お世話になります亀戸で不動産

江東・墨田区を中心に仲介の蔵不動産。亀戸で開業して27年です。宅地建物取引主任者・不動産コンサルティング技能登録者です。

クーラーのドレインを長く延ばしました。

2016年08月27日 | 不動産
ドレインは冷暖房機で除湿した水を室外へ出すパイプです。室外に出た冷媒管は室外機に繋がり、共に出たドレインは近くに垂れ下がり、除湿した水を流します。建物の近くに水を垂らしているので、夏場はそこの地面が常に濡れている状態です。この状態は植物を繁茂させ、シロアリの住みよい状態になります。この木造アパートではこの場所ではありませんが、シロアリに柱を食われて大規模の修繕をしました。その為、家の近くはシロアリが住みにくい環境にするようにしています。
そのいっかんとして、パイプを長くして家から離しました。
パイプは「KAPA」という専門店で買ってきました。但し、ここでは30メータの長さでしか売ってくれません。専門店は安いですが、量が多いので、使える量を考えて買う必要があります。見ていませんがホームセンターでも売っていると思います。パイプは一節が50センチです。パイプの節で切って、既存のパイプに繋げます。自宅ではパイプの先をバケツに入れて、貯まった水を植木にあげています。
一度、失敗した事が有ります。パイプを持ち上げてバケツに入れたら、水は流れずにパイプ全部に溜まり室内機から溢れて垂れてしまいました。この水は単に高低差で流れているため、パイプが高くなると、そこに水が溜まってしまい、室内機より水が溢れてしまいます。
パイプは決して持ち上げてはいけません。水道のように水には圧は掛かっていません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドアーのペンキ塗り

2016年08月23日 | 不動産
アパートのドアーをペンキで塗りました。
まず、ドアーに付いているのぞきメガネを内側から回して取り、郵便受け口も取ります。紙ヤスリで表面を削って古いペンキを落とします。紙ヤスリの後、布で奇麗に落とします。養生テープを四方の際に貼ります。ドアのノブもテープで貼り、ペンキが付かないようにします。このテープを奇麗に貼る事がペンキ塗りの出来を決める事になるので丁寧に遣ります。養生が終われば、工事の6割から7割が終わった事になります。
ペンキはどうしても跳ねます。床にはシートを敷きます。シートに垂れたペンキも時々布で簡単に拭き取ります。垂れたペンキに触ってしまい、付けたペンキを他に付けてしまうからです。壁などに飛んで付けた時は布ですぐに拭き取ります。シンナーも用意しておきます。
際を塗る時に養生テープ無しでは旨く塗れません。養生テープがあれば早くスムーズに塗れます。養生が終わってからペンキを塗ります。この1回目のペンキではムラが出ます。このペンキが完全に乾かすため、一日空けます。次の日にもう一度塗り、数時間経ってから(乾燥時間はペンキ缶に書いてあります)再度ペンキを塗ります。ある程度乾かしてから養生テープを剥がします。合計3度塗ります。これで奇麗に塗れます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水まきホースの口を土に刺し込む器具を作りました。

2016年08月20日 | 不動産
植木に水を遣るのに時間が結構かかります。ホースの口を持って水を遣りますが、大きな木の場合は時間が掛かり疲れます。そこでホースの先を土に刺して置くことで長時間ホースを持たなくて済むように土に刺し込む器具を考えました。
L型のホルダーにホースの先を取り付けて止めます。このホルダーは洗濯機用蛇口を壁内に付ける時にお使うホルダーです。たまたま古いのがありましたので、これを使ってみました。うまく入りました。ガスホースを止めるホルダーにテントを止めるビックを刺し込んで、このホルダーに取り付けました。これでホースの口を下に向けて土に差し込めるようになりました。
ホームセンターでもこのような物はありません。それで工夫して作る事にしました。たまたま見つけたホルダーを試したら、旨くはまりました。
取り外した古い物を何かに使えるのではないだろうか、色々な物をとって置いています。色々と工夫する事が楽しいのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベランダのサッシに防犯器具を付けました。

