バージニア労働者

ほとんどワーカホリック!?
だけど仕事するってそんなに悪くない。
北バージニア在住の一介の労働者のつぶやき

記念日はご多忙

2017年05月22日 | 猫の話

今日は月曜日。


朝から私めっちゃ忙しい日なんだ。


ブログで何回も言ってるからご存知の方たくさんいらっしゃると思うが、月曜日は5時半出勤で


私は金曜日を含めた週末のセールスのデータ(ただ売れた数だけではなく売った保険の内容、どこのロケーション(部署)が売ったのか、


どう売ったのか(電話vsネット)、始まりから終わりまで売るのにかかった時間etc.)を分析しまくり、


8時までにそのレポートを完成して提出し、それが終わったらまた他の要望が待っていて、たいてい昼近くまではノンストップだ。


やっと自分の時間が持ててホッとしたときにデミ嬢と飲むスタバのコーヒーの美味しいことと言ったらあなた。


今日はね、フリちゃんの年に2回ある健康診断があったから残業なんてしたくなかったの。


だから大急ぎで仕事終わらせました。




フリちゃんは今回も、申し訳ないぐらい簡単に捕獲され(ミディを捕獲するのが最大級の難関だったのに)


それでもケージの中では文句を言い(彼女は助けてほしいときにはとても美しく可愛い声で叫びます)、


病院に着いたらケージの端っこでこれ以上は小さくなれませんってほどコンパクトになってた。





いや、これでも精いっぱいのコンパクトぶりなんですけどね。


待合室に大きな犬がいて、フリちゃん連れた私が入るなり、ものすごく怯え始めたの。犬が。


飼い主の男の人が、『もしかして猫連れてる?』て言うからそうだと答えると、


「僕の犬、大きいくせに猫がすごく怖くて、たぶん匂いで猫ってわかるんだと思う。すごく今怖がっていてパニックになってる!」


と慌てていたわ。私もフリちゃんもそういうところダブルビッチなので、


そんなん知るかみたいな態度だったけど、その犬、よっぽど猫にひどい目遭わされたみたいで


なんか飼い主さんにも「静かにしろよ!」って怒られててなんか可哀そうだったけど、フリちゃんがぶすーっとしていて


それがなんか対照的で笑えた。犬、ごめんな。


診察室に通されて壁をふと見て気が付いた。





おや。この写真、知ってるのがある。


ミディじゃん!





ミディが旅立ったときにお世話になったJ先生に、カードとミディの写真を送ったんだった。


それにしても黒猫とオレンジ色って合うよな。


フリちゃんは、血ぃ抜かれたり、口の中&耳の中ぐりぐりされたり、さすがのふりちゃんも『カーッ!カーッ!』って怒っていたけど


それでも彼女は程度を知っているのか、とても可愛いレベルで終わりました。


家に一目散で戻ってきて、くつろいでいました。





やっぱりお家が一番良いよね。お疲れさま。


あ。フリちゃんはデブあること以外はとくに問題のない猫のようです。


あと2キロぐらい痩せましょうと言われました( ̄∇ ̄;)


センセー、たぶん無理ですぅ(小声)




そして今日は私とハニバニの本当の結婚記念日。25年目になりました。


3月にディズニーに行ったときに、ざっとお祝いしたので本当の記念日の今日はお互いにお礼を言って終わりです。


うちら、最高のチームだよね?って言って、何年経ってもやっぱり一緒にいてオモロイね!って言って、


なんか疲れた月曜日のはずなのに、幸せな一日でした。


Happy Anniversary, Honey Bunny! You are so lucky to have me for so looonnngg!!! LOL
No, actually I'm the lucky one. Thank you very much for everything you've done for me my love.
Love you so much today (hehe):)


************
フリちゃんはこれから少しメタボリック用のエサになります。

ブログランキングに参加しています。クリックしといてくれると嬉しいです!

↓  ↓  ↓

いつもありがとう。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり猫が嫌い

2017年05月20日 | アメリカ生活

こないだ同僚と猫の話をした。


彼は今でこそ犬を飼っているが、かつては猫をずっと飼っていたと言う。


なぜ猫ではなくて犬を飼うようになったのか聞いてみると、


当時付き合っていたガールフレンド(現在の彼の妻)が犬好きで、どうしても犬!ではないとヤダ


ということでそうなったらしい。


実はハニバニもどちらかというと犬派であったが、私のイチオシの猫!の熱意に負けて猫を飼い始めてから


今ではすっかり猫のファンになってしまった。


なんだかんだで男というものは女の言いなりになってしまう傾向にあるのか。


その同僚に、猫という存在が彼の生活から消えてしまったことをどう思うのか聞くと彼はこう答えた。


「犬と生活してみて思ったけど、犬のがずっといい。やっぱり猫は嫌いかも。」


彼が犬と比べて猫がヤダと思う理由はこうだ。


・いくら呼んでも気が向かなかったら来てくれない。





・遊んでくれない。





・悪さをしても全く反省の色を見せない。






面白いのは、私を含めて世の猫好きにとってはそういうことも猫の魅力だと思っていること。



私はやっぱり猫が好きだ。




************

犬のあの活発さについていけないという事実もある。



ブログランキングに参加しています。クリックしといてくれると嬉しいです!
↓  ↓  ↓

いつもありがとう。













コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

素敵な悪口

2017年05月15日 | お仕事

いやー。なんか職場でいろいろありすぎてどう始めればいいのか。


まず、我ながら恥ずかしい出来事を。


先々週だったかのことである。


仕事が今やたら忙しく、私は常日頃の不満が溜まりに溜まっていた。「私は」というかもう職場全体が不満の塊のよう。


で、長い話をコンパクトにすると、その不満をあえてカジュアルに伝えようと主任のブラッドに話しかけた。


確か金曜日の朝だった。


金曜日ってなんか素敵。仕事する普通の日なんだけど、週末が顔を覗かせてるってだけでウキウキするじゃん?


