玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホリエモン関連のお勧めブログ

2005年03月31日 | ネタとか
随時更新する予定です。読者のみなさま、よろしければコメント欄にて優良記事をご推薦ください。トラックバックによる立候補も歓迎します。

基本的に玄倉川は「1ブログにつき1エントリを推薦」という形とさせていただきます。
また、玄倉川が価値を理解できない記事(玄倉川に知識がなくて理解できない「猫に小判」の場合など)は申し訳ありませんがエントリ本文中の推薦ブログとしては挙げませんので、どうかご理解ください。
読者の方は、いくつでも推薦していただいてけっこうです。いや、とにかくできるだけ多くの良いブログ記事を紹介してくださるようお願いいたします。

(追記)
ちょっと泣き言。応援側で紹介したくなるブログがなかなか見つからない。きっとたくさん存在するはずなのだが、あまりにも大量の質の低いブログにまぎれてしまい、探すのに疲れてしまう。何か良い方法はないものだろうか…

(さらに追記)
飽きたので放置中。期待してくださった方々にはまことに申し訳ありません。

■ 基本資料
江川紹子ジャーナル 「新聞・テレビを殺します」 ~ライブドアのメディア戦略
ライブドア:堀江社長との一問一答(要旨)
Sankei Web 経済 ライブドア・堀江社長インタビュー 一問一答全文(03/26 08:41)
ニッポン放送の経営権に関するニッポン放送社員声明文

■ ホリエモン・ライブドア批判
PUPAN THE THIRD -ぷぱん三世- | ニッポン放送問題  *JavaScript必須。熱い怒りがほとばしってます。
創難駄クリキンディーズ2004福岡: ちゃんとした根拠と論理性を持ったホリエモン応援ブログ記事を読んでみたい。
ライブドア支持の方への質問|ももしろうさぎのうさぎ日記
すちゃらかな日常 松岡美樹:ほりえもんに見るメディアリテラシーの憂鬱
Mの裏日記:不幸な若者達
徒然なるままに時間のあるときにPCに向かひて:どうなるホリエモン!
BigBan: 堀江貴文の病理------カネが全てではない理由の考察  *連続記事
新・むらい。ブログ:法律を守っていればいいだけの時代は終わった
出会い系データブログ・攻略そして紹介:堀江氏のメディア論に誘発されて  
くぬのしっぽ:WEBのメリットや優位性(の幻想)ばかりが強調されて垂れ流される世の中。
おてんば日記~~魅惑のゲイ・ライフ~~:ホリエモソ退治だそうです。
無差別・とらぴんg:堀江社長の●●っぷりを生暖かく見守る ♪
大村あつしの ボクは不死鳥:ライブドアの呆れた対応
雪斎の随想録: 新年度、始動。
30にして学に志す:◆あばよ、ホリエモン~これからは、ユビキタスの時代だよ~
フリーライター宮島理のプチ論壇 since1997 - 売れている“新しい歴史教科書”を否定するビジネスマンという不思議
SO WHAT?  だからどうしたっての:ネットの不動産屋と旧態依然との闘争について *力作です new !
web-tonbori堂ブログ:ゲーム  new !
 

■ パーソナリティー降板問題
芸能問題総合研究所ANNEX:人、人、人
Dazed Days Bootleg: ライブドアになったら出ません
世の中不思議で面白い■何故嫌われる?:ホリエモンの課題■
朝になるとやってくる antiECOの日記 - ガ島通信さんに愛を込めて-ラジオ世代からのメッセージ-
桜日和: 死者にムチ打つライブドア
きょうのわたくし リスナーを無視してる無視してるって、あなたがたリスナーなんですか?
冒険少年News-Blog: あえてライブドアNO宣言タレントを擁護します。
うたごころ:悲しみに
on the ground スポーツ選手と芸能人の説明責任
発言小町:ちょっとがっかり...かな?
Mの裏日記:権利者の壁
dicblue blog | 「論」で勝って、「情」で負けた
怒りの矛先 よく言った!


