ほなさんの汗かき日記

かくれ肥満の解消に50歳を超えてはじめた健康徒歩ゴルフ。登場する個人名、会社名、内容はフィクションである。

いい出会いがしたい(2)

2017年03月26日 | 日記
表題の「いい出会い」とはなんだろう?
こう書いた自分も意味がよく判らないでいま
す。自分にとって都合の「いい人」とだけ出
会いたい、という意味ではありませんが。

家族を養い、店として損益を計ることが第一
義として求められた時代は、数を追い、量を
こなすことで「やりくりと帳尻を合わ」せね
ばなりませんでした。(少なくとも自分の力
量では)

でも、家族やスタッフのために「働く(=傍
のものを楽にする)」ことから「解放」され、
顧客のためだけに「働く」ことを考えるなら、
自分の納得のいく仕事ができるのではないか、
とりあえずは、己の精いっぱいのことができ
るだろう、と考えたのでした。

「最後の仕事」に対する、自分なりの流儀が
ぼんやりと浮かび上がってきました。
①求められる人、縁ある人を大事にしたい。
 目の前の方と話がいっぱいしたい。
②顧客の要望に気軽に動くために、仕事量は
 増やさないでいこう。
③新しいもの、新しい方法をお知らせしたい。
④一期一会で精一杯やるが、己も他人も許し
 あいたい。
 
担当させていただいた利用者様が在宅から離れ
る時、
「〇〇さんのお手伝いが少しはできたかな。」
と勝手に思いたいのですね。自己満足だけなの
かもしれません。でも自分の人生ですからね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いい出会いがしたい(1)

2017年03月25日 | 日記
60歳を超えてから新しい仕事に就く機会を得ま
した。

それまでは死というものの直前まで、小売店の
売場のPタイル床の上で仕事をしているだろう、
零細業者のオヤジなんて身分には、労災なんて
法律も適用されてないもんだから、過労死しよ
うがどうなろうと、親の跡を継ぐと決めた時か
ら、上のように思ってきました。

幼いころから自営業者の厳しい生活は知ってい
たものですから、いつもサラリーマン生活に憧
れていました。日曜、祭日休みなんて、天国み
たいな生活に見えました。いざ自営の道を選ぶ
に至っては、それこそ、すべてを捨てて、地獄
の魔界へと降りていく気持ちでありました。

それが60歳になり、親の介護をきっかけとして
本当にひょんなことから福祉用具の業者となり
ました。新しい仕事をするにあたって、最も頭
にあったことは、
「この仕事は、人生の最後の仕事だ。」
とすんなり思えたことでした。

「Pタイルの上で死ぬだろう。」と考えていた
仕事は、同じ仕事のエンドレスでしたのに、今
度の仕事ばかりは、初めから人生の最後の仕事
である、とわかりました。友の中でも、まだま
だ仕事をされる方は大勢います。「よい仕事が
あれば紹介してくれ。」と頼まれもします。

しかし、根本的に異なるのは、私は自営業者で
ある、ということです。自分の仕事を自分で作
りつつ仕事を進めるのが、自営業者の「仕事の
流儀」なのです。

もっというと、自営業者は自分で先行投資して
自分のための仕事場と仕事をつくります。です
から、ある期間だけを切り取って仕事をしてい
くことができません。準備もいるし終わりの後
始末もつけねばなりません。

跡継ぎがいませんから、後始末の時間も含めた
ら、いつまでやれるでしょうか。体力など考え
なくてはなりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほなさんのシニア通信(4-2)

2017年03月05日 | 日記
同じ姿勢のため、特定の個所に体重がかかり
ますから、体重をマットレス全体に分散でき
る「体圧分散マットレス」が必要になります。
骨折や大ケガをした後であるとか、術後や病
気で体力が著しく弱っている時とかの場合が
そうです。

ところが人はベッド上で動かない姿勢でいま
すと、体力は温存されるものの筋力は著しく
減少します。宇宙から帰還した飛行士が、ス
タッフに抱きかかえられている写真を観たこ
とがあるでしょう。重力のない宇宙では筋力
が衰えるといいます。

