気ままに山歩き sessk     

いつまでも健康を願い、山歩きの展望や花を中心にした、団塊世代の私の軌跡を記録します。

16-31:谷川岳 《 谷川連峰 》

2016年11月12日 09時55分19秒 | ハイキング 山歩き 山登り
紅葉と展望を期待して

2016年10月31日     (月)     晴れ     同行者:長男       自家用車      登山口:群馬県     水上町


【 コ ー ス 】

土合口駐車場06:40=西黒尾根登山口7:00=鉄塔07:18=厳剛新道合流09:03=ザンゲ岩09:23=トマの耳10:23~38オキの耳10:50~11:22=肩の小屋11:44=熊穴沢避難小屋12:47=田尻尾根分岐13:24=田尻尾根入口14:16~29=土合口駐車場14:55


【 クリックで拡大 】




土合口駐車場

   広いと言うより広大な駐車場 この駐車場にトイレはなし。


西黒尾根登山口

 ここにつくまでに、水を汲めるところがありました。
また登山者カードを出せる、登山指導センターもありました。
西黒尾根登山口より標高差約800m登った。
長男が先行で、歩きはじめは予定より40分遅れのためか、休憩らしい休憩はなし。
おまけに、急登にガレ場、泥濘もあり、苦戦だ。


厳剛新道合流手前の尾根より山頂を望む  標高:約1500m
ここは、『ラクダのコル)と名付けられ、岩陰で見えなかったが、先行者が休憩していた。
計画書通りの時間に追いついた。

少し食べ物を口に入れたかったが、長男はそこまではしたくないようなので仕方なく我慢する。
クリックで拡大

ラクダのコルの先で


谷川岳トマの耳より 天神尾根への分岐で少し休むが、もう少しと、水も飲まずに頑張る。

今日は風もなく、晴れていて展望が良い。360度の展望だ。
遠く富士山も見えていた。他の登山者の声も「八ヶ岳、苗場山」など聞こえてくる。



谷川岳トマの耳より  オキの耳、 一ノ倉岳、 茂倉岳


トマの耳より


谷川岳トマの耳より


オキの耳   記念撮影


クリックで拡大

オキの耳よりトマの耳   遠く富士


オキの耳より  手前からオジカ沢ノ頭、大障子ノ頭、万太郎山、仙ノ倉山を望む


オキノ耳より歩いてきた西黒尾根


熊穴沢避難小屋




熊穴沢避難小屋 の内部




田尻尾根分岐
ここで休憩。疲れていれば、エスケープルートとしてゴンドラに乗る。
少し予定より早まっていたので、歩くことになった。


田尻尾根入口
道標は林道から見えないが、この分岐の真上にロープウェイのロープが張られています。


林道の紅葉


林道から山頂ほうめんを仰ぐ


駐車場付近で

【 下 山 】
紅葉も最盛期であったように思う。
前回の 吾妻耶山より紅葉は綺麗であった。急登にガレバ、泥濘もあったが、特に、危険なところはなかった。

山頂からの展望も素晴らしく歩いた甲斐もあった。
少々疲れも感じた。ガレ場のような箇所も多くあったようにおもう。

40年以上前に来ている。
夜行列車で土合駅に着いて、歩きはじめるためか、頂上で昼寝をした覚えもあるが、
これほど大展望であったのか記憶にない。

天神尾根コースを下る人はなく、ほとんどゴンドラのようでした。
田尻尾根分岐から土合口駐車場まで、休憩込みで90分であれば歩いた方が良いとおもった。

まずは、「温泉センター諏訪の湯」(300円)にカーナビを合わせて帰路についた。
気ままに山歩きBLOG    『気ままに・山歩き』HP TOP
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 16-30:吾妻耶山・大峰山 《... | トップ | 16-32:扇山・百蔵山 《 中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハイキング 山歩き 山登り」カテゴリの最新記事