玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タレントにはファンを大事にする義務がある     …のか?

2005年03月27日 | 日々思うことなど
ネットの楽しみは、自分が思いもよらない考え方に出会えることにある。
以下に引用させていただく文章も、私にとってはそういう種類のものであった。新たな考え方を示してくれたvirtual-lifeさんにまずお礼を申し上げたい。

------------------------

ファンを一番大事にしなければいけないのは出演者ではないのか?

経営者が変わったからといって番組を降りる、そんな決断をする人にファンがつくのか?
がっかりするだけじゃん?

どれほど自分に自信を持っているのか知らないが、視聴者をなめるのもほどほどにしておいた方がいい。

絶対しっぺ返しを食らうぞ!


大御所たちにがっかり|仮想的現実な日々

------------------------

以上、引用させていただいた文章は「江本氏、中島みゆき、タモリら降板の意思」 のような報道を受けたものである。
さて。
私はよく知らないのだが、タレントとは「ファンを一番大事に」する義務を負うものだと世間一般では思われているのだろうか?もしそうだとしたら、私は少数派なのだろう。
私は、タレントとは「自分の芸や才能を一番大事に」する義務を負う職業だと思っている。そもそも、タレントという言葉は英語で「才能」という意味ではなかったか。まあ、日本語のタレントと英語のtalentはすでに無関係なのかもしれない。「芸能人」という言葉もあるが、これも「芸能+人」であり、「ファンを大事に」という意味は含まれていない。もし「ファンを大事にする人」を表すとしたら、セントレアンである私としては「愛客人」「媚客人」といった言葉を提案するが、世の中に受け入れられる可能性は低そうである。
とりあえず、私としては「タレント」「芸能人」という言葉に「ファンを大事に」という概念は含まれていないものと結論付ける。

virtual-lifeさんのお考えでは、「自己都合の番組降板=視聴者(ファン)をなめている」ということになるようだ。
私にはどういうことか理解できない。
私が考える「視聴者をなめた」タレントのあり方とは、やる気も才能もなく、ただ出演することを目的に番組に出演するタレントである。そういうタレントが混じっていると、番組の空気は淀み、やがて腐る。顔を売り出演料を稼ぐため番組を腐らせるタレントこそ、私に言わせればファンをなめておりタレント失格だ。
具体的に例をあげよう。私はタモリのファンなので少し書きにくいが、「ミュージックステーション」のタモリなどはそのいい例だろう。誰が見てもあからさまなほどやる気がないし(他の番組でもやる気を見せないが)、音楽番組の司会として他に代えがたい芸を持っているとも思えない。タモリがMステを自己都合で降板しようと首を切られようと私は怒らないし、むしろ遅すぎたくらいだと感じるだろう。
最初の段落で、“タレントとは「自分の芸や才能を一番大事に」する義務を負う職業だと思っている”と書いた。その意味で、芸や才能を無くして降板するタレントに怒りを感じることはありうるのだが、その場合も怒りの矛先は「芸や才能を無くした」ことに向かい「降板した」こと自体はどうでもよい。いや、降板すれば無様な姿を見なくてすむのでむしろ歓迎である。

もう少し「自己都合の番組降板」について考えてみる。
それがファンや視聴者の失望を生むとしたら、「自己都合」の内容がタレントの既成イメージとかけ離れている場合だろう。清純派アイドルが男と駆け落ち(古いな)して番組に穴を開ければ批判の嵐を浴びるだろうが、「魔性の女」「恋多き女」であればむしろ箔が付くかもしれない。親孝行を売り物にしているタレントが親の看病を理由に降板しても失望する人は少ないはずだし、逆に番組を続けるほうが自らのイメージを裏切り、タレントとして価値を下げるだろう。

今回、降板の意向を明らかにしたとされるのはタモリ、中島みゆき、市川森一、倉本聡、江本孟紀の各氏である。
彼らは降板宣言によって既成のイメージを裏切ったのだろうか?
私にはどうもそうは思えないのである。タモリについては後述するが、中島、市川、倉本、江本、これらの人たちから「ファンを何よりも大事にしている」という印象を受けたことはない。中島、市川、倉本の3氏は芸術家タイプである。自分の思い通りの作品作りにこだわる。それができなければやめてしまう。そういう彼らの姿に共感した人々がファンになり長年支持し続けている。江本氏は阪神を首になったいきさつからもわかるように自由人である。気に食わないことがあれば放言し、嫌な奴が上司になれば後先考えずに辞める。大変わかりやすい。
もちろんこれは私個人が抱くイメージであり、彼らに「ファン第一」の姿を期待した人のほうが多いのかもしれない。だが、率直に言わせてもらえばそれはアライグマが人に懐くのを期待するのと同じような勘違いに思えてならないのだ。

タモリについて書くのは気恥ずかしい。
ある程度の長さの文章を書くにはそれなりのやる気が必要だが、彼の信条は「やる気のあるものは去れ!」である。困った。まあなんとかやってみよう。
virtual-lifeさんなど、自己都合の降板に怒っておられる方々は、タモリが真面目に「ファンのため」などと歯の浮くようなセリフを口にする場面を想像し期待できるのだろうか。私には無理だ。もしタモリ自身が本心からそう言ったとしても、私を含め彼のファンは無理やりネタ扱いする。「ファンのために行動するタモリ」など、存在自体が矛盾しておりそんなものを認めてしまえば世界は崩壊する。
といって、必ずしも「タモリはわがままでありファンを無視している」というものでもない。タモリはわがままであり続けることによってファンの期待にこたえているのである。ファンは(おそらくはタモリ自身も)それを承知しているが、口にするのは野暮というものだ。なんとも微妙な、「他人以上友達未満」の精神的距離を保ち続けているのである。

いろいろな憶測はあるが、タモリがどんなつもりで降板の意志を固めたのか私は知らない。特に知りたいとも思わない。いいかげんなようでいて実は人情に厚いから、反ライブドアの経営陣やスタッフに義理立てしたのか。それとも年を取ったので仕事を減らしたいのか。ライブドア傘下になって面白い番組を続けていけると思えなかったのか。ホリエモンが嫌いなのか。そのどれも考えられるし、すべて外れているかもしれない。
だが、降板しようと継続しようとそれは私にとって大した問題ではない。
私にとって大事なのは、タモリがタモリ自身であり続けてくれること。
「経営者が変わったからといって番組を降りる、そんな決断をする人」であろうとなかろうと、私が抱くタモリのイメージは揺らがない。彼が沈黙を守り、「ファンのため」とか「長年の義理のため」とか、どちらにしても偽善的な自己正当化のための言葉を口にしないことに私は満足している。

そうはいっても、タモさんのラジオが終わっちゃうのは淋しいな。
いや、タモさんを責める気にはなれないけど。
ライブドアが来たらやめるって言ってるんだから、ライブドアが来なければいいのか。
ライブドアのニッポン放送への経営参加反対!ホリエモンは来るな!!
…と言ってみただけ。

*このエントリの続き*

愛を要求する根拠



■ライブドア関連のお勧めブログ
コメント (81)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳ちゃん、おめでとう | トップ | 安易なユーザー志向の恐怖 »
最近の画像もっと見る

81 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ちょっと違った見方から (芸能問題総合研究所ANNEX)
2005-03-27 10:06:26
 芸能界は前近代的な義理人情の社会なんですね。誤解を恐れずに言えば、ヤクザの世界のような。

 タモリも中島みゆきもニッポン放送によって世に出してもらったのだから、ファンや新経営者より現放送局に強い恩義を感じるのは不思議でもなんでもありません。倉本總だって、NHKとトラブって隠遁していたときにフジに拾ってもらったわけですし。

 芸能界の義理人情話は最近でもavexの松浦社長と浜崎あゆみ、イエローキャブの野田元社長と所属タレントの例があります。逆に芸能界の掟より法を優先させたばかりに干された某アイドル(あえて名は秘す)の記憶も新しいところです。
love the island (玄倉川)
2005-03-27 10:37:51
大橋さん、いらっしゃいませ。

まさに「人に歴史あり」ですね。

ある程度損をかぶっても、批判されても、しがらみや情を大事にしたい人が芸能界や放送界には少なくないのでしょうね。



某アイドルって誰だろう…

「す」で始まって「み」で終わる人かな?
Unknown (Scott)
2005-03-27 10:41:02
ぶしつけですいませんが、気になったので一言だけ。



降板を示唆したタレント自身は確かに「リスナーのために辞める」とは言っていないかもしれませんが、あのタレント降板がニッポン放送の「だから堀江社長はラジオを愛していないキャンペーン」の一環として利用されているようにしか見えず、それが反発を招いているのだと思います。

「ほら堀江が来るとみんな番組無くなっちゃうよ?リスナーも堀江叩かないとダメだよ?」と言われても、リスナーにしてみれば「そんな話を押し付けるな!」と叫びたくもなりますよ。
Unknown (玄倉川)
2005-03-27 11:48:42
>Scottさん



ようこそ。

率直なご意見はどんなものでも歓迎です。



たしかに、「リスナーのため」を連呼していたニッポン放送の社員であれば「我々は会社を去りますが、リスナーのためにどうか番組を続けてください」とタレントにお願いするのが筋ですね。

この件に関してニッポン放送を弁護する気はありません。といって、特に批判しようとも思わないのですが。

「ダブスタ必死だな」と笑ってやるくらいでしょうか。
Unknown (るやん)
2005-03-27 11:50:23
TBをありがとうございます。

じぶんは降板表明をした人たちが「東京高裁での司法判断」をする際に当たって、ニッポン放送側からの「この人たちが辞めちゃうって言っているんですよ、だから企業価値が下がっちゃうんです」という材料に使われていることを承知している、というのがちょっと引っかかっています。

(報道されているすべての記事を読んでいるわけではないので、この認識が間違っているかもしれませんが)

本心はきっと違うところにあるんだろうとは思いますが・・・・

何はともあれ、彼らも「利用し、利用され」の世界にいるんだな、と思うと切ない気持ちになります。
私も彼らの本心はわかりません (玄倉川)
2005-03-27 12:05:15
> るやんさん



こんにちは。

彼らベテランタレントたちは、ゴタゴタの渦中から遠ざかりたいだけなのかもしれません。もしそうであったとしても、結果的にはニッポン放送を利することになるわけで、ライブドアを応援する人たちから批判を受けるのもやむをえないでしょうね。
Unknown (gravity99)
2005-03-27 13:03:55
TBありがとうございます。

本当にネットというのは様々な意見に出会えて楽しいです。

周りをみていても、ライブドア支持や岡村隆史氏の賛成意見や降板に関しての批判意見が多く、こうしてトラックバックして頂いたおかげで、こういった意見に出会えたという事はとても喜ぶべき事だと思います。