体圧分散はあったほうが良いのですが、低反
発マットレスのような体を包み込んで動かさ
ないものは、病気の一時期か、若い体力のあ
る方向きの商品です。

シニアの場合は寝返りの回数を増やす工夫が
要ります。赤ちゃんや子供の寝相を想い出し
てください。睡眠中も常にゴソゴソ、ガサガ
サと動き回っていますね。あれが一番体に良
いのです。

NHK「ためしてガッテン」では腰痛予防の決
め手として、「寝返りの回数を増やすこと」
を提唱しました。

そういうことを考えますと、寝返りしやすい
マットレスは、「高反発」に限ります。
つまりシニア世代の寝具は、高反発マットレ
スです。枕もあまり低いのはいけません。

睡眠中もガサガサ・ゴソゴソ動いて、生活リ
ハビリをしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほなさんのシニア通信(4-1)

2017年02月26日 | 日記
最近の広告でマットレスをよく目にしませんか。
有名スポーツ選手が宣伝しており、身体の隅々
を支え包み込んでくれる構造から、いかにも気
持ち良さそうです。腰痛で苦しんでおられる方
がみれば、飛びつきたくなることでしょう。
でも「低反発」「高反発」どちらが良いのでし
ょう、迷いますね。

また最近、耳新しい言葉「体圧分散」を謳い
文句した商品もたくさん出てきました。敷布団
やベッド・マットレスなどがチラシに載ってき
ますが、実はこの「体圧分散」という言葉、介
護で扱われる福祉用具の専門用語です。

この言葉と同時に「体位変換」という夜の話か
しら?と思わせる言葉も使われます(残念ながら
別の意味)。ともに医療(介護)の「床ずれ防止
の専門用語」です。

病院、特に命を救うことが第一義となる場所で
は、当たり前のことですが24時間治療が優先さ
れます。本人に不都合でも、ひとつしかない「命
」をまず助けなければなりません。

絶対安静、身体を動かさない状態にしておいて、
医者や看護士、スタッフの動きやすい状態を保
つのが、病院という施設のようであります。

その最たる場所が、集中治療室や手術室です。こ
ういう場所で行われていることは「緊急時の対応」
であります。その時に使われるのが、エネルギー
の消耗を少しでも抑え、病気に集中させるために、
「身体を動かさないためのマットレス」なのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほなさんのシニア通信(3)

2017年02月01日 | 日記
 国語の教科書に載っていた「方丈記」を覚えておら
れますか。作者、鴨長明が60歳の頃、晩年を過ごす家
を新たに作ることになったもようが書いてあります。

規模は、壮年の頃の住まいの100分の1に及ばず、広さ
は一丈四方(3.03m×3.03mコトバンクデジタル辞典)
で高さは7尺弱(約2m)という小さな造り。土地は所有
せず、土台を組み、簡単な屋根を葺き、材木の継ぎ目継
ぎ目を掛け金で止め、気がむけばバラして荷車二台で全
部移動できる「旅人の一夜の宿」のようなものであった
と書いています。

しかも、「転居していくたびに家は狭くなり、世間一般
のものと少しも似ていない」と鴨長明は嘆きましたが、
実はこれがシニア世代の健康生活のコツのようであります。

団塊の世代から上の方々は、高度成長の時代に一軒家を求
め、地価の安い郊外へ郊外へと足を延ばしました。一生一
度の買い物と呼ばれた家でありましたのに、シニアも後半
となると、その家を売り払い、買い物が便利で病院もある
中心部地域へ回帰してくる方もちらほら。

なかでも階段を上らなくてもよいワンフロアー・バリアフ
リーの中古マンションなどが、買い替え物件として人気の
ようです。高齢者専用住宅の場合、独り用は1DKです。
長明の言ったように、シニア世代は一丈四方、一間あれば
大丈夫です。歳をとるたびに行動範囲が狭くなってくるの
は当たり前のことで、体は縮み動く半径が小さくなります。

つまり、われわれが一生一度の買い物である「家」ですら
「澱みに浮かぶ泡(うたかた)」であると、数百年前に教
えてくれていたのであります。人が変わっていくのと同じよ
うに、家のサイズも変化していくのが常なのです。鴨長明
という方は、やはり人生の達人でありました。

