HAYASHI-NO-KO

甲斐駒ヶ岳からの中央アルプス

フウ(楓・タイワンフウ)

2017-03-07 | 木本 冬芽・葉痕

須磨とは違って真っ直ぐではなく四方に枝が伸びている。
本来の樹形かどうか知らないけれど、大樹の風格。
まだ梢にはマックロクロスケがしがみついている。


































フウ(楓・タイワンフウ)
フウ(←マンサク)科フウ属 Liquidambar formosana
フウは台湾楓或いは三角葉楓、アメリカフウは紅葉葉楓と呼び替えている。
(2017.02.28  京都)
--------------------------------------------------------------
須磨のフウ フウ、秋色 モミジバフウ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒマラヤヤマボウシ | トップ | マンサク(満作、金縷梅) »

コメントを投稿

木本 冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事