まじくんママのぷち旅ぶろぐ

トミーズツアー旅の編集人がつづる「四季の京都」周辺とたまに帰る「ふるさと富山」のお出かけぶろぐです。

京都の紅葉「将軍塚青龍殿」へ行ってきました。(16/12/5)

2016年12月05日 | 京都市山科区

今日は朝から将軍塚青龍殿へ行ってきました。青龍殿(せいりゅうでん)は、平成26年の10月、東山山頂に建立された青蓮院の大護摩堂です。将軍塚は、桓武天皇が都を定める際に和気清麻呂を伴いこの地に上り、京都を都にすると決め、将軍の像に甲冑を着せて埋め都の安泰を祈った地と伝えられています。(下写真の手前の茶色い部分)

青龍殿は、もともと大正天皇の即位を記念して北野天満宮前に建立された「大日本武徳会京都支部武徳殿」で、戦後は警察の柔道剣道の道場となり、平成10年には閉鎖解体されましたが、その後、青蓮院が歴史的文化遺産の継承のために東山山頂に「青龍殿」として移築再建したものです。北野天満宮前の跡地は門前ツアーの時にご紹介しています。【前ぶろぐ

 

青龍殿の奥殿には、国宝の「青不動」が安置されています。(手前に模写がお祀りしてあります)青不動は、国家の安泰や皇室の安寧を祈願することが目的で、絵仏師によって精魂こめて描かれました。絹本の縦2メートルの大きな絵です。当初は朝廷の中で祀られていましたが、平安時代末期に、皇室との縁が深かった青蓮院に下賜されたものです。以前、青蓮院での御開帳の際にご紹介しています。【前ぶろぐ

 

建物に入らずに横から 奥へ抜けると・・・大舞台です。木造の舞台で延面積1046平方メートルあり清水の舞台の4.6倍の広さです。

 

現在、舞台には吉岡徳仁氏デザインの「ガラスの茶室 光庵」が展示されています。(永久展示ではなく期間限定です。終了時は未定・終了3ヶ月前に告知予定)茶室のそばにあるガラスのベンチ「Water Block」はアメリカ大使館公邸にも設置されています。

ガラスのベンチに座ってもいいのでしょうけど、今朝は昨日からの雨で水滴がたくさん残っていました。水滴が光に輝いて、とてもきれいだったので、そのまま座らずに眺めました。今日は、ぽかぽかの良い天気だったので、午後には乾いて座れたかも?

 

大舞台からは、京都市内を一望できます。*ちなみに、青龍殿は、平安神宮の参道から見上げると見えます。【前ぶろぐ】でご紹介しています。

近くに見えるのは、金戒光明寺の文殊堂 【前ぶろぐ】、紅葉がまだまだきれいなのは吉田山です。吉田山は節分会の吉田神社【前ぶろぐ】、茂庵前ぶろぐ】などをご紹介しています。

 

この後は周辺の紅葉をご紹介します。まだまだ十分楽しめます。次のぶろぐにて。

将軍塚青龍殿 http://www.shogunzuka.com/

拝観料:500円 拝観所要時間:40分~ 交通アクセス:京阪バスは土日祝、11月、GWなどに運行しています。それ以外はマイカー(駐車場無料)、もしくは、タクシー利用です。(料金の目安:蹴上から800~1,000円ぐらい、青蓮院から1,300~1,500円ぐらい)詳細はサイトにて。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都「京セラ本社イルミネーション2016」見てきました。

2016年12月03日 | 京都市伏見区

昨日「京セラ本社イルミネーション2016」を見てきました。イルミネーションは京セラ本社ビルが、この地で営業を開始した1998年からイルミネーションを催しています。地域の活性化に貢献したいとの思いから、本社ビルの前庭(公開空地)の木々を色とりどりのLEDの輝きによって冬の夜を演出しています。

隣接するパルスプラザの駐車場を利用する事ができます。(無料)駐車場から、イルミネーションの下を歩くと・・・すぐ京セラ本社です。

 

今年は、12月1日(木)から12月25日(日)までの期間、約19万個のLEDの輝きによるイルミネーションが開催されています。 

 

光に彩られたケヤキ並木は神聖で鎮守の森のようなすがすがしさを感じます。なお、公式サイトによるとケヤキ並木を飾るのは、青い光となっていますが、青みがかった白という感じです。 以前はもっと青かった【前ぶろぐ】気が…。

 

自然のままの木々を利用したイルミネーションは、見ていると心が落ち着きます。周辺には、オルゴールのクリスマスソングが静かに流れています。人も少ないのでのんびり眺めたい方にお勧めです。