家の中で、最も大事にしたい生活場面は入浴です。広い湯
船に身体を沈め、頭の先から足の先までゆっくりと伸ばした
い!あー、なんと幸せな瞬間でしょう。でもこれが問題なの
です。大きな浴槽の温泉では、浴槽の淵に背を当てて入浴し
ていませんか。足先が向こう側へつかないものだから、体が
浮いて危ないのでお客は皆、横一列で入浴していますね。

 前回「シニア通信(2)」で紹介しましたように、お風呂
での溺死はとても多いのです。足先が向こう側に届かない浴
槽は、まず危険です。ということは、浴槽のサイズもまた年
齢に応じて小さくなっていきます。

住宅メーカー〇〇は自らを「風呂屋」と言うだけあって、普
通サイズと小型サイズの2種類の浴槽をつくり、年代に応じ
て入れ替えられるユニットバスを発売しています。
ある介護の先生は、「自分の家の風呂は小さくして、ゆった
りしたお風呂に入りたいなら温泉に行きなさい。あちこち楽
しめていいですよ。」と言いきります。

年齢にあった自分サイズの浴槽、健康生活のために考えてみ
ませんか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほなさんのシニア通信(2)

2017年01月31日 | 日記
 高齢者の交通事故が毎日ニュースで取り上げられて
います。昔は交通事故では大きなニュースにならな
いほどたくさんの事故があったものですから、日本中
での年間死亡者は1万人を超えていましたが、今日で
は死亡者数でいくと半分以下になり、そのために高齢
者の事故の報道が多くなったのかもしれません。
(もちろん事故は無いほうが良いのですが。)

ところがまだまだニュースにならない死亡事故が日本
にはあります。交通事故の数倍も家庭内事故による死
亡者が出ていますが、めったにニュースにはなりませ
ん。その1番目はトイレや脱衣所での心筋梗塞、浴槽内
での溺死です。

日本昔話の時代から数十年前まで、トイレやお風呂は
屋外にありました。私の子供の頃、祖父の家に泊まり
にいくと、夜間でもいったん家を出て屋外のトイレに
行かねばなりませんでした。とっても怖かった思い出
があります。

お風呂も外の廊下を行った端にありました。現在でも
少し古い家のトイレは玄関脇にあり、南側のリビング
から一番遠い反対側となっています。この家の造りが
大変問題なのです。

寒い冬、布団の中って暖かいですね。やすらぎを覚え
ますが、布団の中の温度ってご存知でしょうか?徳島
文理大学の先生によると、38度(そう聞いたように思
いますが違っていたら訂正します。)で、それ以上の
温度が高くなると、人は寝返り動作を無意識にして、
布団内温度調節をしているのだそうです。

冬の死亡事故の第一位「心筋梗塞」の大きな原因は
温度変化だというのです。布団の中38度->寝室18度
->廊下10度->屋外トイレ・脱衣場3度、屋内でも7-8
度でしょう。この温度変化に血管は急激に収縮し、倒れ、
死に至ることがあります。高血圧の方の血管は耐えられ
ません。屋外トイレが多かった時代、日本人が脳溢血を
起こしていたのは、家の造りからくる温度によって起こ
っていたことがわかります。(温度は一例です。)

そして脱衣場を無事通過できた方も、湯船に首まで浸か
ると、血管は急激に拡張し、今度は低血圧となり意識を
失い、浴槽が広ければそのままブクブクと沈みます。大
きな浴槽、問題ですよ。結果は死に至ります。

酒を飲んだ後、湯船で気持ちよくなり眠ってしまった経
験はありませんか?それは血管が拡張した結果の「気絶
状態」なのだそうです。実は危なかったんですね。とい
うのが、ヒートショックです。
*徳島文理大学鶯教授(医学博士)ヒートショック、ロコ
モン体操の講演多し

 国の推奨もあり現在の家はかなり改善されてきました。
それは家全体を空気循環させ、温度が一定になることを
目指しています。家そのものをラップでくるんだような
イメージで想像していただけるといいのじゃないでしょ
うか。でも夜中はどこにも暖房がないので温まりません
から、高齢者のいる家だけでなく、最低限、脱衣所・ト
イレには暖房機を入れ自衛手段を図りましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほなさんのシニア通信(1)