そんな素敵な金曜日の朝。


私はあくまでカジュアルにアプローチしたつもりだったのだが、


開いた口はパーティークラッカー🎉ではなく溶岩たっぷりの火山🌋だったのである。


この世には自分がいかにもクールで感情に流されないできた女を売りにする女が多いが、


私は自分で言うのもなんだが、非常に感情的になりやすく、


良く言えばわかりやすい、悪く言えば怒らせると非常に面倒くさいタイプの女である。


不満が溶岩となってどんどん湧いて出る。自分でも『わーーーー。』てなった。


しかし私は大人の女。しかも会社だ。言葉を選びつつ、ブラッドを責め立てた。


一緒にいたデミ嬢も、私とブラッドの顔を、テニスの試合を見に来た応援席の観客みたいに左右交互に見入っていた。


ブラッドの顔を見ながら話をしてると、なんかもっとムカついてきて、これ以上話すと泣きそうになった。


ほらね、キャンキャン言いながら結局泣きそうになるのが典型的なドラマクィーンなんだよね。


で、結局、うー。もういい。やめた。もう話したくない。終わり!


て言って、言い出しっぺの私が勝手に話を打ち切った。


立ち去ろうとしたときにブラッドが『後でまた話したくなったら僕のキューブにいつでもおいで。』って言ってくれて


なんかちょっとその時にめっちゃ自己嫌悪したんだよね。あーあ。


その後も火山は噴火こそしなかったが溶岩がぐつぐつってなっていて、もう誰とも口を聞きたくないって思っていたんだが


お昼にデミ嬢とチーズバーガー食べに行ったときに「ごめん。なんかカジュアルなつもりが思い切り険悪になってしまって


火山が爆発してしもうた。溶岩流れたらもう戻れんかった。」と謝ったらなんと彼女が


「でもあの時の火山は爆発して良かったかも知れない。言うべきことはちゃんと伝えられたでしょう?


もし私が切れてたら、それこそ下痢みたいに流出して大変だったかも。」


と言い、二人で大笑いした。下痢て。


それからはデミ嬢が私や他の同僚の分までブラッドの悪口を言ってくれ、そしてその終わりに


『はい。悪口はこれで言い切ったよね。楽になったでしょう?ブラッドもやっぱりいろいろ大変なんだよ。』


って言ってくれた。


私は『他人の悪口なんて私は一切言いません!』っていうスガスガシイ友達よりも、


悪口言いたいときに一緒になって言ってくれて、その悪口の止め方をちゃんと心得ている友達のが好きだ。


悪口も終わり良ければ確かに後味が悪くない。


私、結構感情的な分、ケロリとするのも割と早く、やたら気分がすっきりしたので午後になってからブラッドのキューブに行って


何か言い過ぎたよごめんねと言ったらブラッドは『うん。話ならいつでも聞くから。』と意外にも笑顔だった。


つーか、ケイエスは言いたいだけ言ったらあとはケロリとしているっていうことを知っているのか?


仕事の不満は未だ消滅せず、見通しがない部分が多いが、わかったことは私がどれだけ恵まれた職場にいるかということだった。


キャンキャン吠えても、うんうんと静かに聞いてくれる上司がいて、一緒に悪口も言ってくれる友人もいる。


さらには、その悪口もあまり醜くならない程度に言ってくれる。


それだけでなんか気分がとても良くなり、嫌なレポートもそんなに難しくないかも?とか思えてきた。


でもやっぱり忙しいけどね。


真面目にこつこつ、頑張ります。



************

ハニバニが撮ったフリちゃんは



珍しくお口が開いていた。お口がピンクで可愛い♪



ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!

↓  ↓  ↓

いつもありがとう。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春が落ちてた

2017年05月06日 | アメリカ生活

今朝車を出そうとガレージを開けたら、外にこんなもの落ちてた。



黒いタール塗りのドライブウェイにティファニーブルーの色が映える。

これはもしかして!


(写真:借り物)

アメリカンロビンの卵です。

生長するとこんなんなります。



春が来ると家の周り、この鳥がたくさん来るんだけどね

フリちゃん情報によると

(フリちゃん情報:春先になるとフリちゃんがドア横の窓辺から離れなくなるの。ロビンが家の正面のどこかに巣を構えているらしく
頻繁にやって来るので。)

今年もロビンさんが巣作りに来てたらしいのだけど、ついにその卵が孵化したか。

以前、攻撃されて孵化できなかった卵が落ちていたこともあったので、このすっからかんな卵の殻を見るからに





ヒナはちゃんと孵化できたと想像したい。

フリちゃんは今も毎朝ドア横の窓辺に居座っているので、親ロビンがヒナにエサを与えに来ているのかも知れない。

それにしても猫って鳥が好きだな。

フリちゃん、おチビさんがちゃんと飛べるようになるといいねえ。





こういううっとり顔で外を見てるんだが、ドアを開けるとビビッてリビングにこもるフリちゃんなのです。





************
仕事の忙しさに付け込んでブログをサボる日々が続いています。
ごめんね!!



ブログランキングに参加しています。
↓  ↓  ↓

いつもありがとう。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フリちゃんの誕生日です

2017年04月24日 | 猫の話

本日、4月24日はフリちゃんのお誕生日。

彼女、12歳になりました。





真剣な眼差ししてますが、私の足を見つめているだけです。





何をそんな真剣に。


今日はめでたいので、あなたの大好きな鶏のササミを茹でましたの。


気に入ってくれるよね。









おお、素晴らしい食べっぷり。





あんまり熱い視線をこちらが送るもので、彼女もチラチラと熱い視線を送り返してくるのです。


...迷惑そうな視線でしたけれども。



フリちゃん、前にいたアメショのペプシの記録を超えたよ。

これからの目標はミディだね。

16歳。

是非とも超えよう。

記録は更新するために存在するのだから!!!