■ 取扱い注意
切込隊長BLOG(ブログ) ~俺様キングダム: ライブドア騒動と、オウム真理教事件が構造的に酷似している件について

■ 中立的
大西 宏のマーケティング・エッセンス:これからどうするのか。堀江さん
(私的)にぅす解読: ニッポン放送騒動の「総括みたいなもの」(M&A論編)
堀江社長を批判する人たち-Beyond the Infinity on yaplog!
インターネット民主主義実験室:ライブドア問題はもっと深く考えるべき
路上日記@なんば:「ほりえもんVS既存メディア」に思うこと①
フジテレビとライブドアの買収劇に見られる『光と影』~本編~-なんで屋-驀進劇-
民主主義を経済学する: ライブドア対ニッポン放送
佐々木俊尚の「ITジャーナル」:テレビ業界がライブドアに拒否反応を示す理由とは
歌田明弘の『地球村の事件簿』: ニッポン放送がフジテレビと戦うとき
Scott's scribble - 雑記。: ライブドアに関する自分の意見のまとめ  
isaの同時代フィールド・ノート:保利右衛門騒動への一考察
木走日記:ホリエモン
ライブドア対フジサンケイグループのまとめ【新株予約権発行前】 とーます投資研究所/ウェブリブログ
福田川新報: ホリエモン問題ブロゴスフィアとネット論壇  new !


■ ホリエモン・ライブドア応援
なぜホリエモンを応援すべきなのか - http://www.jimbo.tv/
Silly Talk: ほりえもん徹底支持宣言
Fireside Chats:人生いろいろ。ジャーナリズムもいろいろ。
ほりえもん・ライブドアの放送局買収を応援!
ライブドアとニッポン放送問題、愛だけでいいのか? - nikkeibp.jp - from ガ島通信 メディア崩壊の現場を歩く
Espresso Diary@信州松本:ライブドア
Dr.SK議事録 blog版:批判は冷静に! *「まっとうなホリエモン批判」を探しておられます new !
コメント (20)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新社名のお勧め | トップ | サイタ、サイタ、サクラガサイタ »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバック有難う御座います (いちは)
2005-03-31 05:40:40
トラックバック及びコメントをして頂き有難う御座います。このような形で紹介をしていただいた事をとても嬉しく思っています。堀江社長は確かにやり手だとは思うのですが、その手法を行う国を間違えていると思っています。私の書いたニッポン放送の記事は個人的感情に基づいてありのままを正直に書きました。こういう事は二度とあって欲しくないのですが、堀江社長率いるライブドアがある限り難しいのかもしれません。
ご紹介くださって、有難うございます。 (cap)
2005-03-31 11:11:35
創難駄クリキンディーズのcapです。

当ブログのほうでも、いろいろと情報を教えてくださり、有難うございます。

玄倉川さんのお陰で、ホリエモン騒動問題への理解が進行中です。



こちらにご紹介いただいた『ちゃんとした根拠と論理性を持ったホリエモン応援ブログ記事を読んでみたい。』という記事をupして、一週間以上経つのですが、未だに、書いてる方がどういう根拠でホリエモンがメディアの経営を上手にやれるに違いないと考えているのか、キチンと筋道立てて説明してくれているものには巡りあえてません。

もう少し、探してみたいと思います。
ご紹介ありがとうございます。 (acoyo)
2005-03-31 16:43:01
ども、お世話になっております。

他の方々がみなさん堂々たる論陣を張っておられる中、いいのかなあ、私ってイロモノだしぃとか気が引けたりもしますが、とっても嬉しいです。



エキブロはちょっと見では支持派が多い感じですが、相変わらず内容は「十字軍」と「天声人語」です。だもんで、対話は成立しにくいですね。

ああ、今日の「十字軍」は、朝日を怒るのに忙しいようです。
書き忘れました。 (acoyo)
2005-03-31 19:10:31
エキブロの記事です。

不幸な若者達(Mの裏日記)http://moura.exblog.jp/71979

直接、堀江問題を言及してるわけじゃないですが、堀江問題を巡る考察として、とても清々しい記事でした。

私は、なんだか、カンドーしました。
ありがとうございます。 (安保 仁)
2005-03-31 23:00:29
お奨めblogに挙げていただき誠にありがとうございます。



文章能力はありませんが頑張って伝えていきたいと思っております。
何度もホントすいませんっ。 (acoyo)
2005-03-31 23:51:26
そのブログ記事はhttp://moura.exblog.jp/71979

