夢の人

心はいつまでも子供のまま。生活感無き こだわり人は、今日も夢を追いかけて多忙です。

健康のためなら?

2017-03-21 19:08:20 | Weblog
 毎年恒例の人間ドックを家人とふたりで受けてきた。 詳しい検査結果表は後日送られてくるが、医師による即日説明はあった。
 すると、家人は昨年よりも数値的に良い方向であったとのこと。 今年から腰部脊柱管狭窄症を発症して痛み止めを服用している人間が、それ以外は現状維持している。
 逆に私はといえば、右目正常眼圧緑内障の危険を指摘され、紹介状を書きましょうかと問われてしまった。 かかりつけの眼科医から既に可能性を示唆されていた為、その旨を担当医師に伝えて納得して貰ったのだが、ショックだ。 この病気は遺伝の関連が強く、脆弱な網膜やら強度近視やら加齢に伴う発症やら、山ほど要因が挙げられている。 そもそも生命維持に係わりが無い分野の病は、研究がおざなりになっているのだ。
 片目の視力が云々よりもショックだったのは
ワタシゃ、いつの間にそんな年齢になった!?
という点である。
 ずっとアラサーぐらいのつもりだったのに、眼底検査に敗北した気分である。

 新聞のテレビ番組欄には
 ”健康に差がつくのは” ”○○の健康診断” ”○○を改善して健康に” 等々の惹句がしょっちゅう踊っている。
 以前から揶揄に使われていた言葉の元となった、『健康のためなら死んでもいい!』というシニカルな本の題名を思い起こす。
 健康な状態とは……定義が存在しないのではないだろうか。

 なぜ人間ドックを私が受けるのかと問われれば答えは
「もう少し早くに判っていれば」
 などと己が考えることが嫌だからだ。
「判っていれば」の続きは「健康でいられたのに」ではない。
 治す部分は治して、この世を生き抜き、活きたいからなのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次は子供の日

2017-03-04 16:05:30 | Weblog
 ひな祭りが済んで次は端午の節句、子供の日である。 筆者は男児に縁が無いし(きょうだい居らず)、これからも関わることがないと思われる。

 では、己が「ひな祭り」はどうであったかといえば、大して面白かった記憶がない。
 壇雛の代わりにガラス・ケース入りの簡易な雛人形一式があった。 しかし、手に持って遊べぬ人形は自分にとって、つまらないシロモノだった。
 桃の花が飾ってあったり、菱餅が供えてあったりしたけれど、子供心には何も響かなかった。 白酒は嫌いな性質で、それは昔も今も同じだ。
 強いて評価するなら、色とりどりの雛あられが好きで楽しみに食べていたぐらいだろうか。 チョコレート味が混ざっていたので探しだして味わうのが、子供っぽい遊びでもあった。
 どうにも気持ち悪かったのは『うれしいひなまつり』のレコードである。 ♪あかりをつけましょ ぼんぼりにぃ~♪というアレだ。 古いソノシートだったから鼻をつまんだような女声で、短調のメロディが流れてくると陰鬱な気分になる。 ♪きょ~ぉうは たのしい ひなまつり♪って、ちっとも陽気でない調子で歌われても、と感じたものだ。 作詞者と作曲者の方、申し訳ない! でも、苦手なものは苦手なんです!

 さて、端午の節句は鯉のぼり及び武者人形である。
 うーむ、これもピンと来ない私は朴念仁なのか。 唯一、柏餅は好きである。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お別れの気持ちは伝えられる時に

2017-02-18 19:04:30 | Weblog
 先週は神戸にて「感謝の集い」に参加した。 一般献花だけでも2000人あまりが訪れたという。

 

 安倍首相からのメッセージが、多くの展示物の冒頭にパネル表示されていた。 その他にも、イチローを始めとするスポーツ界の人々はもちろん、棋士やら、文筆家やら、様々な幅広い交流が示されていた。
 生前愛用の品もケースに飾られ、故人のダンディ且つ緻密な性格が偲ばれた。
 なんにしても……早過ぎるお別れ。 突然な感が否めないから尚更だろう。

 お別れの気持ちは親類縁者や特に関係深い人間ならすぐ伝えられるが、昨今は著名人でも身内だけで「別れ」を済ませることが多い。
 その人生の道程を知る者達が集い、せめて花を手向ける機会に恵まれたならば、別れの気持ちを伝えたい。

  

 ∽∽∽窓外は神戸空港。 これほどの高層階なら、ポートタワー側が良かったのにナ∽∽∽

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

想い出の地、神戸

2017-02-09 18:35:27 | Weblog
 神戸の某所で執り行われる「感謝の集い」に参加してくる予定である。 それも献花という形で。

 寒がりで極めて出不精になる性質だから如月に目立った行動をしないのだが、此度は確たる目的があるのと、行先が想い出深い場所であるという理由で逗留する。

 今まで神戸は幾度も訪れた想い出多き土地で、拙ブログにも非常にしばしば登場している。 今回は物見遊山というわけでは決してない為、内容を記事にするかは未定だ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブックマーク調整のお知らせ

