HAYASHI-NO-KO

立山別山からの劔岳

クズ(葛)

2017-01-03 | 冬芽・葉痕

神戸市と明石市の接するこの辺りは、地図上でも複雑な市境が書かれている。
建物などには住居表示があったり、目立つ川や道路にも表記はある。
それでも田んぼの中に境界線が引かれていたりはしないし
まさか建物に境界線があるとは思わなかった。
ところが地図を広げると県立大学の建物には、しっかりと市境が表記されている。

このクズは、その県立大学の西側に植えられた幾つかの樹木に絡まっている。




























葉が落ちて間の無い葉痕。













クズ(葛)
 クズ科クズ属 Pueraria lobata
(2016.12.31 玉津町



複雑な明石市・神戸市の市境 緑の二点鎖線が市境 
右の明石川は明確だが、北側は旧明石西公園を二分していた。
--------------------------------------------------------------
今年の冬芽・葉痕

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トサミズキ(土佐水木) | トップ | フラサバソウ(ツタバイヌノ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感激 (庭のzassou)
2017-01-04 09:28:10
おはようございます
 こんなお顔に感激です
息子と一緒に覗いて 息子も一緒に感激です
息子って もう33歳なんですけどね
こんなお顔に出会いたい 撮りたいzassouです
ありがとうございます!
嫌われ者…だそうですが。 (林の子)
2017-01-04 17:49:35
蔓で伸び放題になる上に、何処にでもよじ登ってゆくから、嫌われ者のようです。
伸びた蔓ごと切り払われることが多いですから、こんな状態で残されていると思わず笑えます。
ここは殆ど人通りの無い場所だから、毎年この顔が撮れます。
風邪を引き込まない程度に、冬枯れの日でも歩くといいですね。

コメントを投稿

冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。