SEA side

静けさの中で波の音だけが永遠に響きつづける。
美しいものとの出会いの記憶・・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画 「ICHI」 ~ 綾瀬はるかの女・座頭市

2008年11月12日 | 映画(ア行)

 子母沢寛原作の「座頭市」、勝新太郎版が本家とすれば北野武版、今回の綾瀬はるか版と分家も頑張っている。

 単なるアイドル主演作を上回る期待以上の娯楽作になっている。ワーナー配給で国外市場も視野に入れているらしい。「洋楽」の美しい旋律も違和感なく物語を盛り上げる。敵役・万鬼一党の衣装がいわゆる「かぶきもの」のそれで異彩を放ち、戦いシーンでの敵味方も分かりやすい。

 曽利文彦監督作品。「ピンポン」組の窪塚洋介、中村獅童も準主役で登場、あくの強さを見せる。

 女性の「市」は篠田正浩監督の「はなれ瞽女おりん」+「座頭市」を思わせる造形である。

 溜めに溜めたものが一気に解き放たれるカタルシスは娯楽映画の定石で、その見本のような作品だ。ただ「剣が抜けない」大沢たかおがちょっとオーバー過ぎやしないかという意見はあるかもしれない。

 ラストは西部劇「シェーン」の風情。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 「ゾンビーノ」 | トップ | 映画 「その木戸を通って」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画 「ICHI」 ? 綾瀬はるかの女・座頭市 (綾瀬はるかの秘密)
子母沢寛原作の「座頭市」、勝新太郎版が本家とすれば北野武版、今回の綾瀬はるか版と...
『ICHI/市』 ☆☆☆☆ (綾瀬はるかの秘密)
... というアイドル時代劇にありがちなものだろうと思っていたら、前半ロングショ...