HAYASHI-NO-KO

手前から大喰、中岳、南岳、北穂高、奥穂高、前穂高、西穂 槍ヶ岳からの南望

シロザ(白藜)→ コアカザ(小藜)

2017-06-14 | 緑色

この畑では無いけれど、去年暮れに野菜畑で撮った。
咲き遅れたシロザだったのだろうか。
やはり春の畑では草丈も伸びてしっかりとした花が咲いている。
玉蜀黍畑で咲いている。








下部の広い葉、茎に付く細い葉、花序にも白い粒。
アカザはこの葉につく白い粒が赤いことでアカザと呼ばれる。
赤い粒は若い葉を紫外線から守る目的を持つ…と説明されるのだけれど
いずれ緑に変わるのだろうか。

ホウレンソウ同様に食用に供された時代もあるそうだけれど
今、野菜畑で育っているものは栽培されているものではなく雑草扱い。

白い粒は蓚酸を含むために、大量摂食はよくないそうだ。
水洗いすれば済むのだろうけれど、これをわざわざ収穫する事もあるまい。











コアカザ(小藜)ヒユ(←アカザ)科アカザ属 Chenopodium ficifolium
シロザ(白藜)
 Chenopodium album
 アカザ(藜) Chenopodium album var. centrorubrum

(2017.06.12 松江)
【訂正】 今までこの画像の植物はシロザとしてきたがコアカザと訂正する。
シロザの葉は幅広、花期は夏以降になる。
(2017.07.09)

 
雌性期のコアカザ  秋の果実
--------------------------------------------------------------
暮れのコアカザ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« センダン(栴檀) | トップ | マルバマンネングサ(丸葉万... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。