ひまひま広場

お越しいただきありがとうございます。
ひまひまが、見たこと感じたことをのせていきます。(ネタバレしています)

1月の視聴予定

2006年12月30日 18時52分17秒 | みーはー通信(日々のいろいろ)
今年も本当にあとわずかとなりました。
来年もまた、はまれるドラマが沢山見つかりますように!と祈りつつ、かっこよくて、カワイイナムジャにも会わせてくださいと、ド変態まるだしでお願いしつつ、とりあえずは1月の視聴予定をたててみました。
           

           黒字は現在視聴中
           赤字は1月から視聴し始める物
           青字は1月で終了する物



月曜日
   ルル姫(so-net)
   神様、お願い(KNTV)
   ソウルメイト(KNTV)
   ファンタスティックカップル(KNTV)1/15~
   噂のチル姫(KBSワールド)
   2度目のプロポーズ(KBSワールド)


火曜日
   神様、お願い(KNTV)
   ソウルメイト(KNTV)
   ファンタスティックカップル(KNTV)1/15~
   噂のチル姫(KBSワールド)
   2度目のプロポーズ(KBSワールド)


水曜日
   オーバー・ザ・レインボー(Mnet)


木曜日
   オーバー・ザ・レインボー(Mnet)


金曜日
   愛しのおバカちゃん(KNTV)1/19~
   恋の予感(KNTV)1/12~


土曜日
   ある素敵な日(KNTV)
   雲の階段(KBSワールド)


日曜日
   ある素敵な日(KNTV)
   雲の階段(KBSワールド)


この他にDVDで「守護天使」を視聴中です。また、KBSワールドで始まる「彼女が帰って来た」も一足早く視聴する予定でいます。

先々月から撮り貯めている「天国の子供たち」「純情」も見なきゃなあ~とも思っています。

今月は、あまり映画を見られなかったので、1月は少し映画も見て行きたいと思っています。


   




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

RAIN'S WORLD Special Edition

2006年12月29日 20時12分18秒 | K-popいろいろ
来たよ!来たよ!来ましたよ!!

             

いや~、案外早く韓国から届きました。
RAINのRAIN'S WORLD Special Editionが今日届きました。

これは、RAINの4集の他に、MVやメイキングが入ったDVD,そして来年のDIARYが付いているものです。

ひまひまは早速開き、まず大喜びしたのがDIARYもうRAINの写真が所々に入っているもので、これが素晴らしい!!

そして、DVDそれまで、やりかけていた事もおいといて、すぐに見ました。
RAINの4集のロスでのレコーディング風景と、MVを撮影した時のメイキングを含めたもので約1時間それはもう、ひまひまは夢ごこちでした。(これで、韓国語が理解できればもっと楽しめるのにね・・・)


こんなに素晴らしいのなら、日本で発売したものもこちらの方がよかったな~

Special Editionだけあって、CDの方も4曲も多く色々なアレンジの曲を聞けて得した感じがする1枚です。

年末の忙しい中に、ちょっとしたサプライズがひまひまは嬉しかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年はまった韓国ドラマ

2006年12月28日 21時26分27秒 | みーはー通信(日々のいろいろ)
さて、今年シリーズの最終は、今年はまった韓国ドラマについてです。

ここで言う「はまる」というのは、ひまひまの基準で何度も何度も繰り返して見たくなるものということです。

ただ、そこまではいかない(そういう部類のドラマではない)ものもあります。



   第1位  宮



ドラマの内容がどうというより、いったいわたしゃこのドラマを何度見たか分かりません。(というより、シンくんとチェギョンを見たかったというのが正しいのですが)
特に気に入ったのは、ドラマの中の美術でとても綺麗でした。
内容については、途中で中だるみがありましたが、ひまひまにとってシンくん、チェギョンを見られると思えば、それもたいした問題ではありませんでした。(笑)



   第2位 その女


これが、第2位なの?と驚かれる方もいるかとは思いますが、このドラマの威力は凄かったです。毎週金曜日の深夜に、絶対にリアルタイムで見させてしまうこのドラマの威力は、見た人にしか分からないのかもしれません。
ドラマの内容は、昼メロものですがこのドラマの脚本はよくできていたように思います。できれば、ノンストップでずっと続けて見られたら、もっとはまり具合は凄かったかもしれません。



