ジョニーの日記

わが家で起こった他愛のないできごと

赤いミニバラさん

2016-05-25 | 
ミニバラは現在6鉢持ってますが、一番古いのがこの赤いのミニバラです。

もう5〜6年位持ってるように思いますが、全然大きくなりません。毎年、きちっと新枝が出るのですが、枯れる枝も必ずあって枝数が全然増えないんです。

お花はとっても小さく、グリーンアイスのお花と同じ位の大きさです。

今だったら絶対買ってなかったと思うのですが、買った当時は『かわいい』と思ったような・・・(笑)

今年は例年になく遅い開花で、今頃咲いてきました。他の薔薇たちと同じ時期に咲いたら完璧に無視されるだろうということを知ってたかのようです。

他の薔薇がひと段落した今、このミニバラの赤い花がグリーンの中で綺麗です。

良い時に咲いてくれてました。

そして、毎年春の花付きがすこぶる悪い『Jb2008』もかろうじて1つ目が開花しました。


                『愛安ローズ 試験品種 Jb2008』

『Jb2008』はミニバラカテゴリーですが、お花も大きく、とても強い香りがします。見た目は木立の薔薇となんら変わりないです。

この明るいピンクの色は私の薔薇の中では貴重な存在だから沢山咲いてほしいのですが、春はブラインドの多い子です。

今年も秋に向かって本領発揮してほしい・・・

花持ちも良くってかわいい子で大好きです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへにほんブログ村













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多肉植物『ダイナモ』

2016-05-24 | 
今日は知り合いのおば様に誘われて、平塚の花菜ガーデンに行ってきました。丁度ローズフェスティバルの期間中ということもあって、素晴らしい薔薇とクレマチスのガーデンを見て回ったのですが、持って行ったカメラがまさかの電池切れ・・・。

ガビ〜〜ン。

ということで写真が一枚もありません。本当に素晴らしかったのですけど…(汗)

入口にはいつもの如く薔薇苗がい〜〜っぱい販売されてました。京成バラ園さんの出店だったかな?

買って帰ってる方も多かったのですが、さすがに私は買いませんでしたよ(当たり前ですね)

なので、今日は薔薇のお話ではなく、多肉さんのお話。

昨日買った多肉さん。

我が家の多肉さんの寄せ植えに参加させようと思ったのですが、参加させてみたらこのかわいらしさが埋もれてしまうような気がして、また引っ張り出し・・・。

単独のブリキの鉢に植え直しました。

じっと見てたら本当に綺麗な色で引き込まれそう。

何度も使ってるこの100均のブリキポット・・・サビも出てイマイチですが、とりあえずこちらで単独栽培ってことにしました。
多肉の名前は『ダイナモ』

脇から出てそうな赤ちゃん芽がもう少し育ったら、寄せ植えメンバーに加えるかな〜。

その寄せ植えの方も昨日ついでに解体してしまい・・・

夜にチマチマと卵の殻にいくつか小さいのを植えこみ、


コチラを参考にして残り糸を取り出し、家の中で吊り下げてみました。

紐の先にビーズをつけたりして、かわい〜♪

家にちょこっとグリーンがあるのって良いものですが、葉っぱものはモナちゃんとフーガちゃんがすぐにかじってしまうので、置けないんです、多肉なら引っこ抜かれないから安心です。

本当はジュート糸でジャムの瓶を吊り下げようと思ってそちらも作ったのですが、瓶に入れる植物が見つからず、ひとまず保留です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへにほんブログ村






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

天使が舞い降りる

2016-05-23 | 
河本ローズの『ガブリエル』は本当に美しい花ですね。

ガブリエルとは大天使のこと。メッセージャーの役割を持つ天使さんです。

アンディーちゃんの1周忌の日に頂いたお花。



フランネルフラワー『天使のウィンク』と一緒に・・・

アンディーちゃんもお家に舞い降りて来たかな。。。なんて思ったりしました。

国バラに一緒に行ったときに買ったF&Gローズの杏ちゃんも2輪添えてくれて・・・なんてかわいいんでしょう。

今日、ベランダで『タマラコルダナ』ちゃんが咲いたので・・・

ご一緒させてもらいました。


タマラさんはミニバラさんながらもなかなかの美人さんですね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへにほんブログ村




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

珍しいお花

2016-05-21 | 

プリボーさんの後ろに紫のお花が沢山咲いてます。

お友達のお家のお庭なのですが、とっても珍しいお花。

先代のお母様が庭に植えられたという『チリアヤメ』という植物。

大正時代?