2016年08月02日 | 不動産
アパートのベランダサッシに防犯器具を付けました。防犯器具というと大げさな物を付けたように思えますが、器具はシールを剥がしてサッシに貼り付けるだけです。板状の物で、ボタンを押すと片面が持ち上がりサッシが開かないようになります。1つ400円の物です。もうひとつの鍵に成ります。もし、硝子を割られて鍵を開けられた場合、これで防げます。これでベランダ側の入り口がツーロックになります。2階以上の人はベランダ側から入ってこないと多くの人は安心していますが、入ろうと思えば簡単に入れます。身の軽い人なら屋上や樋などを使いベランダに入ります。隣の家が外壁工事の時は足場を掛けます。その足場を使い風呂場の窓から侵入された例があります。
女性の部屋から優先的に配りました。空室には全部付けました。
何か事件が有れば部屋を貸せ無くなってしまいます。家主としては大きな経営問題になります。お客を守ると言う事は自分も守る事です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駒澤大学の春の公開講座

2016年07月30日 | 不動産
駒澤大学の公開講座を受けました。五月から6月にかけて、毎週土曜日の8回です。1回当たりの講義時間は1時間半です。費用は1口座5千円です。
今回は「安保法制を考える」と「死者はどこへいくか ー 他界感と死生観にみる思想と文化ー」という2講座を受けました。駒澤大学の教授だけなく他大学の先生の講義もありました。
それぞれ刺激的な2ヶ月間でした。それぞれの講座の特に印象に残った点を書かせて貰います。
安保法制について
安保法制については1つの法律でなく10の法律を一括改正したとの事です。
9条については
政府の解釈は自衛のための戦争は放棄していない。学説は侵略と自衛のため戦争を区別する事は困難である。
最高裁(砂川事件)は駐留米軍は9条2項で保持が禁されている戦力に当たらないとした最高裁判決です
必要な自衛のための処置をとる事は国家固有の権能の行使として当然。
集団的自衛権については言及していない。
自衛隊の憲法適合性については最高裁の見解が示された事はこれまで一度も無いと言う事です。
次に興味を特に引かれた事は「民主主義とは何だ」と言う事です。
選挙で選ばれたとしても、一部の人間だけで物事を決めていると言う事です。
第1次世界大戦後、戦時賠償等で経済危機下のドイツにおいて、ヒットラーはワイマール憲法48条(大統領緊急令)を用いて議会(立法)を無視して政治を運営しました。
理想的な憲法と言われるワイマール憲法下でも、解釈によりどうにでもなってしまうという怖さがあります。これが民主主義です
英国のEU離脱問題は投票した人の半分の意見で決まってしまう事。クーデター後のトルコの現状を考えると「民主主義とは何だ」と考えさせられます。
次に死生観についてです。
色々の国や民族の死生観についてです。その内の特に印象に残った点の一部について書かせてもらいます。
ネアンデルタール人も死者に花を手向かうていたそうです。
中国社会では抽象的より即物的(目に見える物しか信じない)だそうです。
現世のコピ-としてあの世があると考えます。同じ考えでベトナムでは死者のために電気製品の模型を燃やします。
中国での祖先祭祀=儒教がインド仏教と結びついたのが日本仏教との事だそうです。
日本では死ぬとその辺にいて、その内に田の神や山の神になる考えているそうです。
一般に日本人の死に対する態度は感情的には宇宙の秩序の、知的には自然の秩序の、あきらめを持って受け入れると言う事です。
書いたらきりない程色々の事を今回の講座では学ばせて貰いました。刺激的な2ヶ月間でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧中川でハゼが釣れるようになりました。

2016年07月28日 | Weblog
釣れると言っても3センチとか5センチ程の小さいハゼです。岸から2メートル程の所に沢山います。深い所にはもっと大きいのがいるかもしれません。
庭で植木をいじっていたら、ミミズを2匹捕まえました。この2匹で遣ってみました。
投げ入れるとハゼが群がってきます。もう入れ食い状態です。ミミズ2匹でハゼを5匹釣りました。岸から2メートルの所は水深は30センチ程です。岸近くは浅いのでハゼが良く見えます。
子供には安全で楽しめるでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西那須温泉大鷹の湯