 第3位 ぶどう畑のあの男

 
このドラマにはまるとは自分でも驚きでした。(少なくとも最初の5話くらいまでは、さほど面白いと思うドラマではなかったのですが、その後からが素晴らしかった!)
どんどんこのふたりの切ない気持ちに、引き込まれそして最後の終わり方のステキなこと・・・久しぶりにひまひまは胸がきゅ~んとしました。




この他に順位は付けられないけれど、好きだったり、とても印象の残ったドラマもありました。

このろくでなしの愛

とても暗いドラマでしたが、それ以上に兄弟愛を描いた素晴らしいドラマでした。
(ひまひまの大好きなRainのスーツ・コート姿が素晴らしいのは、言うまでもありません!)
OSTもドラマを盛り上げてくれました。



グッバイソロ

このドラマも地味な作品でしたが、人間ひとりひとりをとてもきちんと描いた作品でした。セリフもひとつひとつが重く、このドラマのセリフは見逃せないものでした。音楽もシャンソン風のオシャレな感じで、そこも好きな所のひとつでした。このチョン・ジョンミョン氏はちょっと都会的でかっこよかった!


不良家族

とにかく役者陣が凄かった!このメンバー以外は考えられない!と言うくらい皆がよかったです。初めて知ったキム・ミョンミン氏のコミカルな動作もとても魅力的でした。そして、コメディなのにジ~んとする所も素晴らしかった。


ラブホリック

このドラマはちょっと変ったドラマのような気がしますが、続きが早く見たいと思ったドラマでした。
音楽も好きでしたし、カンタ氏を好きになるとは思わなかったわん。


マイガール

このドラマも早く続きが見たいと思ったドラマの1つでした。イ・ジュンギ氏がとてもかわいい感じでした。
最後のドッキリにも本当に驚かされました。


噂のチル姫

このドラマは現在も放送され、この先いったい何話までになるのか分かりませんが、毎週のお楽しみのひとつです。とにかく出ている男性陣がみなステキなのが、魅力的です。


こんなに沢山好きなものがあったのだわ!とひまひま自身もちょっと驚きですが、これらの他に「悲しみよ、さよなら」「薔薇色の人生」なども強く印象に残っています。
来年も、沢山の韓国ドラマに多く触れ、胸がきゅ~んとする作品や衝撃的な作品を見られたら嬉しいです。
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

ある素敵な日 ★★★

2006年12月27日 19時22分06秒 | 視聴済みドラマ あ行 
詳しいレビューは「韓ドラの箱」をご覧ください。

STORY
悲しみよりも嬉しい出会い、想い出よりも悲しい出会い。15年の歳月を経て恋を実らせる、美しくも切ないラブストーリー


CAST
     ソ・ゴン・・・コン・ユ
     パク・ヘウォン(ソ・ハヌル)・・・ソン・ユリ
     カン・ドンハ・・・ナムグン・ミン
     ク・ヒョジュ・・・イ・ヨニ


MBC   2006年   全16話   KNTVにて視聴


音楽も好きだし、出演者も好きな人ばかりというひまひまにとっては、たまらないドラマでした。
とにかくかわいかったミン氏はいうことなし!ただ、中盤からちょっとストーリーがまったりとしてしまったことが、ゆいいつ残念でした。もう少しゴンのやりたい事や気持ちが視聴者に伝わればよかったのにな・・・
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

今年光っていた韓国の俳優

2006年12月26日 21時34分18秒 | みーはー通信(日々のいろいろ)
ひまひまは、今年も沢山の韓国ドラマを見ましたがその中には本当にキラリと光り、ひまひまの心をとらえた俳優さんが沢山いました。そこで、今回はそんな方々を紹介します。

男優編

チュ・ジフン 「宮」     
彼が、出てきただけで「宮」の画面がグッと引き締まりましたよね!それほど、彼には、人を引き付ける力がありました。彼に後からハグされるのなら、ひまひま何でも我慢しますよ!!(笑)今後の彼の活躍が楽しみです。