私は文章でお分かりだと思いますが、頭があまり良い方ではないので(苦笑)読むに足りない文章ですが、一言申し上げますと、タレントはファンを一番大事にする義務はないと思いますが、ファンを大切にするということは大事な事だと思います。

これまで続けてきたラジオをやめるというのは色々な思惑があってのことだと思いますが、リスナーがいてラジオがあるわけで、一番ではないにしろ「リスナー」というのはラジオがある限り付いてくると思います。リスナー無しで一人で喋るのは誰でも出来ると思います。



今回は、まだライブドアが具体的に動き出していないうちに降板という事もあり批判されているのかもしれないです。
「タレントのファン」と「ラジオファン」の違い? (玄倉川)
2005-03-27 13:51:15
> gravity99さん



いらっしゃいませ、どうかお気楽に。

私の考えはどうやら変わり者の少数意見みたいで、たくさんの批判を受けるのを覚悟してトラックバックさせてもらいました。みなさんが異説を寛容に受け止めていただいたことはとても嬉しいです。



> 大事にする義務はないと思いますが、ファンを大切にするということは大事な事だと思います。



同意します。そして、大切にするにも人によってやり方は色々だろうと思います。



> リスナーがいてラジオがあるわけで



私の場合、タモリの個性に愛着の中心があり「週刊ダイナマイク」という番組に特別の執着はないのですが、なによりも番組それ自体を愛しているリスナーにとっては、勝手な降板は裏切りに思えるのでしょうね。

Unknown (hironade)
2005-03-27 14:09:23
TBどうもです(^^)

確かに、ファンを大事にする義務があるかと問われれば、義務ではないかもしれませんね。

ですが、ファンがいてこその地位だと思いますよ。どんなにその人が素晴らしい芸を持っていても、それを支持する人がいなければ、なんの価値もないわけですから。絵画や彫刻といった芸術作品に同じだと思います。

タモリ氏も玄倉川さんのようなファンがいるからこそじゃないでしょうか。



また、『偽善的な自己正当化』という言葉でいろいろな理由を括ってしまっては身も蓋もないでしょう。偽善的かどうかはおいておくとしても、ほとんどの人間は、普段からいろいろな自己正当化しているんですから。
TBありがとうございます (hbiki)
2005-03-27 14:23:20
TBありがとうございます!この視点はまさに正論だと思います。また別の視点から考えてみた記事を書いておりますので、TBさせてください。
ちょっと禅問答みたいなことを言ってみる (玄倉川)
2005-03-27 14:33:49
> hironadeさん



このような辺境にようこそ。



> ファンがいてこその地位だと思いますよ。



ただの推測ですけど。

「芸術家タイプ」(中島みゆき等)や「遊び人タイプ」(タモリ)は地位にあまりこだわってないんじゃないでしょうか。

「ビッグになりたいタイプ」の人にとって地位は重要でしょうが。



> それを支持する人がいなければ、なんの価値もないわけですから。



ゴッホの絵は、彼の存命中は二束三文だったそうです。

それでは、彼の絵に価値が生まれたのは「彼の死後」であり、価値を与えたのは「ゴッホ以外の誰か」だったのでしょうか。

私は違うと思います。

「誰もいない森の中で木が倒れたとき、音は鳴り響いたのか?」という疑問に似ています。

この問いに唯一の正しい答えはなさそうです。



> ほとんどの人間は、普段からいろいろな自己正当化しているんですから。



いちばん自己正当化しているのはニッポン放送の経営者と社員たちかもしれません。
偽善の匂い (玄倉川)
2005-03-27 14:43:26
> hbikiさん



お待ちしてました。TBを送った先で、理解してくれそうなのはhbikiさんだけかもしれないと思ってましたw



■何故嫌われる?:ホリエモンの課題■

http://blogs.yahoo.co.jp/hbikimoon/853765.html



こちらの記事は素晴らしいですね。

工場の明かりの話は少し「朝三暮四」に似てますが、結果オーライということで。

私も、人間を一番強力に動かすのは「心」だろうと思います。

ですが、人間は偽善の匂いを感じると一気に心を冷ましてしまいます。

今、フジサンケイグループ内で自分たちの経営者の言葉に偽善を感じる人たちがどれくらいいるのか気になるところです。
軽んじられた芸能界 (イマジン天国)
2005-03-27 17:05:16
TBどうもありがとうございます



玄倉川さんの書かれていることを読んで、タモリさんもやはりそちら側の人であるかということに初めて思いあたりました。



元ビートルズのジョン・レノンの記録映画「イマジン」で出てくるシーンです。

熱狂的なファンが彼の家の庭に忍び込んできて捕らえられました。そのファンはジョンの曲に込められたメッセージを自分たちファンの為に向けられたメッセージであると、そういうジョンの曲が好きであると訴えかけます。

そこでジョンはファンに言いました。

「ぼくが曲を作るときに思うことと言えば、今日は快便だったなとか、今日も奥さんがきれいだとか、精々それくらいのものであって、君たちファンのことを思って作っているわけではない」と。

そういってジョンはそのファンを自宅に招き入れ、温かいスープをごちそうし、新曲「イマジン」を生で聴かせていました。

芸能人(タレント)とはそういうものだということを忘れていました。

中島みゆきさんやタモリさんもそういう人達なんですね。自分も含めた世の中は、彼らに多くを求めすぎているようです。
TBありがとうございます (うたごころ)
2005-03-27 21:36:28
TBありがとうございました。

私はみゆきさんのファンの一人です。

みゆきさんファンの中でも、今回の報道は

色々な議論がなされています。

今回の報道は、あくまで「報道」であって、

みゆきさんご本人がおっしゃった言葉かどうかは

わからないのが現状です。

ただ、もし本当に番組降板を決められたとしても、ファンとして、私はみゆきさんの意思を

尊重したいとおもっていますし、その決定が

リスナーを裏切っているとはとうてい思えないです。むしろ、リスナーの事を考えた上での決断だったのでは?と思います。

タモリさんにしても、倉本さんにしても、皆プロとして、芸術を提供されている方ですよね?

看板番組を作るという事は、誰にでもできる事ではないはずです。

その番組を作る為に情熱を傾けて、真摯に取り組んでいる「人」が、そこにはいるはずです。

その方たちと一緒に作る番組だからこそ、リスナーは聴いていて「おもしろい!」と思えるのでは

ないでしょうか。品質が落ちるとわかって、商品を売らないのと同じように、今までと同じ番組作りができないかもしれないリスクを負って放送するのは、プロとして許せなかったのかもしれません。長々と書いてしまってすみません。。







Unknown (スズメ)
2005-03-27 23:34:04
こんばんは。TB&コメント有難うございました。

TB返しさせていただきましたm(_ _)m



こちらのエントリーを読ませて頂いたのですが、玄倉川さんのおっしゃる「タレントの定義」みたいなものに同感してしまいました。

視聴者は神様だと言う時代では無いんですよね、今は。

勿論そういう考え方で立派にエンターテイナーとして成功された方も中には居るのでしょうけど(わたしは実際どなたかは知りませんが)、仕事は選んで然りだと思います。

そういう意味で今回の降板劇は当然と言えば当然の流れだとも感じるのですが、やっぱりいち視聴者としてはどういう考えで降板する事になったのか、とか、ドラえもんの声優が変わって寂しいぞー的な、「タモさんじゃないとダメだろ」と言う、非常に勝手な気持ちが優先されてしまうんですよね。

結果わたしはラジオは聞かないし自分には何の影響も無いんですけど、やっぱり「寂しいな」って言うのが最終的な感想ですね。
どんな状況でも (teto)
2005-03-28 00:12:37
中島みゆきさん、タモリさん、江本さんみんな好きなタレントでした。(何故か過去形)ヽ(^◇^*)/

みなさんプロ意識を持ち、頑張っておられると思います。

でも、売れてくると別なんですかね?(-_-;ウーン

私なんか、上司が代わろうが、会社の方針が変わろうが、その方針の中、最大限の努力をするしかないですよね。

世の中の大半が、そうだと思いますよ。

自分のなかで譲れないものはあります。

しかし、それをたてにとって、自分を支持して頂いてる人に、「もうあそこは辞めたから、他でやるからよろしくネ(。・_・。)ノ」

そんなことは、とても言えません。

うらやましい気もしますが、そこにいる事を楽しみに来てくれる人を裏切るようなことは出来ません。

「こんちわ~」用事もないのに遊びに来てくれる人。

そんな人、一人ひとりを大切にしたいです。

やっぱ、ファンあってのタレントだと思います。

和田さんに関しては、論外です。

教養のかけらも感じられないし、感情だけで話すのなら、中学生でも出来ます。

あびるの件でコメントがあれば考えてたかも?

ホリエモンを応援してるわけではないけど、フジテレビの対応には嫌気がします。

亀淵社長、オールナイトニッポンのときは早寝して、聞くほどのファンでした。社長になるとあーなるのかな~o(;△;)o

それともフジの威光には逆らえないのかな?
ありがとうございます (玄倉川)
2005-03-28 00:50:54
みなさんから多くの真剣なコメントいただき、本当に嬉しく思っております。

ありがとうございました。

私のまずい文章の真意を読み取ってくださるかたがこれほどいるとは、正直予想外でした。

ネットって、ブログって面白いものですね。



「タレントは甘えるな!」と怒っておられる方が、実はタレントに甘えているんじゃないか、そんなことも思いました。

自分の甘えはなかなか気付かないものでありまして、私もあちこちで大いに甘えつつ「これが当たり前」「全部自分の力だ」みたいなことを思ってます。時々それに気付くと、太宰治のような自己嫌悪に陥ります。しかし、自己嫌悪もまた自分を自分で甘やかすことに他ならず、どこまで行ってもきりがありません。



絶対的な正解が世の中にあるのかないのかわかりませんが、これからも自分なりにぐちぐちと考え続け、聞こえのいい「正論」や「俗説」から離れたところで自分が納得できる答えを探していきたいと思います。
ジョンレノンに感動 (玄倉川)
2005-03-28 01:53:24
> イマジン天国さん



我慢できず突っ込みを入れさせていただきます。



> 「ぼくが曲を作るときに思うことと言えば、今日は快便だったなとか、今日も奥さんがきれいだとか、精々それくらいのものであって、君たちファンのことを思って作っているわけではない」と。



快便はともかく(誰でも気持いいですから)、「奥さんがきれいだった」とは…

奥さんってオノヨーコですよね、うーん。

さすがジョン、凡人の感覚ではない。
アーティストとエンターテイナー (wwhat)
2005-03-28 02:01:11
音楽の世界でよく聞く話ですが、

自分の理想とする音楽とファンにうける音楽の違い

芸術性の追求か利益の追求か



どちらを取るか。



で、ラジオの話をすると、番組に対する思い入れもなく、リスナーに対する思い入れも無く、経営者に対する思い入れだけでやっていたなら、堀江の下ではやらないというのは分かるのですが、なぜ辞めるのかタモリさんの口から聞いてみたい。

態度が気に入らないとかそんな理由なのかな?

