台南・ダイアリー

台湾の台南市で3年、新竹市で2年駐在したあと、美味しいもののある所へ、あっちこっち移動する生活になりました。

燕南水餃-台南水餃其之五

2006年06月27日 | うまいもの





台湾の人が
  「 うまい! 」
    と思う水餃子は こーいうやつだ。



皮は、分厚くて、
モチモチした歯ざわりとつるっとしたのどごしが両立しており、
アンは、
日本の餃子よりは肉の味が少なく、
それよりも、
シャキシャキした野菜の甘みの方が強く感じられる。

こういう水餃子を、
主食として、一人で20個も30個も食べるのが
一般的な台湾の
” 餃子の食い方 ”
ってやつだろう。

日本みたいに、
油っこくて味が濃く、臭いもきつい
( 台湾の水餃子にはにんにくなんて入ってないヨ )
焼き餃子をご飯のおかずとして
数個~10個位だけ食べる
- っていう食い方は、台湾ではまずありえない。




林森路にある
” 燕南水餃 ”
は、、
そういう水餃子屋の中でも特に人気のあるミセだ。

もともと米食文化圏の福建省出身者が多い台南の人にも、
これだけ好かれてるんだし、
水餃子なんて食ったことが無い日本人にだって
すげー判り易い味だよナ。

焼き餃子のイメージを捨てて、
白いご飯でも食うつもりで、
ここの餃子を食ってみれば、
オレが書いてることが、
すーっと腑に落ちるだろう。

皮の感じが、なんか、
” 稲庭うどん ”
を思い出させるネ。




上が、オレが食った燕南水餃の
” 水餃 ”
と、
” 乾麺 ( ガンメン、スープなし麺 ) ”
だ。

乾麺は、
試しに食ってみただけだったが
水餃子の
「 あー、これが水餃子だなぁ。 」
っていううまさと比べると、
まぁ普通のもんだナ。

周りの客も、
誰も他のものを食ってるやつはいない。
みんな山盛りの水餃子を
ハフハフ言いながら食べている人ばっかりだった。

ところで、このミセの名前
” 燕南水餃 ”

” 燕 ”
って言うのは春秋戦国時代の国の名前で
” 燕京 ”
は北京の古い呼び名だ。
麺食館だからっていってすぐ、
” 山東○○ ”
なんて名前にするよりは、
全然センスの良いネーミングだよナ。




上の写真は、
水餃子と一緒に注文した
” 魯味 ”

” 酸辛湯 ”。

魯味はあまり甘くなくあっさりしていてうまい。

酸辛湯は、
だしはしっかり取れているが、
酸 ( スゥアン、すっぱい ) でもなければ、
辛 ( ラー、からい ) でもない。
備え付けの酢とか、ラー油を、
自分の好きなだけ入れて調整するのが
ここの流儀のようだ。


      
       ( 燕南水餃で食べたものの全景 )


最後になるけど、
今までオレが
”老友-台南水餃子其之壱 ”
”水餃之家-台南水餃子其之弐 ”
”十七號麵館-台南水餃子其之参 ”
”水餃之家東館-台南水餃子其之四 ”
の時に、ずっと書いてきた
「 なんで日本人は水餃子があまり好きじゃないのか? 」
ということについて、
もっと言うと
日本人と 中国/台湾人 の餃子に対する嗜好の違いについて、
オレなりの考えを、
補足・修正してまとめることにするヨ。



日本人が餃子といえば、普通は
” 焼き餃子 ”
のことだが、
中国/台湾の人にとって餃子といえばほぼ100%
” 水餃子 ”
のことだ。
焼き餃子は
” 鍋貼、コーティエ ”
と呼ばれて、それほど一般的な食べものじゃあない。

餃子の発祥は、
場所としては、小麦食文化圏だった中国大陸北方で、
時代的には、紀元前にまでさかのぼるが、
今みたいな皮と具、それと包み方が確立して
広く食べられるようになったのは
唐の時代 ( 紀元618~906年 ) のことらしい。

このころの呼び名は
” 扁食、ベンシー ”
というもので、
この言葉は今ではワンタンのことを指す。
今みたいな
” 餃子 ”
っていう呼び方に変わったのは、
明の時代 ( 紀元960から1368年 )
になってからのことだそうだ。

こーいう風に、
餃子の歴史は2000年以上あるすごく古いものだが、
実はそいつは全部、
” 主食としての水餃子 ”
の歴史だ。

” 鍋貼/焼き餃子 ”
の存在は、水餃子の影にかくれて、
” 残り物の水餃子がまずくなっちゃったから、
  まぁ油で焼いてごまかして食おうか。 ”
っていう程度のもんでしかなかった。