オ・マンソク 「ぶどう畑のあの男」     
いや~まさかひまひま、このマンソク氏に参ってしまうとは思ってもおりませんでした。その位このマンソク氏はテッキの役になりきってました。とにかくステキに見えるからしょうがない(笑)ミュージカル俳優さんなのらしいのですが、他のドラマもちょっと見てみたいです。


シン・ドンウク 「悲しみよ、さよなら」「ソウルメイト」「雲の階段」     
はじめて「悲しみよ、さよなら」を見た時は、ぼんぼんの役だった為、ふ~んと言う位にしか思っていなかったのに、回が段々進むにつれステキになっていくドンウクくんを見てから、ひまひまは一気にドンウクくんに嵌り、この長いドラマを見るのが楽しみになりました。そんなドンウクくんも今では主役を張るまでになり、今後が楽しみな俳優さんの1人になりました。


チョン・ジョンミョン 「グッバイソロ」「ファッション70'S」     
最初に彼を見たとき、とても硬派な感じがしたのですがドラマの中の彼は少し違い、もっとソフトな感じでひまひまに迫って来ました。そのギャップにひまひまは参ったのだと思います。今は2月に始まる新しいドラマがとても楽しみです。


キム・ミョンミン 「不良家族」     
このミョンミン氏のステキさは、お顔ではありません(笑)でも、彼を憎めないんですよね~あのお顔からは全く想像できないコミカルな振る舞いがあのドラマを100倍くらい面白くしたと思います。次回作もとても楽しみな役者さんです。



ナムグン・ミン 「薔薇色の人生」「ある素敵な日」     
いや~皆さんに「薔薇色の人生」の彼を見ていただきたい!本当にかわいいよ~彼が出ているシーンは何度繰り返して見たか分かりません。「宮」のシンくんに嵌るのと同じくらい、ひまひまは彼に嵌っていました。




さて、ドラマには彼らのようにキラキラと光っている人の他に、とてもウザく、見ている私達をイライラさせる悪役に徹している人がいてこそドラマがなりたつ部分があります。そこで、次にそんな悪役に徹したステキな人たちを紹介します。

チャン・ドンジク 「薔薇色の人生」「その女」「イヴの反乱」
ひまひまがこの人、不倫相手専門の役者さんなんだ!と思うくらいそういう役ばかりをしていますが、この人が出てくるだけでドラマが凄い状態になる事は確かです。(笑)

チョン・ウンイン 「イヴの反乱」
この人もいつも憎まれ役が多いようなのですが、あのお顔の為により一層ひまひまたちをイライラさせてくれます。

イ・ヒョンジョン「女王の条件」「恋したい」
この人は「女王の条件」で、ひまひまがいままで韓国ドラマを見た中で一番の悪役を演じてます。(それはもう、う~~~~と唸りたいほどのものでした)そのせいか、「恋したい」の中でも悪い男を演じているのですが、本当にこの人キライだわと思わせるほどでしたので、とても演技はお上手なんだと思います。(笑)でも、あんまり見たくないんだけどね・・・

ソン・ヒョンジュ 「薔薇色の人生」「愛情の条件」 
この人は、何気なく人をとても傷つけてしまうという演技が上手です。(本当にのん気なのか、自分勝手なのか分かりませんが、そういう役が本当に上手いです)
しかし、「薔薇色の人生」の前半の頃の夫は、最低の夫だったのですが、その最低の夫を上手く演じていました。



女優編


シム・ヘジン 「宮」「その女」「戻ってきて!スネさん」    
今年はこの方の年だったといっても、過言ではないと思いませんか?去年までは全く知らなかった女優さんだったのに・・・色々な役がやれる方なので、この先もとても楽しみです。



キム・オクビン 「おはよう神様」「オーバー・ザ・レインボー」     
ひまひま、この人も今年知った女優さんです。「おはよう神様」の時も少し気になっていたのですが、「オーバー・・」ではダンスも踊られているのに驚かされました。



ユン・ウネ 「宮」「ぶどう畑のあの男」     
はじけそうな位若々しい所が、本当にかわいかった!「ぶどう畑・・・」では自由奔放な都会の娘が少しずつ田舎の娘になる変化を上手に演じていたと思います。



