HAYASHI-NO-KO

穗高連峰(北穂) 南岳から

モミジバフウ(紅葉葉楓)

2017-05-17 | 樹木 果実・葉

雌花は花粉を受けている。












(2017.05.11 明石西公園)

別の樹の芽生えの頃。
新緑、青空に映える時期はほんの僅かだ。












モミジバフウ(紅葉葉楓)
 フウ(マンサク)科フウ属 Liquidambar styraciflua
(2017.04.22・24 明石西公園・西江井ヶ島)


【再掲画像】 冬芽・葉痕、これは梢にあった主芽。
--------------------------------------------------------------
芽生え モミジバフウ(アメリカフウ) フウ(タイワンフウ)

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマボウシ(山法師、山帽子) | トップ | メキシコマンネングサ(墨西... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
モミジバフウ (こいも)
2017-05-18 00:30:44
林の子さん
4月の桜が満開の頃…
こちらの画像に似ている樹を見ています。
色々調べてみたのですがわかりませんでした。
やっと今…モミジバフウだと理解できました。
とっても嬉しいです。(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)
その頃のものがありますので少し整理をしてみたいと・・・
そんなふうに思えるようなりました。
柔らかそうな美しい葉に囲まれた雌雄のお花が可愛いですね。
冬芽もぴっかぴか~~~葉痕も愛らしく
それでも力強さも感じます。。。


定点観測 (林の子)
2017-05-18 13:33:15
幾つかのフィールドを持つと、定点観測というか観察が出来るので嬉しいです。
特に樹木の場合は、余程じゃなければ動かない。
公園樹や街路樹は時に伐られたりもするでしょうがも花壇の花ほどには酷い扱いは受けないですから。
ここ数年はあちこち出歩けなかったので、その術を学びました。
自転車で10分程度の距離にあるので途中の田んぼに寄り道したり。
こいもさんも河川敷や近くの公園をフィールドになさったようですから、楽しみも少しずつ広がるようで嬉しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。