夢の人

心はいつまでも子供のまま。生活感無き こだわり人は、今日も夢を追いかけて多忙です。

え、もうハロウィン!?

2016-08-25 23:57:20 | Weblog
 熱中症に気をつけねばならぬ日々の上に、台風が次々と日本に接近。
 備えあれば憂い無し。 危険度の高い地域の方々はどうかお気をつけ下さい。

 そんなこんなで(どんなだ?)今夏に振り回されていると、早くもハロウィン・パーティーのお知らせが届いた。
 え、もう用意しなきゃなんだと驚くが、実は既に自分のコスプレの構想だけは決めてあった。 今回は……
ハーレイ・クイン!

 映画『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインだ。 えらく気合い入っている感を抱かれるかもしれないが、これはあくまでも希望であって、準備日程も完成度も未知数である。 家人からは、ゲーム『ゼノギアス』の登場人物である「ビリー」なら実写版クオリティでいけるのに、とあまり有難くない言葉をもらった。 「ビリー」って、10代の男の子じゃないか。 流行りの “男の娘(おとこのこ)”じゃなくて、まんま少年なのである。 とほほ。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

残暑お見舞い申し上げます 2016

2016-08-13 01:00:00 | Weblog
 残暑お見舞い申し上げます。 イチローの快挙や、リオでの日本人選手の活躍に暫し “暑さ”は忘れて “熱く”なるとき。

 当地はいよいよお盆入り。 この時期は人出が多い所と少なくなる所にはっきり分かれるので、特に出掛けないという選択肢になる自分である。 かといって、盆休みがあるわけではないから、普段と変わりない事この上ない。
 先日までゲームソフトは、ふっる~い『ゼノギアス』に拘っていたが終わったので、ようやく積ゲーに移行しようとか、変化といえばそれぐらいのものだ。
 どうも呑気過ぎる性格が歳を重ねる毎に強くなっているような気がする。 色々と先延ばしにしているツケが回って来なきゃいいが……

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お化け屋敷 2016 梅田お化け屋敷『ふたご霊』

2016-08-01 17:55:30 | Weblog
 先月半ばに、梅田お化け屋敷『ふたご霊』を体験してきた。
 昨年に比べて、今年は大当たりであった。 前回の内容は期待外れだったが、今回はプロデューサーの五味さんが非常に頑張ったのだろうか(失礼!)。 梅田での過去作の中で、もしかしたら最高作かもしれない。
 まず、入館後の方式が変わった。 最近の恐怖アトラクションの方式が取り入れられているので、毎年行っていた者はやや面食らう。 しかし、これが功を奏している。 暗闇の中、途中の扉を開けて進む方法は変わっていないが、今回 “ひとひねり”されている。
 造形物ではなく、人間すなわち演者による “ビビらせ”が格段にパワーアップして、全体の恐怖度が高めだ。
 入場者が行動を起こさねばならない場面が増え、単に驚かされることを待っているお化け屋敷ではなくなった。
 進化したものを提供し続けることを宿命づけられているプロデューサーの手腕が、存分に発揮された結果といえよう。
傑作!

 堪能して出口を抜けたら、屋敷の内から響いてくる大声、しかも男性客の野太い悲鳴も納得できる。
 お化け屋敷にうるさい筆者が、かなり楽しめる内容に仕上がっていた。


 さて、あとになりましたが、宿泊先でお会い出来た方々へ、この場でも御礼申し上げます。

北村総一朗様へ
 若輩者に快くお話し頂き、まことにありがとうございました。 撮影快調に進むこと及びこれからの益々の御活躍をお祈り致します。 大病を克服された身体にもかかわらず、当方に労いの言葉まで頂戴し、恐縮しております。

アンミカ様へ
 御サイトに言葉を記しました。 美しいスタイルと華々しいオーラに見惚れました。 前日に収録された番組、是非拝見しようと思います。

 りえ 拝

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【お知らせ】 メンテナンスに関わるブログ休止

2016-07-23 16:46:22 | Weblog
 蝉しぐれに暑さ増す日々です。

 拙ブログの更新についてお知らせ申し上げます。 マイクロソフト社との攻防により、暫し更新を休止することに致しました。
 早ければ来月半ばに続報をお伝えできると思いますが、弱小ブログを読んで下さっている方々には御迷惑をおかけします。
 何卒よろしくお願い致します。

 ――gooブログ【夢の人】筆者 拝

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

透け感で涼しげに?