それは、
日本で言ったら、
炊いてから固くなった米で作った
” 焼きおにぎり ”
みたいな位置づけのものだったと思う。

水餃子は、
もちろんその二千年以上の歴史の中で、
中国から日本に何回も紹介されてきた。
元禄二年 ( 1689年 ) には、
あの水戸黄門も食べてみたっていう記録があるし、
安永七年 ( 1778年 ) には、
” 卓子調烹法 ”
っていう料理本の中でも、レシピが紹介されている。    

だが
元来が米食文化圏の日本では、
ついに主食としての水餃子は、
一般家庭で食べられる様なポピュラーな食品にはならなかった。

こいつはオレの想像だが、
「 なにぃ!
  四つ足の肉と野菜を混ぜて小麦もちで包んで食うだとー!
  そんなもんが米のおまんまの代わりになるかー! 」
っていうのが、
一般的な日本人の反応だったんじゃないかナ。

それで、
餃子が日本でこんなにもポピュラーな食品になったのは、
実は第2次世界大戦後、
中国に行っていた軍隊やその関係者が、
大挙して日本に帰って来てからだ。
台湾・中国関係の人が多かった大阪や、
満州駐留の陸軍第14師団本部があった宇都宮なんかが
発信地になって、
餃子は、短い間に飛躍的に戦後の日本国内に流行していった。

しかしこの、戦後っていう時期は
物資や食材が乏しい頃だ。
味が淡白で、主食としてバクバク食べるように作られていた、
” 水餃子 ”
の方は、あまりタイムリーな食いものじゃなく、
油っこくて味が濃く、少し食べてもすぐ満腹感が得られる、
” 焼き餃子 ”
の方だけが、
「 ニンニクも入ってスタミナがつくぞぃ。 」
ってんで大流行になって行ったんだ。

こんなような按配で、
日本には焼き餃子だけが広まっていって、
日本人の頭の中には、
” 餃子 = 焼き餃子( 米のご飯のおかず/ビールのあて ) ”
という図式が、
がしっと出来てしまったんだろう。

そーいうことで日本人は、
たまたま水餃子を食うような機会があると、
「 なんかパンチがきかねー餃子だナー! 」
なんて感じちゃって、
あまり好きになれないのじゃないだろうか。
そしてこれは、
米から出来た食い物といえば
焼きおにぎりしか食ったことがない様なヤツには、
炊きたての白米の美味しさが、
なかなか判らない ( んじゃないかナ )
様なことと同じだと思う。


なんかしまりがなくなったが、
こんなことでオレの、
あんまり意味がない
” 日本人は何故水餃子が好きじゃないか ”
という考察を終わる。

ずい分くどくど書いちまったけど、
ほんとは、
こんなこと長々読むよりは、
ソッコー
” 燕南水餃 ”
へ行って、
” 餃子=焼き餃子 ”
のイメージをスカッと捨てて、
白いごはん か 素うどん でも食うつもりで
水餃子を食べてみるのが一番いいヨ。

- なんで 中国/台湾 の人はこんなに水餃子が好きなのか
その理由が きっとすぐ判るからサ。



 では、本日はここにてご無礼 !





6月20日のアクセス数 - 423
6月21日のアクセス数 - 544    
6月22日のアクセス数 - 479
6月23日のアクセス数 - 292
6月24日のアクセス数 - 391
6月25日のアクセス数 - 397
6月26日のアクセス数 - 467


6月21日の練習 - トラック10km(清華大学)&ウェイト少々(自宅)
6月22日の練習 - ウェイト少々(自宅)
6月23日の練習 - 休み
6月24日の練習 - ウェイトとトレッドミル5km(ジム)
6月25日の練習 - ウェイト(ジム)
6月26日の練習 - ウェイト少々(自宅)
6月27日の練習 - トラック7km(清華大学)&ウェイト少々(自宅)

ε-(´o`;A  暑いよー!

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 延平郡王祠前陽春麺-台南陽... | トップ | 萬吉-台南日本料理10 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
行ってきました (さいれん)
2008-05-17 23:41:26
ご紹介頂き行ってきました。

夜に行くトコとメニューを合わせるべく、水餃子10ヶ+酸辛湯を10分ほど並んでから注文。
冷気開放で大助かりの店舗奥でいただきました。
うーん、…大賑わいの店内では皆旨そうに食べてますが、自分には飛び抜けて美味いとは…。
湯麺についても同様に感じる事が多いのですが、修行が足りないのかなぁ~と思ったりしてます。(水餃子より鍋貼が好きなのも事実ですが)
さいれんさんへ (kool_tada)
2008-05-19 23:00:54
さいれんさん、

わかります。
修行がたりないのじゃあなくて、
それが普通の日本の人の味覚と思います。

でも、
もしさいれんさんが、
あと1年水餃子を時々食べたなら、
このミセの水餃子がすごく
美味しく感じるだろうとは思いますよ。

では。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。