セレヤの山の下で

静岡県内の小さな旅、植物などを紹介しています。

再現・朝鮮通信使/静岡市清水区興津

2016年11月16日 | その他

2016年10月23日
朝鮮王朝が江戸時代に日本に送った外交使節「朝鮮通信使」
その行列が再現されました

興津には「清見寺」という古刹があります
そのお寺が朝鮮通信使の定宿でした

通信使編成は
正使・副使・書状官のほかに
輸送係、医師、通訳、軍官、楽隊
旗手、銃手、料理人、馬術師、馬の世話係
贈物係、旅行用品係、画家、水夫など
470人から500人にのぼり
これに対馬藩からの案内や警護1500人ほどが加わりました

23日の再現では
120名ほどが参加しました
韓国の釜山芸術団とジョンシンヘ舞踊団も加わっていました



行列の先頭です



楽師たち








そして
使節の列が続きます







国書が入った籠
かなり重かったようです








子供たちが可愛いですね



かなり遅れての報告ですみません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR東海、静岡鉄道 初コラボ/さわやかウォーキング<118>その2

2016年11月14日 | JR東海 さわやかウォーキング
「世界お茶まつり2016」と「静岡鉄道長沼車庫」を訪ねて
その2回目です


前回、行く手にあった門はイノシシなどの動物の侵入を防ぐためのものでした
自分で開けて・・・・自動で閉まります

その門の先にあったのは



静岡の街の風景
柿の実が赤くなっていました


自然の中の道をしばらく歩き
出てきたところは



日本平動物園の駐車場入り口の向かいでした


町中の道を歩きグランシップへ向かいます
グランシップは「文化創造と交流の拠点」として
静岡県が設置する県立複合文化施設です

この日は「世界お茶まつり」が開催されていました



向こうの建物がグランシップです



なんか・・・やってました




東静岡駅北側の広場では
「めぐるりアート(現代アート展覧会)展」が開催されていました
赤いオブジェは人の形をした椅子です
貨車の中にアートがありました


そして
静岡鉄道長沼車庫へ





しずてつ電車まつりなどでおなじみとなりました



デワ1は朝の雨のためか、車庫の中でした
いつもは外に展示されるのですが
デワ1は大正15年に製造された有蓋電動貨車です
まだ動くんだそうですよ




地元民にとっては不思議な光景
静鉄の車輛の向こうにJR東海のテント・・・・




しょーもない駄ジャレ?
各駅停車ならぬ各駅停茶です
中は抹茶入り煎茶(茶葉)です


今回配られたバッジです



JR東海のバッジはJR、静鉄、遠鉄の車輛のデザインですね
静鉄のバッジは上の「各駅停茶」についてきました



お茶まつりの様子は改めてご紹介したいと思います
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR東海、静岡鉄道 初コラボ/さわやかウォーキング<118>その1

2016年11月13日 | JR東海 さわやかウォーキング
2016年10月30日
静鉄初めてのさわやかウォーキング、これは参加しなくては、と参加しました。
またまた遅れてのご報告です、すみません。

「世界お茶まつり2016」と「静岡鉄道長沼車庫」を訪ねて

約12km 約3時間のコースです。
静岡鉄道狐ヶ崎駅聖一国師堂やぶきた原樹舞台芸術公園グランシップ(世界お茶まつり2016会場)東静岡駅北口(「めぐるりアート(現代アート展覧会)展」会場静岡鉄道長沼車庫
私は8時30分、狐ヶ崎駅を出発し、長沼車庫にゴールしたのは11時40分でした。
最初は「やぶきた原樹」と「舞台芸術公園」の間に「静岡県立美術館(徳川の平和展)」が入っていて、割引券も付いていたのですが
コース上に「蜂の巣」が発見されたため、急きょコースから外されてしまいました。




狐ヶ崎駅ホーム
もっと多くの人が降りるかな、と思いましたがそうでもありませんでした
JRの車輛が通り過ぎます
参加者ものっているのかな?