です。抜けてました……。
Unknown (佐倉純)
2005-04-01 00:00:44
では私も一つukissy様の↓を推薦いたします。

http://yaplog.jp/ukissy/archive/125

皆様ありがとうございます (玄倉川)
2005-04-01 01:19:56
リンクさせていただいた皆様、ブログをご紹介いただいた皆様に心より感謝申し上げます。



このエントリのコメント欄には今後書き込まないつもりですが、これからリンクさせていただく方、ブログをご紹介してくださる方には、あらかじめお礼を申し上げておきます。本当にありがとうございます。
こちらはどうでしょうか。 (( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー)
2005-04-01 13:31:14
はじめまして、hima2908と申します。



私はこちらを推薦。

おとこのおばさん・とりあえず、ホリエモン信者の考えていることはわからない

http://motowota.blog6.fc2.com/blog-entry-1.html

#本店はhttp://www.doblog.com/weblog/myblog/6793

ほりえもん切りの返し刀でフジ・産経もばっさり。



それから

>ライブドア支持の方への質問|ももしろうさぎのうさぎ日記

のリンクにゴミが入ってまして、うまく飛べません。

修正お願いします。



#トラックバックが来ているMの裏日記・権利者の壁も興味深い記事ですね。
記事のご紹介、ありがとうございます (松岡美樹)
2005-04-01 23:03:25
初めまして。



以前、ほりえもんさんについて書いた

私の記事を1度ご紹介いただいたようで

ありがとうございます。



今日、書いた記事、トラバお願いしました。

よろしくお願いします。
コメント・ブログの紹介ありがとうございます (玄倉川)
2005-04-02 00:41:16
>( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーさん

ご指摘ありがとうございます、修正しておきました。



>松岡美樹さん

トラックバックありがとうございます。これからの記事にも期待させていただきます。

Unknown (BigBan)
2005-04-02 02:50:07
BigBanです。記事をリンクで紹介していただきありがとうございます。自分の書いたものはある種典型的な堀江批判ですが、あちこちで引用していただくのはやはり、張りがあるものです。

他の方のものもできるだけ読ませていただこうと思います。リンク集として有益ですね。



今後ともよろしくお願いいたします。

Unknown (Scott)
2005-04-02 08:02:16
私のエントリーも紹介いただいたようで、ありがとうございます。

資料としてこれを紹介しておきますね。



産経新聞「ライブドア・堀江社長インタビュー 一問一答全文」

http://www.sankei.co.jp/news/050326/kei038.htm



# オレ、中立的立場で書いたつもりなんだけどなぁ。

# やっぱ応援側に見えちゃうのかなぁ。
ほりえもん・ライブドアの放送局買収を応援! (livedoor109)
2005-04-02 11:07:48
私のブログ・サイト「ほりえもん・ライブドアの放送局買収を応援!」をご紹介していただきましてありがとうございます。

また、基礎資料、反対意見、賛成意見、中立意見などをわかり易く整理されており、感心させていただいてまして、当方のブログからもリンクさせていただきました。



http://blog.livedoor.jp/livedoor109/archives/17819463.html
はじめましてです。 (とらぴんg)
2005-04-02 22:25:24
はじめまして。

この度は、私の拙いブログをお取りあげ頂きありがとうございます。



堀江氏を批判する側、そして支持する側のブログから意見や考えを見てみるということでは、とても良い試みだと思ってます。



ところで、今回私のブログからお取りあげていただいたエントリなのですが、ぶっちゃけ「妄想」レベルで綴った内容でして(笑)、私自身のこの問題に対する考え方を示すという次元になっておりません。。。



私のライブドア批判というか疑問という観点で書いたものとして同時期の記事ということでしたら「堀江社長の●●っぷりを生暖かく見守る ♪(http://tp235.exblog.jp/1667358/)」、また比較的最近のものでしたら「韓国の情報技術(IT)の水準は日本よりワンランク上…(ワラタ)

(http://tp235.exblog.jp/1800299/)」を取り上げていただけると幸いです。



ただ、最近ではできる限り中立的に捉えないとアカンナと思ってまして、そういう意識を取るようにしていないと、自分の意見の正当性を主張するにしかなってかないのです。

とはいっても難しいので、時には素に思った意見を出し、またある時は中立的にといったスタンスで見ていっておりますです(笑)



様々なブログを読み、自ブログで一覧化する作業というのは、想像以上に手間のかかる作業だと思いますが、今回のライブドアの問題について多くの方の意見を集めることで、なにか見えてくるものがあると期待しています。

