新古今和歌集の部屋

新古今和歌集と源氏物語歌他です。
家の引っ越しをするので、携帯から見られるサイトが必要となりましたので、開設しました。

源氏物語と新古今和歌集 萌え出る春 蓬生

2017-06-21 12:21:00 | 源氏物語和歌

蓬生

 いまはかぎりなりけり、としごろあらぬさまなる御さまを、かなしういみじきことを思ひながらも、もえいづるはるにあひ給はなむとねじわたりつれど、たびしかはらなどまでよろこびおもふなる御くらゐあらたまりなどするを、よそにのみきくべきなりけり、かなしかりしおりのうれはしさは、たゞわが身ひとつのためになれるとおぼえし、かひなきよかな、と心くだけてつらくかなしければ、人しれずねをのみなき給ふ。



第一   春歌上
題しらず 志貴皇子
岩そそぐたるひの上のさ蕨の萌えいづる春になりにけるかな
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 源氏物語と新古今和歌集 あ... | トップ | 源氏物語と新古今和歌集 端... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

源氏物語和歌」カテゴリの最新記事