HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

フウ(楓・タイワンフウ)

2017-03-07 | 冬芽・葉痕

須磨とは違って真っ直ぐではなく四方に枝が伸びている。
本来の樹形かどうか知らないけれど、大樹の風格。
まだ梢にはマックロクロスケがしがみついている。


































フウ(楓・タイワンフウ)
フウ(←マンサク)科フウ属 Liquidambar formosana
フウは台湾楓或いは三角葉楓、アメリカフウは紅葉葉楓と呼び替えている。
(2017.02.28  京都)
--------------------------------------------------------------
須磨のフウ フウ、秋色 モミジバフウ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒマラヤヤマボウシ | トップ | マンサク(満作、金縷梅) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。