いや、ほんとにね。


穏やかに、健やかに、楽しい生活をこれからも一緒に続けようね。



************
フリちゃんがうちに来てからもう12年!
どうりで年をとったわけだ。飼い主がねww


ブログランキングに参加しています。
↓  ↓  ↓

いつもありがとう。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

一生懸命BunBun♬

2017年04月23日 | アメリカ生活

今年も家の前のツツジが見事に咲いてね、

こないだの金曜日、その鮮やかさにうっとりしてたんだ。

そしたら不意に『ブンブン』っていう羽の音にびっくりして、うわーってなったら

黄色いジャケット来たミツバチがね、その花の蜜を吸いにやってきてたん。

これ。すごく可愛いから閲覧注意じゃないよ。




(写真は借り物)


Bumblebeeっつって、普通のミツバチよりもちょっと小太りで、性格が温厚で、

こっちが刺激しない限りは積極的に人間を攻撃することがない蜂。

黄色いモフモフのジャケットがもう可愛くてさー。





で、ツツジの花ってこうラッパみたいになってて、底に蜜が溜まってるもんだから

そのミツバチ、頭からこうガバッと体全体突っ込んでさ

それ見てたら、自然に顔がにやけるのよ。

可愛いなあ。

欲しい蜜を得るために、一生懸命花に体を突っ込んでた。

一つの花の蜜を吸い終えたらまた別の花に移動しててね。

「あ、この花にはもう蜜がない。」

「あ、この花にはまだ蜜がある。ラッキー!」

みたいに毎日うちに来てるのかなと想像してみたら、なんかすごく嬉しくなった。

季節ものだから、心行くまで蜜を味わいなさいねと、そのミツバチを静かに見守ろうと思った。


一生懸命、生きてるのだなって思った。


私もまた今週、頑張ろっと。




************
最近なんか暗いニュース多くないですか。
気が滅入るのでざっくりタイトルだけ把握してあんまり考えないようにしています。



ブログランキングに参加しています。
↓  ↓  ↓

いつもありがとう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今回もまた

2017年04月14日 | 猫の話

フロリダから戻ったその足ですぐにフリちゃんを迎えに行く。

『日本に帰国したときよりもずっと日数が短いから大丈夫!フリちゃん怒ってないよ!』

と言ってみたところで猫さまに時間の経過などというものなどなく、

最高の笑顔で迎えに行っても

自分を置いて行った飼い主がバツの悪そうな薄ら笑いを表面上繕ってただ戻ってきただけでしかなく、

今回もまたフリちゃんはとーーーーーーっても機嫌が悪かった。

まあ、そうなるわな。




彼女のお城に戻って来るやいなや真っ先に窓辺の太陽でくつろいでいたが



飼い主: 『フリちゃん、寂しかったよぉぉぉ...』←まさに猫なで声



フリちゃん: 『むーーーーー。うざっ。』



完全に避けらたもんね( ;∀;)シクシク


(この写真デミ嬢に見せたら、「この子は機嫌が悪いと頭が膨らむの?」って聞いてきた。)




だけどフリちゃんって単純だから時間が経つとあっさりと『何に腹を立ててたんだっけ?』となり

元のきゃわいいフリちゃんに戻るのだった。

かわいいのぅ。



こっちに戻ってからも気持ちがまだフロリダにあって、

何度も向こうのお天気やらパーク内のアトラクションの待ち時間やらちらちら見てたりしたけど

ケイエスは大人です。気持ちを入れ替えて仕事しなければ。

そして仕事してお給料もらってまたディズニーワールドに戻ろう。



生きる糧というのは(なんとまた大袈裟な)割と小さなところに生まれるのだなと思ったり。



みなさま良い週末を!



************
花粉が舞ってます。花粉症ではないけど車が汚いまま。花粉の季節はやく終わらないかな。

ブログランキングに参加しています。
↓  ↓  ↓

いつもありがとう。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Disney World Vacation 4日目(最終日)

2017年04月03日 | Vacation (NonJapan)

楽しかったディズニーワールドバケーションも今日が最終日。


最高に楽しまないとね!!!


と、思ったけどなんとその日、大きな後悔(しかも2つも)に見舞われる。


その後悔は後ほど、立て続けに訪れるので乞うご期待。




ところでエプコットに来たことがある人なら見たことがあると思うが、

入り口近辺にLEGACY WALLというものがある。





この壁、よく見ると壁一面が金属プレートに移された写真なんですね。


こういう感じ(写真は借り物)。





これ、ずいぶん前に来た時にうちらもやってね、何年に撮ったのか忘れたけど是非見て帰ろう!ということになって


最寄りのキオスクに自分らの写真がある壁を教えてもらいに行ったのよ。


名前で簡単に探し出せてね、すぐにわかったんだけど、そこのお姉さんが


『わかりやすくカラーの写真も引き出せますけど、見て見ます?』と言うからそれは見て見たい!となり


(だって今まで見たことなかった)画面を見てみて唖然とした。


私の歯、まだ歯列矯正する前のガチャガチャなままで、それを見るなりハニバニも思わず


『Your teeth (君の歯)!!!』と叫び、


お店のお客の視線を独り占め( ̄∇ ̄;)。






見たい?






