HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹)

2017-04-05 | 冬芽・葉痕

かなりの花が落ちていたのに、いつもと変わりなく銀杏が豊作だった樹。
今年はどうだろうか。
短枝が少しずつ伸び始めているのだろう。








(2017.04.03  須磨離宮公園)

葉が黄色く色づき
銀杏が樹下を埋め
やがて葉も銀杏の全て見えなくなる頃
公孫樹の冬芽がやっと現れる。
何年経っても、毎年ほんの数センチしか伸びない短枝に現れる。


























(2017.02.15  玉津町・明石西公園)










イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹)
 イチョウ科イチョウ属 Ginkgo biloba
(2017.02.03  明石西公園)


銀杏が落ちてしまった頃
--------------------------------------------------------------
冬芽 去年のイチョウ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カツラ(桂) | トップ | アケビ(木通、通草) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。