コナのシネマ・ホリデー

映画やイベントの感想などなどを・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『風立ちぬ』 余白に泣く

2013年08月16日 | じ〜んときた映画

2013年・日本(126分)
               
プロデューサー:鈴木敏夫
原作&脚本&監督:宮崎駿
音楽:久石譲
声の出演:庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート
     風間杜夫、竹下景子、國村隼、志田未来、大竹しのぶ、野村萬斎 ほか


鑑賞日:2013年7月29日 (川崎)


あれ?
泣いてる?
今、自分は泣いているのか?
涙?
涙が頬を伝い落ちていく。

慌ててハンカチを取り出し、流れ落ちる涙を拭うが、

涙はとめどなく溢れ、
ポロポロと落ち続けた。

まずい。
いい歳をして、アニメで泣くなんて、
恥ずかしすぎる。

そう思う一方で、涙はとどまることなく流れ続けた。
拭っても拭っても、
涙は溢れ続けた。

そして、エンディング。
荒井由美(ユーミン)の歌が、ス〜ッと胸にしみてきた。
夏の雲の向こうへと消えていく紙飛行機の様に。

当然のことながら、
人は、人生を重ねることで、
見えてくるものや
感じるものが違ってくる。

本作には、余白がある。

全てを細かく描いているわけでも、
全てのシーンを描き出しているわけでもない。
むしろ描かれていない余白(言い換えれば行間)を、
作品を通して感じ取った時、
深く心に沁みてくる・・・
そのことが、作品を限定的な世界観で終わらせていない気がした。

おとなに向けた作品でした。

ちなみに、この作品は2回鑑賞しました。
最初は、主役を演じた庵野秀明の声とセリフには抵抗感があったのに、
2回目に観た時には、不思議とまったく気にならなかった。

むしろ、気になったのは効果音。
人の声を加工し、SEとして使っていたが、その狙いが良く分からなかった。
実験的過ぎたように感じてしまった。

まさかのキャスティング度:★★★★★★★★★★★★
「申〜す!」に驚いた度:★★★★★★★★★★★★
美しい映画度:★★★★★★★★★★★★★★★★
「生きねば。」度:★★★★★★★★★★★★★★
宮崎監督の飛行機好き度:MAX!!

鑑賞後の総合評価:
★★★★

              

余談:
本作に喫煙シーンが多いからと、
NPO法人「日本禁煙学会」が問題視して、
スタジオジブリに、たばこの描き方に配慮を求めるよう、文書で求めたそうだ。

その根拠をニュースで読んだが、
まったく的外れな意見であり、大人の思考とはとても思えない稚拙な見解だと思った。
大ヒットアニメを利用してアピールしようと試みたのだろうけど、
残念な限りだ。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『さよなら渓谷』 やばい!宿題... | トップ | 『凶悪』(R15+) 吐きそうなほ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
風立ちぬ  監督/宮崎 駿 (西京極 紫の館)
【声の出演】  庵野 秀明(堀越二郎)  瀧本 美織(里見菜穂子)  西島 秀俊(本庄季郎)  西村 雅彦(黒川) 【ストーリー】 大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。航空機の設計者である堀越二郎は....
「風立ちぬ」 テクノロジーの両側面 (はらやんの映画徒然草)
「崖の上のポニョ」から5年ぶりの宮崎駿監督の新作です。 本作は宮崎監督としては珍