これが   こうなるとは 


やっぱり歯並び、直して良かったなーと、自分のあの時の決断に間違いはなかったのだなと再確認。


ちなみに最初の写真は2001年に撮影されたものだったわ。



気を取り直して、お昼前に小腹がすいたので美味しそうなマカデミアナッツ&チョコレートチップクッキーを食べた。





どこで買ったんだっけ。


ノルウェーだったかな。


食前に食べる甘い物は美味しいよね!って思ったけど


っていうこの考えが後の後悔へとつながるんですよ。

お昼はWinnie the Poohのキャラクターダイニングで予約してたの。


ここはビュッフェスタイルのダイニングです。





出だしはこんな感じだけど後からこってりをたくさん食べたわ。


Winnie the Poohのキャラクターと写真がバッチリ撮れます。



うふふふ。めっちゃ楽しかった。


SoloPinさんが『ケイエスさんとディズニーのキャラクターってすごく意外なんだけど』って言ってたけど


キャラクターっていうよりも私こういう着ぐるみのキャラクターにめっぽう弱い。


ほれ、イーヨーと写ってる私なんてもう完全にお互いがブレンドしてて


まるで前もってペアルックできるように計画したかのよう。あは。


なんかこうやって写真見てると二人とも頭の中がもうお花畑になってるよね。幸せだなあ。





さて!そろそろ後悔するときがやってくる。


実はディナーの予約はその日はマラケッシュというモロッコレストランにしてたんだけど、


その前に、止せばいいのにまた食事の前に甘い物食べた。


今度はまじでその大きさ、ヤバいよっていう大きさのファンネルケーキ。


ちなみにこのお皿、小皿じゃないです。





これをハニバニと半分こせずに一人で食べたの。


ハニバニはハニバニで、ドイツで顔より大きなプレッツェル食べた。


これが後悔その1。


ものすごい満腹感でいざモロッコへ。


普通、人は空腹でレストランに行くのよ。満腹でレストランへGO!なんておかしいわ。




ここでも必ず前菜頼むんだよ。やめればよかったのよ。





モロッコ名物の、フィロー生地(春巻きの皮みたいなの)の中にミンチした牛肉が入ってるやつ。


中はこんな感じ。





これがもー強烈に甘いお肉でですね。甘辛い、なら俄然大丈夫なのに、ただひたすら甘いだけのお肉。


そとのフィロー生地も甘い。これは中がお肉じゃなくてカスタードクリームなら絶対に美味しかったと思う。


さすがの食いしん坊の私も断念。ハニバニに食べてもらいました。


その後のメインの



ハニバニのラム



ケイエスのレモンチキン


ほとんど食べられなかった!!!




つーか、モロッコ料理、なんか二人の口に合わんかったと思う。


アフリカンレストランでカレー食べれば良かった。


これが後悔その2。


っていうかやっぱりアホみたいなファンネルケーキなんて食べなけりゃ良かった。


空腹だったら後悔その2なんてなかったはず。


もう食前にお腹いっぱいになるスナックは食べるまい。


食べ物はもう満腹で無理だったので、きれいなお姉さんのベリーダンスを見ていたの。





そしたらいつの間にかレストランにいる子供たちがお姉さんに寄ってきて一緒に踊り始めたのよ。








なんか可愛かった。きっと子供たちはこのお姉さんのこと、何かのディズニーのプリンセスかなんかと思ったんじゃないかな。

うっとりして見つめてたもの。

女の子ってやっぱりこういう美しいものに惹かれちゃうわよねー。



さて、ホテルに戻ってからは渋々荷造り。だって明日は現実の世界へ戻る日~。


で、荷造りしながら今更のように気が付いた。


カーテンに




星座が散りばめてあり、よく見ると





ディズニーのキャラクターが。 では、とミッキーを探してみたら出てきた。




もしやと思い、電気を消してみたら、星座の星に蛍光塗料が塗ってあって


ちょっとしたプラネタリウムみたいだったわ。


帰り際に気が付くとは。


それをハニバニに言うと、『いや。あれ最初のチェックインのときにコンシェルジュがそう言ってたわ。あんたに言うの忘れてた。』


楽しくて楽しくて、いろんなことを忘れて遊ぶということはそういうことなのよね。



素敵なバケーションでした。


今回も旅行記にお付き合いいただいて、ありがとう!



************
絶叫マシ―ンが恋しくて、今度日本に帰国したら
是非ユニバーサルスタジオジャパンとか行ってみたいです!




ブログランキングに参加しています。
↓  ↓  ↓

いつもありがとう。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

Disney World Vacation 3日目

2017年03月28日 | Vacation (NonJapan)