良質なブログを探すには (たっぴ)
2005-04-02 22:41:21
今回はブログを取り上げていただき有難うございます。



良質なブログを探す手立てとしては、少なくとも、今回取り上げてもらったブログ関係者が、自分達がみつけた良質なブログのリンクを自ブログに貼るだとか、玄倉川さんのブログに通知するというのがいいかと思われます。
ありがとうございます (玄倉川)
2005-04-03 00:23:23
みなさん、コメント・ブログの推薦ありがとうございます。



>Scottさん、とらぴんgさん

ご希望に沿うようカテゴリ・エントリを変更いたしました。

リンクさせていただきましてありがとうございます。
Unknown (雪斎)
2005-04-03 02:34:08
 TBをありがとうございます。
こちらはどうでしょう (とーます)
2005-04-05 21:24:51
ホリえもんを応援するエントリにお困りのようですが、斎藤久典さんのhttp://blog.livedoor.jp/takahashikamekichi/archives/14425320.html

は結構いいと思うのですが・・・。



あと、自分のブログで書いた分にこちらのエントリを紹介しましたので、トラックバックを打ってあります。
アラ、いつの間に! (やすゆき@花見でほろ酔い)
2005-04-17 22:55:20
実はこちらのリストに「載らないように」注意して、この記事ではない方にTB打ったのですが、見事に載ってしまいましたね(爆)

あっ、でも削除は不要です。心情的にはややアンチ・ホリエモンであるのだけれど、書いた記事はなるべく中立的あろうと努力したつもりです。「中立」のカテゴリに分類して頂いて、嬉しいです。

