セレヤの山の下で

静岡県内の小さな旅、植物などを紹介しています。

三つ峠 二度目の山登り

2016年08月27日 | 自然観察


ご報告が遅くなりました
8月13日
山梨県の三つ峠に登ってきました
目的は「植物観察」です



三つ峠(みつとうげ)は
山梨県都留市、西桂町、富士河口湖町の
境界に山です
峠ではないんですよ

開運山(1785m)、御巣鷹山(1775m)、木無山(1732m)の
3つの頂上の総称です



登山道は広くなっています
山頂近くにある山荘に
物資を運ぶ車両が通るためです



けっこうきつい上り坂

♪自分の重さを感じながら
♪坂道を登る~



何かを見つけました
ソバナです



山荘への道は二岐に



下では晴れていたのに
霧が出てきてしまいました

10時頃登りはじめ
昼食休憩をとって
ここで13時30分です





様々な植物が観察できました

ソバナ、コウシュウヤマハッカ、テンニンソウ、タマアジサイ、ハナイカダ
レンゲショウマ、ヨツバヒヨドリ、ホソバヒヨドリ、ハエドクソウ、ノブキ
タマガワホトトイス、ウスユキソウ、トモエシオガマ、マツムシソウ、フウチソウ
ヤハズハハコ、ヤマハハコ、ワレモコウ、ツリガネニンジン、コウリンカ
などなど70種を越えました





※三つ峠の由来

三つのピーク「開運山」「御巣鷹山」「木無山」を「ミツドッケ(三つの突起)」と呼んでいた
水が豊富な山なので「水峠」から
などと言われています
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

望星丸(ぼうせいまる)/東海大学海洋調査研修船

2016年08月21日 | その他

8月7日
海自護衛艦「やまぎり」とともに一般公開されていた
望星丸(ぼうせいまる)
東海大学の海洋調査研修船だそうです







ブリッジから前方を見たら
「こいのぼり」ならぬ「魚のぼり」が泳いでました

望星丸は海洋実験、実習や
海外研修公開及び親善公開など国際交流
各種団体の委託研究
青少年のための洋上教室など
幅広い活動を展開している


パンフレットに書いてありました





その様々な研究や実験を紹介しています





これは
深海の海水を採取する装置





カップ麺の容器を使った
水圧実験?





乗組員さん



※望星丸
全長  87.98m
総トン数  1777トン
航海速力  15.00ノット
乗員定数  190名
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自衛隊装備

2016年08月18日 | その他

清水港まつりで
護衛艦「やまぎり」と一緒に展示されていました



やまぎり甲板より


高機動車



人員輸送や物資輸送など多用途に利用可能な
高い機動力と積載能力を持つ車輛
普通科隊員一個班(10名)の輸送や
火砲、トレーラーなどの牽引にも使用され
本車両をベースとした、重迫撃砲牽引車や
中距離多目的誘導弾など、派生型も多数存在している
(紹介看板より)



軽装甲機動車






車体にスコップがはりついてます

隊員の防護力と機動力を向上させる目的で開発された装輪装甲車
装甲車としては比較的計量に造られており、高い機動力を持つ
陸上自衛隊でもっとも生産されている装輪装甲車でもある
(紹介看板より)



ペトリオット発射機







ペトリオットは、地上から航空機を撃墜するミサイル
「ペトリオット」は、現存する地対空誘導弾のなかでは
最も優れたシステムといわれている
多機能フエーズド・アレイ・レーダーやTVM誘導方式の採用
さらにコンピュータの大幅な活用によって各種機能の自動化
迅速化、高精度化が図られている
超低高度から高高度にいたる複数目標に対し
同時に対処可能であり、高い撃墜能力を有している

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海上自衛隊 護衛艦やまぎり

2016年08月14日 | その他

8月7日
清水港まつりのイベントで
海上自衛隊のミサイル護衛艦「やまぎり」が
清水港で一般公開されました












艦載の武器
使用する日がこないといいですね


艦対艦ミサイル


水上魚雷発射管


艦対空誘導弾装置


練習用ミサイルが・・・・



これ、何だと思いますか?



※やまぎり
基準排水量  3500t
全 長  137.0m
全 幅  14.6m
速 力  30Knots
乗 員  200名

主要装備
・76mm単装速射砲
・アスロックランチャー
・高性能20mm機関砲
・チャフ・ロケット発射機
・3連装単魚雷発射管
・対艦ミサイル装置
・対空ミサイル装置
・哨戒ヘリコプター



最後の写真
岸壁など船が着岸するところでよく見る
タイヤと同じ役目をするものだそうです
名前をうかがったのですが
忘れてしまいました
御存知の方、教えてくださいませ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

上下水道フェア2016~おいしい水をあなたに、きれいな水を自然に~

2016年08月05日 | 旅、ウォーキング

8月5日
8月1日から7日までの「水の週間」に合わせて
「上下水道フェア2016~おいしい水をあなたに、きれいな水を自然に~」が
静岡市の青葉シンボルロードで開催されました