狐ヶ崎駅駅舎
受け付けはこの中にありました
もう出発した方も多かったようです

朝は小雨が降っていましたが時々わずかに薄日が差す天候になっていました




道路の向こうに見えるのが
聖一国師堂



聖一国師(1202~1280)は現在の静岡市内に生まれ
中国から持ち帰ったお茶の実を静岡市の足久保に植え
これが静岡茶のはじまりとなり
「静岡茶の始祖」として知られています
また
京都五山の一つ東福寺の開祖で
僧侶としての最高位「国師」の号を日本で最初に贈られた高僧です




しばらく県道407号を静岡方面へ進みます




県立美術館方向へ
やぶきたというお茶の母樹の手前を曲がります
まっすぐ行くと県立美術館となるのですが
その先?蜂の巣があった、ということでコースが変更になりました




秋の気配がただようのどかな田園風景の中を歩きます




舞台芸術公園入口です
地面に落ちているのは栗のイガ
この先、急登が待っていました





静岡県舞台芸術公園は
日本平北麓にあって東京ドーム4倍ほどの広さの場所に
本部棟、野外劇場、屋内ホール、稽古場
研修交流宿泊棟等が点在する
静岡県舞台芸術センターの施設です




そこをぬけて
日本平を下って行きます




あら?
門が閉まっています
コースはまっすぐなようですが




続きます
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いつもの町のちょっと違った風景/さわやかウォーキング<117>

2016年11月06日 | JR東海 さわやかウォーキング
2016年10月23日
一年ぶりのさわやかウォーキング参加です。
またまた遅れてのご報告です、すみません。

「海王丸」一般公開と清水港興津フェア

約10km 約3時間のコースです。
清水駅フェルケール博物館(有料)日の出埠頭(海王丸一般公開)坐魚荘清見寺興津国際交流センター(清水港興津フェア会場)興津駅
私は8時30分、清水駅を出発し、興津駅にゴールしたのは11時55分でした。




スタートの清水駅8時半スタートのはずなのに
すでに多くの方が出発していました




清水税務署の前
車椅子での参加の方がいらっしゃいました
お一人のようです
コースに段差がなければいいのですが




巴川沿いの道
静岡鉄道の新型車両と出会いました
ケタ下1.8m、近くのJRのケタ下は1.6m
タクシーのぼんぼりがスレスレの高さです(JR)




フェルケール博物館
清水港を中心とした、港の博物館です
歴史資料、海事資料、船舶関連品、港湾作業道具
などの展示のほか
缶詰記念館があります

でも
ここへ到着したのは9時、開館は9時半で
まだ開いてませんでした




日の出埠頭の海王丸
船内が一般公開されていましたが
今回はパスしました




正面に見えるのは
テルファークレーン(木材積込用クレーン)
昭和3年国鉄清水港線清水港駅に
木材を貨物に積み込む荷役機械としてつくられ
従来は一日かけて1貨物車に積み込んでいたものが
わずか48分ですむようになり費用も3分の1になりました
昭和46年に使用停止になりました

左手は
エスパルスドリームプラザ
開店前でした
仕事帰りにほぼ毎日利用してます




清水駅の前を通って
さらに先に進みます




バイパスを通って行きます
見えるものは埠頭や倉庫
あとはパチンコ店やホームセンター
普段は歩く人はほとんどいないような通りです




坐漁荘に到着
明治の元老、西園寺公望が大正8年に老後を過ごす別荘として建てました
建物のすぐ近くまで海が迫り
部屋に座って釣りができる
それが「坐漁荘」の名前の由来です
今の海岸線は遥か遠くです

