HAYASHI-NO-KO

手前から大喰、中岳、南岳、北穂高、奥穂高、前穂高、西穂 槍ヶ岳からの南望

ウマノスズクサ(馬の鈴草)

2017-07-17 | 茶色

ウマノスズクサの葉を食草としているジャコウアゲハの幼虫を撮った。
ところでこの茂みは残されるのだろうか。
定期的な草刈りのタイミングでは全草刈り取られる。
それが何時の頃かはわからない。
草刈りに合う前に蛹になり羽化すれば良いのだけれどその保証もない。

だからこの画像を撮った時点で見つかった幼虫を取り敢えず避難させた。


開花直後、開口部には毛が目立つ。


時間が経つにつれて毛は少しずつ無くなってゆく。


(2017.07.13 明石川)

どれくらいの株がここに育っているのだろう。
ヨモギやメドハギの他には茎が細くて絡みつけないセイバンモロコシ、シナダレスズメガヤも育っている。
雑多な草が一面に伸びているから、どれだけ広がっているのかは確かめようが無い。

それでも至る所…という感じで蔓を伸ばしている。
道路から堤防の上までは4㍍程度、その法面に広がり続けている。


最初に見つけてからまだ一週間程度だけれど、広がりは大きくなっている。








花期の終わり、花筒の下部の膨らみも少し色が変わって来ている。








点々と見える茶色はコモチナデシコの果実。






ウマノスズクサは、ジャコウアゲハの食草。







奇妙な花筒の中は、花を切り裂かないと見えない。

袋状になった部分の最下段におしべ、その上にめしべ。


長い筒になった部分には下向きの毛が密集している。
これは中に入り込んだ昆虫がすぐには出られない仕組みだと説明されている。


めしべとおしべ




めしべが色づいている。これは受粉した状態だろう。


二つを並べた。


左側の花には、逆向きの毛が殆ど無くなっている。

ウマノスズクサ(馬の鈴草)
ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属 Aristolochia debilis
(2017.07.09 明石川)
--------------------------------------------------------------
ウマノスズクサ アリマウマノスズクサ 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラスビシャク(烏柄杓) | トップ | エノコログサ(狗尾草) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。