ガラスに映ったイルミネーションもとてもきれいです。ベンチも少しだけあります。時間帯によっては貸切り状態の時も…。警備員さんはいますけど…(^^;)オフィス地なので夜間開いている商業施設が少ないです。自販機、もしくは歩いて2分ぐらいにファミリーマート竹田松林店があります。車ですぐ、力の湯のじねんと食堂、手作りハンバーグのお店とくら新堀川店もおすすめ…。

 

京都市で一番高い本社ビルの壁面を利用した高さ86メートㇽのクリスマスツリーは12月12日(月)~12月25日(日)までの期間です。以前の壁面ツリーの様子は【こちら

京セラ株式会社 http://www.kyocera.co.jp/ イルミネーションについて

点灯時間 17:30頃~22:00頃まで  見学所要時間:10分~

過去のイルミネーションの様子は前ぶろぐにて。2015 2014 2013 2012 2010 2009  2008 

油小路通に面していますので、近くを通る(北上)と、車窓からもよく見えます。車を止めてじっくり見たい方は・・・ 京セラ本社ビル北側「パルスプラザ」の駐車場を利用できます。(100台程度:無料)京都南インターから、道が空いていれば車で5分ぐらいです。竹田駅からは、徒歩10分ぐらいです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都 ロームのイルミネーションを見てきました!2016

2016年11月30日 | 京都市右京区
昨夜、久しぶりにロームのイルミネーションを見てきました。ローム株式会社は京都の半導体の会社で、企業の地域貢献によるイルミネーションは、今年で18回目を迎えます。82本の木々に京都市最大級規模の約80万球の電灯が点灯されています。*イオンモール京都五条の近くです。
 
 
五条通りに面した入口では、シンボルツリーのヤマモモが出迎えてくれます。丸い形の木の高さは10メートル、ネット状に電球が点灯し、色も変化します。
 
 
 
一番印象的なメタセコイヤの並木です。枝の先まで金色に輝いています。車道なので真ん中からの撮影はできません。
 
 
並木に面して歩道があります。昨夜はまじくん同行です。過去ぶろぐで、一番小さい時のロームでの写真を探したら、2006年のものがありました。あれから10年・・・現在中2、身長は167センチになりました。久しぶりに後姿で登場です。
 
 
 
名倉公園の芝生広場では、LEDスクエアビジョンと、芝生にちりばめられたLEDボールのイルミネーションショーが楽しめます。土・日・祝は、LEDスクエアビジョン前でコンサートやパフォーマンスも行われています。
 
 
ロームのイルミネーションが始まったのは1995年です。2011年には震災のために自粛、2012、2013年は諸事情により中止されています。大小にかかわらず地域貢献を続けることはとても大変なことだと思います。イルミネーションのための準備や、会場警備員さんなど費用も大変…。でも、たくさんの人が楽しみにしていますので、ぜひぜひ続けてほしいです。私も、子供の小さい頃を思い出しながら、楽しませていただきました。ありがとうございました!

 

ローム株式会社 http://www.rohm.co.jp/web/japan/

12月25日(日)まで 16:45~22:00 見学所要時間約30分~ 無料駐車場あります。 

以前の様子は 2010 2009 2007 2006 にて。

明日からは12月、紅葉もそろそろ終わりかな?明日からは同じく京都のイルミネーションの名所の京セラ本社のイルミネーション前ぶろぐ】が始まります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京都の紅葉:北野天満宮・天神市(16/11/25)

2016年11月28日 | 京都市上京区

先日、北野天満宮天神市へ出かけました。この季節は、境内の御土居のもみじ苑の紅葉が見事です。詳細は【前日ぶろぐ】にて。もみじ苑の他に、本殿裏の大きな銀杏の木も、毎年注目の的です。

一の鳥居をくぐってすぐ右手には影向松(ようごうのまつ)があります。初雪が降るとご祭神の道真公が降臨され、雪見の詩を詠まれるという伝説が残る松の木です。初雪が降った日(積もるほど)に、松の木に、硯、筆、短冊などをお供えする初雪祭が行われます。

 

天神市は、祭神の菅原道真公に因んで、毎月25日に行われます。(生まれたのが旧暦6月25日、亡くなったのは旧暦2月25日)参道や境内周辺に、たくさん露店が出ています。だいたい毎月同じ場所に同じお店が出ています。

 

楼門をくぐってすぐ、私の定点ポイントの赤目の牛さん…なんだか、梅の木の芽が膨らんでる感じがします。今年は開花が早いかも~。早い年は、終い天神(12月25日)で、梅が咲いてる事【前ぶろぐ】もありました。

 

今年の夏、復活した北野御手水神事(おちょうずしんじ)前ぶろぐ】を行った御手洗川周辺には、梅はありますが、もみじはないみたいですね。そのうち植えるかな?