謎があるから魅力がある (玄倉川)
2005-03-28 02:09:47
> wwhatさん



わたくしの事情について語ると、「タモリ」ではなく「森田一義」になってしまいそうなので、玄倉川としてはタモさんには沈黙を貫いてほしいです。



もし何か言うならネタオンリーで。

「降板の理由はニッポン放送の食堂の味が落ちたため」とかでいいです。
TBありがとうございます。 (man)
2005-03-28 02:19:20
私とは一味も二味も違う視点で、大変興味深いです。

タレントの定義などその通りなのだと思いますが、私てしては仕事に対する「責任」に対し批判します。

責任ある行動を。ということを考えると、そう自分勝手な行動をとることはいかがなものなのかと思うのです。
責任の取り方は人それぞれ (玄倉川)
2005-03-28 02:34:33
> manさん



続けるにしてもやめるにしても、考え抜いた末の結論ならそれがその人の責任の取り方なのではないでしょうか。

批判を受けるのはそれこそ想定内のことでしょう。



それとは別の話として。

常に「自分勝手でやる気のないタモリ」を演じ続けるのが彼なりの責任の取り方だと思っております。
自分と言うブランド (wwhat)
2005-03-28 02:49:33
>「降板の理由はニッポン放送の食堂の味が落ちたため」とかでいいです。



これはいいですね。嫌いじゃありません。



芸能人は自分と言うブランドを持つ必要があると思います。

それを崩さないコメントと態度を取るべきでしょうね。

まったく同意します (antiECO)
2005-03-28 03:00:55
初めまして。

萩本欽一氏や美川憲一氏も辞退をほのめかしているそうですね。和田アキ子さんもそうですし。それぞれを各芸能プロの代表と置き換えると恐いですね。

それだけ、駆け出しの時代にニッポン放送のスタッフ、つまりいまのニッポン放送の幹部に世話になった人々が多いということでしょう。芸の舞台はどこにでもあるということでしょうか。
Unknown (femin21)
2005-03-28 08:30:38
トラバありがとうございました。みんな、なにもこの時期に降板を表明しなくても・・・と思うんですが、いろんな含みを持って報道されるのはわかってるんですから。でも、こういう発言をされた有名人は、ラジオだから降板するんでしょうね、テレビの番組を降りるよりもリスクは少ないですもん。万が一、ライブドアがフジテレビの経営権を握れるなら、またフジテレビの番組も出演拒否したでしょうか?結局、番組を降りる有名人も、退社しようとする社員もラジオへの愛情がもうないってことなんじゃないでしょうか?
Unknown (marcomusi)
2005-03-28 08:55:37
コメント&TBどうもです。



ジョンレノンについて言うと

オレはそのシーンも感動しましたが

曲の歌詞の解釈について説明した部分も

感動したんですよね。

その曲はポールの作った曲(ビートルズの)で

ジョンに説明義務はなかったと思いますが

ポールの書いたものだから知らんわ、と言わずに

グループとして発表したものだから

自分達に責任がある、と明言していたのです。

二人は当時かなりの反目状態だった時ですので

このアーティストとしてのプロ意識に、

オレはかなり驚き感動しました。

オレのジョンに対する見方が変わった瞬間です。



全然関係なくてすいません。

ではまたです。

仕事と趣味 (いなげや)
2005-03-28 09:07:20
トラバありがとうございます。

思うに、タモリはラジオ番組の週間ダイナマイクは自分の趣味で、笑っていいとも等テレビ番組は生活のためのような気がしてなりません。

はっきり言って「笑っていいとも」や「ミュージックステーション」のタモリはぜんぜん面白くないし、惰性でやってるとしか思えません。(トリビアは自分の趣味とかぶると俄然やる気がでるみたい)

逆にラジオの「週間ダイナマイク」でのタモリは、自分の雑学をダラダラとしゃべる「息抜きの時間」に思えます。

本心ではラジオは続けたかったのではないでしょうか。

ただ、プロ野球開幕で週間ダイナマイクもお休みに入るし、仕事上フジテレビへ自分のスタンスもはっきりさせておかなきゃいけないし、とりあえず意思表示したみたいな。半年たてば状況も変わってるでしょうしね。

個人的には、ホリエモンにはニッポン放送から手を引いてもらって、そのかわり西武ライオンズを買収してライブドアライオンズとして、ソフトバンクや楽天をコテコテにやっつけちゃうほうが面白いと思うんですが。

どうも長々と失礼しました~。
Unknown (つきっつ)
2005-03-28 10:27:30
TBありがとうございました。

楽しく読ませていただき、なるほどと思い、とても同意しました。自分がぼんやりと思っていた(けれど自分でよくわかっていなかった)ことを書いてくださっている、とうれしくもなりました。



私も、「ファンのことを考えていない」という批判はちょっとおかしいと思います。

「今までの言動と違うじゃないか」という批判はOKだけれども、「それがあなたのやり方なのね」という範囲ならば、降板宣言も1つの「芸能活動に関する方針(に基づく判断)」ですよね。

それにしても「やる気のあるものは去れ」には笑いました。ステキな人だな~
Unknown (かず)
2005-03-28 10:34:46
TBありがとうございます。

うーん。確かにそうですね。彼等は芸に長けた(例外もいるかも)人達で、その芸で

食べてるわけで、職場を選ぶ権利も当然あるんですよね。もっともらしい理由にしろ

「なんとなく嫌みたいな」ノリにしろ。

私の好きなバンドで、カレー屋に行ってカレーが辛いと怒って暴れた方がいるんですが

番組辞退騒動は、それよりは随分とマシな反応な気もしてきました。



ネットって面白いですね。

様々な意見に出会えます。どれが正しいなんて事は決してないのだけど、色々な意見を

読む事で、考える幅が広がりますもんね。俺はこう思うけど、あの人だったらこう思う

のかもしれないなって考えると、新しい道開けたり。



貴重なご意見、読めて嬉しかったです。

また遊びに来ます。

タレントの本心 (teramin)
2005-03-28 10:47:23
トラバありがとうございます。



自分では気付かなかった視点ですね。なるほど…

ただ、今回の報道(各Web上のニュース等)では、タレントの本心が見えません(多分、みんなそこまで語ってない)。

事実だけ見れば、ライブドアに経営権が移るのを阻止したい、としか見えないわけです。

今回のタレントの事だけではなく、フジテレビ、ニッポン放送、ライブドア、全てがリスナーの事をどう考えてるのか、不透明です。この辺が第三者としては不安なわけで。
また一つ (otone)
2005-03-28 11:08:43
勉強になりました。色んな考え方ありますよね。僕ももう少し自分の考え方を遠くから見えるようでありたいです、タモリは好きで自伝チックな本まで持ってるのにどうしてそんな考えが出てこなかったのか自分でも笑っちゃいました。



面倒だからホモになろう。これですよね。タモリ。



また良かったら書き込んでください。嬉しかったです。
発言時期が悪いと思うわけで (highfrontier)
2005-03-28 11:42:58
TBどうも。



TBいただいた後ここ読ませてもらってコメントも読ませてもらってその上で思ったことを書きます。



思うに、ライブドアが経営参画するようになって、同じように番組作れなくなったら、「止める」と発言すればよいのではないかなぁと。

聞く人はニッポン放送だから聞くという人以外は、経営者なんて誰でも一緒だと思うリスナーばかりだと思う。

ホリプロのタレントが個人事務所のタレントになっても吉本のタレントになっても同じ芸風ならやはりファンのままでいるのと同じ感覚かなぁ。大抵のタレントは事務所変わっても芸風はあまり変わらないみたいに、番組も同じタレントがやるならばあまり変わらないと思うんですよね。



だから、同じような番組作らせてもらえないっていうのなら、そのとき止めると言えばよいのではないかと。



たぶんCMでネットのURLは言うようになるかもしれないけど、いくらライブドアでも番組の作り全てを換えるとは思えないし、そこまでするなら、ライブドアの芸風にあわないタレントは、止める以前に降ろされるだろうと思う。

そんなことを考えると今そういう発言するのは気の早い変な人たちだなぁと感じました。
なるほど。 (man)
2005-03-28 12:42:26
>玄倉川さま

そうですか。なるほど、勉強になりました。

有難う御座います。
ベテランの勘 (玄倉川)
2005-03-28 13:03:38
> highfrontierさん



こんにちは。

今回降板宣言をした人たちは皆ベテランです。何十年と業界の空気を吸ってきた人たちです。

数え切れないほどの成功例や失敗例を見てきたはずです。

その彼らが「なんだかヤバそう」と感じたなら、それは実際にヤバくなる確率が高いのだと思います。

そして、ホリエモンの示したビジョンが彼らに「ダメでもともと」「この男に賭けてみたい」と思わせるほどの魅力がなかったのでしょう。

もし彼らが誰かに降板を「言わされている」のなら話は別ですが(私はそうは思ってません)。



まあ、ベテランの勘も外れることがあります。三船敏郎はルーカスから「スターウォーズ」のオビワン役をオファーされたのを断ってしまい、世界的大ヒットを逃しました。

後悔してスピルバーグからのオファーを受けたら駄作の「1941」だった、という二重の失敗を犯しました。
Unknown (koji)
2005-03-28 22:16:54
こんにちは。コメントが遅くなりました。TBをいただいてBlogを読んで、しばらく考えてしまいました。確かに義務はないでしょう。じゃぁ、責任は?これもナイのかなぁ。あるとすれば誰に対してだろう・・・。確かに本人がどこに価値を置くかによって変わってくる部分もあります。ファンの側にタレントに対してナニを求めるかによってもかわってくるでしょう。辞める発言の情報が少なすぎるために判断できない部分も多いです。

ただ、自分なりの考えから言わして貰えば、まだナニも始まってもいないのに「辞める」発言は、あまりにも安易でリスナーに対して失礼ではないかと思います。自分の仕事にこだわるなら、経営者が誰に変わろうとも、今のスタッフが必要なら、残るように働きかければ良いだけのこと。もし、スタッフが変わったことによって、番組の方針とかかわり、自分の納得できる番組作りができないなら、できる場所を求める。そのような事はアリだと思います。ただ、繰り返しますが今の段階で言うことじゃない。ナイナイの言ってるとおり、不安に思うファンも居るわけですから。



あ、それから、私はタモリのミュージックステーションは大好きです(今はテレビを殆ど見ないので見ていませんが)。ナニがスキかって。ぞりゃぁ、あの「やる気のなさ」。司会者でありながら、やる気のなさが伝わってくるところに、好感を覚えてしまいます。



では、駄文で申し訳ないですが失礼します。
安易か、それとも熟慮の末か (玄倉川)
2005-03-29 00:37:13
> kojiさん



拙文を読んでいただきありがとうございます。

kojiさんがしばらく考えてくださったことで私は充分報われました。考えた結果が私と違うものになるのは当然のことでしょう、生まれつきも環境も違うのですから。



> まだナニも始まってもいないのに「辞める」発言は、あまりにも安易でリスナーに対して失礼ではないかと思います。



今回の騒動が始まってからすでにかなりの日数がたっています。

堀江社長やライブドアのあり方を観察して将来の予測を立てるには彼らにとって充分だったのでしょう。

安易に発言したとは思いません、彼らなりの熟慮の結果だと考えます。

もし本当に安易な発言で後になってから「あんなこと言うんじゃなかった」「誰かに言わされたんだ」などと泣き言を並べるようなら、私はそのときこそ彼らを軽蔑します。



> 司会者でありながら、やる気のなさが伝わってくるところに、好感を覚えてしまいます。



私は同じやる気のなさでも「いいとも」は許せて「Mステ」はイヤなんですよね。何故なんだろう?

