に備え台風養生、しかし台風は島の東側を通過したり(西側に集落のある父島では、台風が東側を通過すると比較的被害が少ない)西側の遠くを通過したりで、雨風ともさほどでもないというパターン。そしてオガマルは、その台風の間隙をぬって海況が悪ければ引き返すという条件付きでの出港、結果的にはなんとかダイヤ通りの運行を続けてきた。

しかし、この夏着発運航最終便となった21日竹芝出港予定のオガマルは、台風20号の影響による海況不良が予想されるため、この夏初めての欠航となってしまった。

そして運航スケジュールの変更、本日26日(日)父島入港、29(水)父島出港予定のオガマルは、本日着発運航、そして29日も着発運航となった。

欠航となった船で内地へ戻る予定の観光客の皆さん、今日の船で帰れないと大変な事になってしまうからネ。それでも滞在が三日も伸びて大変だったと思うけれど、それをラッキーと捉えられるかどうか、それぞれのご事情もあり難しい所だが、いずれにしてもこの時期の小笠原旅行はハイリスクである。

さて、次々とやって来る台風のおかげでさえない週末が続いていたが、昨日は久し振りに晴れの一日。

朝一、桟橋での釣り、昼前から境浦の妻に合流、貴重な休日を楽しんだ。

釣果はムロ3本、ササヨ1とかなり渋かったが、ムロもササヨも引きと入り手があり、知り合いの釣り師にプレゼント。



朝の桟橋、7時30分、ハハマル出港。











そして境浦











コメント (1)

盆踊り

2018-08-11 05:56:36 | Weblog
この時期の父島、毎年サマーフェスティバルと呼ばれるイヴェントが目白押し。

そんな中でも、盆踊りはメインイヴェントの一つ。今年は7日(水)8日(木)の盆踊り練習会に始まり昨日、今日、明日の三日間が本番。そして本日は盆踊りの途中に花火大会が加わる。

この島へ移住してきて最初の夏の盆踊り、当時まだ大学生で島へ遊びに来ていた息子と練習会から参加、そして本番三日間、スタートからラストまでほぼ休みなく踊り狂った記憶がある。

花火大会も、首が痛くなるほど真上に上がる綺麗な花火を、押し合いへし合いすることなく、妻と二人持ち込んだ折りたたみ椅子に座り、僕はBEERを片手に特等席でのんびり楽しんだものだ。

時の流れとともに、そんなイヴェントとも遠ざかるようになり、最近夜は全くと言っていいほど出歩かなくなってしまった。

そんな盆踊りの会場、お祭り広場、まだ開演2時間ほど前だったが、昨日夕方のウォーキングの途中チョッピリ覗いてみた。

と言うのも昨年から息子夫婦が、この盆踊りに夜店を出し、春巻きとワッフルの販売をしていて、どんな様子か興味津々、親心と言った所だ。

準備に忙しそうで、お邪魔しないようにサクッと撮影、すぐ退散した。



まだ人もまばらな盆踊り会場











息子夫婦の出店














沢山売れるといいネ、マッ楽しんで!

コメント (1)

介護保険第1号被保険者

2018-08-08 08:12:15 | Weblog
先日村役場から大きな封書が届いた。開けてみると、今月65歳の誕生日を迎える僕は介護保険の第1号被保険者になるというお知らせと、諸々の説明書、納付書、被保険者証etcが同封されていた。

実はこの島へ移住してくる前、内地では介護保険サービスを提供する側の仕事をしていて、介護保険のお勉強も随分とさせていただいた。介護保険が創設されてから20年くらいたつのだろうか、制度的にも多くの改善がされ、介護保険も当時とはずいぶん変わっているのだろう。

詳しい事はお勉強しなければいけないのだろうが、サービスを受けられる側の立場になるとは・・・・時の流れを感じずにはいられない。

そういえば最近体のあちこち不具合だらけだ。出来る事なら介護保険のお世話になる前にポックリ逝きたいものである。

さて今日はオガマルの入出港日。

ブログ投稿途中に流れた防災小笠原の防災無線は、午後1時、670名の乗船客とともに入港予定、そして台風の影響を避けるため出港を遅らせ、午後7時の出港予定を告げていた。

その台風13号、前回の台風と同様父島の東離れたところを通過したようで、島には全く影響なし。そしてオガマルは海況が悪ければ引き返すという条件付きでの出港。どうやらこの夏はこのパターンで決まりですかネ?

