HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

2017-03-13 | 青色 春

撮りすぎている気もする。












ノハラツメクサの咲く場所、唐熊公園。



(2017.03.09 1玉津町)

田んぼの周りにはオオイヌノフグリ畑。

余程じゃ無ければ、わざわざ周囲の草刈りまでしないから
同じ場所に毎年出て来る雑草は毎年同じだし、増えもせず減りもせず。
刈られたり、枯れたりした草があると強いものがそこを縄張りにするのは自然の摂理。
















(2017.03.06 立石)


花を撮る…と言うよりも、花冠が落ちそうな時間帯に
落ちた後のめしべと萼が閉じてゆくのを撮っている。
今まさに…と言う瞬間を見ているのは愉快だ。

それを至福の時…などと気取っては言うまい。
暇だから出来るだけのことだ…とも言うまい。












花冠が萼片に押し出されようとしている図。





押し出された花冠は横になるか、下向き。
花冠を上向きにしておしべが残っているのを撮りたい…などと、贅沢は言わない。




オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
 オオバコ科クワガタソウ属 Veronica persica
(2017.02.26 林)
-------------------------------------------------------------
明石公園 明石川河川敷

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コゴメイヌノフグリ(小米犬... | トップ | ガマズミ(莢蒾) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。