単純に、私が今のJポップの歌手をよく知らないせいかも。

最後に「いいな」と思ったのは矢井田瞳ですから、もうほとんど一昔前ですw

Unknown (うめ)
2005-03-29 01:11:00
TBいただいたので、ノータリンながらコメントさせていただきます。

私は、かれらがタレントとしてどうかとかファンをどう思っているのか以前に、

ホリエモンとちゃんと話をしたわけでもないのに、

メディアが流す情報だけで

かれらが進退を決めてしまったことに、

かれらの社会人としての資質を疑いました。

これだけメディアに触れて、

メディアの特性を知り尽くしていると思われる方が

本人の話も聞かずに感情論とも言える意見で

大局を揺るがしかねない場面で

このような判断をするに至ったことに対して

どうよ?

と思いました。

正直、タモリやその他の人を見損ないました。

彼らのすべきは、進退を決することではなくて

ちゃんとした説明を求めることだと思いました。
リテラシー (玄倉川)
2005-03-29 01:50:55
> うめさん



こんばんは。

タレントはビジネスマンとは違いますからね。感性で決めて何の問題もないと思います、自己責任を承知していれば。

メディアだけで、とおっしゃいますが、メディアも100%嘘を流しているわけではないでしょう。リテラシーを備えた人にはほりえもんやLDの本質が見えるはずです。私にはよく見えませんが。

違法なことをしたわけではないのですから、説明の義務はないでしょう。説明したい人はすればいいし、タモリのように沈黙を保ちたい人はそうすればいいのでは。
Unknown (うめ)
2005-03-29 02:57:01
>玄倉川さん

そういうものなんでしょうか…大きな影響力を持つ人たちだけに、行動には感性以外のものも求めてしまうのは私のような人の勝手な意見なのかもしれませんね。



 あと、ひとつだけ付け加えると、タモリ達がもしLDの経営権掌握を直接の理由に降板するならば、降板を発表する前に、LDに対してきちんとした説明を求めて、その上で進退を決めて欲しかったな、と思ったわけです。これも勝手な意見ですけどね。

 やはり影響力の大きい人だけに、「俺はちゃんと本質を理解してやめるの、」って言って欲しいなんて、勝手ながら思ってしまうのです。
Unknown (acoyo)
2005-03-29 11:02:33
TBありがとうございました。非常に納得のいくご意見で胸がすく思いでございました。



最近、とても嫌なのが芸能人(広い範疇での言葉です。無論、ジョン・レノンみたいな人も入ります)ってのは芸をまず売ってるものなのに、いつから「いい人」「悪い人」で売るようになったんだってことです。

それで、今回のようにM&Aという事情でどっちかについたら「いい人」で別の方なら「悪い人」というのはもう噴飯物という感じがするんです。

無論、その「芸」の中にはパーソナリティも含まれます。それは当然です。今回、止める、といった方々を私がみな好きというわけではありませんが、彼らが今までその「芸で売ってきた、芸に現れた」パーソナリティと今回の行動はまるでずれがないというのが、私の評価です。

それがフジへのよいしょとしても、「前略おふくろさま」を書いた人間が、古い義理の方をたてるのが当然ですし、中島みゆきが「拝金主義」に頭を下げたと思われては困ると考えるのもトーゼンだと思います。



それを批判するのは自由ですが、「裏切られた」はないだろうと。まして、リスナーだったわけでもないのに、何をあんたら嘘くせえと(爆笑 自分とこでないから書けるわっと♪)。



投書、玄倉川さんのようにきちんとまとめて書きたかこうかと思いましたが、頭が悪いのと、二派に別れての「正義の戦い」になんか巻き込まれたく無かったんで、ああ書いたのですが、やっぱきちんと書くべきだったかなあとも思います。



後、ブログに「天声人語」系って結構多いんですよね、いえ、書きぶりか。今回、しみじみ思いました。

そういった中で、ご自分の意見を丁寧に、しかも率直に書いてらっしゃるブログは珍しいので、そういうところにTBしていただいて、たいへん、光栄でございます。TB返しさせていただきます。長々お邪魔いたしました。
Unknown (Ryo)
2005-03-29 11:56:00
え~と、まずはTBありがとうございました^^



この件に関しては、まあ良くも悪くも結局はみんな人間なんだなって思いました。

降板を表明した出演者の方達だって、私たちには分からないようなカチンとくる理由があったのかもしれないし、反射的に拒絶反応が出ちゃったのかもしれないし^^;



北野たけし氏は、「とんでもないこと(降板に関して)。我々は商品なんだから、泥棒が買おうが、なにしようが文句を言える立場じゃない」みたいな事を言ってましたが、やはり人それぞれ、いろんな考え方がありますね。

だから人間っておもしろい。



結局、私はどうかと言えば、彼ら出演者が降板しようが何しようが、実はどうでもいいのですが、せめてリスナーに関して、もう少し何かしらの言及はして欲しかったかなと。

理屈ではなく感情的にですが。

TBありがとうございました (しげち)
2005-03-29 12:06:56
芸の道を専心事が最重要事項であり、観客はただ

付いて来れば良いと言うのは、ただのエゴです。

思想としてそうなのであれば、世に出ずただ自分の

芸の道を究める事を選べば良いこと。

中島みゆきは歌手です。ラジオで話す事は歌手の芸

を専心してますか?

まずファンありきをいう事を理解できないで芸の道

を専心などと言うことは、タレントのマスターベー

ションでしかありませんよ
どんどん書いてください (玄倉川)
2005-03-29 12:10:43
> acoyoさん



> いつから「いい人」「悪い人」で売るようになったんだってことです。



うわぁ!また先に言われちゃったよ。何でこちらの言いたいことを先取りしますか。acoyoさんは「さとるの化け物」ですか?

…おっと、挨拶もなしに失礼いたしました。

ようこそいらっしゃいました、どうかごゆるりと。



> 今までその「芸で売ってきた、芸に現れた」パーソナリティと今回の行動はまるでずれがないというのが、私の評価です。



私もそう思います。「裏切られた」なんて言ってる人たちは彼らの何を見てきたのかと。

そして、他人が自分の思い通りに動いて当然と思い込むのは傲慢じゃないか、とも。



> 「正義の戦い」になんか巻き込まれたく無かった



私もそうです。タモさんの名誉のためには戦いますが(好きなので)、フジを守るためにホリエモン軍団に正面きって戦いを挑む勇気はありません。だから過去にはおちゃらかししか書いておりません(残念ながらあまり受けなかった)。

最近かなり戦闘力のありそうな勇者を見つけたので、見守っていきたいと思ってます。



創難駄クリキンディーズ2004福岡: ちゃんとした根拠と論理性を持ったホリエモン応援ブログ記事を読んでみたい。

ここ→http://osa3.blog.ocn.ne.jp/project/2005/03/post_26.html





これからもどうかよろしくお願いいたします。
市場原理で (玄倉川)
2005-03-29 12:28:19
> Ryoさん



こんにちは、ようこそ。

この問題に関しては、全ての人に共通する正解などないと思っております。個人が自由意志で勝手に行動し、その結果最適解が生まれるはずです。あれ?これってホリエモンの言う市場原理と同じですね。



> しげち さん



いらっしゃいませ。



> 観客はただ付いて来れば良いと言うのは



ええと、たぶん誰も「ついて来ればよい」なんて言ってないはずです。

「ついてきてくれるかな?」「いいとも!」(あるいは「ブー」)というコール&レスポンスの関係だと思います。



> まずファンありきをいう



市場を後追いする商品より提案型商品のほうが当たったときにはデカいのではないでしょうか。外れたら悲惨ですが。

もちろん、前者のやりかたを否定するつもりはありません。
TBありがとうございました。 (fachi)
2005-03-29 12:37:50
なるほど、タレントって「才能」って意味だったんですね。

でも、私は芸能人はエンターテイナー(歓待する人、もてなす人)だと思ってますので、タレントさんには面白い番組をつくるために是非降板してもらいたいです。

降板したいと言っている人は年寄りばっかりだし、若い人にチャンスを与えるほうが全てうまくいくのではないでしょうか?

堀江さんも、もうさわぐようなことじゃないって言ってるし、そろそろいがみあいはやめて面白い番組作りにとりかかってほしいです。^^
若さってうらやましい (玄倉川)
2005-03-29 12:59:45
> fachiさん



こんにちは。

そうですよ、若者は前を向いて元気に生きなければ。社員やタレントがやめてもいいじゃないですか、薄給でもいいというやる気のある奴は必ずいます。LDニッポン放送が以前より面白い番組を作り多くのファンを集めることを私も心から望みます。

それを信じてはおりませんが。
TBありがとうございました。 (みお)
2005-03-29 13:05:56
TBしていただいたナイナイの記事は、私の前日の記事で書いた考えの上でのものなので、そちらの記事から、TBを返させていただきます。



私も、タレントがファンを大事にする「義務がある」とは思いません。もちろん、大切にしてくれたら、ファンはうれしいですけどね。
TB有難う御座います。 (宋江)
2005-03-29 14:17:05
まぁ、一意見でしょうな。

視聴者側からすれば「芸術家タイプ? なんじゃそりゃ。仕事なめてんじゃねぇ」と云いたくもなります。

自分の影響力を考えた方がいい、というのはある。

やりもしないで投げ出すことにファンは怒ってるんじゃないんでしょうか。

「あんたらそれでメシ食ってきたんだろ」と。

製作者の思惑など知ったこっちゃないはずです。中には理解のいいイイ子ちゃんな視聴者もいるみたいですが。

立派なこと云って、面白い番組が出来るのなら、歓迎です。連中、ラジオへの愛とか云い出しましたけど、愛があるから面白いのか、と云われれば、そうじゃない。

芸能人やタレントの定義がどうというより、発信者であることを忘れないでもらいたいというのが本音です。次々に降板を表明する中で云ったナイナイの発言はたしかにリスナーを安心させるものであったことは間違いないでしょう。
TBどうも。 (切られお富)
2005-03-29 15:55:24
私はタレントもいわば将棋の駒みたいなものだと思っているので、「タレントはファンを大事にするべき」かどうかより、製作者サイド、スタッフサイドの問題として、支持されている番組なり企画なりを、直接番組と関係のない理由で終わらせるようなマネはよくないだろうと思っています。



