正々堂々blog

衆議院議員川内博史の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マニフェストに提言!!①子ども手当について!!

2009年07月26日 | Weblog
月2万6千円の子ども手当の支給は、今回の総選挙での民主党の目玉政策です。
有権者の期待も非常に大きいものがあります。
しかし、実は、その財源に所得税の扶養控除・配偶者控除の廃止、という増税が含まれているとすれば、有権者の期待は失望に変わってしまいます。

鳩山政権第1期目の4年間は、国民の生活を第一とする政策の財源は、増税によらず、予算の組みかえとムダの排除で捻出する、ということが大原則です。それを子ども手当だけが、増税を財源(5.3兆円のうち1.5兆円?)とするのは、鳩山新政権の大原則に反します。

したがって①子ども手当の財源から「所得税の扶養控除、配偶者控除を見直し」を削除すべきである。(増税を財源とすべきではない)これが、私の提言の第一となります。

子ども手当の年間5.3兆円の財源は必ず捻出することができます。

私の提言は、来年4月以降の財源は、一般会計+特別会計+政府関係機関の不用額(毎年度生じるフローの埋蔵金)のうち、平成20年度決算分(平成21年8月10日頃公表予定)と平成19年度決算分(13兆1500億円)と、平成21年度以降の決算で生じた、あるいは生じさせた不用額の中から充当する。
今年10月からの半年分、2.65兆円は平成21年度第1次補正予算15兆円の組みかえから捻出する、というものです。

平成19年度決算書では、一般会計で786項(「項」は施策ごとの歳出単位)、特別会計で354項の歳出項目があって、それぞれに不用額が明記されています。この合計1140項の施策を精査して、不用額を積極的につくり出して、それぞれの施策をスリム化していけば、確実に、恒久的な財源を創出することができる、と思います。

私は、現在「ガソリン値下げ隊長」であり「母子加算復活隊長」ですが、「財源発掘隊長」としても頑張りたいと思います!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マニフェストに提言!! | トップ | 解散後、初めての演説会!! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子供手当て (政権交代に期待)
2009-07-27 19:08:01
所得税の扶養控除・配偶者控除の廃止での財源は増税であるから削除すべきとのお考えですが、
子育てに掛かるコストを国民全体で担うのは構わないのでは?
 とにかく、特別会計から歳出の無駄を徹底的に究明する姿勢をみせ、将来への不安を取り除く事ができるのなら、国民は応分の負担(目的消費税?)にも納得できると思います。
こども手当 (shousiminjp)
2009-07-29 12:09:15
 こども手当は賛成ですが、その財源に所得税の扶養控除・配偶者控除の廃止が含まれていないとすれば失望してしまいます。
 この政策は税制の控除を削減して簡素化するなかで経済全体の効率の上昇を図るという意味ではないのですか?
 「こども手当は所得税の扶養控除・配偶者控除の廃止とワンセット」これを強く望みます。 経過処置として一時金で処置を行うことは許容範囲です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。