2017-01-31 23:20:50 | Weblog
 テンプレートをバレンタイン・デー仕様に変更した。
 日本のバレンタイン・デーが、異性に想いを告白する日から大量の「義理チョコ」主体の日に変化し、次に自分への御褒美となり、友人同士がプレゼントし合う「友チョコ」へと変遷したのは知っている。
 巷の噂では現在、普段甘い物を食べないような男性が己が分を購入するという。 ほんまかいな。

 2月中に当ブログのブックマークを調整する予定です。
 定期的に行なってきた作業ですが、今回はレイアウトも含めて大幅な変更が予測されるので、御了解頂きたく宜しくお願い致します。 それに伴うタダ踏みもある事、お赦し下さいませ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲームソフトさまざま

2017-01-24 17:06:00 | Weblog
 ゲーム機PS4を購入してプレイ完了した専用ソフトは2本だ。
 記念すべき最初のソフトは『バイオハザード オリジンズコレクション』。 当然ながらグラフィックの美麗さに驚き、軽いカルチャー・ショックを受ける。
 システムに問題点はいろいろあれど、熱中度の高い良ゲーに仕上がっていたのは、そもそもの ”元”がしっかりした作品だったからと思う。
 もう1本は『龍が如く6 命の詩。』なのだが、今日までブログ更新できなかったぐらいの衝撃を受けていた。 それは
あまりに酷い出来だったから。

 そりゃもう、恒例の「勝手に評価」する気も起きぬぐらい。
 詳細を知りたい方はS社が公式に設けている評価サイトを読むことをお勧めする。 我が意を得たりとしか言いようのない的確なレビューが書かれている。
 『龍6』は明らかにこれまで同作シリーズを、なんやかや言いつつも楽しんできたユーザーに背負い投げを喰らわせてしまった。 進化したのは画面の綺麗さだけ。 出演者の面子やら露骨な企業タイアップやらにも苦笑しながら好感を持って遊んできた長年のファンを、最悪の形で切り捨てた形になった。
 殊にストーリーは中盤まで面白いのであるが、後半~エンディングは空っぽ。 そう、空っぽという言葉がぴったりくる。 子供騙し以下。 本当に真剣に作ったの?と疑いたくなった。
 あまりに悪口を並べてしまったので少しフォローしておくが、ビートたけしと宮迫だけはイイ味を出していると自分には思えた。

 現在はハードが無かったために泣く泣く買えていなかったものをプレイ中である。
 『バットマン アーカム・ナイト』及び『ライフ イズ ストレンジ』だ。 毛色の全く異なる2つのゲーム、期待し過ぎないよう遊んでいるつもり……だけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉例 干支土鈴 酉

2017-01-05 15:08:10 | Weblog
 年始の恒例になりました、「干支土鈴/酉」の画像です。

 ご覧頂いた皆様の大願成就と益々の御繁栄を祈念し、撮影してアップ致しております。

 ∽∽∽このブログの文章及び画像その他は通常全て無断転載禁止ですが、干支土鈴に関してはご自由に持ち帰り頂けます∽∽∽

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2017-01-01 15:01:00 | Weblog
 謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 昨年は拙ブログのまばらな更新にもかかわらず 多数の方々にお越し頂き誠にありがとうございました。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 皆様のご健康とご多幸をお祈り致します。

 吉例「干支土鈴の画像 ~酉~」は形式を少々変えて近日公開予定ですのでご期待下さいませ。


  gooブログ【夢の人】執筆者 拝

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大晦日の夜

2016-12-31 21:27:00 | Weblog
 普段は空いている通りが買い物客で賑わった朝、大清掃の残りをしているらしき姿が散見された昼、そして清澄な静けさに包まれている今は大晦日の夜である。

 たった1日、日付が変わるだけなのに、気忙しさに追われたり本当に走り回らねばならなかったり、年が改まるとはそういう儀式だ。

 明日から、来年から、始まる時間が充実したものでありますように……


 さて、「勝手にゲーム大賞 2016」は『バイオハザード オリジンズコレクション』に決めた。 『龍が如く6 命の詩。』はプレイ中なので評価に間に合わないのも理由だが、ゲーム・システムのアンバランスが大きい為に賞の対象にはならないと思われる。
 2017年はどんなゲームに出会えるか楽しみだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 メリー・クリスマス

2016-12-24 22:22:22 | Weblog
 今夜はクリスマス・イブ。
 騒動に満ちた申年も残り一週間となった。 去る年を見送り、やがて動き始めるのは、新たに何かを執り行なえる酉年となるのだろうか。

 太陽の塔の持つ過去・現在・未来の「顔」。 製作者の岡本太郎氏は、この塔にひたすらパワーをぶつけたかったのではと想像する。 今では約半世紀に渡る足元の浮沈を表しているかの如き、実に年季の入った外観であるが、じっくりと見れば凄味に満ちた底知れぬ引力を感じる。

 他国の文化を上手く取り入れ、自国の持ち味を保ち続ける日本の底力が花開いた ”時代”。 それが輝き続けることを信じたい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加