HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

モミジバフウ(紅葉葉楓)

2017-03-13 | 冬芽・葉痕

ここのモミジバフウは真っ直ぐに伸び上がっているから冬芽は撮れない。
何本かある中では一番大きな果実をつける樹。
樹下には夥しい数の果実。
この雰囲気は、明るい日射しの下でも似合う。
















(2017.03.09 明石西公園)

ここにはユリノキと一緒に何本も育っている。

大樹になっているせいで、果実が四方に転がっている。
枝も上ばかりでは無く、横に広がって中には地面に届きそうな枝まである。
だから冬芽も苦労しない。
今年はここでしっかり花を撮らないといけない。




(2017.02.25 森林植物園)


もう一度、マックロクロスケ…と思ったけれど
大晦日の公園は暖かな日射し、空は青い。
だからと言うわけでは無いけれど
冬芽を撮って引き上げた。
























モミジバフウ(紅葉葉楓)
 フウ(マンサク)科フウ属 Liquidambar styraciflua
(2016.12.31 明石西公園)


--------------------------------------------------------------
今年のモミジバフウ フウ(タイワンフウ) 冬芽・葉痕

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユスラウメ(梅桃・桜桃) | トップ | アラカシ(粗樫) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。