それが最近になって急激に増えたそうです。『最近の気候がこの植物に合ってきたのかしら?』とお友達。

『咲いたよ〜』とメールをもらった時に丁度行けなくって、昨日行ったらまったく咲いてませんでした。驚きのゼロ(笑)

今朝また『咲いたよ〜』とメールをもらったのでカメラ持参で行ったらあらビックリ!一面に咲いてるではありませんか!!その数、数百輪。


『申し合わせたように咲いたり咲かなかったりするのね』って・・・そんなところも面白いな〜。

三枚の花びらがかわいい。

こんなお花初めて見ました。
1日しか咲かないようで・・・せっかくこんなかわいいお花なのに、残念って感じもしますが、これだけ毎日のように咲けば1つのお花が1日しか咲いてないって分からないですね。

お友達のお家、豪邸ですから写真に撮ったところはほんの一部・・・広いお屋敷のいたるところでこの『チリアヤメ』がグランドカバーのように咲いてて、圧巻でした。


帰りにお友達がハイッて手渡してくれた小さな『チリアヤメ』の株。うわ〜〜とってもうれしい!!だけど、私の家で育てることができるかしら?
早速家に帰って、鉢に植えてみました。

我が家に来てくれた『チリアヤメ』ちゃん。
このお花は明日には見れないけど、また咲いてくれるかな。

根がついてくれるか心配だけど、ダメになったらまたもらおう(な〜んね)

以下が『チリアヤメ』の正式データです。

学名:Herbertia lahue(H. amoena、Alophia amoena)
その他の名前:ハーベルチア

科名 / 属名:アヤメ科 / ヘルベルティア属、アロフィア属

チリアヤメは、芝生の中などで散らばるように点々と可憐な花を咲かせ、小さいながらも鮮やかな濃いブルーの色がよく目立ちます。花は朝開いて夕方にはしぼむ一日花ですが、次々と咲き続けます。草姿が小さいわりに花は大きく、花径は3cmくらい、3枚の丸みのある花弁(外花被)が広がり、プロペラのように見えます。中心部には濃淡の模様が入り、3枚の小さな花弁(内花被)があります。夏の間は休眠していて、秋にひだのある針状の葉が四方に数枚出ます。球根は小さな紡錐形で下方に伸長肥大し、さらにけん引根で引っ張られて地中深くにもぐっていきます。
日本へは大正4〜5年に入ったといわれ、関東地方以西の平野部では野生化している場所もあり、条件がよいとこぼれダネで自然にふえます。



にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへにほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1年が経って・・・

2016-05-20 | アンディーちゃんとお花
昨年の今日はもう少し暖かく、穏やかな五月晴れの一日でした。
アンディーちゃんはこの20日という日を選んで旅立ったかのような気さえしました。ママは20日が好きです。
だから生まれた日がはっきりと分からないジョニーとモナちゃん、アンディーちゃんの誕生日はみんな20日です。はっきり分かってるフーガは4月20日生まれ・・・何かのご縁を感じたりしたものです。

アンディーちゃんが亡くなった時に頂いたフランネルフラワー『天使のウィンク』はとても大事に育てました。つぼみを持ったのはもう1ヵ月も前だったかと思うのですが、ゆっくりゆっくりと成長し、この日に合わせたかのように綺麗に咲き揃いました。

今日だけはアンディーちゃんお写真の横に置きました。


ママが作ったアンディーちゃんの隣の席。


お花がここまで開くのにとっても時間がかかりますが、全体的にフランネルフラワーって成長がとってもゆっくりなのですね。

そこがまたいいところなのかも。

モフモフのお花が大好きですが、フランネルフラワーは過去に2度ばかりアッという間に枯らしてしまい、もう買うのを控えてました。

なので、この『天使のウィンク』が育ってくれたのは奇跡みたい。

かわいくってかわいくって・・・。
これからもずっと大切に育てて毎年アンディーちゃんの命日に咲いてほしいなと思うのです。

ママが羊毛で作ったアンディーちゃんのお腹の中にはアンディーちゃんの骨が入ってます。だから、アンディーちゃんのことが無性に恋しいときはこのアンディーちゃんをぎゅっと抱きしめます。動かないけど、そこにアンディーちゃんがいるようで少し落ち着くのです。


