新古今和歌集の部屋

新古今和歌集と源氏物語歌他です。
家の引っ越しをするので、携帯から見られるサイトが必要となりましたので、開設しました。

源氏物語と新古今和歌集 桜かざしし 須磨

2017-06-20 21:56:00 | 源氏物語和歌

須磨

すまには、としかへりて日ながくつれ/ヾなるに、うへしわか木のさくらほのかにさきそめて、空のけしきうらゝかなるに、よろづの事おぼしいでられて、うちなき給ふおりおほかり。二月廿日あまり、いにしとし、京をわかれし時、心ぐるしかりし人々の御ありさまなどいと恋しく、南殿のさくらさかりになりぬらん、ひとゝせの花の宴に、院の御けしき、うちのうへのいときよらになまめいて、わがつくれるくをずじ給ひしも、おもひいできこえ給。

いつとなく大宮人のこひしきにさくらかざしゝけふもきにけり


第ニ 春歌下
題しらず          山部赤人
ももしきの大宮人はいとまあれ櫻かざして今日もくらしつ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 源氏物語と新古今和歌集 関... | トップ | 源氏物語と新古今和歌集 あ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

源氏物語和歌」カテゴリの最新記事