アメリカ東海岸(特にニューヨーク)に大雪をもたらした火曜日。


実はフロリダも朝から寒いスタート。


Hollywood Stadioからのスタートです。





震えるほどじゃないにしろ、タンクトップに短パンみたいな気候ではなかったことは確か。





とりあえず温かいココアが飲みたくなったので、パーク内のスタバに行くと、朝からものすごい行列。






さて、その日は朝からRock n' Roller Coasterっていう大人気のジェットコースターに乗る。





最後に乗ったのが2005年だったので実に12年ぶり。懐かしかった。


うちらね、激しいジェットコースターが大好きなんですよ。


朝からアドレナリン放出しまくり。


ちょっと温かくなってきたかなってところでパーク内に怖いミュージックが流れ始めたかと思うと


スターウォーズの悪役の行進が始まる。すごい迫力だったー。








ランチはMagic Kingdomで予約してあったので早速移動。


ランチをささっと済ませたら、丁度良くパレードが始まった。






アナ雪の姉さんの方、なんか怖い。こんな顔だったけかな。



















ミッキーとミニーちゃん。可愛いなあ。




ところで、ふとハニバニに言ったことがある。


あのキャラクターに入っている人ってのは、やっぱりキャラクターがそうなように、着ぐるみの中でも笑顔なんだろうか。


人間が笑顔じゃなくてもキャラクターが笑顔だから中の人間は澄ました顔して手を振ってんじゃないのかね、と。


そしたら、「いや。やっぱり笑顔だと思う。だってあんなにハッピーそうに手を振ったり踊ったりしてたら


やっぱり自然に顔もほころんでくるんじゃないかな。笑顔で手を振ってる子供の顔見て笑顔がこぼれないなんて、不自然じゃん。」


と言ったハニバニの言葉がなんか嬉しくて、なんか私も笑みがこぼれた。



さてさて。その日もたくさん歩いて歩いて歩きまくって、ディナーの時間。


その日は The Hollywood Brown Darby で予約してあって、まず前菜でアヒツナをオーダーする。


私にとってはディズニーでのアヒツナは2回目。どこで食べても美味しい!さすが和食。






それからメインで私はベジタリアンフォー(野菜の春巻き付き)を、





そしてハニバニは私の大嫌いなラム肉を食べる(食べ物の色がなんか不明)。






お腹いっぱいになったところで、人気処の The Twilight Tower of Terrorに乗ってきた。





これも大好き。


真っ暗なところからいきなり落とされます。(2:08辺りで落とされる様子がわかります)



(借り物:From YouTube)


食べたフォー、吐くかと思った♬♬♬



************
大人気の乗り物は普通で並ぶと2時間待ち。
FastPassがあって良かった!!


ブログランキングに参加しています。
↓  ↓  ↓

いつもありがとう。


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Disney World Vacation 2日目

2017年03月23日 | Vacation (NonJapan)




2日目はAnimal Kingdomから。

朝から暖かくて、これぞフロリダという感じ。





バージニアがクソ寒かったので、なんか身も心もウキウキ。

南国の人達がなんとなく陽気なのは気温が体に優しいからかなとか思ったりした。

「ねえ。私たち、老後はフロリダで過ごしましょうか。」とか言ってみる。だけどフロリダの夏はちっともマイルドじゃない。


待ち時間は1時間以上あったけど、日向がなんかポカポカして気持ちよかったので

とりあえずキリマンジャロサファリへ行ってきた。











割と人気があるアトラクションだったけど、実際は『うわぁ!!!』っていう感じの規模のサファリではなく、

はっきり言って3年前に行ったVA Safari Parkのがずっと迫力あって面白かったと思う。

ふふ。バージニアにもディズニーに劣らないものがあったわね。

と、腰に手をあてて微笑むワタクシ。



Animal Kingdomはあまり広い敷地ではなく、もう何回も来ているという理由があったのと、

お昼はEpcotで、ということにしていたのでバスでまた戻って来る。

前日から決めていた、JAPANのKATSURA GARDENで軽くランチ。





ものすごく混んでて、テーブルを確保するのが大変かと思ったけど、客の回転がものすごく良く

あっという間に座れた。

ここはレストランというよりもセルフサービスの食堂って感じなので、こういう素早さがありがたい。

前からネットでここの天ぷらうどんを食べるべし!ということを聞いていたのでそれに従う。

見た目からはそんな華やかさは通じてこないが、味は本物だった。

天ぷらうどんてこんなに美味しかったっけ?っていう味。

一口食べて、『あー。ほっとする!!!』っていう味よぅ!(ってわかるかな)

お寿司はハニバニとシェアして食べたけど、これも美味しかった。

私はやっぱり和食はハズレがないなと思う。やっぱり私はお箸の国の人間だ。

アイスグリーンティーが抹茶入りでとても爽やかで良かった。

食後は今度はNORWAYへ行き、ネットでやっぱり食べるべし!と有名だったペイストリーのTroll Hornを食べた。





これなんだろ。日本でいうチョココロネの生クリームバージョン?満足する美味しさでした。

その後The Seas with Nimo and friends(水族館)へ。





マナティーがすごく大きくて、なんか像みたいだった。

レタスをゆっくり丸かじりしていたんだけど、ものすごく見ていて癒される。

大きな水槽をぼんやり見ていたら、何かがささっと目の前を通過する。





これってエイだっけ?





これって顔だっけ?顔じゃないと思うけど、だけどなんかふふってなる。



夕方近くになって、その日はCalifornia Grillにて予約してあったのでMagic Kingdom方面へ向かう。

そのレストランはコンテンポラリーリゾートホテルの屋上にあります。

受付で予約のチェックインをするときに、『今回のバケーションは何か特別な日をお祝いしますか?』と聞かれ

25周年の結婚記念日(早いけど)だと伝えると、案内されたテーブルが





ミッキーのキラキラ(日本で何て言うの?)のConfetiが散らばっていた。

何と言う計らいなの!!!