2016年07月12日 | Weblog
本屋で本を見ていて「究極の源泉宿73」という本を見つけました。その本の中で東京から遠くなく、妻の負担が少ない所を今回は選びました。大鷹の湯は西那須にあります。那須塩原駅は新幹線で東京から1時間10分です。弁当を食べ終わったら着きました。大鷹の湯は駅から車で10分程の所に有ります。高原で無く平地にあります。国道の近くですが、敷地は8千坪あるそうです。
後で分かったのですが、本の著者の1人が経営してる旅館でした。
旅館は何棟も分かれており、繋がっていません。よって、靴を履いて移動する事になります。露天風呂は高台にあり坂を登った所に有ります。男女別々のお風呂が有り、大きな木の風呂です。
別に専用の露天風呂が付いている部屋もあります。その他にペット可の部屋もあるそうです。
無料の貸し切り風呂は2つ有り、広々としています。家族4人でもゆったり入れます。
大浴場は細長く一般より小さめです。浴槽は階段で3段程高くなっています。
これらの風呂は全て源泉掛け流しです。
湯はナトリュウムー塩化物・炭酸水素塩温泉です。透明ですが湯ノ花が少し混じっています。湯はぬめり感がある湯でほんの少しぬるめです。長く入っていられます。マイナスイオンが出ているので、効能があるそうです。これだけぬめりがル温泉は少ないと思われます。私は初めてでした。湯から出た後は体が温まり汗が出ます。この湯は飲泉も出来、便秘には効きました。
ローカは畳敷きで柔らかくはだしで気持ちがいいです。
今回はたまたま一番安い料金で泊まりました。部屋はトイレ付きの8畳位の部屋でした。但し、この棟は改造したばかりと言う事で,奇麗でした。天井も高いので狭くは感じられませんでした。
夕食は食事処で食べます。区切られた部屋になっています。食事は刺身に煮物や焼いた魚等の簡単な物でした。これにピクルスや、湯葉刺しを追加で頼みました。煮物は薄味で美味しく、ご飯は竈炊きで、これは美味しかったです。酒も追加料理もそれほど高くはありませんでした。朝食は普通のバイキングです。
今回は湯治のつもりで行きました。ともかく1日2時間入ると良いとの事で、妻はがんばって入っていました。色々と考えて遣っている旅館です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アパートで玄関網戸の設置

2016年05月26日 | 不動産
アパートの一室に玄関網戸を設置しました。このアパートは川沿の公園が近いために虫が多いです。公園から10センチ程のガマガエルが来て、岩の下をねぐらにしたことがありました。アパートの敷地にはヤモリがいて街灯の中には這い込み、虫を食べています。
今の人は虫が非常に嫌いです。その為,少しでも防ぐために、夏場は一部の街灯を消していました。誘蛾灯も2か所付けています。時々殺虫剤もまいています。
特に虫を嫌っている方には玄関に網戸を付ける事にしました。
しかりした物を付けようと思ったのですが、網戸を付けるために4センチの空間が必要でした。ドアーの木枠自体は寸法があり十分でした。しかし、ドアークローザーの腕が出るのと下駄箱のために、3.5センチしか空間が取れませんでした。一般の玄関網戸は上下にレールを付けます。網戸が折れ曲がったり、巻き取りしたりするために4センチの空間が必要なのでしょう。昨年夏に遣ろうと思っていたのですが、そのために出来ませんでした。パンフレットと現場で、出来ない事は確認していました。出来ないので諦めていました。
島忠で見ていたら、ツッパリ棒タイプを見つけました。これは棒へ輪が付いた網戸を差し込むだけの物です。両端はマジックテープで枠に付けます。レールが無くしっかりと折りたたまない物です。網のカーテンのような物です。その為、どうにか付けられます。値段は安いですが、しっかりした物ではありません。無いより良いでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形の赤湯温泉の旅

