風の数え方

私の身の回りのちょっとした出来事

リハビリ散歩

2016年04月09日 | 清水ともゑ帳
手術によって左足は治ったけれど、もう一方の右足はまだ痛いまま。
左足は運動して筋肉をつけていったほうが良く、右足は悪化させないために安静にしておきたい状況。
そんな中途半端な状態で家にいると鬱々してしまうので、天気もいいし思い切って外へ出ることに。

2本のストックをついて、ノルディックウォーキングのように歩く。
自分の足で外を歩くのは、初詣で以来、約3ヵ月ぶり。

入院中のリハビリでは、80メートルの廊下を2往復はするように、と言われていたけれど、
右足が痛くて、1往復するのがやっとだった。

自宅付近を一周して戻ってきたら、近所の神社の桜が目に飛び込んで来た。



暖かい陽気や花に誘われ、なんとか500メートルほど歩けた。
しばらくは晴れの日が続きそうだから、少しずつ距離を伸ばしていこうっと。



この記事をはてなブックマークに追加

新生活

2016年04月05日 | 人工股関節置換手術
3週間の入院を終え、無事退院しました。
両股関節とも軟骨がなくなってしまい、骨がつぶれたような状態だったので、
人工関節置換手術をすることになり、今回は左足を手術しました。

新生活が始まるこの時期、私も片足だけ生まれ変わり、新しい生活のスタートとなりました。
術後に一番気をつけなければならないのは「脱臼」。
そのために制限される行動(活動)は思いのほか多くて。

正座など畳での生活は基本的にダメで、椅子を用いる洋式スタイルに。
前に屈んだり、しゃがんだりしてはいけない。
お風呂では浴槽に浸かってはいけなくて、今後は介護用椅子に腰かけてシャワーのみ(冬はつらい
自転車は転倒防止のためダメ……などなど。

手術さえ終われば、以前と変わらない生活ができると思い込んでいた私にとっては、意気消沈することばかり
でも入院前、あまりの痛みに、産まれたての仔鹿や仔馬のようにヨロヨロワナワナしながら、
杖をついて前屈みで歩いていたことを思えば、
片足だけでも痛みから解放されたことはやっぱり良かったのかもしれません。


(病室からの風景 : 山の色が日に日に明るく春めいていき、まさしく「山笑う」の景色でした)

数ヵ月先には、もう一方の右足の手術が。
いまの生活でできることを探しつつ、また工夫しつつ、過ごしていこうと思います。



この記事をはてなブックマークに追加

私も作ってみました

2016年03月08日 | 食日記
近ごろ「悪魔のトースト」が話題なのだとか。
食パンにスライスチーズをのせ、そこに上白糖をかけ、トーストするというもの。

パン好きの私としては、足の痛みを押してでも ぜひ自分で作ってみたい。
…で、今朝、試してみました。



うちにあったチーズは、とろけるタイプのスライスチーズだったので、それを使ったけど、
とろけるものでもそうでなくてもどちらでもいいのだそう。
チーズがいい感じにプツプツ焼けてきたら、OKなのかな。

うーん、なるほど、チーズのコクが増すような。
そして、ほどよい甘味。かけた砂糖の量ほどのくどさはない。

私の想像が大きく膨らみすぎていたのか、衝撃的なおいしさというわけではなかったけれど、
明日もまた食べたくなってしまう。
そんなふうにくせになるおいしさが「悪魔のトースト」なのかも。
急激に上がりそうな血糖値やら、カロリーやら、とっても気になるけど……。



この記事をはてなブックマークに追加

介護用の…

2016年03月02日 | 人工股関節置換手術
病院から渡された持ち物リストに沿って、入院の準備を少しずつ始めているけれど、
その中に、「股にゆとりのある下着(創部にあたるため)」とあり、
さて、どんなものがいいのかと困ってしまった。

友人知人に人工股関節の手術経験のある人はいないので、ネットで検索してみた。
ある女性の記述に、男性が履くトランクスに工夫を凝らしたというのがあった。
手術する側の足、たとえば左足だったら、トランクスの左サイドの糸をほどいて裂き、そこにマジックテープを付けるというもの。

そうしておくと、傷口のガーゼの取り換えのとき簡単なのだとか。
私も作ろう、と思ったけれど、いまの状態では大変そう。
そこで、さらにネットで検索してみたところ、良さそうなものがあり、通販でオーダーした。

それが、この↓紳士用の介護パンツ。



私の場合、両足の手術になるので、両サイドがマジックテープで取り外しができるのはちょうどいい。
円い部分がマジックテープが取り付けられているところ。



紳士物なので緩いけれど、持ち物リストに書かれている、
「創部にあたらないゆとりのある下着」という条件には合っていそう。



この記事をはてなブックマークに追加

ソックスエイド

2016年02月28日 | 人工股関節置換手術
「紙兎ロペ」のようなこれ↓



ひと月ほど前、夫が作ってくれた、いまの私の生活に欠かせないもの。



素材は景品でもらった、犬が食事するときなど食器の下に敷くもの。
何枚かもらったものの、ずっと使っていなかったので、そのうちの1枚で作成。
文具の下敷きのように、ほどよい弾力がありながら、ものはしっかりしている。

どんなふうに使うかというと、用意したソックスに、



筒状にして差し込む。



大きくカットされたくぼみに踵(かかと)を合わせ、足先を入れる。
そして、紐をゆっくり引くと、ソックスがうまく履ける。
「ソックスエイド」という名前だとか。
ネットで検索すると型紙がダウンロードできるそうだ。
下敷きにそれを合わせ、切り取り、140センチほどの紐をつけた。

夫がこれを作ったときは、私の股関節周りもまだいくらか可動域があったから、
人工関節の手術が済んでから使えばいいと思っていたけれど、
それから2週間も経たないうちに症状が進んでしまい、いまでは一人でソックスも履けない。
なので、ソックスエイドはとても助かっている。



この記事をはてなブックマークに追加