前菜は3種のTuna




私のメイン:グリルドポーク




ハニバニのメイン:ステーキ





ああ、思い出すだに腹がへる。あの美味しさはちょっとここら辺のレストランでは味わえない。

ハニバニのステーキなんて、実はこっちにすれば良かったと少し後悔してしまうぐらい美味しかった。

実は私のポークにはゴートチーズ(ヤギのチーズ)のポレンタが添えられるはずだったが、オリーブオイルのマッシュポテトに変えてもらった。

というのも私、ヤギから作られるものは羊から作られるものと同じくらい大の苦手なんだ。

ウェイトレスが「でもここのはとっても美味しいから!」ってススメるので、試しに味見させてもらったら

椅子からひっくり返るかと思うぐらい衝撃的で強烈なケダモノ臭がして(これ単にケイエスの偏見です)ダメでした。


その後はデザートでチョコレートムースのケーキをオーダーしたら





それに加えて、レストランから結婚記念日のお祝いとしてもう一つチョコレートクリームケーキが付いてきた。



これまたミッキーの飾り付き💛


チョコレートムースのケーキは一人ではきっと食べきれないだろうというぐらいの濃厚さ。

美味しかったけど、飲み物無しでは食べるのが困難になってくる。

おまけでもらったチョコレートクリームケーキは、中にチョコ味の生クリームが入っていて、これはとっても美味しかった。


お腹いっぱいになって、あとはひたすら歩き回り、夜から雨が降ることになっていたのでいったんホテルに戻り



傘を持ってまたMagic Kindomに戻って小雨の中で花火を見た。


もう別々のテーマパークを行ったり来たりで歩きっぱなし。


この夜も二人はきっと5秒以内に眠りに落ちたはず...



************
ディズニーワールドでは少々の雨でも花火は毎日決行!すごいよね。

ブログランキングに参加しています。
↓  ↓  ↓

いつもありがとう。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Disney World Vacation 1日目

2017年03月19日 | Vacation (NonJapan)

仕事を同僚に押し付けて、行ってきました4泊5日のフロリダディズニーワールドバケーション。

昔は毎年恒例のように行っていたんだけど、最後に行ったのは確か2005年だから実に12年ぶり。

今年は私らの結婚25周年記念も兼ねてどうしても来たかったんだ。




このバンド一つでホテルのルームへのアクセスも、パークへの入場も、買い物やレストランの支払いも全部OK!!

昔はカードだったんだけど。

ずいぶん便利になったものである。ちなみにハニバニはイエローのバンド。

今回お世話になったホテルは、Epcotからほど近いDisney Yacht Club Resort。







私らが滞在した5階のフロアはリフォームが完了し終わったところだそうで、部屋の何から何までが新しくとても良い匂いがした。







荷物を置いて、とりあえず行ってきたのはEpcot。


お昼をちょっと過ぎていたけれど、ものすごい人だかり。


それにしても、ここは温かくてなんかもう夏みたいだった。

朝バージニアのリッチモンド空港から出発したときは完全に冬の装いだったのに、ここでは早くも夏の装い。





小腹がすいたので、前から食べようと計画していたクローナッツを早速食べる。





クローナッツとは、クロワッサンの生地で作られたドーナツなんだ。


だからドーナツの触感よりも外側がサクサクで中がとっても軽い!!!これ3個とか平気で食べれそう。



夕飯の予約は5時半ぐらいだったので、それまでひたすら歩く。








ディズニーでは渡り鳥もたくさん飛んでくるようだが、彼らは人間を恐れず、とても自由。






夕方になってきて、Magic Kingdomへ移動する。







その日はDisney's Grand Floridian Resort の中にあるNarcoosee'sで予約をしておいた。

ここは私たちのお気に入りのレストランで、ディズニーワールドに来るたびに必ず立ち寄ることにしている。






前菜で食べたCalamari。ザックリ言うとイカのフライ。




ハニバニが食べた海老のパスタ。



私はSeared Ahi Tunaをオーダーし、



さらにロブスターのMac'n Cheese(グラタンのようなもの)をシェアする。



大粒のロブスターがゴロゴロ。


ああ、何を食べても美味しい。


美味しすぎる。


お腹いっぱいになったらデザートでしょう?だよね?



Almond-Clusted Cheese Cake with Cherry Sauce


このチーズケーキがまた軽いの!ニューヨークスタイルのチーズケーキと違ってめっちゃ軽い!