思っているような番組作りが具体的に妨害されたので、企画ごと他局に移ったというのなら話はわかりますが。



それと、フジに逆らいたくないだけなのに、良識ぶってライブドアを批判しているタレントは私には見苦しく思えます。ノーコメントを貫くか、素直に「フジに逆らうのはタレントとして致命傷なので」と言ってくれた方が私はスッキリするし、視聴者も案外納得するんじゃないかと思いますが…。
はじめまして! (琴音)
2005-03-29 16:44:32
TBありがとうございます。



特に降板発表された方の特別のファンではないのですが・・・。

玄倉川さんのようにタレントさんは自分の芸やポリシーを大事にしていただきたいと思います。

今回の降板の報道にしても、良くも悪くも伝えられたメディアで表現ですし、、、

上手くまとまらないですが、「降板」という言葉だけで、いろいろな憶測が飛び交ってしまいます。

その時の状況、また報道とはすごいものなのだなぁっと改めて感じました。

まとまらないですが・・・。

いろいろな意見を見ることのできるネットは使い方によっては、かなり危険なものなのでしょうね・・・。
Unknown (marcomusi)
2005-03-29 19:05:15
落ち着いたのでまた来てみました。盛り上がってますね。

拙宅のレスにも書いたのですが、そもそもみんなファンなの?というのがオレの率直な感想かな。



「創難駄クリキンディーズ2004福岡: ちゃんとした根拠と論理性を持ったホリエモン応援ブログ記事を読んでみたい。」さんじゃないけど、今回拒否した人たちの「ファン」でこれを否定している人の意見を読んでみたい、と。



もし既出だったらスイマセン。
コメントありがとうございます (玄倉川)
2005-03-29 20:20:03
みなさま、コメントありがとうございます。

私の考えは皆様のお気に触るものでしょうが、紳士的にコメントしてくださる方ばかりで大変ありがたく思っております。



> 宋江さん



この件で怒っているのは、番組やタレントのファン自身ではなく、それ以外の人たちがほとんどのように見えます。

どうして無関係の方々がそんなに怒っておられるのか、正直言って私にはよくわかりません。



> 愛があるから面白いのか、と云われれば、そうじゃない。



おっしゃるとおりだと思います。芸が本質であり、愛は付加価値ではないでしょうか。

私だったら、「いい人だけどつまらない」芸能人の番組より「悪い奴だが面白い」芸能人の番組が見たい。



> 切られお富さん



タレントの行動は自由だと思いますが、「リスナーのため」を宣言していたニッポン放送社員はそれに則った行動をする義務があるでしょうね。



> フジに逆らいたくないだけなのに



切られお富さんはどのような理由で「だけ」と断定されたのでしょうか。何か特別な情報を入手されているのでしょうか。

よろしければお教えください。



> 琴音さん



推測がいつのまにか確信となり、やがては事実ということにされてしまうと怖いですね。



> marcomusiさん



少数例ですが、中島みゆきファンを宣言されたのが「うたごころ」さん、タモリファンは私です。どちらも怒ってはいないようですね。うたごころさんは心配されているようです。私はちょっぴり面白がってます。
君は誰だ? (omaira)
2005-03-29 20:23:46
君が何が言いたいのかがあまり見えてこない。

他ブログの引用もイクナイな。
義務感による愛 (玄倉川)
2005-03-29 20:27:51
すみません、みおさんへのお返事が抜けてしまいました。



> みお さん



義務感から愛されてもあまり嬉しくありませんよね。

岡村さんが「リスナーのため」と表明されたのも、まさかニッポン放送の社訓(なのかな?)に「言わされた」のではないでしょう。

Unknown (玄倉川)
2005-03-29 20:34:02
> omairaさん



私の言いたいことはすべて筆の及ぶ限り書いたつもりです。引用については、virtual-lifeさんのご意思の表明があれば修正・削除にやぶさかではありませんが、現時点では適切なものと思っております。
トラックバックありがとうございました。 (安保 仁)
2005-03-29 23:18:44
ライブドアNOと言った人は結構「情」の部分で受け入れられないと言った人が多い気がします。



岡村君や北野氏のような考え方もあるとは思いますが、彼らが正しくてNOと言った人は間違っているという考え方もどうかとは思います。
Unknown (hitokage)
2005-03-29 23:23:20
TBありがとうございます。

玄倉川さんの言われているように、いろいろな意見に接する事ができるのがブログの魅力ですね。
オナニー率が高い。 (宋江)
2005-03-30 00:41:17
他人の意見晒し上げ、みたいなのは正直気分悪いが、前に云ってる方がいますね。

>どうして無関係の方々がそんなに怒っておられるのか、正直言って私にはよくわかりません

その無関係な方々、って、視聴者がどれだけいるとお思いでしょうか。ファンでなければ視聴してはいけないように聞こえます。

芸能人といえど社会の一員なんでしょう? 特例でもあるのですか?

この記事は見方は面白いと思います。ですが、やり方としては単なるオナニーの喘ぎ声を神の啓示みたいに云っているだけです。

コメントへのレスを見ている限り、口調は丁寧ですが、すごく失礼だ。端から他人の意見を聞く気なんてないでしょう。
Unknown (mello)
2005-03-30 00:45:23
TBありがとうございます



自分なりには「自分の芸や才能を一番大事に」というなら勝手に個人ラジオ局でも作って短波でやってろって感じデス

ほぼ全国放送でやっていくなら大勢のファンを大切にしないと

今はいいけど後何年後かは一部のコアなファンしかついていかないでしょうね

ご意見ありがとうございます (玄倉川)
2005-03-30 01:41:20
> 安保 仁さん、hitokageさん、melloさん



コメントありがとうございます。





> 宋江さん



> その無関係な方々、って、視聴者がどれだけいるとお思いでしょうか。



ええと、そもそもの問題は「ラジオ番組を降板する」ということですね。

そして、怒っている方々は「リスナーへの裏切り」を問題にしておられる。

この場合の当事者とは当該番組のパーソナリティーとリスナーのことであり、番組を聴いていない人たちは部外者であり無関係といってもいいのでは。そして、怒っておられる方々のほとんどは当該番組のリスナーでは無いようです。



> 端から他人の意見を聞く気なんてないでしょう。



聞く気は充分にありますが、自分が納得できない意見に従うつもりはありません。

また、他人様を説得するつもりもありません。宋江さんが私の意見に価値を認めないのなら、どうか無視なさってください。
一応、反論。 (切られお富 )
2005-03-30 10:32:42
> フジに逆らいたくないだけなのに



>切られお富さんはどのような理由で「だけ」と断定され>たのでしょうか。何か特別な情報を入手されているので>しょうか。

>よろしければお教えください。



とのことなんで、一応お答えします。



少なくとも私の知る限り、こういう業界で働くタレントやフリースタッフはメディアに対して前方位外交的なスタンスでいる場合が多く、ギャラやスケジュールの問題以外で降板というのはまずないですね。ましてや大手放送局ですよ。(だから勝新やショーケンは話題になる。)



とにかくスケジュールで動いてる典型の業界で「穴」をあけるというのは一番やってはいけないという認識になっているんです。



また、彼らは「仕事がなくなる恐怖」というものに常に晒されている人種で、かなり有名な人でも例外ではない。したがって、有名にもかかわらず、スケジュールを詰め込んでいってしまったりする。



つまり、私が言いたいのは、今回の彼らの対応というのはかなり例外的な行動であること。状況証拠的に裁判のための発言ととられても仕方がないこと。したがって、「だけ」と断定しているわけです。



そもそも、堀江氏はまだ何もしていないわけですから、批判する根拠がないでしょう。具体的に堀江氏の指示で番組が歪められてから降板したって遅くないと思いますが。



だから、情にほだされて行動したなら理由は「情です」、と素直に言うべきでしょう。もっとも、フジ&ニッポン放送は「情」に訴えて防衛策を図っているということでしょうが。



また、この件で盛んにコメントしているデーブ・スペクター氏ですが、まったく信用できませんね。彼が朝の某番組で私の関わっている件についていいかげんな情報をしゃべりまくり、大変迷惑しましたからね。
ふと思いついたこと (つきっつ)
2005-03-30 12:27:01
鈴本演芸場とか末広亭とかありますよね。

あぁいうところに出ている落語家、芸人さんがですね、そこが誰かに買収されそうだという話を聞いてですね、

「買収しようとしているxxさんは好きじゃないな」

「今のオーナーには愛着があるな」

「自分がここに出なくなったら、それを批判する人が離れていくかもしれないが、それはまぁしかたない」

「自分の芸を見たい人は別のところでも見に来てくれるだろう」

とか考えて(実際にタモリさんたちが何を考えたかは不明ですが)行動しても、今回のような批判を受けたのでしょうかね、やっぱり。

もうちょっと「しょうがないかもな」方向にずれていたんじゃないかなぁという気がしたもんですから、書いてみました。

「そんなことねーよ!」と思う方、ごめんなさい(ヘタレなので先に謝っちゃう)。

そして「そうかもな」と思う方(if any)、その違いはどこから来るんでしょうね?
デーブはうるさいだけですね (玄倉川)
2005-03-30 12:57:30
> 切られお富 さん



ご説明頂きましてありがとうございます。

正直に申し上げて、「だけ」と断定するには根拠として弱いように思われますが、そのあたりは見解の相違ですね。読者の皆さんに判断をお任せしたいと思います。



> 遅くないと思いますが。



降板宣言した人たちは自分の予測(勘)に従って行動したのでしょう。

LDニッポン放送が実現したとして、どれほど変わるか、あるいは変わらないのか。

同じような事例はこれまで無かったのですから、当事者であっても確実な予想は不可能です。

仮にラジオもテレビも無い時代、海沿いに住んでいる人が「地震があったらすぐに丘の上に逃げる」か「津波が来るのを確認してから逃げる」のどちらかを選ぶとしたらどうでしょう。やはり人それぞれになると思います。



> 「情です」、と素直に言うべきでしょう。



言うのも沈黙するのも自由でありましょう。犯罪の容疑者ですら自白を強制されることはありません。

私自身は何も言わない人に共感します。



> この件で盛んにコメントしているデーブ・スペクター氏ですが、まったく信用できませんね。



実害を蒙られたのですね、お気の毒です。私もあの人がメディアに出演を続けている理由がわかりません。
 (玄倉川)
2005-03-30 13:01:56
> つきっつ さん



