コナのシネマ・ホリデー

映画やイベントの感想などなどを・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『最強のふたり』は、やはり最強だった!

2012年10月23日 | じ〜んときた映画

原題:INTOUCHABLES(PG12)
2011年・フランス(113分)
               
監督&脚本: エリック・トレダノ/ オリヴィエ・ナカシュ  
出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ ほか


鑑賞日:2012年10月11日 (渋谷)

最強のふたりは、やはり最強だった。
この設定で、このストーリー。
作り話のような内容だが、本作は実話がベースだというから驚く。
フランスのユーモアに笑い、
すがすがしく感動!! 

<ストーリー>
全身麻痺の大富豪のフィリップは、新しい介護者を探していた。
スラム出身の黒人青年ドリスは、
失業手当をもらうため、カタチだけ新しい介護者の面接を受けに来た。
だが、フィリップはそんなドリスを採用することにした。
立場も環境も異なる二人の間には、いつしか友情さえも芽生え……。


フランス語の原題[INTOUCHABLE]と、英題の[UNTOUCHABLE]は同じ意味だけど、
邦題は、[最強のふたり]としていた。

「では、このふたりが最強たるゆえんは何だろうか?」と、ふと考えてみた。
フィリップは全身麻痺ながら、大富豪で財力という強みがある。
ドリスは、フランス社会の下層にいながら、ユーモアを失わない強さがある。
そんなふたりがタッグを組んだから最強なのか?

いや、
年齢や生まれ育った環境はもとより、
雇用者と被雇用者、介護者と被介護者・・・立場さえ異なる二人には、
何より、先入観や偏見に囚われない強さがあったからではなかったか。
フランス社会にあって、
人種偏見、障害者に対する先入観をもたないふたりだったからこそ、
個人と個人、互いをひとりの人間として認め合い、
馴れ合いではない友情を育み、
最強の物語を紡ぐことができたのではないだろうか。

繰り返しになるが、本作が実話をベースにしているということに驚く。

な〜んて、そんな理屈は抜きに、おとなが楽しめる映画であることは、
間違いない。

小規模公開からスタートしながら、興業収入が10億円を超えたヒット作なのも、
納得の1本。


主役ふたりのコンビネーション:★★★★★★★★★★★★
脚本の良さ:★★★★★★★★★★★★★★★★
仏女優Audrey Fleuretの魅力:★★★★★★★★★★★★★
やっぱり、EW&Fはいい!:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ヒトラーに笑った:★★★★★★★★★★★★★★★★★

鑑賞後の総合評価:

                          

余談:
サッカーの親善試合、日本対フランス戦後、
フランスのコメディアンがTV番組でフクシマをネタに日本選手を揶揄していたが、
あれをユーモアだとするセンスはいただけない。

Intouchables
サウンドトラック
Ais
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« えっ?この季節に?第30回調布... | トップ | 『アルゴ』 この緊迫感はたまら... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
納得の一本 (iina)
2012-11-02 09:48:35
コナさん鑑賞後の総合評価が高いように、iinaがことしに観た映画14本の中で一番にしました。
コナさん評の「すがすがしく感動 !!」にピッタリなイメージでした。

まさに、納得の一作でした。
たしかに (コナ)
2012-11-07 22:52:56
iinaさん。コメントありがとうございます。
たしかに、いい映画でした。
この作品を観た人は、今年のTOP5には必ず入れる作品かもしれませんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
最強のふたり (もののはじめblog)
「最強のふたり」の試写券を頂いたので、かみさんとふたりで観てきた。 突然に舞い込んだ幸運のため、この作品については何も知らず、タイトルからふたりが大暴れして何かとてつもないことを遣りそうなイメージ。 実際のふたりは、フランスのテレビ番組に取り上げられの....
最強のふたり  監督/エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ (西京極 紫の館)
【出演】  フランソワ・クリュゼ  オマール・シー  アンヌ・ル・ニ 【ストーリー】 パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募集の面接を受けにやってきたスラム出身の黒人青年ドリスだが働く気はなく、目的は“不採...
最強のふたり (風に吹かれて)
人生は楽しまなきゃ公式サイト http://saikyo-2.gaga.ne.jp実話の映画化原作: A Second Wind (フィリップ・ボッツォ・ディ・ボルゴ著/アチーブメント出版) パラグラ
「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク (はらやんの映画徒然草)
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が
No.332 最強のふたり (気ままな映画生活)
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の交流を、笑いと涙を交えて描く実話がもとのドラマ。まっ ...
『最強のふたり』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■...