2016-07-12 17:20:28 | Weblog
 まだ明けぬ梅雨の蒸し暑さの中で行なわれた参院選、もちろん投票に行ってきた。
 以前に講演会に参加したことのある人が比例区で当選したけれど、だから何ということはない。 ご本人も至って淡々としておられる様子で、これからどういった動きをするかにより評価が決まるのは当然なので。 ただ、此度の布石として今迄の活動があったのだとしたら、若干残念な気もする。
 この際だから、もっとデカいポジションを取りにゆくとか、周囲が引くぐらい大胆な発言を明確にされるとかに変わってゆけば面白いかと思う。 そうでなければ、いっそ
「私利私欲です」

 と、おっしゃったとしても文句は言いません(失礼!)。

 画像は海遊館のクラゲ。 透け感が流行りのファッション風ということで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

降り込められて

2016-06-29 15:24:59 | Weblog
 雨に降り込められて、ブログのテンプレートを変更するといった呑気な人間で申し訳ない。
 当地は土砂災害の心配が要らないド都会の下町であるから、豪雨による危険が伝えられる各地の報道に、役にも立たぬ案じ方をするばかりである。
 梅雨の真っ只中だが、テンプレートは7月用の夏気分な絵柄を選んだ。 さらに、見出し画像は10日ほど前に騒がれたストロベリームーン。 ツイッターに於いて、この画像に関しては誰でも使用可能という寛容なお人がおられたのを良いことにアップしたが、先ほど述べたように10日近く前の画像を今頃載せる自分は不甲斐なさ過ぎだ。
 せっかくの幸せ画像も時期を逸していては、効果が低い……かも。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ポール、お誕生日おめでとう♪

2016-06-18 17:28:01 | Weblog
 6月18日はポール・マッカートニーの74歳の誕生日だ。
 ビートルズ来日50周年にあたる今年、ポールのベスト・アルバム『ピュア・マッカートニー~オール・タイム・ベスト』が10日にリリースされた。
 通常盤には下記の全39曲が収録されている。

Disc 1
01. メイビー・アイム・アメイズド*
02. 故郷のこころ*
03. ジェット*
04. やさしい気持*
05. あの娘におせっかい*
06. ディア・ボーイ*
07. 心のラヴ・ソング*
08. ザ・ソング・ウィ・ワー・シンギング**
09. アンクル・アルバート~ハルセイ提督*
10. アナザー・デイ*
11. シング・ザ・チェンジズ
12. ジェニー・レン
13. セイヴ・アス
14. ミセス・ヴァンデビルト*
15. 夢の旅人**
16. 幸せのノック*
17. レット・ミー・ロール・イット*
18. 1985年*
19. エボニー・アンド・アイヴォリー*

Disc 2
01. バンド・オン・ザ・ラン*
02. アロウ・スルー・ミー**
03. マイ・ラヴ**
04. 007 死ぬのは奴らだ**
05. トゥー・マッチ・レイン
06. グッドナイト・トゥナイト**
07. セイ・セイ・セイ(2015リミックス)[ラジオ・エディット]*
08. マイ・ヴァレンタイン
09. ザ・ワールド・トゥナイト**
10. パイプス・オブ・ピース*
11. ダンス・トゥナイト
12. ヒア・トゥデイ*
13. ワンダーラスト*
14. グレイト・デイ**
15. カミング・アップ*
16. ひとりぼっちのロンリー・ナイト**
17. オンリー・ママ・ノウズ
18. しあわせの予感(DJエディット)**
19. ホープ・フォー・ザ・フューチャー
20. ジャンク*
*アーカイヴ・コレクション再発時のリマスター採用 **2016年最新リマスタリング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチロー選手、おめでとうございます!

