kananagaの日記

音楽したり絵を描いたり紙芝居したりするkananagaの暮らし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ことばち紙芝居WS/大井浩明クラヴィコードコンサート

2006-09-03 | 日記
眠い~~~、30分しか寝られず、新幹線にとびのる。ああ、バカ重いスーツケースに、登山用のパンパンのリュックをしょい、肩から小さめのシンセとキーボードをさげて、、、身長150cmのkananagaだから、見た目、かなりいたいけな感じであったことだろう。大荷物なので、車両の一番後ろの通路側の指定席をとろうとしたが、空いてなかった。1本遅らせるわけにもいかず、しかたなく、車両の一番後ろの、3人がけの真ん中をとった。うーん、両側男のひとで、なんかせまい。それにしても、日曜の早朝なのに、新幹線がなんでこんなに混んでるんだ?

大荷物のkananagaは、駅や街がいかにバリアフリーにできていないか、意外と体感することになる。エスカレーターを上りだけ作るのは、弱者じゃないひとがさぼることしかクリアしないなあ、とはいえ、あの荷物で階段を上ったときは、泣きたくなったな、上りエスカレーターも、ばんざい!。でも、お年寄りなら、下りもつらいはずだ、そして、大荷物のkananagaも、つらい(今足ふみ外したら、この荷物と一緒にだんごになって陥落だな、とか思うときがある)。エスカレーターは、ぜひ両方つけてください。あるいはエレベーター。エレベーターは、いいよね。車椅子のひともひとりで気楽に使える(でも、電車にのるときの段差の問題があるか。それに、kananagaは個人的には、エレベーターのあのすぐ逃げられない感が好きではない)。

10時にココルームに到着。大急ぎで、宿題の絵を描く。11時にWS開始。みんなの宿題の絵、かなり面白い。絵を見ながら、台本の中身を検証していく。配役も決まった。WSの残り回数がかなり少ないので、宿題でどんどんやっていかないと、大変だ。しっかし、これは結構大作になったな。。。よし、がんばろう!

ココルームで30分ほど仮眠をとらせてもらい、芦屋へ。今日は、「大井浩明クラヴィコード・リサイタル J.S.バッハ 平均律クラヴィア曲集<第2巻>全曲BWV.870~893」を観に。今kananagaは、大井さんに古楽器フォルテピアノの新作を頼まれている。今日の演奏を聴いて、また新たになんか湧くかもしれん。

しかし、全曲って、、このひとほんとに、ボリューム出すの好きだなあ。贅沢かつマニアック。クラヴィコードの音、すっごい気持ちいい。音を安定させて出すのがものすごく難しいらしい。音が小さいので、ものすごく集中力を要する。なんてこったい!こんな眠い日に、こんなに集中力のいるものを聴くことになってしまうとは!しかも、照明が暗い。タルコフスキー映画を観てるときのような状態。それは、すごい面白いのに、情報が多いので集中力を要し、たまにこときれてかくっといってしまう。でも、たまによ、たまに、ちゃんと聴いたよ。バッハねえ、全部、聴くからにバッハなんだけど、でも、色々な曲書いてるねえ。最初に軽く弾いたクープランのおじさんのクープランの曲も、アンコールで弾いたダングルベールというひと(このひと全然知らん)の曲も、よかった。曲目解説みたいなとこで、大井さんが、平均律と吉本漫才を比較して長々と解説してるのがまたおかしい。

演奏中、大井さんのひじあたりが何回もあがっていたのが印象的。コンテンポラリーダンサーみたい。あとで聞いたら、そうしたほうがちゃんと安定して音がでる、ということがあるので、そうしたりしてるのだそうだ。常に色々研究中。このひとは、あのスピードで、こんなに繊細なことをしてるんだなあ。しかも、理屈じゃない、身体感覚的なほうで繊細さを研ぎ澄ましているところが、なんとも大胆というか、度胸があるというか、自分の関心の赴くところに躊躇ないのが気持ちよいというか、面白いのだ。

コンサート終わっても、大井さんはファンに囲まれ、なかなか声かけられず。待ってる間に受付付近のソファで仮眠。打ち上げで、初めてお会いした方々とも楽しくおしゃべり。古楽(実はkananaga古楽大好き)の話や、kananagaの作曲法について(笑)、盛り上がった。

帰宅、爆睡。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« P-ブロッ10周年記念コンサ... | トップ | 桃太郎練習 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タルコフスキーですか! (Rinko)
2006-09-05 13:12:16
いや~、力強いなぁ~、新幹線荷物編。

お怪我がなくてなによりでした。



ところで、古楽は演奏者が生き生きとした動きで演奏するので(楽器のせいかな?グスタフ・レオンハルトは微動だにしなかったが)見ていて楽しいほどですね。

それにしても、タルコフスキーの映画を見ている感じ・・という比喩には頷いてしまいました☆



桃太郎も行きます。それとコンサートの感想文をリンクしていただきありがとうございました。



まだまだハードな日々が続きますね、ご自愛くださいませ。
そうなんです (kananaga)
2006-09-05 22:49:32
Rinkoさん、こんにちは。

はい、感想文リンクさせていただきました~、こちらこそ、ありがとうございます。



「古楽」と「タルコフスキー」に反応、ですか、ここにもマニアさんが。

kananagaのとりわけうっとりは、前者はオケゲム、後者はサクリファイス、です。



桃太郎、来ていただけるとのこと、嬉しい~!必死でやります!気力でやります!!



荷物は、新幹線では結構気をつかいますわ。夜行バスのほうがむしろ、あの、下のとこにほおりこんじゃうし、気兼ねいらなかったりします。大荷物には年季が入っておりますので、あんまりケガする感じはないです。といって、油断しないようにしたいものですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。