そして父になる  感想♪

2013-10-18 | さ行 

★★★★☆ そして父になる・・・。まさにそんな作品。秀悦

6年間育てた子は他人の子でした・・・
看護師の悪意で我が子が取り違えられた事をしらされた2組の家族を前に弁護士は言う。
「こういう場合100%が血の繋がりを選びますよ。
とりかえるなら早いほうがいい-------」

「犬や猫じゃないんだからそういうわけにはいきませんよ・・。」
 「何言ってんの!? 犬や猫だって出来ないわよ!」

そんな彼らをそう怒鳴りつけたのは斎木夫婦(リリーフランキー&真木ようこ)だ。
慰謝料とってやる〜〜!!怒り心頭な彼らだけど当然だよね!!
しかしそんな彼らを冷ややかに見つめる(見下す)野々宮。

仕事も家庭も順調でエリート街道を突き進む主人公 野々宮は
小さな電気屋を営んでいるという夫婦を見た時
自分達夫婦の方が子供を幸せにできると思った
そして言ってしまったのだ。2人ともください!-----と。
しかしそれは後にとんでもないしっぺ返しを食らう事になる。

確かに野々宮家は裕福で 子供には最高の教育環境を与えていた。
そして勿論彼は 家族を愛する良き父親だった・・。
しかし彼はこの時まだ気づいていなかったのだ・・
自分がこの中で1番子供と関わっていなかったことに。

この事件を知った時 彼は多分無意識につぶやいた。
「ああ・・そんなことだと思った----」っと。
その時 妻はきづいたのだ。
(・・・・だから慶多は(自分のように)優秀じゃなかったのだ)
彼が 慶多を見限っていたことに--。 

野々宮の提案で 「取り変え」のミッションが開始。
その中で見えてくるのは
しつけや礼儀を重んじる野々宮と
おおらかすぎる斎木家の 対照的ともいえる子育て模様だ

実子琉晴を家に招くことになった時 野々宮夫妻は
彼を後部座席に1人座らせる。
彼はゲームに夢中で 結局会話らしき会話はなかった。
相変わらず野々宮は多忙で一緒にいる時間も少なく
母親は1人奮闘。 なんだか涙がこぼれそうになった。

一方斉木家では あまりに近い距離の2人に慶多君は大弱り>
ご飯だって早く食べなきゃなくなっちゃうんだから大変だ
しかし戸惑う彼を しっかりと抱きしめ安心させる 斉木母の姿にほっこり。
笑わせて笑顔にさせてしまう斉木父に大笑い。↓シーンは特に印象的だ♪
 
親の在り方はその家それぞれ---
どちらがいいとか、悪いtか言うつもりはない。
でも子供たちがしだいに斎木父に懐いていくのを見つめる
野々宮の顔が次第に違ってくるのがわかる。
そして少しずつ変わり始める彼の姿があるのですが・・・・

その不安はやはり 的中ーーー。
我が子である筈の琉晴が家を飛び出し斉木家に帰ってしまい
そして6年間育ててきた慶多は彼に背を向けたのだ---。

それは----今まで聞き分けよく、
何も問うことなくただ父の言葉に従っていた慶多の
ささやかな反抗。いやようやくぶつけた怒り・哀しみだったのですね。
泣けました----。

そんな息子を前にして 野々宮はようやくきづく-----。
自分がどんなに自分勝手だったか。
どれほど子供を傷つけていたのかを----。

彼は-この時 自分が息子を愛していたことに---
そして半ば拒絶してきた育ての母の自分への愛にも気づいた。。

「・・それでも 6年間はパパだったんだよ。
 できそこないだけど、パパだったんだよ。」

そう涙した野々宮に----泣けました〜〜。
彼もまた成長したといえそうですよね・・。

男はすぐ父にはなれない。時間が必要---。
でもそれは女だって同じだと思う。
ともに子供に関わっていくことで
だんだん「親」になっていくものなんだもの。

血のつながりか?6年間の愛情か----?
結局 そんなことで 悩んでいたのは
野々宮だけだったんじゃないかな-〜。と私は思う。

「どんどん 他人に似てくる我が子を 愛せるんですか-?」
「愛せますよ、もちろん--!!」 即答だった斉木母。 
義母(樹木希林)も 彼の育ての母(吹雪ジュン)も
野々宮母も----みんなそうだったはず。

交換にOKした斎木家に疑問もわいたけど---
「戻りたきゃ戻ってこいお前の好きにしていいんだ」って
きっと言ってたんでしょうね。戻るって信じてたのかも。
でもそれはやっぱ-野々宮家を信じて泣きゃできないこと--だったのかもですね。

「不思議 自分の子だけどやっぱ 「慶多」って顔してる・」
そう・・琉晴くんはやっぱ琉晴クンって顔してる(笑)
下の子供たちも子供らしくってかわぃっかったな〜〜。
子供の顔や性格は遺伝もあるだろうけど--やっぱ
育ててきた愛情が作っていくもの。
親になったら 子供の気持ちをちゃんと聞くこと。
そして無償の愛をそそそぐこと----を心しなきゃね!
私も親として考えさせられる作品でした。 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラッシクを聞きに行ってきまし... | トップ | 「人 類 資 金」 感想= »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (BROOK)
2013-10-19 19:48:01
やはり6年間一緒に過ごした時間はかけがえのないものだった…ということでしょうね♪
血の繋がり、時間云々より、
誰にとって一番幸せなのか、それを際立たせていたと思います。
BROOKさんへ♪ (くろねこ)
2013-10-19 21:06:36
まさにそうですよね。私は迷わなかったと思いますが相手次第とは言えそうですね。
聞き分けき分けのよかった慶多くんのラストの行動に実は爆泣きしてしまいました。言葉がない分せつなくて。
野々宮の流した涙にほっとさせられたのは言うまでもありません。
実はアップするのにすっごく時間がかかりました〜。
親として思う事が多かったから・・なのかも。良い作品でしたね。
こんにちわ (にゃむばなな)
2013-10-20 13:54:00
野々宮夫妻の子供の名前は「慶びが多い」慶太。
家族が増えたと思えば、取り違えという不幸を少しでも幸せに変換することは出来る。