粋な例え、いいですね。

落語家さんたちなら、「ビジネスの論理に従え」なんて無粋な言葉を浴びせられることもなさそうです。



ホリエモンはよく「下品」と呼ばれてますが、実は「無粋」なんじゃないでしょうか。逆に北尾氏はなかなか粋ですね。決して上品じゃありませんけど。
良い番組という視点で見た時に (縛り)
2005-03-30 13:15:13
視聴者の一人として。

私は、その芸能人達が降板しようが正直どうでもいい。その番組を聞いていないからです。

ただ、今回の騒動を広い視野で見た時に、「フジテレビという番組、ニッポン放送という番組がどう良くなっていくのか」という問題と絡めて考えると、

ニッポン放送やフジテレビは変わらなければ、番組がよくならないと思っている。

だから、こうした芸能人が行動しまえば、それをニッポン放送側に都合良く使われ(タレントが降板するから番組が悪くなる等)、結果、体質が変わらない=番組がよくならない方向に行ってしまう可能性がある。

そういった意味で、タレント達が、「今のテレビ、ラジオの状況で本当に自分達の芸(売り)が発揮できているのか」ということを問いたいです。

もし、それでも「今のままが最高です。」と言えるのならば、間違った行動ではなかったでしょう。
初TB。 (macisnki)
2005-03-30 13:51:54
macinskiと申します。

このたびはTBをありがとうございます。

こんな拙いところに…(汗)



このたびの一件、イロイロお考えの方がいること、こちらを拝見して目から鱗というところです。



私は、玄倉川さんのおっしゃる正に部外者です。ニッポン放送を聴くのは、通勤時の10分程度で、どんな番組があるのか、どんな人が出ているのかなど全くといっていいほど知りません。



私は、メディアを通して流れてきたコメントに感情的になって記事を残しました。

正確性という点についても問題があちこちにあることは自分でも気付いていたりしますが。



人は長く付き合うと情が移ったり、その人のことを実際よりも深く知ったつもりになってしまったりします。

たとえそれがTVの向こうの人でも。

「芸が売り」「それもパーソナリティ」というご意見については納得もできますが、やはり人情に流されてしまいますね、私は。



今のところ、名前の出ている方々は長い人生を歩んできたオトナな方たちですので、私たちにはうかがい知れぬ思いがあっての決断なのでしょう。



「経営者がLDに変わるなら降板も検討する」

この一文の中にどれだけの見えない思い、あるいは隠されたメッセージがあるのか。

もし機会があるなら聞いてみたいものです。



ではでは。
Unknown (宋江)
2005-03-30 14:41:50
きちんと文を読んでくださいな。

あなたの意見は認めています。感情に流されないでください。落ち着いて。

意見を聞くというのは「従う」というのではないですよ。考える材料にするということです。色んな人間がいるんだから色んな視点があって然るべきでしょう?

それから、番組を視聴してないからといって、部外者というのはちと早計です。

たとえ観ていなくても、我々は彼らを「知っている」。彼らが番組に出ることによって生計を立てていることも「知っている」。

勿論、今回降板を発表した方々は特定の番組を降りたってなんの支障もないのでしょうが、その辺、きちっとして欲しいんですよ。

「番組に誇りを持っているから」とか「今までこのメンツでやってきたから」とか、そんな理由は聞きたくない。

たとえそこにどんな思惑があろうとも、彼らを知っている人々にとっては「無責任」に映ることが大いにあるのです。

多くの視点があることをあなたは理解すべきです。そしてそのどれもが個々人によって真実であったりする。あなたは自分にとっての真実を普遍の真理のように周りに押し付けているだけだ。

少なくとも、この記事を読んで私は大変感心しました。自分にはなかった視点です。勉強になりました。

でも扱い方が悪かった。

これじゃあ周りに気の合う連中をはべらせて、気の合わない連中の悪口を云い合って満足しているだけにしか見えません。

残念です。
TBありがとうございました。面白い意見でした。 (crook_blue)
2005-03-30 15:56:10
色々と意見はあるのですが、細かく書くと長くなるので出来るだけ短くしたつもりです。



彼らはプロです。ラジオをやる事で金を貰っているんです。

たしかに彼らにしたら大した金では無いかもしれませんが、プロならば仕事をちゃんとしろと言っているんです。出来ない何かが出た時にやめるというのがスジなんじゃないでしょうか?



何も起こってないうちからやめるなんて一般社会では認められません。

芸能人は普通の人と違うという意見があると思いますが、芸能人だろうが何だろうが関係ありません。「金をもらう=プロ」なんだからプロとして恥ずかしくない仕事をしろと言っているんです。この辺りは芸能人に対する見方なので人それぞれだとはおもいます。



また芸術家タイプとか自分の思い通りの作品作りにこだわる。と言ってますがまだなにも作ってないうちから投げ出す人間は芸術家タイプって事を逃げ道に使ってるだけに感じます。



ラジオっていうのは聞く人いるからスポンサーがついて彼らにギャラが発生してるんだからリスナーを意識するのは当然では?



まぁ今回こういう事を言い出した人たちはもう古株で今さら多少の批判でどうこうならない人でしょう。逆に言えばファンの熱狂度の低い人たちです。

金もあるのでやめても痛くも痒くもないでしょう。

仮にタモリが偽善的な自己正当化な言葉を言っても今の地位はかわらないでしょう。



彼らが新人だったら今回のように言えるかといったら言えないでしょう。もっとリスナーを意識してるでしょう。何故今回彼らがこんな事を言えたかといえば、地位があり安定があり力があるからです。彼らにとってリスナーはいて当たり前で心情的には「俺の放送を聞かせてやってる」になってしまったのかもしれません。

初心忘るべからずじゃないですが、自分としてはそういう人たちだからこそ自分の番組の向こうにリスナーがいることを考えてほしかったと思います。



情というと聞こえが良いですが、それよりも政治的な物が感じられるからでは批判が出ているのでは?

と思います。
コメントありがとうございます (玄倉川)
2005-03-30 19:38:38
みなさん、コメントありがとうございます。



> 縛り さん



> 私は、その芸能人達が降板しようが正直どうでもいい。その番組を聞いていないからです。



共感できるご意見です。



> もし、それでも「今のままが最高です。」と言えるのならば、間違った行動ではなかったでしょう。



「最高」と思っているかどうかはともかく、不確定な未来よりも愛着のある過去を選んだ、と言ってよさそうですね。



----------------



> macisnkiさん



> 「芸が売り」「それもパーソナリティ」というご意見については納得もできますが、やはり人情に流されてしまいますね、私は。



「タレントは身内の情に流されずリスナーへの義務を果たすべき」と言っておられる方が、実は「パーソナリティー・リスナー間の擬似友情(愛情)」に流されているのでは?というのが私の仮説です。



----------------



> 宋江さん



> それから、番組を視聴してないからといって、部外者というのはちと早計です。



パーソナリティーの「当該番組のリスナーに対する」裏切りを問題視するのなら、この二者以外は部外者でしょう。



> これじゃあ周りに気の合う連中をはべらせて、気の合わない連中の悪口を云い合って満足しているだけにしか見えません。



コメントを書いてくださった方のリンクへ飛んでみてください。多くの人が、最初は「タモリけしから!」と言っておられました。そして、私の文章を読んでいただいた後でも「こういう考えもあるんですね」という感想以上に共感してくださった方はそれほど多くありません。



---------------



> crook_blueさん



> プロならば仕事をちゃんとしろと言っているんです。



それなら、「彼らはプロ失格」とお考えになればよろしいのでは。タモリなんか、もともと「お笑い芸人」としてプロ意識は無いと思いますよ。
申し訳御座いません。 (宋江)
2005-03-31 00:51:30
あなたはタモリさんだったのですね。

気付きませんで、申し訳御座いません。



そりゃ頭も固いわ。

言論で自己をかためた人間は自分への言論を無視できない。それだけならまだしも、自分が絶対正しいと思うのは、老いて硬くなった証拠。

もう引退したらどうですか?



思うのですが、タモリさん、前々から番組やめる機会を窺っていたように感じますね。

案外、「しめた」とか思ってたりしてね。
ありがとうございます (玄倉川)
2005-03-31 01:11:39
> 宋江さん



タモさんに間違えていただくとは光栄です。小泉さんもリチャード・ギア本人から「似ている」と認定されましたが、私はgooブログのタモリを名乗ってもいいのでしょうか。
TBありがとうございました。 (foo)
2005-03-31 10:37:44
初めまして。(^^)



TBありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願いしますネ。<(_ _)>
あっ!すみません。 (foo)
2005-03-31 10:46:59
注意書き読んでませんでした。>

顔文字の利用はお控えください。

投稿フォームのすぐ下に書いてあるのに、これは注意散漫でした。(汗)



>規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

実際のところ、コメント書くのに規約までは確認したりしませんよね。(私だけかな?)



各ブログによって、システム・機能も違ったりするので紛らわしいですネ。

統一して欲しいくらい。(笑)







TBありがとうございます (mo_ura)
2005-04-01 02:25:44
タレントが降板する理由、なんとなくわかりますんでTBさせて頂きます。
楽しい顔文字は歓迎です (玄倉川)
2005-04-02 00:22:09
> fooさん

お返事が遅れてしまい申し訳ありません。

「顔文字禁止」なんて書いてありましたっけ?自分では覚えがないのですが、gooの規則にそんなことが書かれてるのでしょうか。だとしても、ここは私のブログなので私のルールが優先です(傲慢)。楽しい顔文字は歓迎しますので、どうかお気楽にコメントなさってください。



>mo_uraさん

私には思いも寄らない視点です、トラックバックありがとうございました。お勧めとブログとしてリンクさせていただきました。
ものすごいコメント量ですね (てつ)
2005-04-05 16:13:20
私も一言…

あくまで自分の意見を表明する意思を持っている方のうちではですが、世間(一般)ではライブドア派(日本放送否定派含む)が過半数を占めていると思います(明確なデータは有りませんが)。

しかし、その多数は世間に対して自分のメッセージを伝える場所をネット上にしか持ちません。ご存知の通りネットは不特定大多数に対しメッセージを配信できるメディアでは有りません。今回の騒動に限らず皆は自分の意見を世間に配信出来ない事に不満を持っていると思います。

現状、不特定大多数に対し、メッセージを配信可能なメディアはTVやラジオのようなメディアです。そしてTVやラジオでメッセージを配信可能なのは限られた、一部の、特権い階級の人たちだけです。

皆は特権階級の人たちには自分たちの代弁者であって欲しいと思っていると思います。また、自分達の味方であるはずだとも期待しているのではないでしょうか?

にも拘らず、その特権階級側の人間が、世間の多数を占める意見と逆に見えるメッセージを配信した、という事が皆を怒らせている原因ではないでしょうか?