2016年05月17日 | Weblog
今回はゆっくりと11時の山形新幹線です。東京駅で一度降り、駅前の大丸に寄りました。地下で弁当を買います。目移りするほど、あらゆる物があります。東京駅の駅内も沢山の店がありますが、だいたい見て回っているので、今回は大丸に行きました。
以前は上野駅が近いので上野駅で新幹線に乗っていたのですが、買えるところも少なくホームが地下でエスカレターで何度か乗り換えて降りなければなりません。ホームも地下で暗い感じです。
今は、何でも買えて便利な東京駅にしています。
2時間30分ほどで赤湯に着きます。赤湯では「いきかえりの宿 瀧波」に泊まりました。以前、妻が行って良かったとの事で今回も行ってみる事にしました。新幹線の駅を降りたら車で5分程で旅館に着きます。それでここを選びました。妻の疲れが少なくて済みます。
瀧波は町の中にあります。温泉街と言っても、川などに面して並んでいるのではなく、普通の町の中に埋もれています。赤湯は木々に包まれた温泉街ではありません。瀧波も古い旅館ですが、国道に面しています。
風呂は大きなのが2つ有り、時間により男女が交互に変わります。露天風呂は大きな御影石をくり抜いた風呂です。1つの風呂は石の床や通路も温かくしてありました。これは良いです。
湯は透明ですが、熱めでアルカリに少しの硫黄が含まれています。飲泉も出来ます。湯の中で肌に触れると、ぎしぎしした感じです。硫黄が入っている割には暖まりが悪いです。夕食は豚肉のしゃぶしゃぶです。これは美味しかったです。
瀧波の大きな特徴は朝食です。目の前で餅を臼でつきます。その餅をちぎって色々の味で食べさせてくれます。これは他では無いでしょう。楽しいショーです。餅も柔らかく美味しかったです。
2日目は山形鉄道フラワー長井線に乗ってきました。赤湯駅から荒砥駅までの1時間の旅です。電車は一両です。終点の荒砥駅の手前で最上川を渡ります。ここの鉄橋は日本で2番目に古い鉄橋だそうです。ローカル鉄道に乗ると、いつも先頭に立ちます。線路と左右に流れる風景が楽しいです。東京の鉄道では見れません。電車は一面の田んぼのなかを走ります。荒砥の町は国道に面した丘の上にあります。ここで昼食を食べて、賞を取ったおまんじゅうを買いました。6メター程の地蔵があります。疲れて行きませんでしたが、有名な神社もあります。
2日目の夕食は部屋は同じで、金額を上げてワンランクの上の食事をしました。ステ-キやフカヒレの茶碗蒸しが出ましたが、出したお金からすると高かったです。普通の料金の方が金額からすると内容はお得です。2回目の朝食は普通の朝食にして貰いました。瀧波は時代に合わせて旅館を改造したり、努力しているようです。餅つきは珍しいです。まあまあの旅館です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空室の管理

2016年04月05日 | 不動産
アパートで空室の期間が長い部屋が出る場合があります。そうゆう部屋では入居すると機器が故障している事があります。
これは使っていないために機械が悪くなってしまっているのです。機械や設備は動かしていると長く持つ物です。
故障を防ぐために、たまには部屋に入り動かす事です。
まず水を流します。流し台、洗面台、洗濯機の蛇口も流します。これで蛇口内のゴムの癒着が防げます。また、水を流す事で配水管の管内に水が貯まるので、下水からの臭いや虫の侵入を防げます。同じ理由でトイレも流しましょう。特に夏場では水が蒸発しやすいので頻繁に流します。トイレの水が無くなって、小バエが部屋中で死んでいた事があります。
当社ではお客様を案内した時、水を流すようにしています。この時に水の漏れを発見する事があります。発見出来れば、入居前に修理出来ます。
空調機も動かしてください。これも動かす事で長持ちします。
ガス会社も開けて点検して閉める事を遣ってくれます。
入居者が入ってからでは、故障の修理のために入立ち会いなど入居者に迷惑を掛ける事になります。それを防げます。独身の方は土日しか休めません、修理までの間は入居者に我慢させる事になります。それを防ぐためには前もって見つけて修理する事です。
晴れた日には窓やドアーを開けます。家は住んでいる方が永持ちします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工具箱を作っています。