現在の建物は再建されたもので
現物は明治村に移築されています




清見寺
奈良時代建立の古刹で
徳川家康が幼いころここで学問を学んだこともあるそうです
江戸時代には朝鮮から江戸幕府への使者朝鮮通信使の定宿となっていました

このあと
清水港興津フェアにいきましたが
市内、韓国、港湾関係などのブースがあってすごい人出で
いい写真が撮れませんでした


興津駅へ向かって歩いてくと



朝鮮通信使を再現した行列に出会いました
楽団や女性の踊り子なども加わり、賑やかです
国書の籠や正使を乗せた籠などもいました




興津駅に到着です




坐漁荘の写真や
10月30日のさわやかウォーキング(静鉄とのコラボ開催)もありますが
いつご報告できるか・・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子猫たち・・・・・お詫びとお願い

2016年10月16日 | 動物

静岡市清水区内の某所
夢中で遊んでいる
ニャンコ三兄弟を見かけました

母親猫も近くにいました








最近更新やコメントの返事
訪問、コメントができていません


職場でちょっといろいろありまして・・・・

ある人が9月いっぱいで退職したのですが
その人がいなくなったら

ある非常識な人が
権利もないのにしゃしゃり出てきて
職場をひっかきまわしています

いままでは体力的に疲れていたのですが
それに精神的な疲労も加わってしまっています

立ち直るまで
時間を下さいませ



※しゃしゃり出るとは
その場に相応しくない人や部外者が自身の分をわきまえずに 出しゃばること
「俗語辞典」より
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

あさひテレビ祭り

2016年10月02日 | 旅、ウォーキング

10月になってしまいましたね
また遅れてのご報告です

9月25日
静岡市青葉シンボルロードで
静岡のテレビ局「朝日テレビ」主催の
「あさひテレビ祭り」と「ラーメンフェスタ」が開催されました


今回は
あさひテレビ祭りをご紹介




朝9時30分過ぎ
人影はまばらです





愛知県から観光大使(?)が来ていました





愛知県の離島、面白そうです
行ってみたいと思いました




テレビ局とスイーツ店とのコラボスイーツ

今年はパンとブッセでした







パンは抹茶入りのパイ生地に大きな栗とつぶあん
ブッセはイチゴクリーム


そして
朝日テレビの夕方の情報番組「とびっきり静岡」の
人気コーナー「とびっきり食堂」から三店舗が出店
メニューはどれも一食700円でした




熟成豚肉ダイニング HAM(ハム)
メニューは
★炭火焼熟成豚肉のにく!肉!!三昧!!!
★伊藤屋コッペパンのコロコロ熟成豚肉サンド




レストランくろしぇっと
メニューは
★スペイン産栗豚の特性デミグラスソースやわらか煮込み
★福田港のこだわり新鮮釜揚げしらすと
 豊田のとれたてフルーツトマトのパスタ~磐田の恵み~




MISHIMA TERRACE(ミシマテラス)
メニューは
★テラス風そば粉のガレット

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

しずてつ電車まつり

2016年09月25日 | 旅、ウォーキング

ご報告が遅れ気味ですみません

9月17日「しずてつ電車まつり」に行って来ました
18日にも開催されたのですが
天気予報が「雨」のため
すごい人出で入場するまでに30分ほどかかってしまいました







受付を済ませて
食べ物、飲み物を売る店が並んでいます
新型車両が見えていますね

そして




3階から会場を望みます





ちびまる子ちゃんのラッピング電車です
車内アナウンスも
ちびまる子ちゃんの声なんですよ







今回は
屋内展示もあり

ジオラマ




新幹線の上を静鉄の古いデザインの車輛が走っています



戦前の桜橋駅の時刻、運賃表です

そのレプリカが↓こちら






しずてつジャストラインのバスもありました
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

掛川花鳥園の鳥たち<3>

2016年09月22日 | 動物


掛川花鳥園の鳥たちのご紹介
今回が最後です



イワシャコ
キジ科イワシャコ属
ユーラシア大陸の高地に生息
草原、半砂漠、山岳地などに生息

片足で立ってますね
まん丸なフォルムが人気だそうです





リビングストーンエボシドリ
エボシドリ科エボシドリ属
東アフリカに生息
下の写真のギニアエボシドリに似ていますが
冠羽の先が白くなっています






ハイイロエボシドリ&ギニアエボシドリ
グレーの鳥がハイイロエボシドリ
エボシドリ科エボシドリ属
アフリカ東部の乾燥したサバンナに生息
緑の鳥がギニアエボシドリ(既出)