この後関東地方は台風の影響受けそうで、被害の無い事を祈るばかりだ。



写真は妻とマッタリを楽しんだ先週日曜の境浦。この日はカヤックのガイドさんが4組、そして海遊びを楽しむ観光客の皆さんと結構賑やかだった。


















そして今朝、小学校のチャボの世話(今日は当番だった)をした後、久し振りに立ち寄ったウェザー。海ツアーのスタッフの方々が海チェックに来ていた。











コメント (1)

やっと釣れた

2018-08-01 06:11:24 | Weblog
先週の日曜日、前日からコマセを購入、桟橋でムロ狙いのサビキ釣り。

数日前に新ムロが上がったという情報も有り、日曜日と言う事で、桟橋は多くの釣り人が並ぶ事が予想された。

ムロは島を代表する魚で、桟橋や青灯では人気ナンバーワンの対象魚だからね。

所が桟橋に到着すると釣り人は一人、荷役仕事の同僚で名人のJ。

台風の後と言う事で、海は濁っておりごみ等の浮遊物も多く、ムロ釣りには決していい条件では無い中、よもやま話をしながらの釣行。

一時間くらいたったころだろうか、「橋本さん来たよ」さすが名人、新ムロにしてはまあまあのサイズの綺麗なムロを釣り上げた。その後すぐに僕の浮も沈み、今シーズン初のムロをゲット。

そしてほんの短い時間だったが入れ食い状態になり、一瞬ヒートアップ。その後はぽつりぽつりと浮が沈み、トータル17本のムロをゲット。

本当に久しぶりにクーラーボックスにお魚が入った。

名人が寄せてくれたムロのおこぼれ頂戴と言った所かな。

僕は仕事だったのだが、翌日の月曜日は大爆釣、名人は76本釣ったとの事。

そして昨日、仕事が休みだった息子も参戦、40本ゲット、途中釣り堀状態になり、つまらなくなってエサを撒いて帰ったらしい。

今週の日曜日、桟橋は凄い状態になりそうだ。

釣れだすとあまりに極端、もう少しノンビリ釣りしたいのだが・・・・



久し振りの釣果


コメント (2)

台風とオガマル

2018-07-29 05:43:34 | Weblog
このブログ投稿中の現在、台風12号が内地で猛威を振るっているようだが、大きな被害が出ないことを祈るばかりだ。

さてその台風12号、27日(金)午後には父島最接近、一時は直撃もと言う事で島内全域万全の養生でその接近に備えていたのだが・・・

僕はいつもの自転車出勤は止め徒歩での出勤、幸い小学校に到着するまで降雨は無く、持参した折りたたみ傘のお世話にならずに無事出勤。その後激しい雨が降ったり止んだりはあったが風のほうはそれほどでもない。

その後も小康状態は続き、台風が最接近しているはずの午後から夕方にかけても風雨は一向に強まることもなく、いつの間にか台風は通過してしまった。

当初の予想より島の東側のかなり離れたところを通過したようで、主に島の西側に広がる集落地帯には影響が少なかったようだ。チョッピリ拍子抜けと言った感はあったが、被害が無いに越したことはない。ラッキーだった。

所で25日(水)オガマル着発運航の日、まだ台風にはなっていなかったがのちに台風になるであろう低気圧のその後の動きと、28日(土)のオガマルの運行が島では大きな話題になっていた。

島の人々の大方の予想は、島を直撃した後勢力を保ちながらオガマルの航路を北上して行くであろう台風とオガマルの運行日時と航路がもろにぶつかり、間違いなく次ぎ便は欠航、と言うものだった。もしそうなれば25日の船で来島し28日の船で帰る予定の観光客の皆さんの帰りの足が無くなってしまう。

27日竹芝出港予定の船の運航決定は26日との事、その船で帰る予定の観光客の皆さん、25日父島到着と同時にその船でとんぼ返りするか次便の運航にかけるか、苦渋の決断を迫られることになったしまった。

次便が欠航になった場合旅行日程の延長はとても無理、と言う事でやむなくとんぼ返りした観光客の皆さんも結構いらしたようである。

そしてなんと27日竹芝出港のオガマルは「エッ来るの!」と島民がビックリした決定、途中海況が悪ければ引き返す、という条件付きでの運行となった。

そのオガマル、昨日28日予定より一時間半遅れたとは言うものの400名を超える乗船客とともに12時30分二見港に無事入港、そして予定通り3時30分、東京竹芝へ向け出港して行った。

メデタシメデタシ!