さて、自分の書いた記事を読んでどんな反応が来るか、興味があり、ちょっと怖くもありです。「お前は批判派か擁護派か、どっちやねん」的な反応だけは、勘弁して欲しい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
堀江社長の正体見たり売国奴・・・か?(東スポ風タイトル) (桜日和)
最近韓国ネタと堀江社長ネタばかり扱ってたせいか、一挙両得みたいな記事を発見。 「日本企業の成長が止まったのオーナーがいないため」ライブドア堀江社長 いつも両方のネタを交互のように扱わないといけない私のようなブロガーたちにとってはキタ━━━━(゜∀゜)━━━.
堀江氏の能力…… (KYOKURON STADIUM)
ライブドアの堀江社長が、韓国・中央日報の単独インタビューにこたえた。 あまりにも疑問点満載なのので、列挙してみよう。
堀江貴文がテレビに出続ける理由 - 教祖と信者の構図 (世に倦む日日)
堀江貴文の本当の狙いは何なのだろうか。それは彼があのように頻繁にテレビに出演している理由について考えると透けて見えてくるように思われる。堀江貴文が株の買収でフジテレビを資本傘下に入れて、テレビ局のリーチでライブドアポータルへの集客を飛躍的に伸ばし、アクセ
ライブドアのエイプリルフール ( ゜・*:.。. ふわうきぶろぐ .。.:*・゜)
今日は4月1日。エイプリルフールということで ライブドア(http://www.livedoor.com)にアクセスすると スポーツ紙の1面みたいな作りになっていて 『ソフトバンクに10-0で圧勝』とか 『G2大阪杯 ホリエモン(馬の方)天皇賞に視界良し』だとか そういうのが見れます...
自分の方向 (Beyond the Infinity on yaplog!)
玄倉川さま、リンクを載せていただき、ありがとうございます。 そして私の拙い文章を推薦してくださいました桜日和さま、ありがとうございます。 また、トラックバックいただき、ありがとうございます。 ただ、私の文章が稚拙なために思いがうまく伝わらず大変恐縮な...
ホリエモン関係のブログ記事リンクを作ってくれてる人がいます。 (きょうのわたくし)
●ホリエモン関連のお勧めブログ(玄倉川の岸辺)  とてもフェアに、冷静に選んであって、どれもいい記事でした(1個だけは除いてねW)。関心がある方は行ってみてください。  こういうことしてくれる人がいるから、ネットって捨てたもんじゃないなあと思う。  後、
ほりえもんで読み解く「ブログはアウトサイダー」か? (すちゃらかな日常 松岡美樹)
 このブログで7回前に、「ほりえもんに見るメディアリテラシーの憂鬱」と題してメディアリテラシーについて書いた。えらく文章が長くなったが、まだまだ言い足りないことがある。そこで今回はあの文章が誤読されそうな部分について補足したい。「誰もが情報発信することの是
“ほりえもんVS既存メディア”に思うこと③ (路上日記@なんば)
お待たせしました。やっと③です。すんません。 >1960年代、若者は30代以上の人間を信用しちゃダメだとか言ってたらしいけど、今はテレビに出てるキャスターや元○○新聞記者とか解説委員とか、ジャーナリスト面した連中の意見は全部信用しない方がいいと思う。 >少なく
堀江社長の●●っぷりを生暖かく見守る ♪ (無差別・とらぴんg)
<ニッポン放送株>放送局への外資規制強化検討 麻生総務相 ってことで、ニッポン放送株取得を行ったライブドアは、フジサンケイに噛み付いただけにとどまらず、やはり政府にまで目をつけられてしまいました。 今回のライブドアの件について、フジ・サンケイグループ
韓国の情報技術(IT)の水準は日本よりワンランク上…(ワラタ) (無差別・とらぴんg)
年度末で、必死こいてる方もいるかと思いますが、私も年度末がゆえに必死こいた一日を過ごしました。 本来なら、必死こいて力尽きて即死になるんですが、今日はこの「ネタ」を書かずに死ぬことはできず…。 っていうことで、私の昇天を妨げたのはこの記事。 「日本企業の
ライブドアンな人たちに (桜日和)
昨日4/2は嫁さんの人の誕生日でした。 本人の希望でニンテンドーDSをプレゼントしました。 アナザーコードのCMでノックアウトされたようです。 さて、いろいろ書かねばならないネタもあるようですが、ふと、セントレアンなネーミングセンスで、ライブドアンなる言葉を考えて
◆あばよ、ホリエモン~これからは、ユビキタスの時代だよ~ (30にして学に志す)
 あまり、ワイドショーでは紹介されていない話を少しだけ書いておこうっと。  まあ、今回、ホリエモンが叩かれているのは、主に、 ●1.自己中心的で敵対的な側面(相手企業の従業員が総員で反感を覚えている) ●2.ビジョンを具体化できる実力があるのか不明(相手企
◆ライブドア=『IT企業』というより『企業買収屋』と呼んだ方がいいのでは? (30にして学に志す)
 18日の毎日新聞では、ライブドアが買収を重ねて成長してきた企業であることが解説されていたが、ホリエモン問題を見間違わないためにも、ライブドアを「インターネット企業」とか「IT企業」とは呼ばず、「(ホームページ製作も手掛ける)企業買収屋」とでも呼んだ方が
DJカルチャーと作者・芸術家の死 (∞最前線通信)
著者: ウルフ ポーシャルト, Ulf Poschardt, 原 克タイトル: DJカルチャー―ポップカルチャーの思想史 昨日の私の記事「朝日新聞は一業者にすぎない」に対して、憤りを感じた方もおられたかと思います。下記のような御意見もありました。「さすがに、ライブドアのPJのニ
ホリエモン問題に関するタイトル案を放出します。 (創難駄クリキンディーズ2004福岡)
行きがかり上と言いますか、ホリエモンネタは当面追いかけ続けないといけないかなあ、
ライブドア対フジサンケイグループのまとめ【新株予約権発行前】 (とーます投資研究所@WebryBlog)
ライブドア対フジサンケイグループのニッポン放送取り合いについてちょっとまとめてみました。 (ここやここでも紹介していきます) (新株予約権の問題についてはこちらをご覧ください)
毎日新聞記者がイタイこと書いとる (創難駄クリキンディーズ2004福岡)
まずは、こちらをご覧下さい。 ・記者の目:堀江氏批判に反論 柴沼均・デジタルメデ
なぜそこまでPJはバカにされるのか? (桜日和)
ライブドアPJの記者さんをやっておられる堀口さんという方が、自身のBlogでなぜそこまでPJは非難されるのか?というエントリをしておられる。 どうやら狂ったように浴びせかける非難の声を「いいこと」と感じておられるようなので、批判させてもらおうかな。 幸いなことに
なぜそこまでPJはバカにされるのか? (桜日和)
ライブドアPJの記者さんをやっておられる堀口さんという方が、自身のBlogでなぜそこまでPJは非難されるのか?というエントリをしておられる。 どうやら狂ったように浴びせかける非難の声を「いいこと」と感じておられるようなので、批判させてもらおうかな。 幸いなことに
ホリエモン (タレント・モデルプロダクション こらぼれーとふぁくとりー)
今日はグローバルベンチャーフォーラムという所主催の”ホリエモン”こと、堀江貴文氏...