重いかもと思って二人でシェアして食べたけど、これ一人で十分いけたかもって思った。


夕食後は花火を見るために、またEpcotへ戻る。










楽しいディズニーバケーションの初日の終わり。


Yacht Clubに続く灯台





************
言うまでもなくその夜は二人は爆睡でした。

ブログランキングに参加しています。
↓  ↓  ↓

いつもありがとう。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

誤送信

2017年02月28日 | アメリカ生活

ちょっと前だったか、面白い日本の記事を読んだ。

日南市長:女性職員に「会いたかった」60人に誤送信


あー、やっちまったな。という感じ。



他人事だけに、さらりとそう思えるのは確かだが、同じミスではないとは言え

みんなどこかで同じような誤りをしちゃいないだろうか。



私、今朝やりました。



あ、でもこれは複数の人に誤送信したわけではなくて、ハニバニに送るはずだったラブラブインスタメッセージを

あろうことかデミ嬢へと送ってしまい、それがどう発覚したかというと、誤送信した数秒後に


『オー、ハニー!私もあなたのことが大好きよん。』


とハグしてきた。(〃▽〃)ポッ


実は私常習犯で、どういうわけかいつも誤送信先がデミ嬢っていうね。


彼女に架空のラブメッセージ、今まで何通送ったことか。





しかし私の誤送信なんてまだ可愛い方だ。


友人のヘザーなんか、すごく危ない橋を渡ったことがある。


まだ彼女が今の部署で働いていた頃の話だが、その日の朝、主任のブラッドの機嫌が悪かった。


何かの用事でブラッドがヘザーのキューブで彼女と話しをしていて、彼が立ち去った直後、


『オーマイガッ!ブラッド今朝すごく機嫌悪いよ。嫌なやつ。』


という社内用インスタメッセージを私に送ったはずだった。


すぐ隣の私のキューブにやってきて、『ねえねえ、今メッセージ送ったんだけど見た?』とゲラゲラ笑いながら聞いてくる。


私はそんなメッセージなんて受け取っていない。待てど待てど、やってこない。


そんな状況下、二人とも一斉に顔から笑いが遠のいて、私が『...。そのメッセージ、どこに送った?』と聞くと


彼女慌てて自分のパソコンで確認し、顔を両手で覆った。


そのインスタメッセージ、当のブラッドに直送されとった。


その後ブラッドが彼女のところにやってきて「あれは、僕あてじゃなかったよね?」って言って、


「いえ。間違って送ってしまいました。えへへ...。」


という超気まずそうな会話を耳にしたのだった。


あの二人、あれ以来なんかいつもギクシャクした感じでなんか変な空気漂ってた。





この市長さんも後に誰かの指摘で誤送信に気が付いたのだろうか。


それとも送ってしまった直後、





てなことになったんだろうか。


気持ち、わかるよ。うん。




************
2月があっという間に逃げて、いよいよ3月。
3月と言えば、サル。



ちょっとサルっぽいフリちゃんです。変な顔だなー。そこがまた可愛いんだが。


ブログランキングに参加しています。クリックよろしくね!
↓  ↓  ↓

いつもありがとう。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

良いことがある兆しかな?Part II

2017年02月20日 | アメリカ生活


去年の9月に『良いことがある兆しかな?』という記事をアップしたのを覚えていらっしゃるだろうか。


実は今日また不思議で珍しくて神々しいものに遭遇したので私はやや興奮気味である。


今日は夕暮れの散歩道で。


北バージニア州はとっても温かい日が続いており、私の頭の中では勝手にもう冬は終わっているのだが


本当に気持ちの良い夕方で、ウォーキングもとっても気持ちの良い出だしであった。


既に短パンのハニバニが機嫌良く、ぐんぐん歩いてゆく。


『早い早い。ゆっくり歩こうよ、気持ちいいし。』と、彼の歩いてゆく先の空をみて思わず


『うぉ。』





太陽が二つある!!!


写真ではよくわからないが(だって所詮携帯のカメラだもの)、虹色になってるんだ。


見て見て見て~~~!!!太陽が二つあるみたい!!!と、はしゃいで写真をとったら



おわかりだろうか


どさくさに紛れてうさぎの人も入っていた(気が付かんかった)。


写真を撮ったあとも、ラッキー♬と思ってはしゃいで歩いていくこと数十分。


ふと顔をあげて、あの太陽もどきはまだあるかな♥と空を見上げて一瞬頭が???となる。


それもそのはず。


今度はさっきとは真逆の方向に太陽もどきがあったのだから。



今度は太陽の右側ね


最初の写真を撮った時はね、左にしかなかったのよ。


今度は太陽の右側で、左側には何もなかった。(ちなみにうさぎも入ってなかった)


大きく撮ってみたら虹のかけらっていうよりもやっぱりミニ太陽なんだよね。





写真撮った後、あれ、こんなの前にも見たことなかったかなと、ずっと記憶をたどっていったが思い出せず、


絶対見たよなって思って過去のブログの記事さがしたら、やっぱりあったの!


『おかえりーとブルースが』


2014年の10月だったわよ。あー懐かし。


やっぱりあの空にはなにかある!!!



ちなみに...


この現象は『幻日』という大気化学現象の一つで、大気中にある氷の粒が太陽の光で屈折して見える現象です。
夕暮れ時みたいに太陽の位置が低いときに、太陽と同じ位置で観察されるようです。
太陽の左右に見られるときもあり、私が見たやつみたいにひとつずつってこともあります。

幻の日、幻の太陽。

なんかいいね。




************
読んだよって証にクリックしてね。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくね!
↓  ↓  ↓


いつもありがとう。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Valentine's Day 2017 *真夜中のキッチンにて*

2017年02月14日 | アメリカ生活


昨日の夜の会話。

ハニバニ「明日はバレンタインデーなんだよねー。」

ケイエス「そうだけどそれが何。」

ハニバニ「今年はパイを用意しました。チェリーパイとかどう?」

ケイエス「できたらアップルパイのがいいかも。」

ハニバニ「チェリーパイにしなよ。」

ケイエス「ホイップクリーム添えならそれでいい。」

ハニバニ「...。ホイップクリームはありません。」

ケイエス「なんなんそれ。じゃホイップクリームなしでいい。」

ハニバニ「実はパイもありません。」

ケイエス「なにそれ。じゃ、もういいよ。カードだけでいいよ。」

ハニバニ「実はカードもありません。」

ケイエス「...。わかったよ。何もいらないよ。」

ハニバニ「本当に何もありませんよ。」



こういう終わりそうで終わらない会話を延々としながら二人は眠りについたのだった。

そして真夜中、2時。

私はフリちゃんに頭をパシパシ叩かれて目が覚め、キッチンへ降りた。



キッチンテーブルの上に私が見たものは






笑みがこぼれた。

それにしても面倒くさいやつーwww


しかもカードに描かれたこの



得体の知れない動物はなんだろう。

フリちゃんじゃなければいいが。

ミッキーとミニーだけに、ネズミかも知れない。が、何か違ってる。


私はみんなが寝静まったその真夜中のキッチンでしばらく一人、くすくすと笑っていたのだった。



そしてバレンタインデーの朝。

ちゃんとお礼を言って、私は何も用意してないことを詫び、そして気になっていたことを聞いてみた。


ケイエス「カードの最後のあの動物は、あれフリスキーじゃないよね。」

ハニバニ「あれはHoney Bunny(ハニバニ:自分)だよ。」








まさかのウサギとな!



