新古今和歌集の部屋

新古今和歌集と源氏物語歌他です。
家の引っ越しをするので、携帯から見られるサイトが必要となりましたので、開設しました。

源氏物語と新古今和歌集 あはと見て 明石

2017-06-21 06:58:00 | 源氏物語和歌

明石

 京よりも、うちしきたる御とぶらひども、たゆみなくおほかり。のどやかなる夕月夜に、うみのうへくもりなくみえわたれるも、すみなれ給し故郷の池水思ひまがへられ給に、いはむかたなくこひしきこと、いづかたとなくゆくゑなき心ちし給て、たゞめのまへにみやらるゝはあはぢしま成けり、あはとはるかになど給て、

あはとみるあはぢのしまのあはれさへのこるくまなくすめるよの月

ひさしうてふれ給はぬきむをふくろよりとりいで給て、はかなくかきならし給へる御さまを、みたてまつる人もやすからず哀にかなしうおもひあへり。


松風

中におひたる。とうちずんじ給ふついでに、かのあわぢしまをおぼしいでゝ、みつねが、ところからか。とおぼめきけむことなどの給ひいでたるに、ものあはれなるゑいなきどもあるべし。

めぐりきててにとるばかりさやけきやあはぢのしまのあはとみし


第十六 雜歌上
題しらず        凡河内躬恒
淡路にてあはとはるかに見し月の近きこよひはところがらかも
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 源氏物語と新古今和歌集 桜... | トップ | 源氏物語と新古今和歌集 萌... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

源氏物語和歌」カテゴリの最新記事