2016年03月28日 | 不動産
工具箱で必要なものを探す時、工具が重なっているために上にある工具を一度出さなけらばなりません。ぱっと見て、探せる工具箱を作ろうと思いました。
今、遣っている作業台には板に穴が空いています。作業中はこの穴に工具を差し込んでおいて,そこから道具を取り、作業を遣ります。作業途中でも穴に差し込みます。これにより工具を無くさなくて済み,すぐに取れます。これをヒントに穴に工具を差す事で、選びやすくしようと考えました。ホームセンターで工具等を入れるカゴを見つけました。スーパーのカゴの小さいものです。板に穴を開けて、棒の足を四隅に付けました。これで差し込める空間が出来ます。最初は板で足を付けたのですが、下に置いた工具に当たってしまい、うまく差し込めませんでした。
両脇を取っ手として大きく開けました。 これで、板を取りやすくなり、物もここから入れられます。外し板を横に置く事で、下の物が取れます。
穴には頻繁に使うドライバー類を刺します。ハサミ形状のペンチ類はペン立てに入れました。ペン立ての底にはクションが付いています。これで刃物の先を痛めません。これはダイソーで買ってきました。これを板に四角く穴を開けて、差し込みました。
入れる物の量が多いため、その後もう一つを買って来て入れました。
金槌とウオーターレンチとスパナとキリ等の長いものは下に仕切り板を置いて並べました。
穴は木工用のドリルで開けました。近くのホームセンターでは20ミリが最高でした。これでは少し小さいので、ヤスリで大きくしました。10ミリほどの小さい穴には頭が大きい鉛筆や細い棒状の物を刺しました。
板は近くにあった合板を使いましたが、ドリルで穴を開けるとささくれくれだってしまいます。これはヤスリである程度は奇麗にしましたが、次に改良した物を作る時には単板を使う予定です。近くの島忠では合板しか無く薄い単板はありませんでした。
これからも改良して行くつもりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もカワセミが来ました。

2016年03月12日 | Weblog
カワセミが旧中川にある人工の巣箱に今年もやって来ました。旧中川の江戸川区寄りにある人工島の一部が崖のようになっています。そこに穴が空いています。その穴にカワセミが出入りしています。昨年も子育てをし、育ちました。崖の縁には木の枝が有り、そこからカワセミが水に飛び込んでいます。その写真を撮るために墨田区側の岸辺に多くの人が来ています。
今では仲川の水は綺麗になり水鳥が沢山来ています。水に潜ったり葦をつついたりと賑やかです。これから暖かくなればハゼもわいてくるでしょう。岸からハゼが動き回っているのがよく見えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラブルの直しで、若い人が家主を部屋に入れたがらない訳

2016年03月10日 | 不動産
洗濯機の蛇口から水が漏るとの連絡がありました。防水パンは玄関の所に有ります。蛇口から洩るのはコマか上のパッキングかです。当方で遣ると言ったのですが、水道屋を頼みたいと言います。家主が遣れば工事は10分程で出来るし、夜でも良いと、また日時も合わせると言ったのですが、その後連絡がありません。水道屋に依頼すれば1万円以上の金額が掛かります。簡単な工事なので、パッキング代の200円から300円程度で済みます。1万円以上の費用は掛けられません。
息子に話したら,部屋に入られるのがいやなのでは無いのではないかとの事でした。
考えてみると若い人は毎日めいっぱい働いて、時間も無く片付けも出来ないのでしょう。その為、部屋は汚れているので見られたく無いのでしょう。また、だらしない人もいると思います。
工事業者はしょうがないと思うのでしょうが、家主には見られたく無いのでしょう。
家主が良くしようと思い、例えばウオシュレットを付けようとした場合でも、家主が遣る場合は入って良いという人は少数でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小川温泉の旅

