夢の人

心はいつまでも子供のまま。生活感無き こだわり人は、今日も夢を追いかけて多忙です。

影か光か

2016-09-28 17:12:00 | Weblog
 「いや、時期尚早でしょう!」
 杉井の大きめの声に圧されたかのように、坪庭のコオロギが鳴き止む。
 前年の夏に藪浦と話し込んだ同じ料亭で、杉井は官房長官の秋田と対峙していた。

 
 藪浦を副知事に任命したのは杉井自らであり、それは副首都計画を担当推進させる為でもある。 市長たちは元より、副首都計画という神輿の担ぎ手は手伝いにしても多いに越したことはない。
 外交問題である “例の話”を与党の “総大将”が発表する際に一定の理解を示すことによって、杉井の党は与党に対して僅かな恩を売っていた。 懸念された “あの党”の干渉はどうにか回避され、杉井は藪浦と共に胸を撫で下ろしたものだ。

 いま、彼の目の前には “総大将”の女房役、すなわち秋田官房長官が座しており、差しで話し始めてかれこれ小一時間が経つ。 この料亭での会食を望んだ秋田は “総大将”本人が臨席すれば周囲が煩くなるばかりだから自分だけが来たと言っていた。
「もちろん、とうにカメラが居たしねぇ。 杉井さんと違って私しゃ、SPくっついてきて当然になってるから困るよ」
 高い背をひょろりと丸めて肘掛け付き座椅子に腰を下ろしてから、口調は至極柔らかいままだ。
 スラリとした体型をした老執事のような秋田と、ラグビー選手かと見紛う肩幅の上に日焼け顔が乗った杉井。 片や下戸、片や酒好き。 誰がどう考えても正反対な男が顔を突き合わせている。

 北野と杉井は現在でも密かに連携をしていた。 ただ、北野が政界を退いた立ち位置を全く崩さないので、杉井は素知らぬ顔で動かねばならない。 副首都計画を進めるにおいて、現在のところ北野は回りくどい手法で援護射撃をしているに過ぎなかった。

「ずっと悠々となさるお積もりなんだろうかねぇ、北野君は。 お二人がタッグを組んでいたら最強でしょ」
 こんな軽口を言う為に官房長官がわざわざ会うわけがないと、杉井はあまり喋らずに当たり障りの無い相槌を打つ。
 独り語りのように秋田の世間話めいた話が続く。
「情報の利用方法を解らない人が多いなぁ」
「識者ぶる人間ほど深くを知らず、目が行き届かぬ場合があると……おお、これは私も自省しなくては、ははは」
 決して耳障りではなく、長老が人を集めて言い聞かせているかのように話す。
「ええと、万博誘致に関しての協力は了解しているからね」
 この話についてはさすがに譲れないと杉井は姿勢を正して
「よろしくお願いします」
 と素直な返事をする。

 
 そして小一時間、政情に関する簡単なやりとりを交わしたのち、唐突に顎を上げて秋田が放った言に、庭で鳴くコオロギが静かになる声で杉井が首を振ったのだった。
「いや、時期尚早でしょう! どこから出たハナシで? まさか、秋田さんご自身ですか」
「と、考えてもらって構わん。 北野君に伝えておくれ。 あー、慌てなくていいからね」

 調整、準備、新党、入閣、民間登用、獅子身中の虫、政策実現による相互の利益等々。
 幾つもの事項が天井をぐるぐると舞っていた。


 ∽∽この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません∽∽

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【予告】 続きを書こうかと考えてます

2016-09-22 22:05:00 | Weblog
 拙ブログにて昨年夏に短編の二話目を書いて、それっきりにしていたのであるが、気まぐれに続きを近日中に書こうと考えている。
 元々は一話目の時点で読み切りのつもりだった。 適当に続きを昨夏に書いたのだが、ほったらかしにして丁度はや一年経っていた。
 適当に始めたのだから、気まぐれに再開しても悪くないだろう。
 というわけで、近いうちにアップしますので、お暇なら読んでねん♪ なお、あまりにも間が空いたので、以下は登場人物の紹介及び今迄のあらすじです。

《登場人物》
 杉井  ある野党の代表者。 戦略家であり、表立たず活動するのがモットー。
 北野  杉井と同じ政党に属していたが、失策により現在は政界引退している。 年齢は杉井より若い。
 藪浦  北野と杉井の地元である某県副知事。