子どもから大人まで楽しみながら学べる体験型ブースが
いくつも出ていましたが
主役はやはり子供ですね

















様々な「蛇口」
すべて市販されているのだそうです




マンホールの蓋
今、マンホールの蓋がひそかなブームだとか
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

三保の松原の松

2016年07月31日 | 自然観察

富士山が世界遺産になって
少し有名になった
三保の松原

日本三大松原になっているようですが
その松原の松は
少しばかり危機的状況とか



松原の中の遊歩道

松に元気がないような



地面がこんもり上がって
根が出てますよね
こういう状態の松がいいのだそうです



でも中には根が出ていない松もあります
根が出ていない松は弱いとか



中央にあるこんな松がいい状態なのだそうです
でも
周囲の松には根が出ていませんね



おまけ
三代目「羽衣の松」



ちょっと海から遠いかな?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨と真夏の花

2016年07月09日 | 植物

7月2日に
麻機遊水地の一角に
梅雨と真夏の花が並んで咲いていました


梅雨の花
タチアオイ







アオイ科タチアオイ属の1~2年草
地中海沿岸小アジア原産で
平安時代以前に中国経由で日本に入ってきました
平安時代には「唐葵」と呼ばれ
タチアオイと呼ばれるようになったのは
江戸時代といわれています

花言葉は
「大望」「野心」「豊かな実り」など

静岡市の市花です




真夏の花
ヒマワリ







キク科ヒマワリ属の一年草です
北アメリカ原産で
17世紀に日本に入ってきたと言われています
種を食用や油をとるため利用されていました

花言葉は
「私はあなただけを見つめる」
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

麻機遊水地 第三工区

2016年07月05日 | 自然観察

前回ご紹介した第一工区と
県立こども病院を挟んだ反対側の位置にあります

最初は葦や蒲が繁茂する沼地でした

1974年(昭和49)
七夕豪雨と言われる水害が静岡、清水を襲いました
巴川(ちびまる子ちゃんで有名)が氾濫し
多大な被害が出ました

この被害を教訓にして
多目的遊水地へと整備されました




野鳥が多く飛来し
バードウォッチングで有名です
観察小屋も造られています
向こうに見える茶色の建物が県立こども病院です






沼地を貫く道




白い蓮の花
この蓮は管理されているようでした




東屋もできています






ミズアオイはまだでした
葉が丸い方がミズアオイです
大きな3つに分かれた葉はオモダカです




※七夕豪雨
1974年7月6日から7月8日にかけて
九州から関東、29都府県に被害をもたらした
台風8号
最低気圧  945hpa
最大風速  40m/s

静岡市の7月7日から8日、24時間の雨量は508mmを記録
死者  27名
全壊、流出家屋  32戸
床上浸水  11,981戸

この台風は「七夕台風」と呼ばれることもありますが
静岡市では特に「七夕豪雨」と呼んでいます

この日、静岡県では県知事選挙の投票日だったとか
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

麻機遊水地 第一工区

2016年07月03日 | 自然観察

静岡市の麻機に
巴川治水を兼ねた湿原があります

一般的に麻機遊水地、麻機湿原などと呼ばれています

将来的には公園にする計画があり
第一から第五まで工区分されています

その内の
第一工区のご紹介です



将来図


(カッコの付いた数字は私が入れました)


こんな湿原が


(2)の場所で撮影

体験農園、芝生広場、森、駐車場などになるようです
自然の小川はそのまま残されるようですね



(5)の場所で撮影

散歩に利用する人も多いようです




(1)の場所で撮影

オオオニバスが咲く池
まだ早かったようです


(1)の場所で撮影

観察する人たち


(3)の場所で撮影

近くにあった蓮池
かつてはレンコンを収穫した畑だったようです
後継者不足で放置されている所もおおいようです


(4)の場所で撮影

ここにもハスが
あまり増えすぎないといいですね



次回は第三工区をご紹介しようと思います
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

富士市 赤どぶ池のハス

2016年06月26日 | 自然観察

富士市の浮島ヶ原自然公園のほど近く
ヘラブナなどが釣れる
浮島沼つり場公園「めがね池」の横に

「赤どぶ池」があります
こちらの池では釣りはできません

この池は「ハスの花」で有名になりました

でも
そのハスの花が
池にはびこり
貴重なトンボの繁殖を妨害しているようです



これは昨年の写真
池全面にハスが繁茂しています




そして
同じ場所から撮った
今年の池の様子です




一部のハスが刈り取られていました

ハスは美しい花ですが
ほどほどがトンボやほかの水棲生物のためにはいいようですね



今年のハスの花の写真です
まだつぼみが多かったです






トンボも飛んでいましたが
数が少なく
止まってくれないので
写真が撮れませんでした

なので
昨年8月に同じ池で撮った
トンボの写真です



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加