今日は沢山お花を頂き、お花大好きなアンディーちゃんはご満悦だと思います。この日を覚えていてくださって・・・本当にありがとうございます。

ママはエルパソ5輪持ってアンディーちゃんのお墓に行ってきました。

アンディーちゃんのかわいい写真を探してみました。

甘えん坊過ぎて、一人で虹の橋を渡れないんじゃないかと心配したのですけど、1年前の今日、『アンディーちゃん、一人で行ける?』って聞いたら唯一動く手をチョイチョイと動かして返事してくれましたから、立派に一人で渡って行ったのだと思います。

ママの知らないところで、アンディーちゃんは案外と立派な男の子に成長してたみたいで・・・。

いつまでも赤ちゃんだと思ってたのはママだけかも・・・ね。

ジョニーとくっついて寝てる姿も想い出の一枚です。


保護した時に、必ず幸せにするって誓ったのに、6歳までしか生かせてあげられずに・・・本当に本当にごめんねっていつもそう思うのです。

もっとずっと一緒に居たかった。神様はいじわるだねとも思いました。

1年経ってもまだアンディーちゃんの死を完全に乗り越えられてないママですが、今日は一人でメソメソしなくていいように、nohantさんとアポロママさんが遊びに来てくれました。楽しくお話ししてるママをアンディーちゃんはきっと喜んで見てくれてたと思うのです。

だから、これからも前向きに頑張ろう。きっとアンディーちゃんもそれを望んでると思うから。。。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへにほんブログ村














コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

姫フウロソウとミニバラ『テューティー フリューティー』

2016-05-19 | 
2年前に頂いた姫フウロソウ。昨年初めて咲いてとても嬉しかったのですが、あまり沢山咲かない内に終わってしまいました。

あまり日の当たらない場所に置いてることが原因でしょうね。
でも、今年は昨年とは違って毎日ボツボツ咲いてくれて可愛い小さなお花を楽しませてくれるのでなんだかうれしいです。

1日で潔く散ってしまうところがちょっと残念ですが・・・

沢山咲けばそれでもいいかなって思えます。

お庭があったらグランドカバーみたいな存在になるのかな〜。

ベランダだから限られたおよそ20兒擁の場所で頑張って咲いてくれてます。お日様の光を求めて、お花の背が伸びてます。本当はもっと低い位置で咲くみたい。

ピンクの小花ってとってもかわいい・・・。最近は朝起きてベランダに出るとまずこの姫フウロソウを見て、『今日は何個咲いてるかな〜??』って確認するようになりました。

木立の薔薇はそろそろ終わりっぽくなってきたのでばっさりみんな切ってあっちこっちの花瓶に活けたりしてますが・・・


ミニバラは今からの子が多いです。
『テューティーフリューティー』も少しずつ開花してきました。
ミニバラって薔薇の中では育てるのが難しいって言いますが、確かに難しいように感じます。

突然枯れちゃったりすることもあって、全然安心できません。

それに、何年も持ってるのにどれも株が大きくならず花数もたいして増えません。

日当たりの良い場所に置いてあげられないからかも・・・ですが。

この『テューティーフリューティー』は3年目。

今年はお花が大きくてとてもかわいく咲いてくれてます。でも、花数は昨年の方が多かったような・・・。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへにほんブログ村







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1年半ぶりの再会

2016-05-18 | シャンティーとプリボー
1年半前、3か月齢のイタグレさんの里親探しをしました。

懐かしい思い出です。

里親になって下さってから初めて会いました。日比谷公園の松本楼の前でって。

シャンティーは後ろ左足の調子が今ひとつなのでもう日比谷公園まで歩いて行くのは無理。なのでプリボーさんと行きました。プリボーはまったく寄り道もせずにひたすらテクテクと歩いてくれます。早歩きで目的地を目指して歩くこと1時間15分。

