コナのシネマ・ホリデー

映画やイベントの感想などなどを・・・。

『凶悪』(R15+) 吐きそうなほど、深い闇をみた。

2013年10月10日 | 怖かった映画
日々、マスコミによって報道される事件の数々。傷害、殺人、自殺、失踪、火災、事故、・・・。その膨大な事件に埋もれ見逃されている真の悪人が、隣の家で普通に暮らしているかもしれない!という、おぞましさ。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

『風立ちぬ』 余白に泣く

2013年08月16日 | じ~んときた映画
『もののけ姫』以来、久しぶりに劇場のスクリーンでジブリ作品、宮崎アニメを観てきました。「生きろ。」から「生きねば。」へ。いやはや、涙が止まりませんでした。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

『さよなら渓谷』 やばい!宿題出されちゃった。

2013年07月16日 | じ~んときた映画
連日の猛暑にかなりバテ気味の午後。「時間もあることだし、映画でも観ながら涼んでみようか。」と思い、仕事の合間にチケット売り場まで行ったのはいいけれど、肝心の内容も確かめないままタイトルのイメージだけで即決。しかし、この映画、気持ちの上では涼むどころか . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

『嘆きのピエタ』(R15+) 鑑賞するには覚悟が必要?

2013年07月10日 | ヒリヒリした映画
<ピエタ>とは、十字架から降ろされたイエス・キリストを胸に抱く、聖母マリア像。慈悲深い母の愛の象徴。強靭なまでの“母の愛”が向かう先は、いったい . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

『恐怖ノ黒電話』 邦題のイメージより10倍は怖いホラー

2013年07月03日 | 怖かった映画
世界3大ファンタスティック映画祭の中で、最も長い歴史を誇るスペイン・カタルーニャのシッチェス映画祭で注目されたホラー作品。いや、ただのホラーじゃないんです。タイムパラドックス・サイコホラー。最後まで見たら、もう . . . 本文を読む
コメント

『ハングオーバー!!!最後の反省会』(PG12) さらば狼軍団

2013年07月02日 | 笑っちゃった映画
ハングオーバーといいながら、シリーズ最後はシラフで・・・しか~し!!お約束のお楽しみもある本作。もっと楽しみたいなら、1作目2作目のおさらいをしてからが、お薦め。細かいところまでクスクスと笑えた。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

『ハード・ラッシュ』 男らしいねぇ!

2013年06月30日 | ヒリヒリした映画
今は足を洗い、かたぎの商売で暮らす元スマグラー。義弟がしでかした不始末のため、再び裏稼業へ戻ることに。だが、そこには予想を超える罠が仕掛けられていた。 . . . 本文を読む
コメント

『殺しのナンバー』 邦題より中身の濃いスリラー

2013年06月28日 | ドキドキした映画
数字化された『テロ』『暗殺』『クーデター』などの極秘指令が、今この瞬間も公共電波で流れている!なんて . . . 本文を読む
コメント

『ファインド・アウト』 ミッシング・パーソンの恐怖

2013年06月24日 | 怖かった映画
ある日突然、人が行方不明になる。だが、事件性や犯罪の証拠がなければ、警察は捜査しない・・・という現実。この物語は、その現実を背景にして描かれた失踪スリラー。先はなかなか読めない . . . 本文を読む
コメント

『オブリビオン』 IMAXで鑑賞!

2013年06月16日 | 派手だった映画
ジョセフ・コシンスキー監督によるSFスリラー。コシンスキーが自ら執筆し、出版したグラフィックノベルが原作の映画を、IMAXで鑑賞。オブリビオン=忘却というタイトルの意味は、 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

『イノセント・ガーデン』 少女は禁断のエクスタシーに目覚める!

2013年06月06日 | ドキドキした映画
やばい、この作品は、ヤバい。18歳の少女が目覚めたのは禁断のエクスタシー。この目覚めは危険だ。だが、美しい!!ダークな話なのに美しい。そして計算されつくしてる。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

『マーサ、あるいはマーシー・メイ』 洗脳から脱け出せない怖さ

2013年04月27日 | 怖かった映画
洗脳は、解けないものなのか・・・。薬物依存と同様、一度身体に馴染むと脱け出しがたい、そんな印象をこの作品からは受けた . . . 本文を読む
コメント (2)

『レッド・ライト』 映画というトリック

2013年04月21日 | 怖かった映画
ロバート・デ・ニーロが伝説の超能力者を演じ、キリアン・マーフィ、シガーニー・ウィーヴァーが、超常現象と超能力者の謎を追う科学者を演じるという新感覚ミステリー。壮絶な心理戦で明かされる真実とは . . . 本文を読む
コメント

『世界にひとつのプレイブック』 なるほど・・・主演女優賞に納得!

2013年04月21日 | ほっこりした映画
いやはや、恐れ入りました。ジェニファー・ローレンスの主演女優賞も納得です。この複雑なキャラクターをこんなにも説得力ある演技で創造するなんて。しかも、オーディションをスカイプで受けていたとは! . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

『レ・ミゼラブル』 大感動でした。

2013年04月12日 | じ~んときた映画
もはや、この作品に何も言うことはありません。黙って観れば、感動に浸れる素晴らしい作品。 . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (5)