2017年01月31日 | 日記
去年の暮も押し迫ったころ、自民党の一番人気、
小泉進次郎さんがニュースインタビューでこう
言いました。
「2007年に日本に産まれた子供の50%は107歳
 まで生きる。だから日本人は100歳まで生きる
 という前提で考えなくちゃならない。(要約)」

確率によると、日本に産まれた半分の子が、なんと
100歳以上生きるんだそうです!(平均寿命であり
ません。)そうなると政治家として、年金や医療
などの国の設計図からやりかえなくちゃいけない
時代が来ている、と小泉さんは言いたかったよう
です。

これは現在ベストセラーになっているイギリス人
学者の本からの引用でした。
「ライフシフト 100年時代の人生戦略」
           (税別1800円東洋経済)
私も正月休みに読んでみました。
日本の高齢化が世界中に例のないほど急激にすすむ
「シニアインパクト」は、みなさんご存知の通りで
す。この「ライフシフト」という本は、その後の続
編のような話でありました。

昭和31年の日本人の平均寿命は、男子63歳でした。
それが今は80歳を越えています。私の歳(65歳)な
らもう死んでいます。現在100歳の日本人が産まれた
100年前は、100歳まで生きる確率は1%でしたから、
この人を対象に制度を作る必要はありませんでした。

一方でシニア世代の元気が異なります。寿命の伸び
は、すなわち「健康寿命が伸びて」きたのでした。
健康への意識、食生活、医療環境などが大きく変わ
ってきて寿命が伸びているのですが、その結果は、
いろんなところへ波及効果を及ぼします。どんな未
来が待っているかは誰にも予測できませんが、
「学業の時代、就職・仕事の時代、リタイヤの時代」
という同世代が横並びで進む3段階パターンは、もう
通用しないと作者は書いています。

リタイヤしてからまた学校に行く3.5段階パター
ンもあるでしょうし、またそれで仕事に就く4段階
パターンもすでにあります。未来予測はできないけ
れど、もうすでに始まっているんでしょうね。暇が
あればぜひお読みください。

最後にあくまで私見に過ぎませんが、
日本の人口は減っており、一年で区切ると消費は減
るように見えますが、一生で区切ると寿命の伸びた
分だけ消費は増えるんじゃないかな、と。
やり方次第では、意外と日本の先行きも悪くないよ
うに思えてくるのは、私だけでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

対面販売がしたい(終)

2017年01月29日 | 日記
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ずいぶんブログが書けませんでした。申し訳ない
です。

さてつづきですが、
前回までのお話から、

素人に毛のはえた程度の知識と経験で何を言って
るのか!とお怒りの諸先輩方もおられるのではな
いか、と思いますが、福祉用具や介護用品という
ものは、どこまでいっても触ってもらわなくちゃ
使えるものかどうかわかりません。

通販カタログで服を注文したら、着いてみると、
イメージと違っていて合わなかった!
のと同じような「落差」があるのです。服ならま
だ辛抱すれば着れますが、福祉用具となると困っ
たことになります。

用具は頼りすぎると自立できませんし、使わない
と危険な状態が改善できません。人の状態にも波
があり、良いときと悪い時の差があります。
どこに合わせたらいいのでしょう。どんな用具で
も使い方というものがある以上、得手不得手の差
があり、ハッキリと相性があります。
むつかしいですね。

時折見かけるのは、病院から退院の際に専門家か
ら勧められ、歩行器などの用具を買って、いざ自
宅で使おうとすると、ほとんど使えないことがあ
ります。自分には合わない!ことがわかるです。

そういう方に、
病院で実物を触ってみたか?と問えば、
カタログで薦められるままに購入したというのが
ほとんどでありまして、在宅専門のほなさんから
判断すると、在宅の現場をみずに、本人の言うが
まま専門家が勧めた、というのがありありであり
ます。

利用者のほうは、病院の専門家がいうのだから
間違いなし!
と退院のバタバタの中を自宅に持ち帰ると、いやは
やこれが予期した環境と異なり、使い辛いことがわ
かります。そうなると、放置してしまいます。