迫力のある鋭い目をしています
ハシビロコウ
ペリカン目ハシビロコウ科
アフリカのタンザニアにある湿地帯
大型の鳥類で、頭頂までの高さは110-140センチメートル
動かない鳥として有名です






クロツラヘラサギ
トキ科ヘラサギ属
東アジア、日本の九州以南で越冬
干潟、河口などに生息





シロクジャク
キジ科クジャク属
インドクジャクの白変種
アルビノではありません
インドとその周辺の森の開けたところに生息
神聖な鳥として保護されています






メンフクロウ
メンフクロウ科メンフクロウ属
南北アメリカ、アフリカ、ヨーロッパ、東南アジア、オーストラリア







シロトキ
トキ科シロトキ属
北アメリカ南部から南アメリカ北部
海岸や川岸のマングローブ林に生息







ショウジョウトキ
トキ科シロトキ属
南アメリカの北部の沿岸部
海岸や川岸のマングローブ林に生息







オウギバト
ハト科カンムリバト属
ニューギニア北部
木々の茂った森林地帯に生息






コクチョウ
カモ科ハクチョウ属
オーストラリアに生息する固有種
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

掛川花鳥園の鳥たち<2>

2016年09月17日 | 動物

前回に引き続き
鳥たちの紹介です





カンムリカラカラ
タカ目ハヤブサ属
赤道以南の南米、草原や農地などに生息します






ギニアエボシドリ
エボシドリ科エボシドリ属
アフリカの乾燥した草原、森などに生息






ナナイロメキシコインコ
インコ科クサビオインコ属
ブラジル東部の森林、草原に生息
掛川花鳥園では非常に人に慣れていて
肩や頭に乗ってきます
集団で群れ飛ぶ姿は綺麗です






クジャクバト
カワラバトから品種改良された観賞用のハト
16世紀以前にインドで作出されたと推定されています






ワカケホンセイインコ
オウム目インコ科
北緯20度以南のインド、スリランカの森林、サバンナなどに生息
緑の中にいると背景と同化して見つけにくいです
世界各地でペットとして飼われ
野生化する現象が起き日本でも野生化しています







キンケイ
キジ目キジ科
中国南西部からチベット、ミャンマー北部の
標高900~1100mの山地に生息







アフリカレンカク
チドリ目レンカク科
サハラ砂漠より南のアフリカの
沼地や池、流れのゆるやかな川など淡水の水辺に生息






キムネチュウハシ
オオハシ科チュウハシ属
南米コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム等に生息






ハイイロコクジャク
キジ科コクジャク属
中国南部~インド北東部、東南アジアに生息



ごめんなさい
続きます
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

掛川花鳥園の鳥たち<1>

2016年09月14日 | 動物

静岡県掛川市にある
掛川花鳥園

そこでみかけた鳥たちをご紹介します
たくさんいますので
これは一回目です



ハリーポッターでおなじみ
白フクロウ
これは女の子です




ワライカワセミ
向かって右がオスの「ラフ」
左がメスの「ララ」




メンフクロウ
珍しい黒いタイプ「ロンド」




オオフクロウ
オオとついていますが
中型のフクロウ「くるみ」



眠ってる?


オニオオハシ
原産南アメリカ




ムギワラトキ
原産オーストラリア



後ろにいるのは
オオフラミンゴ、クロエリセイタカシギ、クロトキ


エミュー



コメント
この記事をはてなブックマークに追加