イ・テラン 「薔薇色の人生」「噂のチル姫」     
以前から好きだったテランさんでしたが、今年は本当にキレイでした。現在も続いている「チル姫」ではお得意のボーイッシュな女性を演じていますが、この人が軍服を脱いで私服になるととてもステキな女性に見えるが好きです。
     


さて、ここで再び悪役に徹した女優人も紹介します。
               
チョ・ミリョン 「女王の条件」
本当にすごい事をズバズバ言い、人を傷つけた後最後にはその見返りが自分にふりかかってくるという役を上手く演じていました。

ヨム・ジョンア 「愛していると言って」
この方は悪役というわけではなく、イヤな女を上手く演じていました。こんな人が自分の彼氏の側にいて、彼を狙っていたらいやだろうな・・・

オ・ユナ 「その女」
この人も、本当に自分勝手な女を上手く演じていました。自分がキレイだと思って自信満々の女をあんなに上手くやれるのは、多少はそう思っているのかしら・・・なんて思わせるほどでした。(笑)



番外編
主役ではなかったのだけれど、彼たちがいてこそドラマが面白くなった事が間違いないので、ここに挙げておきます。

イ・スンギ 「噂のチル姫」     
ママボーイの役を、本当にそうなのか・・・と思わせるほど上手く演じています。
(歌手だと言う事も、あとで知りました)

パク・ヘジン 「噂のチル姫」     
この人に関しては、沢山このドラマで沢山のファンが出来るほど、ハンサムボーイです。今後が本当に楽しみです。


こんなにキラリと光っている人が沢山いたのですね!去年までは結構有名な人にばかり目が行っていましたが、今年はもっと違う人たちにも出会えてよかったです。来年ももっと、もっとステキな人に出会えるのを楽しみにしています。


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

今年一番よかったOST

2006年12月24日 19時35分55秒 | みーはー通信(日々のいろいろ)
さて、今年を振り返る第2弾は今年一番よかったOSTで行こうと思います。

みなさんご存知の通り、韓国ドラマはOSTが素晴らしい!!!

ひまひまも、気に入ったドラマがあると、ついつい買ってしまうのがOSTです。
(ネットで購入すると、1500~2000円で買えてしまうというのが、手軽に買える理由ですよね!)

ここでは、ひまひまが買った物の中で、ひたすら聞きまくった好きなOSTに順位をつけてみようと思います。

    第1位  宮
           
本当によく聞きました。「Perhaps Love」も好きですが、ひまひまは「あなたは・・・私はバカです」の方が好きです。一時期はこの曲が頭の中でぐるぐる回って増した(笑)「宮」も2枚のOSTが出て、2枚とも購入しましたが、やはり1枚目の方を聞きまくったと言う感じがします。


    第2位 このろくでなしの愛
          
実は、これを1位にしようかどうしようか、とても悩んだのですが、ひまひまがこのOSTを買って聞きまくっていたのが、「宮」よりずっと前で、今年の前半だった為記憶として「宮」の方が沢山聞いた気がしているので、こちらが2位になってしまっただけで、1位と大差なかったように思います。
このOSTの中で一番好きなのは、なんといってもひまひまは「夢」です。そして、次が「それでも愛です」でした。シン・スンフン氏の中ではこの曲が一番好きです。このドラマも2枚OSTが出ていて、2枚とも購入しましたが、2枚目はドラマのイメージを大切にしているような曲が多かったような気がしました。

    第3位  復活   ラブホリック   春の日
     
さて、第3位なのですがここからは順位をつけられないので、この3枚を3位にしました。この3枚は頭の中でぐるぐる回るほど聞いたというのではないのですが、結構聞いてました。
でも、この他に「マイガール」「その女」なんかも最近までよく聞いていたので第3位はこれです!と言えないのが残念です。

こうやってみると、だいたい月に1~2枚のOSTを買っていたのにちょっと自分でも驚きました。(今は「ソウルメイト」を予約して待っています)そして、今買おうか迷っているのが「ぶどう畑のあの男」 やっぱり買っちゃおうかな~(笑)

さあ、来年はいったいどんなOSTに出会えるのか、とても楽しみです。                     
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ナイス・エイジ

2006年12月20日 21時26分17秒 | これ行ったよ!(演劇)
ナイス・エイジ       12月20日 PM1:00 世田谷パブリックシアター

                   
                    これが今回のパンフレット!
           