《あらすじ》
 野党代表であった北野は己の政治生命を賭けた選挙に敗北し、党内の実質権力者であった杉井に託して任を去る。 党運営を任された杉井は、前途多難な情勢を前に今後を楽観視できないでいた。 その年の夏、与党の打ち出した政治談話が独自路線を貫くもので世論の支持を得た。 かねてより杉井は密かに与党本流と接触を図っており、それによって自党の道筋を切り拓くことに半ば成功する。 懇意にしている藪浦副知事と会食した折に経緯を話し合うが、更に思いがけない展開が待っていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨中雑感

2016-09-13 17:54:22 | Weblog
 秋雨前線の影響でややこしい天気が続いている。
 
 外出したくないッ!が幸い今のところは許されている身分なので、自宅で小掃除ばかりしている。 或いはこうしてPCに向かっているか、もしくは積ゲ(以下略)
 冷蔵庫を覗いてみて、あり合わせの食材で新メニューを作ろうかと思ってみるが、気象病を持病としている為に頭痛や神経痛が起きて創造的な行動にはなかなか移れない。 少量の痛み止めを飲んで、非生産的活動をやっとこなしている。

 TVでリオ・パラリンピックの力強い戦いの映像を観ると、素直に技術力の高さに魅了される。 放送時間が少なく残念に思う。

 台風がこの期に及んでワンサカやって来るから列島各地に被害が出ないことを願うが、三連休あたりが怪しい。 自然災害がほぼ無い当地では、文句を言うのは贅沢である。 しかし、まだまだ雨に降り込められるのだろうか。
 窓のすぐ外は薄墨を流したような空の色だ。 あ、そうだ、夕食は
烏賊墨ペーストでパスタを作ろう♪


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の終わり

2016-08-31 23:54:00 | Weblog
 夏休みも今日で終わり。
 この夏はお化け屋敷をハシゴしたし、ゲームも積みゲー消化が進んだので、なかなか満足のゆくものであった。
 と、書いたところで気づいたのは、これって大人の書く内容かということ。 うーむ、厨二病どころじゃない、小学生の日記並みである。
 暑い月日に流されるまま、考えるべき実生活の課題を先延ばしにして過ごしたら、夏の終わりにこうなりましたの見本。 宿題がまだ出来ていないよぉと嘆く子供だ。
 遠い昔、某音楽雑誌社から採用通知を貰った。 憧れた会社だった。 その会社を代表する本の中の一節に “ロック魂”何ヶ条かがあって
「いつまでたってもガキである」
 との言葉あり。 煽り文句であると知りながら、今も己が頭から離れない。
 某音楽雑誌社を結局は断わって、別の音楽関係に就職した。 にもかかわらず、言葉に呪縛されている。
 いつまでたってもガキである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

え、もうハロウィン!?

2016-08-25 23:57:20 | Weblog
 熱中症に気をつけねばならぬ日々の上に、台風が次々と日本に接近。
 備えあれば憂い無し。 危険度の高い地域の方々はどうかお気をつけ下さい。

 そんなこんなで(どんなだ?)今夏に振り回されていると、早くもハロウィン・パーティーのお知らせが届いた。
 え、もう用意しなきゃなんだと驚くが、実は既に自分のコスプレの構想だけは決めてあった。 今回は……
ハーレイ・クイン!

 映画『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインだ。 えらく気合い入っている感を抱かれるかもしれないが、これはあくまでも希望であって、準備日程も完成度も未知数である。 家人からは、ゲーム『ゼノギアス』の登場人物である「ビリー」なら実写版クオリティでいけるのに、とあまり有難くない言葉をもらった。 「ビリー」って、10代の男の子じゃないか。 流行りの “男の娘(おとこのこ)”じゃなくて、まんま少年なのである。 とほほ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

残暑お見舞い申し上げます 2016

2016-08-13 01:00:00 | Weblog
 残暑お見舞い申し上げます。 イチローの快挙や、リオでの日本人選手の活躍に暫し “暑さ”は忘れて “熱く”なるとき。

 当地はいよいよお盆入り。 この時期は人出が多い所と少なくなる所にはっきり分かれるので、特に出掛けないという選択肢になる自分である。 かといって、盆休みがあるわけではないから、普段と変わりない事この上ない。
 先日までゲームソフトは、ふっる~い『ゼノギアス』に拘っていたが終わったので、ようやく積ゲーに移行しようとか、変化といえばそれぐらいのものだ。
 どうも呑気過ぎる性格が歳を重ねる毎に強くなっているような気がする。 色々と先延ばしにしているツケが回って来なきゃいいが……