2016年02月13日 | Weblog
新幹線で東京駅から2時間30分程で黒部宇奈月温泉駅に着きます。そこからバスで30分程で小川温泉です。ホテルは「小川」という名前の川に沿って建っています。昔は細い山道を通ってここまでたどりついたそうです。その頃は秘湯の会に入っていたそうです。川にダムを作るためトンネルが出来て道が良くなったそうです。それで秘湯の会をやめたそうです。「ビユーの地温泉」には入っています。
小川温泉 元湯「ホテル小川」は古いですが、5階建てのビルです。隣には湯治用の建物もあります。小川温泉の1件宿です。
温泉の泉質はナトリウム塩化物炭酸水素塩泉です。源泉掛け流しです。68度のお湯を引いてくる間に45度まで下がるそうです。浴槽の縁にカルキが付いています。湯は熱めで温まります。少し長く入ると汗が噴き出します。熱めの湯が好きな人には最高です。何度入っても飽きない温泉です。湯は透明で無臭です。少し肌がつるつるします。今回雪のため入れませんでしたが、歩いて6分程の所に洞窟野天風呂があります。この辺りからホテルの湯は引いているそうです。
食事は普通の旅館料理です。まずくはありませんが特別美味しくもありません。
着いた時、湯治が出来る処でそばを食べました。普通のそばなので2日目の昼は魚津に食べに行きました。泊駅までホテルのバスで送って貰いました。そこから電車で魚津駅まで行きました。以前妻が行った寿司屋に行きました。駅近くの「万両」という寿司屋です。地物の握り以外に白エビのかき揚げを食べました。白エビはサッパリとして軽く美味しいです。ゲンゲの唐揚げは少し脂けっが有り、これも美味しいでした。駅近くには「うおつ鱒寿司」があります。此処の鱒寿司は身が厚く美味しいので、毎年しの暮れに送って貰っています。店に行ったのですが。売り切れて買えませんでした。近くの「川内屋」というかまぼこ屋に寄りお土産を買いました。
近くの「サンプラザ」というスーパーに行きました。此処でもお土産を買いました。車で旅行をしていた時は良くスーパーによっていました。地元の名品が安く売っています。スーパーでよくお土産を買いました。地元の人が遠くの人へのお土産に買うのでしょう、それで地元の名品も売るだと思います。スーパーは地の魚や野菜が有り、珍しくおもしろ物があります。例えば、豆腐や油揚げは地域によって違いがあります。大きかったり、厚かったり、丸かったりと色々です。
スーパーの前に地魚を売っている魚屋がありました。ノドクロが一匹2千500円で売っていました。そのほかに地の魚が色々と売っていました。富山湾はすぐに深くなっているので、白エビもホタルイカもノドクロも深海魚の仲間だと思います。魚屋で見る魚はどれもグロテスクなのが多いようです。帰りも、泊駅までホテルの車が迎えに来てくれました。
翌日はホテルでゆっくりして、黒部宇奈月温泉駅から帰りました。
黒部宇奈月温泉駅にはコンビニも有り、大きな観光センターもあります。金太郎温泉もこの駅からバスで行きます。ちなみに、妻の話では金太郎温泉はお湯は良いが、食事はそれほどでも無かったそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アパートの太陽光発電

2016年02月04日 | 不動産
電気屋さんからアパートの屋根に太陽光発電を付けませんかとの話がありました。一応見積もって貰うことにしました。見積もって貰うと400万円程かかるそうです。また、屋根に装置を載せてしまうと、屋根瓦にペンキが塗れないので、先にペンキを塗らなければならないそうです。その費用も60万円くらいは掛かるそうです。
このアパートは東西に長く、屋根の角度も良いそうです。南に影に成るような物が無いので、良い条件だそうです。
月付きには2万5千円程の売電が出来るので、年間30万円になります。15年程で元は取れます。太陽光発電装置は20年は十分持つそうです。
ただ、このアパートはすでに30年経っています。また、新耐震ぎりぎりの木造の建物です。その為20年の売電は無理でしょう。また、地震が来てアパートが壊れた場合は全て無駄になります。そのリスクもあります。
新築ならそれほど心配しないですが、30年は建った家では元は取れても儲けが出ません。
このアパートに投資するより、今の時代に合う物を建て替えることを考えて、お金を貯めることの方が優先すべきでしょう。
新しく建てた時に屋根に載せるか、その時に考えるべきでしょう。
東電の買い電価格は安くなるでしょうが、装置も安くなっているでしょう。遣る時にもう一度考えることになります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加