また一方で、使ったことがあるからと、集中治療室
の「ポータブルトイレ」なども在宅でみることがあ
ります。機能性だけの無粋な形をしたポータブルト
イレをご自宅のベッドサイドで使うなんて、もっと
オシャレで便利なもの、いくらもあるのになぁと思
います。

ICUなんてところは、人を生かすためにだけ存在
しているような、救命に特化した場所でしょうから
無機質です。生活の潤いなんてもの、どこにもあり
ません。生活を楽しむ場所じゃありませんからね。

やはり、自分の部屋に置いてみて、
なるほど、こうなるのか、
と分かっていただくには、それ相応の時間と手間を
かけたほうが良いと思うのです。
人生を楽しむためには、やっぱり自分の目でみて
感触を確かめてもらい、そんなことを思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

対面販売がしたい(5)

2016年12月11日 | 日記
4年前、ほなさんを介護保険制度へ導いてくださ
った社長様は、よそ見せずに制度ビジネスに専念
しなさい、というような内容をアドバイスくれま
した。

ですが、やはり地域密着の小売店で飯を食ってき
た以上、店舗販売は気になります。「シニアビジ
ネス」という場面でも、地域のお客様に応えねば
なりません。

介護対象者のいる家族というのは、いろんなこと
が気になります。「親が〇〇歳になったら読む本」
や「親の介護が始まったら読む本」とかいうタイ
トルが、本屋の書棚に並ぶ時代です。相続も書類
等、けっこうな手間がかかりますが、手間がかか
るのは、やはり介護の心配です。実際に大変で、
地域のボランティアに手伝ってもらうインフォー
マルサービスも使うよう、国は勧めますが、そん
なボランティアの方、どこにいるのでしょう?

欧米辺りのボランティアは、それなりの金額でや
っているから続くのであって、政府のいうような
お上の介護保険料の負担部分を下げるために、地
域のボランティアを利用しなさいというのは、ち
ょっと無理があるような気がします。

介護のサービス計画を作るケアマネージャーさん
も、そんなボランティアがいるのなら、とっくに
使っていることでしょうし。

昔からいる地域の小売店が、地域のお客様が便利
なように、少しは介護のことや福祉用具の使い方
ぐらい知り、お店に展示できれば、お客様は困っ
たらここに来て相談しようと思うんじゃないかし
ら、お客様の不安を一つでも取り除くことが先決
だと考えたような次第です。

あとさき物事を考えず、動いてしまう、B型ほな
さんの悪い癖でしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

対面販売がしたい(4)

2016年11月20日 | 日記
ほなさんの話は30分の予定が45分かかって
しまいました。後ろでビデオを回している
責任者の部長さんに一言お詫びを言いに行き
ましたら、
「聞いている会員さんの熱気がすごくて、
 まだ話を聞きたそうでしたよ。」
と言ってくれましたので、まぁ一安心です。

今回は旅費交通費という足代を出して下さっ
たので、自分の言いたいことだけというより
、会員さんが知りたいことが少しでも聴けた
かしら、というのが気にかかりました。

このあと数社メーカーさんから説明がありま
した。いくつかのメーカーにアポイントをと
ると、
「衣料品店では、福祉用具関連品などは
 売れないだろう。」
と断わられてきましたので、今日来てくれた
メーカーさんは貴重です。

ほなさんの提案は、地域密着でやっておられ
る小売店さんが、介護用品・福祉用具の商品
知識を身につけ、なじみ顧客のお世話をする
つもりで相談・選定するなら、売場に尋ねる
人のいないホームセンターさんや、商品に触
ることのできないウエブショップさんらとは
異なる商いができるのではないか、というも
のです。

団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題
を知るにつけ、政府や従来の介護関係者のル
ートだけでは足りないと考えるようになりま
した。それが介護保険外商品を扱うという品
揃えです。
要は2025年問題への対応策は、いくつもの
ルートと対応策が必要です。

これはほなさんの持論ですが、
「人が生きて行くためには、無駄も含めいろ
 んなものが必要で、選択肢は多いほうが良
 い。」
と思ってきました。しかしスモールビジネス
ゆえの苦しさはあり、それ単体では維持でき
ないと思いますから、従来の小売店の遊びの
スペースで展開しなければなりません。

そして商品販売を通じて、もっとも重要なこ
とに気付かされるようになります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加