HAYASHI-NO-KO

剱岳八峰越しに後立山のやまなみ

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

2017-03-15 | 【独り言】

何処にでも咲くから、そんな花撮ってどうする…とよく言われる。
酷い名前がつけられたかわいそうな花だ…と言われたりもする。
何が酷いのか知らないけれど。
カタカナ書きしていれば良いモノを、わざわざ漢字で書いたりするからだそうだ。
そうか、そういう余計なことをしなければ良いのだ。
花の名前の意味や故事来歴などを事細かく言わなければ良いのだ。
もう一つ、変な別名をつけて呼ばなければもっと良い。


ごく普通の田んぼの畦、ごく普通にオオイヌノフグリ。

だったけれど、時折水色が混じっている。



幾つかの集まりの中には、水色~白に近い色まで混じっている。
花冠は白っぽいけれど、青色の縦筋が残っているので水色に見える。





「農薬原因説」も多いけど、花だけがこうなるのか…と疑問は解けていない。



ここでは殆どが水色~白色の花冠。



おしべ、めしべもしっかり備わっているし、おしべの葯は濃い青、花粉は白。





確かに、水色より白は花冠全体が小振り。

ほぼ白、だけれどうっすらと青色の縦筋が花冠に残っている。





盛んに花粉を出しているおしべ、葯はオオイヌノフグリの濃青色。



午後、花冠は落ちてめしべだけが残っているものが幾つも見える。



時折、この白に近いオオイヌノフグリを「コゴメイヌノフグリ発見!」などと
報じているページもあるそうだ。
周囲のオオイフノフグリを見れば、色違いだと解る筈だ。


オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
 オオバコ科クワガタソウ属 Veronica persica
(2017.02.26 鳥羽)


これはコゴメイヌノフグリ、葯の色、花冠中心部の色など違いがあるし
第一、葉の作りが全く違っている。
ただこの姿を実際に見ていないと「白いオオイヌノフグリはコゴメイヌノフグリ」になってしまう。

-------------------------------------------------------------
立石 明石公園 明石川河川敷

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジンチョウゲ(沈丁花) | トップ | ジャノメエリカ(クロシベエ... »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。