それにしてもこの時期の小笠原への旅は本当にハイリスク、せめてハイリターンがあればよいのだが・・・・

それは人それぞれ。

オガマルの今後の順調な運航を祈るばかりだ。



昨日、岸壁のオガマル











コメント (1)

Summer Vacation

2018-07-22 05:47:02 | Weblog
先週の金曜日、小学校では無事終業式を終え、生徒児童さん、そしてきっと先生方もお待ちかね、夏休みの始まり。

この夏10便続くオガマルの着発運航第一便の昨日、里帰り、家族旅行、ヴァカンス、お仕事?それぞれの期待に胸膨らませた多くの島民が、内地へと向かった。

この所テレビのトップニュースで必ず報じられる猛暑、涼しい小笠原?の穏やかな気候にすっかり慣れてしまった島民の皆さん、どうか暑さ対策を忘れることなく、ご自愛なさって内地での生活を楽しんでください。

夏休みと言っても僕の生活にさほど変化がある訳ではなく、小学校の用務の仕事は一か月15日、そしてオガマルの荷役の仕事がこの夏は週二回、水曜と土曜の着発運航。完全OFFの日が日曜日と言う繰り返し。

先日、ある若い先生から「たまにはお休み取って旅行とか行きたくなりませんか?」と聞かれたのだが

「こんなこと言ったら怒られちゃうけど、往復三時間以上かけ通勤、真夏でもスーツにタイでデスクワーク、それに比べたら今の環境は毎日がヴァカンスですよ」

これが偽らざる心境である。

さて完全OFFの本日、この後午前中は桟橋で釣り、午後は境浦の妻と合流、まったり涼しい小笠原を満喫の予定。

所で釣りのほうだが、この所餌釣りは諦めサビキでのムロ狙い。そろそろ湾内に入ってくるだろう新ムロを狙っているのだが、先週の海の日はサッパリ、ヨツバリ6にブダイ1、歴史の勉強はまだまだ続く(ムロ町時代、島の釣り仲間の間でよく使うフレーズ)


先週海の日サップに行った扇浦から、久しぶりに入港した、にっぽん丸。





帰路、屏風谷から





コメント (1)

海の日の朝

2018-07-16 05:35:41 | Weblog
今日は海の日と言う事で嬉しい祭日、一般的には三連休の最終日と言う事だが、僕にとってはこの三連休唯一、完全OFFの日だ。

三連休初日の土曜は、小中学校の遠泳大会、午前中で終了と言う事で僕は半日の出勤。ビート板を一枚持ち三列に並んだ5年生の生徒さん達の様子を見ながらサポート。

海の状態も良く、程よく雲もかかり、遠泳する生徒さん達にとっては最高のコンディションの中、5,6年生全員完泳、一学期最後ともいえるイヴェントも無事終了。あとは今週20日の終業式で今学期の終了、楽しい楽しい夏休みの始まりだ。

昨日の日曜日はオガマルの入港日、夏休み前だが三連休と言う事も有り、乗船客数は645名、早くも夏本番と言った感じ。そして次の入港21日(土)からは午前11時入港、当日午後3時半出港、所謂着発便の運航が来月22日まで10便連続続く。

小笠原も夏本番を迎える。台風の影響による欠航が無い事を祈るばかりである。

さて完全OFFの海の日の本日、東寄りの風がちょっぴり吹きそうだが、お天気も良くまずまずのコンディション、まずこのブログ投稿の後は扇浦でのサップ、その後は釣り?前浜スイム?僕なりに海の日を満喫の予定。

ちなみに妻は一日お仕事、申し訳ない!


先日夕食に来た息子夫婦、息子は相変わらずだ。





久し振りにやって来た飛鳥Ⅱ、一泊して行った





遠泳大会の後、境浦の妻と合流





昨日荷役作業の後クールダウンも兼ねて前浜スイム、最近は椅子持参、これがGOOD


コメント (1)