HAYASHI-NO-KO

劔岳 早月尾根分岐からの南望

トウモロコシ(玉蜀黍)

2017-06-18 | 草 果実・種子

玉蜀黍畑に白藜。
距離は至近だけれど、別の野菜畑。
「唐」から来た「モロコシ(唐黍或いは蜀黍)」だから「唐唐黍(唐蜀黍)」
玉のように実が並んでいる様子から「玉蜀黍」が使われた…と解説されている。
ズラリと並んでいると壮観。
これもイネ科、風媒花。
目立つのは雄花序、花粉を飛ばしやすいように高い位置で咲く。



このおしべの花粉が風に吹かれて飛び交う。











花粉を飛ばし終えると葯は茶色くなるけれど、そのまま雄花序は突っ立っている。

以上が雄花序

以下は雌花序

広い苞葉から髭状のめしべが伸び出している。
この糸状の一本が果実の一つの単位。




落ちてくる花粉をこの糸状のめしべのどこかで受け止める。



果実が出来上がった後も、茶色くなって髭(花柱)は残っている。











トウモロコシ(玉蜀黍)
 
イネ科トウモロコシ属 Zea mays
(2017.06.12 松江)
--------------------------------------------------------------
去年のトウモロコシの花

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハナハマセンブリ(花浜千振) | トップ | ホソムギ(細麦) ネズミムギ... »

コメントを投稿

草 果実・種子」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。