 

本殿参拝は、これから合格祈願が増えます。オリジナルのお土産には、梅の花を描いたきれいなクリアファイルなどもあります。受験票入れに・・・なんてキャッチコピーが書かれていたら、つい、買っちゃいますね。ご利益あるかも!

 

本殿を正面にして左に抜けると御土居のもみじ苑前ぶろぐ】、右に抜けると、社務所前には、今年の春に新種と判明した北野桜前ぶろぐ】や、摂社後ろの大きな銀杏の木の紅葉が楽しめます。

 

今頃の天神市では、来年の干支のもの、もちらほら売られています。

 

そして、花屋の露店では、葉ボタンがたくさん並びます。雪が積もる富山では全く縁がありませんでしたが、京都に嫁いでからは毎年植えています。3つで500円の葉ボタンの苗を買いました。先日東寺のガラクタ市前ぶろぐ】で買った鉢に植えると・・・ちょっとバランス悪いかな?ま、そのうち葉ボタンが大きくなるので良しとしましょう~。

 

北野天満宮 http://www.kitanotenmangu.or.jp/

参拝自由 参拝者用無料駐車場(1時間)あります。*天神市では使用できません。

北野天満宮はよく訪ねています。ぶろぐ内検索「北野天満宮」にて。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都の紅葉:北野天満宮「御土居のもみじ苑」見てきました。(16/11/25)

2016年11月27日 | 京都市上京区

一昨日、北野天満宮の天神市へ出かけました。天神市の詳細は後ほど。市を楽しむ前に、この季節の一番の見所「お土居のもみじ苑」を見てきました。御土居とは、豊臣秀吉が京都の整備事業の一環として築いた土塁「御土居」のことで、現存する中で、北野天満宮の境内西側にあるものが当時の姿を良く残しています。

もみじ苑の入口は2ヶ所あります。写真は楼門をくぐって左手にある絵馬所のそばにある入口です。ここは混んでいることが多いですが、もう一つ本殿東側にある入口が割と空いています。本殿に参拝してから本殿を前にして左…に抜ければ石碑【前ぶろぐの写真】が見え、その横に入口があります。(見学の流れとしても本殿東の入口がおすすめ)その入口から入るとすぐ茶室梅交軒があります。この日は開いていませんでした。以前ここでお茶を頂いたことがあります。眺めがとても良いです。【前ぶろぐ

 

本殿展望所からは紅葉越しの本殿東面を見ることができます。

 

近年、もみじ苑の整備が進み、新しい散策コースができています。足元は、砂利敷、階段などがありますので、お気をつけて歩いてください。御土居一帯には、樹齢350年から400年のものが数本含め、もみじが約300本あります。

 

以前は、隠れた穴場だったのですが、最近はものすごい人気です。たくさんの人が紅葉を楽しんでいました。人のいない朱色の鶯橋を撮るのはちょっと無理でした。おまけにこの日はカメラにバッテリーを入忘れ、すべてスマホ撮影です。(><。SDカード忘れはともかく、バッテリーはどうしようもない・・・。

 

橋の上からは、その昔、紙漉きの川として使われた紙屋川に積もった散もみじを楽しめます。晩秋には川がもみじで赤く染まる感じです。後ろを振り向くと…橋を撮ろうと構えるたくさんの人。(^^;)

 

苑内の紅葉は今から色づくのもありますので、例年12月上旬まで楽しめます。

 

もみじ苑は、春に公開される梅苑の一部です。葉が落ちたしだれ梅の横にももみじがあります。石段にはかわいい梅の花も見れます。猫かな?犬かな?(^m^)

 

紅葉を楽しんだ後は、苑内の老松さんの茶店でお菓子とお茶を頂けます。(拝観料に含まれています)

 

北野天満宮はよくご紹介しています。お土居のもみじ苑の以前の様子は前ぶろぐにて。【12/11/25】【12/11/12】【11/12/6】【10/11/25 】【09/12/08】【09/11/25】【08/11/23】【07/12/04

青もみじの季節【前ぶろぐ】ライトアップ【前ぶろぐ

北野天満宮 http://www.kitanotenmangu.or.jp/

参拝自由 参拝者用無料駐車場(1時間)あります。もみじ苑公開は12月4日まで 入苑料:大人700円(茶菓付)もみじ苑見学所要時間:30分~

北野天満宮はよく訪ねています。ぶろぐ内検索「北野天満宮」にて。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加