2016-06-16 15:27:00 | Weblog
 マーリンズのイチロー選手が日本時間で本日(6月16日)、ペトコパークに於けるパドレス戦で日米通算4257本目の安打を放ち(日本で1278本、メジャーで2979本)、元レッズのピート・ローズの大リーグ通算最多安打数を超えた。
 試合後に会見を行なったイチローは
「ここにゴールを設定したことがなかったので、実はそんなに大きなことという感じはしていない。 ピート・ローズが喜んでくれれば自分の気持ちも全然違う。 でも、そうではないと聞いていた。 だから僕も興味がない。 ただ、チームメートやファンの方々の反応がすごくうれしかった」
 とコメントした。
 このコメントの冒頭及び締めの部分は、本心であろうと推察する。 ピート・ローズ云々の件は、ジョーク又は余裕の表れだろう。
 歳をとるにつれて味のある容貌や発言になってゆくタイプと、そうでないタイプに分かれる。 近年のピート・ローズは恐らく後者に入る。
 選手時代と監督時代を通じての野球賭博によりMLBから永久追放され、脱税で実刑を受けた過去のあるローズが、イチローについて如何なる “戯れ言”を吐いても納得などできない。
 メジャー追放後にプロレスに関わっていた頃に、下手なマイク・パフォーマンスと、百貫デブ体型の基礎、セクシーモデルの韓国女性と交際して番組を持つといった目立ち方を身につけたようだ。
 自身の記録は立派な正式記録であり、薬物に染まっていたわけでもないのだから、“セコい”中傷発言など繰り返さずに堂々としておれば良かろうに。 残念な人だ。

 イチロー選手、おめでとうございます! 同じ日本人として誇れる貴方の更なる活躍を期待しております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【重要】 メンテナンスのお知らせ

2016-06-11 23:00:00 | Weblog
 gooブログからのメンテナンスのお知らせが目に留まったので以下に概要を記す。

 この度、gooブログでは、お客様により快適にご利用いただくため、下記日程にてサービス一時停止を伴うメンテナンスを実施させていただきます。

■日時
 2016年6月14日(火) 0:00~12:00 予定

■メンテナンス中停止する機能(PC、スマホ、携帯とも)
 ブログ記事・フォトチャンネルの投稿(メール投稿含む)
 ブログ・フォトチャンネルの閲覧、
 ブログ新規開設、
 コメント・トラックバックの送受信、
 ping受信/ブログ検索、など
 ブログに関するすべての機能、
 ブログフォト及びブログアドバンスなどの有料商品の購入
 ※ブログトップ(http://blog.goo.ne.jp)を含むすべてのページが停止します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

99.9パーセントの面白さ

2016-06-07 02:43:01 | Weblog
 日曜劇場『99.9 -刑事専門弁護士-』がいよいよ大詰めである。
 放送開始前のCMスポットで音楽からの連想を含め、息詰まるような内容のサスペンスを予想して観始めたのだけれど、全く違っていた。
 むしろ弁護士コメディに近い。 主役の深山(松本潤)のマニアックな味覚へのこだわりやら、酷い親爺ギャグ多用という変人加減に抵抗を感じた方は、視聴をやめてしまったかもしれない。 ただ、松本のドSぶりは、この設定の中でこそ光る。
 初回から言われていたことで、脇役陣の芸達者揃いに全てが格上げされている感はある。 岸部一徳、香川照之の両巨頭は安定の上手さだが、片桐仁、榮倉奈々といった人達をはじめ、周囲が実に活き活きと画面の中を踊っていて、楽しいことこの上ない。
 肝心の事件概要に関しては謎解きに甘さが目立つ回もあったが、法廷や弁護士のリアリティは損なわれていない。
総じて面白いのだ。

 最新話では、ついに主人公の過去が姿を現してきた。 次回は時間拡大版で、その次には最終話を迎える。
 終わってしまったら……かなり楽しみが減る。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加