コナのシネマ・ホリデー

映画やイベントの感想などなどを・・・。

『オブリビオン』 IMAXで鑑賞!

2013年06月16日 | 派手だった映画

原題:OBLIVION(R15+)
2013年・アメリカ(124分)
               
製作:ピーター・チャーニン、ディラン・クラーク、
   ダンカン・ヘンダーソン、ジョセフ・コシンスキー
原作&監督:ジョゼフ・コシンスキー
脚本:ウィリアム・モナハン 
音楽:ジョセフ・トラパニーズ
出演:トム・クルーズ、モーガン・フリーマン、オルガ・キュリレンコ、
   ニコライ・コスター=ワルドー ほか


鑑賞日:2013年6月12日 (川崎)

トムさん主演のSF最新作をIMAXで観てみようと、
川崎の109シネマズに行ってきました。

『トロン:レガシー』の監督と
『猿の惑星:創世記』のプロデューサーがタッグを組み、
どんなSF世界をクリエイトしたのか?!も、気になるところ。

果たして・・・?

<ストーリー>
エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、
その戦いによって地球が半壊してから60年。
生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、
ジャック・ハーパーだけが地球に残って上空から偵察していた。
パトロールに向かっていた彼は、
誰一人として生存しているわけがないエリアで何者かの襲撃を受けてしまう。
混乱するジャックの前に現れたのは、
ビーチという謎の男。
彼との遭遇を機に、ジャックは地球、人類、
そして自身の運命を担う冒険に出ることに。
 

やっぱり、IMAXはすごい!!
鮮明でリアルな映像とサウンド!
迫力の重低音!
ただただ、2077年の世界にどっぷりと入り込んで鑑賞・・・、
いや、体験しました!!

いやぁ、こういう作品は、映像とサウンドが命だと実感。
IMAXで観て正解でした!!

IMAXの映像度:★★★★★★★★★★★★★★★
IMAXの音響度:★★★★★★★★★★★★★★★
IMAXの体感度:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

鑑賞後の総合評価:★★★☆


「えっ?IMAXの感想じゃなくて、映画の感想は?」 ですか?

う~~~~ん、
・・・・・・
世界観は好きです。
映像も好きです。
監督自身がグラフィックノベルとして出版しているだけあって、
コンセプトはしっかりしているし、
紙の上とは違った空間の広がりや世界観が、
しっかり表現されていて、いいと思えました。
トムさんも嫌いじゃないです。
ほかのキャスティングも良かった。
どちらかと言えば好きな映画です。


でも、結局のところ、
本作の核は、ラブストーリー(愛のメモリー)だった。
そして、愛の物語なのに、それほど心に迫るものがなかったんだよなぁ。
グッと込み上げてくるものもなかったし、
切なさも中途半端だったし、
分からなくもないけど、
「なるほど!」と得心するほどのこともなくて。


個人的には、ラストシーンもうまく消化しきれなくて・・・。
素直に受け止められず、
なんだかモヤモヤ~としたままエンドクレジットが流れ始めてしまい・・・。

「どうして?」と訊かれても、
それについては、主人公ハーパーの正体に触れなくてはならないし、
=ネタバレになってしまうので、理由を詳しく説明することはできないんですけどね。

ただ、一緒に鑑賞した妻は、隣の席でポロポロと泣いていました。
妻には琴線に触れるものが充分あったようです。


      

余談:
終幕後、本作は積み残したことが諸々あるような気がしてしまいました。
特に気になるのは、もう一人のヴィクトリアのこと。
スカイタワーにひとり残された彼女のことは、ほったらかし?
タイトルのオブリビオンて、忘却って意味だけど、
それこそすっかり忘れられてて、一番可哀そうな気がするんだけど。(笑)

Oblivion - Original Motion Picture Soundtrack
MP3ダウンロード
1曲ずつ試聴可
Back Lot Music

 

Oblivion
 ジョゼフ・コシンスキー作
ペーパーバック
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『イノセント・ガーデン』 少女... | トップ | 『ファインド・アウト』 ミッシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
オブリビオン (本と映画、ときどき日常)
監督 ジョセフ・コシンスキー 出演 トム・クルーズ     モーガン・フリーマン     オルガ・キュリレンコ 宇宙人との侵略戦争から60年。 勝利したものの人間が地球に住めない環境に。 人々は他の惑星に移住する中、その地球を管理し偵察する男女。 哲学....
「オブリビオン」 独特の感覚、言うなれば滑空感 (はらやんの映画徒然草)
未来は見えないもの。 見えないものであるからこそ、見てみたい。 だから映画は、特
『オブリビオン』 その意味するものは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  TPP、すなわち環太平洋戦略的経済連携協定は2010年代に話題になった言葉だが、それより以前からビジネスパーソンにはTTPが大切だった。  トリンプ・インターナショナル・ジャパンの...
オブリビオン (風に吹かれて)
愛の記憶は消えない公式サイト http://oblivion-movie.jp監督: ジョセフ・コシンスキー  「トロン:レガシー」エイリアン“スカヴ”の侵略を受けた地球は、かろうじて彼らとの戦いに勝