つまり信頼していたのに裏切られた…という事でしょうか。
イメージギャップ (玄倉川)
2005-04-06 01:10:50
> てつさん

コメントありがとうございます。



> 自分達の味方であるはずだとも期待しているのではないでしょうか?



なんだか虫のいい期待のように思えてならないのですが。タレント本人たちがそういうイメージ(「お前らのことは分かってるぜ」とか「みんな仲間だよね」とか)で売ってる人ならそういう風に期待しても当然でしょうが、降板宣言した人たちは元々ファンに迎合する(言い方は悪いですが)タイプじゃなかったと思います。「裏切られた」となじられてる人たちは「誤解されていた」と悲しんでいるかもしれません。

主観 (すがわら)
2005-07-14 03:32:41
いまごろかとお思いでしょうがコメントを。



芸能人やタレントはファンを大事にする必要がないとおっしゃっていますが、それは主観的なものではないでしょうか。



AV業界トップにまで会社を成長させた高橋がなり氏は、がなりブログでこのようなことをおっしゃっています。



「主観でものを見る人は絶対に成功しません。お客様を喜ばせられないのは、「悪」です。あなたの店(相談者に対して)は「イキのいい素材が入らない鮨屋」なのです。素材は入らないけど、代わりに熱を加えて、何かおいしいものを一生懸命提供しようとしています。でも、お客様は鮨屋に、いい素材のものを求めているのです。それが仕入れられないのなら、辞めるしかありません。」



詳細URL

http://blog.livedoor.jp/sod/archives/8917623.html



“タレントとは自分の芸や才能を一番大事にする”というのは、がなり氏が指摘している『主観でものを見る人』ではないでしょうか?お客様を喜ばせられないのは「悪」というのであれば、タモリがタモリ自身であり続けてくれることがファンのためであるというのは成立しないと思います。
人それぞれにやり方がある (玄倉川)
2005-07-14 19:32:08
>すがわらさん

タモリや中島みゆきが成功者でなければ、いったい誰が成功したタレントなのでしょう。

完全に成功しているのですから、逆に考えれば彼らは彼らなりのやり方でファンを大事にしていることがわかります。

彼らなりのやり方でファンを大事にするやり方が「(LD傘下になって)馴染みのスタッフが退社したら番組をやめる」ということだったのでしょう。彼らの元々のファンはそれを理解し、ファンでない人が「そんなやり方はファンを大事にしていない」と騒いだ、という構図だったのだと思います。

「大事にされない」のも当然で、あなたたちそもそもファン(リスナー)じゃないでしょう?といったことをacoyo姉さんが書いておられます↓

http://acoyo.exblog.jp/2351610

私もまったく同感です。なんでファンじゃない人がファンに成り代って怒っていたのか不思議でなりません。



私以外のタモリファンがどう思ってるか知りませんが、たぶん、「ファンのために~」と素で語るようなタモリは見たくないんじゃないでしょうか(ネタなら可)。むしろ「俺は好きなことを好きにやるだけ」というわがままな姿を望んでいるのでは。念のために言っておきますが、これは森田一義氏の本心がどうかということではなく(そんなことわかりませんし興味もないので)、タレントとしてのイメージの問題です。

タレントすべてが「ファンのために」と語る「いい人」になってしまったら、私は気色悪いです。
Unknown (すがわら)
2005-07-15 18:27:57
>タモリや中島みゆきが成功者でなければ、いったい誰が成功したタレントなのでしょう。完全に成功しているのですから―。



では、成功の基準とは一体何でしょうか?完全な成功というのがよく分からないのですが。



>逆に考えれば彼らは彼らなりのやり方でファンを大事にしていることがわかります。彼らなりのやり方でファンを大事にするやり方が「(LD傘下になって)馴染みのスタッフが退社したら番組をやめる」ということだったのでしょう。



タモリや中島みゆきに客観視できる力があるというのでしょうか?「馴染みのスタッフが退社したら番組をやめる」というのであれば明らかに主観であり客観性を欠いているのでは?
Unknown (玄倉川)
2005-07-16 00:23:27
>すがわらさん

「地上の星」「笑っていいとも」を挙げるだけで彼らの成功は明らかでは。

私には中島みゆきやタモリが「タレントとして成功していない」と言うのはどう考えても無理だと思えます。

「彼ら本来の力量ならもっと大きな成功(私には想像できませんが)をなしとげられたはずだ」という意味なら、そういう言い方もできるかもしれませんが。



タレントは学者でもジャーナリストでもないのですから、客観的な姿勢を見せるのが正しく主観的なのは間違っているということはありません。むしろ、彼ら自身の個性、つまり主観的な考えや行動こそが人気を集める原因でありましょう。