着きました〜松本楼。


そして会えました〜Nico&Sunny。

すっかりレディーになったサニーちゃんに感動。

                 『ワタチノコト?』
そして美しくハンサムなニコさんにも感動。

               『トビキリハンサム ナ ボク♪』

プリボーさんは覚えてるのかな〜。サニーちゃんが我が家に居た時に遊んだこと。

                『オボエテマスヨ。ウマレテハジメテ イヌトアソビマシタカラ』

プリボーさんは相変わらず近寄ってこられると怯えてましたけど、一緒に歩いてる内に少し距離も縮まって・・・

どうにか一緒に写真も撮れるくらいにまでなりました。

ヨカッタ・ヨカッタ♪

赤ちゃんの頃からハイパーガールだったサニーちゃんですが、そこのところは今も健在みたい。
でも、ママの指示もきちっと聞けるお利口さんに成長してました。

他のワンちゃんよりほんの少し回り道をしたけど、しっかり幸せをつかんだサニーちゃん。


今日私はこんなものを持って行きました。
石粉粘土で作ったNico&Sunny


お顔が2僂らいのとっても小さなイタグレさん・・・脚もとっても細くってやすりをかけると何度も折れそうになってハラハラしながら作りました。こんな小さなイタグレさんを作ったのは初めてだったのですが、作れるかどうかやってみたかったのです。作れて良かった…(笑)

実際に会って思ったことは、2匹とも小さい。細い。
プリボーさんばかり見てるとどんなイタグレさんも小さく見えるのですが、それにしても細くて小さくて・・・。
サニーちゃんは3か月の頃は案外と大きくて、こりゃ、プリボーさんレベルだな・・・なんて勝手に思って親近感が沸いたりしてましたけど、途中で成長がピタッと止まったようで。それは良かったことです(笑)


なので粘土のサニーちゃんよりも実際のサニーちゃんの方が細いと思います。

そしてニコさんも実際の方が細いわ〜と。

まあ・・・色々難ありかと思いますけど、再会記念として・・・ねっ。

でも、この小さなイタグレさんを作ってみたらとっても楽しかったからこのサイズで色々なイタグレさんを作ってみたくなりました。10匹作ろう・・・なんて無謀な計画を。今1匹目で悪戦苦闘しております(汗)

今日は、とても楽しい1日でした・・・ルンルン・・・
またいつか会いたいな〜と思いながらお別れしたのでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへにほんブログ村






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美しい『絆』さん

2016-05-17 | 
他のバラたちに少し遅れながらも『絆』さんが可愛くなってきました。
今年はイマイチかな〜と思ってましたが、太い枝の方の房咲きはまあまあの大きさになってます。

私は香りを表現するのが得意じゃないけど、我が家に来た人はみんな絆の香りが一番好きだと言います。

上の子も同じく、『絆』の香りが一番って。優しい甘い香りがするのです。

とても美しく、そして可愛く、性格も素直で良い薔薇だと思います。私のベランダでも良く咲いてくれるし、一番細い枝にもお花を付けるし、花持ちも良いし・・・悪いところが全くない優秀な子です。

黄色っぽく咲く時と、ベージュっぽく咲く時と、サーモンピンクっぽく咲く時と…一株で色々な表情を見せてくれるところも魅力的。立派に咲くとロゼットで、夏はダリアっぽくかわいらしく咲きます。

3年前に新苗でお迎えしました。最近はよく房で咲いてくれるようになり、成長したな〜と感無量です♪


先日行った『国際バラとガーデニングショウ』でも『絆』のブースがあって苗を売ってました。切りバラの方はちょっと元気なかったかな・・・。

東日本大震災のチャリティーローズっていうのもありますが、とっても良い薔薇だから沢山の方に育ててもらいたいな〜と思うのですが、他の大きな店舗の盛りだくさんな薔薇苗にちょっと押され気味? 地味に売ってたので、どれくらいアピールできていたかな・・・と心配になりました。余計な心配だったかも・・・ですが。


私もアポロママさんも大事に育てている『絆』さんなので、この薔薇が一人でも多くの人に愛される薔薇になってほしいねっていう思いは一緒です。


絆のホームページはこちら

正式データは以下です。


絆/KIZUNA



【作出国/作出者/作出年】
フランス/ドミニク マサド/2012


【系統】
中輪房咲き(フロリバンダ)


【樹高(m)】
0.8-1.2m


【花弁数】
90-120枚


【花径(cm)】
8-10cm


【開き方】
蕾は割れてくると3割開花までは
通常のフロリバンダタイプ。
それから次第にロゼットが巻き込む


【形状】
カップアンドクォーターロゼット


【花期】
四季咲き


【特性】
耐病性あり


【香り】
(露地)蜂蜜フルーティーからアニス
そして柑橘系の残香へ
(温室)アニスそして柑橘系


交配親のひとつはVersigny(ヴェルシーニ)




にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへにほんブログ村













コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

切り花として・・・そしてベリーのタルト

2016-05-16 | お花とお菓子
今年1種類増えて、ベランダで育てている薔薇はミニバラの6種類を合わせると18種類です。株が大きくなってくるのは嬉しいけど、みんなにお日様の光を当ててあげたい、風通しを良くしてあげたい・・・と考えるとかなり限界を感じます。『これ以上増やそうと思ったら引っ越すしかないかな・・・』なんてパパに言ってみたら、笑ってごまかされました。枯れたら買えるかしらとも思うけど、どれもかわいい子ばかりだから枯れてほしくないし…(笑)

『幸せな悩みだね』ってパパに笑われてます。

本当に今年は幸せかもしれません。昨年の今頃のことを思い出すと、涙が止まらなくなります。20日が近付いてくると特に苦しくなります。昨年はアンディーちゃん一色でしたから。他の子たちには申し訳なかったほどアンディーちゃん、アンディーちゃんでした。そして私の唯一の癒しがベランダのお花だったのです。

今年は大きな心配事もなくこうしてベランダのお花を楽しめること・・・本当に幸せです。アンディーちゃんを失ったことは今でも辛く悲しいことですが、天国に行ったことで苦しみから解放されたと思ったら少しだけ穏やかな気持ちになれます。


いつもベランダのお花の中に座ってたアンディーちゃん。

こんな写真を見てはまた泣いてるママです。。。

今日は久々にベリーのタルトを焼きました。

昨日ふと抹茶のカスタートを作りたくなって、タルト台を焼いて抹茶のカスタードを作ってべりーを飾ってみたのですが、別に抹茶じゃなくて普通のカスタードで良かったかなって思いました。


そろそろベランダの薔薇も終わりかけになってきたので、どんどん切って花瓶にいけることに・・・。

フォエバーローズの『エルパソ』も今日3つ切ってきました。
花持ち抜群で、いつまでもずっと咲いてくれるのですが、さすがに株が弱りそうですから・・・。
それにしても大きなお花で年々大きくなります。これ以上はならないと思いますが(笑)『しずく』さんもとても花持ちが良いのですが、さすがに10日以上になると少々痛んできます。そんなお花をカットして一緒に活けました。ここまでなっても良い香りがする『しずく』さんです。

そして昨日切った『リベルラ』は『あおい』ちゃんと。

切った時にはかわいいシベが見えてたのですが、この後真ん中が閉じてシベが見えなくなり全体がフリフリになりました。

何とも愛らしい薔薇です。

『あおい』ちゃんと同じ位の大きさですが、本来はもう少し大きく咲くみたいですね。次のお花がまた楽しみです♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへにほんブログ村












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山紫陽花『瀬戸の夕紅』と国バラで買った『リベルラ』

2016-05-15 | 
先日行った国バラでも山紫陽花のブースがあり、かなりの人ごみでした。山紫陽花も少しずつ人気が出てきてるのかな。
西洋の紫陽花に比べたらとても地味ですけど、小型でやさしい雰囲気の山紫陽花が大好きです。お花がない時期に何度も水切れさせてしまい、ヘロヘロになりながらもよく頑張ってくれた我が家の山紫陽花たち。

『祖谷てまり』は少し早咲きでもうすぐ終わっちゃうかなって時期ですが、『瀬戸の夕紅』はようやく咲き始めました。

昨年よりも少しだけ花数も増え、細い枝を思いっきり伸ばしてお日様の光を求めてるみたい。

外側のがくが色づいてきて、つぶつぶのお花ももうすぐ咲きそうです。

風が吹くと涼しげに揺れてます。

ミニバラ『グリーンアイス』も少しずつ花数を増やしてきました。

思いっきり枝垂れてるので、下の方で咲いてるお花が多いです。

白の小さなお花はベランダの景色の中によく溶け込んでどのお花とも相性は抜群。春からずっとひっきりなしに咲いてくれて無くてはならない存在です。

国バラで買った『リベルラ』が開いてきました。

こんな小さなお花なのに、とても良い香りがします。

F&Gローズだからきっと花持ちも良いんじゃないかな〜と思いますが、新苗の赤ちゃんだからそろそろお花を切りましょうか。

あとは部屋の中の花瓶で楽しむことにします。

色は私の薔薇の中で見ると『ラブリーブルー』→『リベルラ』→『キスミーブルー』→『あおい』って感じで赤紫度が増します。オチビさんの苗がこれからどんな風に育つかとても楽しみです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへにほんブログ村






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加