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お化け屋敷 2016 梅田お化け屋敷『ふたご霊』

2016-08-01 17:55:30 | Weblog
 先月半ばに、梅田お化け屋敷『ふたご霊』を体験してきた。
 昨年に比べて、今年は大当たりであった。 前回の内容は期待外れだったが、今回はプロデューサーの五味さんが非常に頑張ったのだろうか(失礼!)。 梅田での過去作の中で、もしかしたら最高作かもしれない。
 まず、入館後の方式が変わった。 最近の恐怖アトラクションの方式が取り入れられているので、毎年行っていた者はやや面食らう。 しかし、これが功を奏している。 暗闇の中、途中の扉を開けて進む方法は変わっていないが、今回 “ひとひねり”されている。
 造形物ではなく、人間すなわち演者による “ビビらせ”が格段にパワーアップして、全体の恐怖度が高めだ。
 入場者が行動を起こさねばならない場面が増え、単に驚かされることを待っているお化け屋敷ではなくなった。
 進化したものを提供し続けることを宿命づけられているプロデューサーの手腕が、存分に発揮された結果といえよう。
傑作!

 堪能して出口を抜けたら、屋敷の内から響いてくる大声、しかも男性客の野太い悲鳴も納得できる。
 お化け屋敷にうるさい筆者が、かなり楽しめる内容に仕上がっていた。


 さて、あとになりましたが、宿泊先でお会い出来た方々へ、この場でも御礼申し上げます。

北村総一朗様へ
 若輩者に快くお話し頂き、まことにありがとうございました。 撮影快調に進むこと及びこれからの益々の御活躍をお祈り致します。 大病を克服された身体にもかかわらず、当方に労いの言葉まで頂戴し、恐縮しております。

アンミカ様へ
 御サイトに言葉を記しました。 美しいスタイルと華々しいオーラに見惚れました。 前日に収録された番組、是非拝見しようと思います。

 りえ 拝

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【お知らせ】 メンテナンスに関わるブログ休止

2016-07-23 16:46:22 | Weblog
 蝉しぐれに暑さ増す日々です。

 拙ブログの更新についてお知らせ申し上げます。 マイクロソフト社との攻防により、暫し更新を休止することに致しました。
 早ければ来月半ばに続報をお伝えできると思いますが、弱小ブログを読んで下さっている方々には御迷惑をおかけします。
 何卒よろしくお願い致します。

 ――gooブログ【夢の人】筆者 拝

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

透け感で涼しげに?

2016-07-12 17:20:28 | Weblog
 まだ明けぬ梅雨の蒸し暑さの中で行なわれた参院選、もちろん投票に行ってきた。
 以前に講演会に参加したことのある人が比例区で当選したけれど、だから何ということはない。 ご本人も至って淡々としておられる様子で、これからどういった動きをするかにより評価が決まるのは当然なので。 ただ、此度の布石として今迄の活動があったのだとしたら、若干残念な気もする。
 この際だから、もっとデカいポジションを取りにゆくとか、周囲が引くぐらい大胆な発言を明確にされるとかに変わってゆけば面白いかと思う。 そうでなければ、いっそ
「私利私欲です」

 と、おっしゃったとしても文句は言いません(失礼!)。

 画像は海遊館のクラゲ。 透け感が流行りのファッション風ということで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

降り込められて

2016-06-29 15:24:59 | Weblog
 雨に降り込められて、ブログのテンプレートを変更するといった呑気な人間で申し訳ない。
 当地は土砂災害の心配が要らないド都会の下町であるから、豪雨による危険が伝えられる各地の報道に、役にも立たぬ案じ方をするばかりである。
 梅雨の真っ只中だが、テンプレートは7月用の夏気分な絵柄を選んだ。 さらに、見出し画像は10日ほど前に騒がれたストロベリームーン。 ツイッターに於いて、この画像に関しては誰でも使用可能という寛容なお人がおられたのを良いことにアップしたが、先ほど述べたように10日近く前の画像を今頃載せる自分は不甲斐なさ過ぎだ。
 せっかくの幸せ画像も時期を逸していては、効果が低い……かも。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加