みずからの主観をあたかも客観的なもののように偽れば問題ですが、中島みゆきやタモリはそういうことはしていないはずです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
拒否発言続く (ねこまんま)
スポーツ紙芸能面:欽ちゃん美川も堀江社長拒否 松井は… まだ、続きますね。 トラックバックして戴いた方のblogを読むと批判的な人が多いんですが、「一緒にやっていた仲間、スタッフがいなくなったら僕も退却しますよ」というのが「出演拒否」の心情なんだろうなと思いま
ニッポン放送番組 江本孟紀、中島みゆき、タモリら降板の意思 (Y\'s WebSite : Blog ~日々是好日~)
これも、ニッポン放送を蛻の殻にしていく「焦土作戦」のひとつでしょうか。 ニッポン放送の番組に出演している野球解説者江本孟紀さんや出演交渉中のシンガー・ソングライター中島みゆきさん等が、ライブドアに経営権が移った場合には、降板や出演しない意思を示しているこ
ライブドアとニッポン放送 その3 (閑雲野鶴)
ライブドアとニッポン放送の問題で、出演する人がどんどん降板するっていうてるけど ナイナイはでるみたい。 ちなみにナイナイが言うてたのは 「“リスナーを大事にしている”のであれば、リスナーを無視して、 経営が変わったらパーソナリティーを降りるということを発表す
リスナーへの愛情が感じられない (現代音協楽)
「経営権がライブドアに移ったら番組を降板する」という芸能人の方々、いったい何様
ニッポン放送-タレント発言の波紋 (男40代サラリーマン日記)
『ライブドア傘下になった場合は降板する』。 タレントのタモリ、野球解説者の江本孟紀、歌手の中島みゆき といったそうそうたる出演者らから、現経営陣を擁護する声が 一斉に上がり、その意思は多数の新聞やテレビで報道された。 しかしその一方で、番組を降りること
ナイナイ岡村、ライブドア反旗降板を批判 (漂流皇室)
「ビートム」の裏では、ナインティナインのオールナイトニッポンが放送されていて、番組の冒頭、岡村さんが、ライブドアに経営権が移ったら番組を降板する、と公言した、タモリ、エモやん、中島みゆき、などを批判した。 岡村さんの意見は、ニッポン放送はリスナーを大...
連続時代劇番外編 : 番組って誰のもの? (るやんの雄叫び)
タモリ、倉本聡氏ら番組降板申し入れ | Excite エキサイト : 芸能ニュース  ニッポン放送の番組に出演しているタモリ(59)と脚本家の倉本聡(70)市川森一(63)両氏が、同放送がライブドア傘下になった場合に降板を検討していることが分かった。タモリは「タモリ
タモリの週刊ダイナマイクが終わる!? (EL CLASICO)
ニッポン放送で毎週日曜日に放送中の 「タモリの週刊ダイナマイク」が,終了してしまう!? どうやら,ニッポン放送がライブドア傘下になった場合に タモリさんが降板を検討しているらしいのです. 他数人のパーソナリティーも同じく降板を検討中とのこと. 今季の放
番組降板 - ニッポン放送 (ひっそりぶろぐ)
タモリやら、倉本聡やら、番組降板するとか言っていますね。 彼らの真意がわからないので様子を見ていたのですが、大した理由はないような感じがしました。 他のいろいろなブログでも言われていますが、彼らのとっている行動はおかしい。 彼らは、経営者と直接の仕事を...
■ニッポン放送社員の皆さんへ:ラジオを愛していますか?■ (世の中不思議で面白い)
時事通信社(2005年03月19日)によると[http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1040693/detail 「フジサンケイグループが、ライブドアによる経営権把握を嫌ってニッポン放送から退職者が出た場合に備え、退職者受け入れを検討している」]そうです。 さて、ニッ
死者にムチ打つライブドア (桜日誌)
フジとライブドアの話も、いきなり現れたハゲタ・・・じゃなくて、孫氏率いるソフトバンク系列の資本が入ることで、事態がいきなり収束することになりそうですね。 ただ、これで終わりというわけではなさそうですが、経済のこととかを考えると、市場が安定するという意味では
降板するとか言ってる芸能人 (なんでも☆なんでも)
ライブドアとフジテレビの・・・ で.ニッポン放送の経営権がライブドアになったら 降板するとか言ってる芸能人.. イミガワカラナイです.. お世話になったヒト(ひ?かめ?)がいじめられる?! →かわいそぅ・・・→みんなでアイツ(ほり)をいじめよぅ!! とい.
ライブドアピンチ タモリら番組降板か (スズ風呂)
ここでライブドア関連の記事をエントリするのは初めてですが、 わたしなりには色々考...
「論」で勝って、「情」で負けた (dicblue blog)
 23日ライブドアの仮処分申請が高裁で確定するも、24日ソフトバンクの子会社が登場し、「玄関から入りなおせ」と言われる始末。社員からも、系列局からも、タレントからも拒絶され、「論で勝って、情で負けた」図式がハッキリ見えてきたようだ。
3/27 いちいち出てくる人 (日々のタワゴト。)
美川憲一と和田あき子のことです。 この二人、何なんでしょうね。 美川憲一ネタと和田あき子のネタ どちらも芸能界では影響力ある人(と自分では思っている?)なのか、自称ご意見番なのか知らないですけど、何かあったら必ず出てきますよね。 美川憲一なんて萩原健一
ニッポン放送を避けるタレントたち (なんか面白い事な~い?)
ライブドアの経営するニッポン放送に出演をしない方針を表明する声が聞こえてきた。 ”情”だけで出演していたのだろうか? 以前から芸能界とは生産性の低そうな世界だと思っていた。そう言った意味で改革が必要である。 ニッポン放送には出ないと言う選択をした人たち
[ブログ]ガ島通信さんに愛を込めて-ラジオ世代からのメッセージ- (フランスで暮すおっさんのつぶやき  antiECOの日記)
前回のこちらからのメッセージは短いものでしたので、ちょっと腰を据えて書いてみたいと思います。(以下まとまりきれていない部分がありますので、大筋は別として随時改訂するかも知れません。未定稿です。) (1)全体を通じて思うこと ガ島さんのところでの議論で、ラジ
文章を書く上で… (さわの多事多事論)
←クリックをよろしくお願いいたします。  文章を書く上で、私は常にいくつかのレファレンス(参考文献)なり、他の方が書かれたblogの記事を読んだりする。自分の考え方は本当にあっているのだろうかとか、誰か私の考え方は正しいと立証できるような証拠(文章)をもっ.
ナイナイ オレたちは出る (アスピリンカフェでちょっと一息)
人気お笑いコンビ「ナインティナイン」が 連日のニッポン放送騒動について独自の見解を示した 同局のレギュラー番組「オールナイトニッポン」の公式HPで ライブドアへ経営が移った場合に降板を示唆するタレントに対して クギを刺した。  「“リスナーを大事にしている”の
リスナーへの愛ってなに? (Now is lived.)
おはようございます。 NILのライブドア関連担当のHiRoNoです。 【関連記事】 ■ライブドアvsフジテレビ Vol.1 ■ライブドアvsフジテレビ Vol.2 ■ライブドアvsフジテレビ Vol.3 ■フジテレビ株、大幅続落 ■SBIがフジの筆頭株主に ナインティナインの
番組降板しちゃっていいの? (がぶがぶ的生活)
 ニッポン放送がライブドアの傘下になった場合にタレントさん達が降板を検討しているそうな。恩や義理人情のために降板するんだろうけど、気持ちはわかるがホントにそれでいいのか?と思う。 この人たちは誰に向かって仕事をしてるんだろうと思うよ。社長のためじゃなく...
みんな去ってしまった (いなげやwithFrontaleぶろぐ)
ライブドアによるニッポン放送の買収がほぼ決定的になったことにより、 中島みゆき、タモリ、江本孟紀がニッポン放送の番組から降板することを 表明したとか。(みゆきさんははっきりしないみたいだけど みなさんそれぞれいろいろな事情とか考えがあるのでしょうが、 み
さすが岡村さん・・・^^ (プリントマート店長日記)
先日来、ニッポン放送の経営権がうつったら降板するとか宣言してるタレントさんがいっぱい名前が出てた。。。どーも気分悪くていかんと、思ってた。そしたら、さすがナインティナイン!こう宣言したそうです。「リスナーを大事にしているのであれば、リスナーを無視して、...
後の祭か? (G\'sのだらだらぐーたら日記 on blog)
TBを頂いた先で、別の視点からのお話しがありましたので、さらに駄文を追加。 確かにタレントにファンを大事にする、ファンの意向を組する必要などは無いのかもしれませんが、ファンが離れていけばそれはすなわち、自分の評判を落とす事になるわけです。 評判の悪いタレン.
大西さんの記事を読んで (流れるものと残るもの)
毎日チェックしている大西 宏さんのブログにあった「ラジオも青春を取り戻せ」というエントリ(こちら)を読んで「異論」を持ちました。
ライブドアのせいで番組降板??? (人間になりたい・・・。)
タモリ、江本、脚本家の倉本と市川がニッポン放送がライブドアの傘下になったら降板すると申し入れたみたいです。。。 僕はラジオ聞いてないですけど、なんだか悲しいですね。。。 納得いかないのは、降板するって申し入れが早過ぎます!! まだ、ニッポン放送が乗っ取ら
乗っ取り、タレント、降板 (As mind is suitable...)
ふーん、そっかぁ、まぁ、いやならやめればいいのではないかな、仕事選べる人は。 でも、自分が所属している会社でもあるまいし、「よくやるよな~」という程度の印象しかないな。(番組スタッフ選ぶならわかるが、経営や資本関係を選ぶ出演者っていうのもねぇ) しか~し
ライブドア・PJニュース (世間知らず)
ある編集者の気になるノートさんのエントリにTBしてみます。 いつも読ませていただいてます。 で、ライブドア・PJニュースです。 なかなか挑戦的なエントリです。 辞めたいなら辞めればいい そしてその後にはこう続きます。 リスナーへの愛ってなに? つまり、「辞めたけ
ライブドア買収に反対するタレント達 (おうぱす77)
◆ナイナイ オレたちは出る! ◆中島みゆきNO…“堀江ニッポン放送”出演拒否の意向 ◆タモリ、倉本聡氏ら番組降板申し入れ (いずれも、Yahoo! News) ナインティーナインの表明はまっとうだけど、その他のタレントの方々の意向は一体どうしたことか。おそらく
ニッポン放送はつまらない (振り逃げプロ野球)
私は3月24日のブログの中で「私の堀江さんに対する意見はあとで「ニッポン放送について」書きたい」と書いていたので、書きます。 ただ、他のブログなどであるような話題ではなく、違うアプローチで話したいと思います。 私はニッポン放送のへヴィーリスナーだった時期があ
あっけない結末 (微熱日記)
最後にSBI・北尾さんが登場。一連の騒動は「幕」となりました。 ライブドアは、LFを子会社しても、CX株保有分を利用してCXとの 業務提携を図ることは困難な状況になりました。私なりの「総括」を ここでしたいと思います。 堀江貴文さんのコア・コンピタンスは、その卓
降板できないだろう。 (なんか面白いことないかな。)
一部芸能人がニッポン放送の経営権が変わった場合は降板を申し出ると新株発行の裁判にて書面で書いたようだが、彼らにとって大事なのはフジサンケイグループとの付き合いが大事であって経営権が移ったところなんら支障はない。ある意味若手連中は好意的だろ、大御所いなくな
Extra004:今こそ、世代交代の時 (蛍が消える時)
 事実上、ライブドアがニッポン放送の経営権を握った訳ですが、それによる波紋が芸能界にも広まっているようですね。
「乗っ取られるなら番組降板」 江本孟紀さんら意向 (E-Ze NEWS)
asahi.com: 「乗っ取られるなら番組降板」 江本孟紀さんら意向?-?ニッ...
市川森一 さんの言葉 (otona blog)
 ニッポン放送の経営権がライブドアに移った場合、ニッポン放送への出演をやめる、と言った市川森一さん。  この人、「ザ・ワイド」に出演している人だったんですね。 名前を知りませんでした。  24日、たまたま見たテレビで、市川さんは、「古いやつだと思われ
ナイナイ岡村発言 (otona blog)
ナイナイ岡村は、番組降板を示唆するパーソナリティが続出していることについて、「リスナーを大事にしている”のであれば、リスナーを無視して、経営が変わったらパーソナリティーを降りるということを発表するのはよくないと思う。それでなくてもリスナーは不安やろうに…
ナイナイの決断 (あれは,あれで良いのかな?)
相次ぐ芸能人の「ニッポン放送出演拒否」表明の中,ナイナイの二人はニッポン放送への出演継続を表明しました。 すばらしいと思います。何がすばらしいかというと,彼らはリスナーあっての自分たち,ということを自覚していたからです。 経営者が変わっても,リスナーは変
リスナーを無視してる無視してるって、あなたがたリスナーなんですか? (きょうのわたくし)
タモリ、倉本聡氏ら番組降板申し入れ  いえね、もう堀江のことは聞き飽きたし、どうでもいいんだけどね。  ただ、堀江が好きな人は、何でそう、「リスナーのことを考えてない」とか「リスナーの立場を無視して」とか書くのかなあって思ってね。  書いてる人、みん
ITってすきま産業だよ・・・。---タモリがニッポン放送の番組降板申し入れ (ロックな幸せ☆)
ニッポン放送によるフジテレビへの新株予約権の発行が差し止められ、ニッポン放送がライブドアの子会社となる可能性が高くなった。企業の買収や合併というと、日本では経営不振に陥った会社に対して行われることが多いようだけど、海外で行われるいわゆるM&Aは、ライブド
ハマコーさん、お見事w (オレ的にぅす@てきトウ)
「たけしのTVタックル」で、ライブドアやニッポン放送関連の話題が扱われてましたねぇ。 トークバトルの中身は、別にどうでもよかったんだけど、次の話題(別の話題)に移る直前にハマコーさんの発した一言にハートが釘付けw 「そんなにやる必要あんの? この話?」
北尾さんの横顔? (男40代サラリーマン日記)
50歳を過ぎてから、数十億円以上とされる私財を社会に 還元する福祉活動に熱心に取り組んでいる。 親から虐待された子供たちのケア施設を週末に回ったり、 施設建設を計画。 神戸の児童施設には多額の寄付をし、子供からの感謝の 手紙に涙するなど、歯に衣(きぬ)着せ
あえてライブドアNO宣言タレントを擁護します。 (冒険少年News-Blog)
ナイナイの岡村君が「ライブドアが実権を握ったら、降板。もしくは出ない」と宣言して
Video Killed the Radio Star (melloのつれづれ日記)
なんだかわけがわからんくなったライブドアとニッポン放送 中島みゆきとかタモリとかえもやんとかライブドアが経営権握ったら出ないとか言ってるけど、これって結局リスナー無視だよね 亀渕社長に恩があるからといってもリスナーには関係ないし… リスナー無視のパーソナリテ
ライブドアが参画するとフジテレビ・ニッポン放送はどうなる? (自動車部的自動車論)
フジテレビが番組でメルゴングを使い一般視聴者に「ライブドア経営でニッポン放送の番組はうまくいくのか?」との問いかけをしたところ「つまらなくなる」「変わらない」を越えて「面白くなる」がトップだった。 おそらくフジテレビは「つまらなくなる」とかの結果を期待し
【ライブドア】 タモリ◆揺れるニッポン放送◆中島みゆき 【フジテレビ】 (くるぶしウォーカー +(ぷらす))
消しちゃいけない某スパイウェアをうっかり消したために不具合出まくり! 復旧にえらい時間がかかりました・・・ヽ(´Д`)ノ 疲れたぁ~ でも心なしか動作が快適に?! いやいや、妄想、妄想。妄想ですって。 ######### 中島みゆき、タモリらニッポン放送番組を降
スポーツ選手と芸能人の説明責任 (on the ground)
これと、http://blog.livedoor.jp/monapopu/tb.cgi/17169365これに、http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/917ba033467438fd937f9d98ea145d14関係することを以前書いたことがあるので、それを載っけちゃいましょう。 プロスポーツマンとファンの関係については、今までも.
ふと思う・・・ (ブログDE未熟庵)
よく見に行くニュース系ブログ「ガ島」さんで結構話が盛り上がっているのを読んでいてふとおもった・・・。 ライブドア対フジサンケイグループの騒動・・・ 経営やなんやは馬鹿なんでさっぱり分からないのだけれどもね。ニュースみても雑誌よんでもこの件は解説じみた
権利者の壁 (Mの裏日記)
玄倉川の岸辺:タレントにはファンを大事にする義務がある     …のか? ニッポン放送が「ライブドアが経営権を握ると企業価値が下がる」と言っているのには、ちゃんとした理由がある。これがちゃんと発表されないからいろんな誤解を招いているのだが、この部分には