6年間も育てりゃ、十二分に自分の子供ですよ。
それは犬や猫だって同じなんですから。
こんにちは (たいむ)
2013-10-20 16:34:48
>結局 そんなことで 悩んでいたのは野々宮だけだったんじゃないかな-
そうかもしれません。
実際のところ、この映画でもきれいごとなのかもしれませんが、親子について多くの人に考える機会を与えた作品だったと思います。

繰り返し見ることはないと思うけれど、受賞も納得の邦画らしい秀作だと思います。
にゃむばななさんへ♪ (くろねこ)
2013-10-20 17:44:21
こんにちは!
『6年間も育てりゃ、十二分に自分の子供・・。
子供が増えたと思って----』
うん。ほんとそうですね。どちらももはや我が子。
ともに大切に育てていくことが答えなんだと思います。
被害者は親ではない子供なんですもんね。
たいむさんへ♪ (くろねこ)
2013-10-20 18:04:27
愛情か血か---。私は即決な部分だけど。
やっぱ色々と考えさせられる作品でした。
この事件で彼が義母への感謝の気持ちを持てた所も良かった。
あの涙には ほっとさせられる何かを感じました。
こうしたこまかやな描写は本当に邦画らしいと誇りたいです。
秀作でしたね!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『そして父になる』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「そして父になる」 □監督・脚本 是枝裕和□キャスト 福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、       黄升?、風吹ジュン、國村 隼、樹木希林、夏八木 勲■鑑賞日 9月28日(土)■劇場 TOHOシ...
そして父になる (Akira's VOICE)
家族は一日にして成らず。  
『そして父になる』 2013年9月29日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『そして父になる』 を観賞しました。 世界の目に狂いはなかったね 今年のベスト3には入るでしょう 【ストーリー】  申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた...
そして父になる (風に吹かれて)
家族になろうよ公式サイト http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp監督・脚本・編集: 是枝裕和  「誰も知らない」 「歩いても 歩いても」大手建設会社に勤めるエリート
劇場鑑賞「そして父になる」 (日々“是”精進! ver.F)
本当の家族になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309240003/ 【送料無料】そして父になる [ 是枝裕和 ]価格:690円(税込、送料込) 【送料無料】【予約・新作+もう1枚でポイント3倍】そして父に...
「そして父になる」 言葉の少なさがリアリティを生む (はらやんの映画徒然草)
6年間育てていた子供が実は他人の子供だった。 その事実に直面した2組の家族・・・
そして父になる ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『誰も知らない』などの是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛や絆、家族といったテーマを感動的に描くドラマ。順調で幸せな人生を送ってきたものの、運命的な出来事をきっかけに苦悩し成長する主人公を、大河ドラマ「龍馬伝」や『....
血の繋がりや年月よりも・・・。『そして父になる』 (水曜日のシネマ日記)
カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した是枝裕和監督の最新作。子どもの取り違えという出来事に遭遇した家族の物語です。
『そして父になる』 (こねたみっくす)
6年間育てた息子を、本当に他人の子と言えますか。 第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したこの作品は、是枝裕和監督らしい静かに語り、じわじわと心に響く今年の邦画を代表 ...
「そして父になる」みた。 (たいむのひとりごと)
第66回(2013年)カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した話題作がやっと公開となった。6年前に2組の夫婦の息子が出生時に病院で取り違えられた事実が発覚したことから、両家の戸惑い、とりわけ福山雅治演じる
そして父になる (心のままに映画の風景)
大手建設会社のエリート社員、野々宮良多(福山雅治)は、学歴、仕事、家庭と勝ち組人生を歩んでいる。 都内の高級マンションで、妻みどり(尾野真千子)と6歳になる息子慶多と何不自由のない暮らしを送っていたある日、慶多が病院内で取り違えられた他人の子供だった...
【そして父になる】生物学上の親子 (映画@見取り八段)
そして父になる     監督: 是枝裕和    出演: 福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升、風吹ジュン、國村隼、樹木希林、夏八木勲、中村ゆり、高橋和也、田中哲司、井浦新、吉田羊、ピエール瀧 公開: 2013年9月28日 2013年9月...
そして父になる (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2013年 日本 上映時間:120分 監督:是枝裕和  子供が6歳になったとき、出産時に他人の赤ちゃんと取り違えたという事実が判明。その子供を持つ2組の家族の葛藤と、愛と絆、血の繋がりと家族といったテーマを感動的に描いたヒューマンドラマてあ
そして父になる (単館系)
そして父になる 新宿ピカデリー 9/28公開 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。 順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で 他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。 血縁...
そして父になる (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
そして父になる '13:日本 ◆監督:是枝裕和「奇跡」「空気人形」 ◆主演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升げん、風吹ジュン、國村隼、樹木希林、夏八木勲、中村ゆり、ピエール瀧、高橋和也、田中哲司、井浦新 ◆STORY◆学歴...
そして父になる (のほほん便り)
第66回カンヌ国際映画祭 審査員賞、受賞作品。アート系映画としては異例のヒット作品になった記憶も新しいです。まず、目のつけどころがイイですよね。「人は、血か育ちか…」永遠のテーマです。それに、気づいたのが子供が6歳の時、という年齢設定もまた絶妙。かたや、...