再度、その「うさぎ」を見る。





...ウサギと言われれば、そういえばそうね!











な、わけないwww




朝からとーっても良い笑いをいただいたぜハニバニ。ありがとね。


仕事に出かける時、ちょうど窓から入る日差しがベッドでうっとりしているフリちゃんをオレンジに染めていたので

何事かと思って外を見たら





これ、グリーンだったらオーロラに見えないかな?と思わず見入っていたら遅刻しそうになったので慌ててダッシュ。


で、職場でみんなのバレンタインの予定を話してたら主任のブラッドがやってきて、

彼のネクタイを見て私はびっくりした。




まるで



ハニバニがくれたカードみたい。

そこでも思わず笑みが、うふふと漏れた。



ちなみに、あのミニチェリーパイ、



夜、半分こしてハニバニと食べました。

美味しかったです。


I love you Honey Bunny! You are the one that I always want to stay together.
You are my BFF - I'm so happy to have you as my husband!!




************
みなさんのバレンタイン、どんなでした?

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくね!
↓  ↓  ↓


いつもありがとう。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

血で血が騒ぐ

2017年02月04日 | アメリカ生活


血液を見ると、こうドキドキしてしまうのはドラキュラかケイエスぐらいか。



数日前のランチタイム。


私とデミ嬢はお天気も良かったので近くのカフェでランチするため会社の敷地内を歩いていた。


すると30メートル先に数人が立ち止まっており、よく見ると人一人地べたに横たわっているのが見えた。


さらに歩いてゆくと、その数人の一人が携帯片手に誰かと話していて


地べたに横たわっているのがどうも『ウォーキング中に倒れた人』らしかった。


デミ嬢と、これはなんか大変なことになっている状態ということを把握して近づいてみてわかったのが


彼らは割と社内で見かける母親とその息子で、携帯で話ししているのが息子で、倒れているのが彼の母親だった。


そばでおろおろしている人にどうしたのか尋ねてみると、なんでも3人で歩いていて急に母親が倒れてしまったということだ。


もう意識がないのかと思ってよく見てみると、お母さんは頭を抱えた状態で、倒れて起き上がれないことがショックなのか


呼吸がものすごく早く、とにかく泣きじゃくっている。


とりあえず意識があることは幸いだ。


携帯で息子の方が『...はい。意識はあります。母さん、大丈夫か? ...ええ、話しはできます。』とか言っていて


お母さんの方を見ていると、震える手で頭を抱えていたのだが、


そこから出血した血がどんどん広がってゆく。


『ちょっと、お母さん頭を怪我されてますよ。知ってました?出血が多いようなんだけど。』


と言ってあげたら、彼もその事実を把握してなかったようで、『頭もケガしてるようです。はい、全く動けません。』


と、電話の相手に説明を始めた。


皆さん、ご存知だと思うが、頭とか顔が流血するときって、結構ドラマティックに出血するんだよ。


ある日ハニバニが髭をそりそこなって、小鼻のわきをザックリ切って、そこから流血したんだが、


その流血を見た瞬間、私の意識が遠のくのがわかった。スプラッター映画は大好きなのに。


なのに血が止まってよく見ると、切り傷のあの小さいこと!!!


顔から上の流血ってものすごく大げさだということを悟ったのだった。


まるでうちの母の説明のよう。


母はちょっと血が出ると、


『あのね、血がね、どっぱーーーー!!!と、出てね...』


って言う。



さて、話をその流血騒ぎに戻す。


で、とりあえず出血を止める方が大切だろうということで、デミ嬢が会社のセキュリティーに連絡をとり


すぐに応急手当で止血でもするべきだとアドバイスしていた。


それから私たちには特にしてあげられることもなくなったからその場を去ったのだが


時間が経っても私の頭からその流れた流血が鮮明で、しばらくはドキドキしていた。


頭を打撲したときに、傷がないよりも傷があってそこから血が出る方が結果的に良いことが多いと何かで読んだことがある。


確かに内出血してそれに気が付かなくて、後になって嘔吐を始めたとか、脳に障害が出る方がそりゃ大変だ。


彼女の怪我の程度がそんなにひどくないことを祈る。


倒れたとときに頭を打撲しているとのことだったので、それが心配だ。


今度社内で息子を見かけたらお母さんがどうなったのか聞いてみよう。



******************



さて。気を取り直して、珍しく食べ物の写真を載せてみようと思う。

先週の土曜日、ハニバニの兄家族とニュージャージーのアトランティックシティーで食事をした。

そこで食べた



Tuna Tartar
・新鮮なツナ、きゅうり、アボカドをワサビ醤油とセサミオイルで和えたものをクリスピーに揚げたワンタンの皮を添えた前菜




Wasabi Crusted Tuna
・ツナの表面だけをワサビ、パン粉でカラッと焼いたのとアジアン野菜とジャスミンライスwithポン酢ソース



の美味しさが、一週間たった今でも忘れられない。

ほぼ毎日のように写真を眺めては、もっと頻繁に食べに行けないものかと考えたり(←遠すぎるわ!



そういうのどかな日々を過ごしている。




月末レポート、まだ何も手を付けていない。




************

トランプ氏の爆走が止まらず。
母に「おたくの大統領どうにかしてよ。」って言われた。
私の大統領じゃないし...。




ブログランキングに参加しています。
↓  ↓  ↓

いつもありがとう。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加