HAYASHI-NO-KO

穗高連峰(北穂) 南岳から

シロバナマンテマ

2017-05-23 | 白色 春

河川敷ではマンテマは見なくなった。
増えていると思った「交雑」もさほどには広がらず
むしろ桃色のシロバナマンテマが目に付くようになった。


















(2017.05.16 明石川)


西公園の中では、ニワゼキショウ。
シロバナマンテマはポツリポツリだけれど残っている。










(2017.05.11 明石西公園)

公園で一番広がっているのは稲荷廓跡。








(2017.05.04 明石公園)

イタリーマンテマと比較のために撮る。
茎や萼筒の毛の多さがマンテマの特徴だから
イタリーマンテマを見ると少し奇異に感じたものだ。

それでも不思議なモノで一年経って同じ場所に足を運んでいる。
何処にでも咲いているシロバナマンテマも何とはなしに違って見える。








シロバナマンテマ 
ナデシコ科マンテマ属 Silene gallica var. gallica
(2017.05.02 舞子)
--------------------------------------------------------------
シロバナマンテマ(白) シロバナマンテマ(桃) シロバナマンテマ(斑) イタリーマンテマ マンテマ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スダジイ(頭陀椎) | トップ | シロバナマンテマ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。