HAYASHI-NO-KO

穗高連峰(北穂) 南岳から

イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹)

2017-05-31 | 樹木 果実・葉

銀杏の出来る雌株。
雌花が少し形を変え始めている。
銀杏の原形が見え始めている。







(2017.05.22  須磨離宮公園)


去年は樹下にかなりの雌花が落ちてしまっていた。
それでも銀杏はたわわに実った。
雌花が多すぎたから、自身で花を落としたのだろうか。
今年も少しは落ちていたけれど殆ど枝に留まっている。
















イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹)
 イチョウ科イチョウ属 Ginkgo biloba
(2017.05.06  須磨離宮公園)


去年の雌花の落下図
--------------------------------------------------------------
今年のイチョウ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオトキワツユクサ(大常盤... | トップ | アセビ(馬酔木) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。