正々堂々blog

衆議院議員川内博史の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊朝日の記事の誤りを正します!!

2010年03月30日 | Weblog

久しぶりのブログです。

なかなかブログの更新ができず、すみませんでした。

今日は、どうしても書いておかなければならないことがあります。

本日発売の「週刊朝日」に、「普天間問題」について「チーム鳩山」に秘策ありと出ています。

様々なことが書いてありますが、「今回の政府提案のベースになったのは、川内私案とされる。」とあります。

それに続いて、総理が川内に「指示した」とされる言葉まで出ています。

私は、総理から指示を受けていませんし、政府が現在、様々な努力をこの問題にしていることのベースに私達の提言がなっていることも決してありません。

この記事の中で、正しい部分は3月6日に元外務省国際情報局長孫崎享氏と共に首相公邸を訪れ、総理と会い、孫崎氏が、記事の中にある進言をしたことは、事実です。

しかし、「川内私案」については全く違います。

第1に、私と近藤昭一議員が総理に示した案は「川内私案」ではなく、「沖縄等米軍基地問題議員懇談会案」であり、「グアム移設案」を提言していること。

第2に、その他の具体的地名を出していないこと。

第3に、「ローテション展開基地」については、「普天間基地はグアムに移設」を確定させ、「辺野古沿岸建設を中止」した後に日米間で誠実に協議すること。

これ以外にも、日米同盟をさらに深化させるためのいくつかの提案をしています。

原文をぜひ読んでみてください。

  ↓

平成22年3月6日
2010年5月日米両国政府合意案(第1次案)に向けて

沖縄等米軍基地問題議員懇談会
会  長 川内博史
事務局長 近藤昭一


1、グアム協定を維持し、遵守する。

2、SACO合意を改定する。
在沖縄海兵隊の本拠地を、2014年までにグアムに移設する。費用の相当部分は日本政府が負担する。
2014年グアム移転までは普天間基地を、負担軽減の上、使用する。
V-22オスプレイの運用については、日米両国政府で協議する。
辺野古沿岸の基地建設は中止する。
日本政府は、海兵隊のローテーション展開基地を、日本国内に確保するために、米国政府と誠実に協議する。 

3、日米地位協定見直しの協議を開始する。
刑事裁判権について
低空飛行訓練の日本の法令遵守について
134ヶ所の米軍使用基地・施設の整理統合について

4、日米グローバルパートーナーシップの観点から、日米同盟を深化させるために協議を行う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

速報!!「不用額」

2009年08月12日 | Weblog

私が以前から、民主党政策の財源として、最も注目している一般会計+特別会計+政府関係機関の不用額の、平成20年度の金額が判明しました。

 平成20年度は、13兆9608億円、約14兆円です。これは、そのまま来年度予算の財源にすることができる、と私は思います。

この数字は、一昨日の午後5時過ぎに、財務省主計局司計課というところから、私の鹿児島事務所にメールで届きました。

私が、今年の6月頃から財務省に対して、資料請求をしていたので、送ってくれたのです。

 同時に、一般会計と特別会計の項(施策ごとの歳出単位)の数も判明しました。

平成20年度決算では、一般会計980項、特別会計348項、合計1328項です。

 この1328項を精査すれば、来年度からの民主党政策のさらなる財源を捻出することができます。 財源発掘隊長として、全力でがんばります。

★平成20年度における一般会計・特別会計及び政府関係機関の不用額(財務省主計局司計課より)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日からは後半戦!!

2009年08月09日 | Weblog
昨日、午前10時から11時半まで、鹿児島サンロイヤルホテルで、政治評論家森田実先生の時局講演会・川内ひろし後援会総決起集会を行いました。

土曜日の午前中にもかかわらず、1000名余りのご参加をいただいて、会場は満員となりました。本当にありがとうございます。

森田実先生は、選挙は最後の最後まで攻め続けなければならぬ、「攻めて勝つは易く、守りて勝つは難し」、攻めの姿勢をあくまで貫いてほしい、と激励していただきました。

また、民主党の次のリーダーとして、私は川内ひろしさんを推薦する、とも言っていただきました。

もう一人のゲストは、NHK大河ドラマ「篤姫」の作曲家、吉俣良さん(鹿児島出身)、友人です。

「篤姫」のテーマ曲など3曲のピアノ演奏とすてきなスピーチをしていただきした。

私の演説は約30分、全精力を傾けて、お願いとお訴えをしました。

内容は、ぜひビデオ画像をみていただきたいと思います。

選挙戦も、前半戦が終了し、明日からは後半戦です。

命がけでがんばります!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民主党は日本の農林畜水産業を守ります!! 〜自民党のデマに反論する〜

2009年08月04日 | Weblog
自民党が、民主党のマニフェストに「米国との間で自由貿易協定(FTA)を締結し、貿易・投資の自由化を進める。」と書いてあることをとらえて、民主党政権になったら日本農業は壊滅すると、デマ宣伝をしています。

とんでもありません。民主党は、マニフェストで「主要穀物等では完全自給をめざす」、小規模農家も含めて「農畜産物の販売価格と生産費の差額を基本とする『戸別所得補償制度』を販売農家に実施する」、「畜産・酪農業、漁業に対しても、所得補償制度を導入する」「森林管理・環境保全直接支払制度を導入する」と明記しています。

所要予算は1兆4000億円で、民主党は、日本農業を壊滅させるどころか、農・林・畜・水産業の第1次産業を地域経済の中心に据えていくことを宣言しているのです。

これまで、無理な減反政策や場当たり的な補助金で、日本農業と第1次産業を衰退させてきた自民党に、民主党政策を批判する資格はない、と私は思います。

米国とのFTAについては、7月29日、民主党本部は、「FTA交渉においては、農林水産物に関して米など重要な品目の関税を引き下げ・撤廃するとの考えを採るつもりはない。日本の農林漁業・農山漁村を犠牲にする協定の締結はありえないと断言する。」との公式見解を発表しました。

また鹿児島では、民主党の所得補償制度の対象となるのは米、麦、大豆等で、鹿児島の主要農産物である、さとうきび、さつまいも(きび・かんしょ)は含まれていない、というデマ宣伝が行われています。

とんでもありません。民主党の政策集には、「米、麦、大豆等販売価格が生産費を下回る農産物を対象に農業者戸別所得補償制度を導入します」と書いてあり、鹿児島のさとうきび、さつまいもは当然含まれます。

いずれにしても、農業、林業、畜産業、漁業、日本の国民にとって大切な第1次産業をここまで衰退させた張本人は自民党です。自民党が本当に「日本を守る責任力」があるなら、50年間にわたる失敗の連続であった政策の責任をとって退場すべきです。

民主党は、農山漁村を6次産業化(生産・加工・流通までを一体的に担う、1次×2次×3次)し、必ず活性化します。
頑張ります!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チーム川内バージョンアップ!!

2009年08月04日 | Weblog
昨日は、化粧品会社のセールスレディの皆さんに、お訴えとお願いの機会を与えていただきました。今後も、同じ会社の別のグループの方々に、次々と機会をいただけることになり、本当にありがたいことです。

夕方は、6時からみなと大通り公園で、連合鹿児島の1区・2区勝利の合同総決起集会。シャワーのような雨の中、私も、雇用問題を中心にお訴えをさせていただきました。

ボランティアスタッフも続々増えてきて、チーム川内ひろしは、大きな戦力バージョンアップとなり、勇気百倍で頑張ります!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加