初めて、世田谷パブリックシアターで見たのですが、とてもステキな劇場でした。
あの位のキャパだと、何処から見てもきちんと見えてひまひまが最近出かけた劇場の中では、1番かもしれません。

今回の、ナイロン100℃の公演「ナイス・エイジ」は、ファーストシーンから、ぐいぐいと観客を引き込み、3時間半もあったとは思えないくらい舞台が色々と変るので、飽きる事がありませんでした。

ストーリーに時空を越えるというものが、大部分を占めているのでそれをどのように表すのかと思っていましたが、舞台装置が色々変化し面白かったです。

以前見た時は、犬山イヌ子さんがとても印象的でしたが、今回は何と言っても峰村 リエさんがとても存在感がありました。

そして、大好きな大倉 孝二さん本当に背が高いのですね~、そして今回気付いたのですが、とても痩せているんですね~(本当にステキでした。声もいいですよね~)

ケラさんの舞台は本当に細かい所で笑えますよね~今回もいたるところで笑いがあり、ひまひまは色んな所でクスクスと笑いました。


それと、タイムパトローラーの本部の方のナレーションも面白かった!
タイムパトローラーの328号夫婦が出てくるだけで、ひまひまは可笑しかったわん(あの夫婦の奥さん・池谷 のぶえさんの声も好き)

そして、プランBによって元に戻る現実にも納得でき、なるほどね~と思う終わり方もよかったです。

是非、また次回の公演も行きたいです(チケット取れるかしら・・・)

                  
  箱を開けると、ポスター・シール付きカレンダー・ビジュアルブック・テキストブックが入っていました。

こんな面白いパンフレットにも、ナイロン100℃の遊び心がありました。来年も期待してますよ~              

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大掃除で筋肉痛

2006年12月20日 10時41分11秒 | みーはー通信(日々のいろいろ)
筋肉痛です。それも昨日大掃除なんかしちゃったからです(とほほほ・・)

まあそれもこれも日頃、手抜き手抜きでやってきたツケが溜まっていたからなのでしょうが、足も腕も筋肉痛だよ(≧o≦)

ひまひまは、ワックスがけが好き(変?)なのですが、その為には家財道具をやっこら、やっこらと動かして広くなった所で、えいやーっとワックスをかけると床がピカピカに光、あ~きれいになったと実感できるからです。(やっぱ変?)

リビングと廊下をするだけで、朝の10時からはじめ、終わったのが3時半だったよ!(お昼も取らず我ながら、本当に何でも一気にやる事が好きなんだよな・・・)

でも、ひまひまの大掃除は窓とリビングと廊下だけしか終わっていないので、お風呂場はダンナがやると言っていたので、後は台所・・・台所は気が重いんだよな・・・(あまりにきちゃないからな・・・)


でも、晴れた日にしか大掃除しないと決めているひまひまなので、次のお休みで腫れた時にやってしまわねば・・・(涙)
みなさんは、もう終わりましたか?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年面白かった映画

2006年12月19日 09時48分45秒 | みーはー通信(日々のいろいろ)
今年も残す所あと2週間余りとなり、今年を振り返ってみようと思います。
そこで、今日は映画部門です。

ひまひまは、今年映画館へ足を運んで見たもの、DVDで見たもの、WOWOWやCSで見たものなど、全て合わせて80本位ありました。(この数字が多いのか少ないのかはちょっと分かりませんが・・・)

まあ、ひまひまはここ数年本当に偏った物しか見ていないので、映画を見る時の参考になるとは思えませんが・・・(特にハリウッド作品が少ないのは、リメイク物が多いハリウッド作品にひまひまは今現在なんの興味もないからです)


そこで、自ら足を運んで見た部門と家で見た部門に分けて選びました


映画館など足を運んで見たもの部門

      1位  かもめ食堂     
やっぱりあの雰囲気にやられたかな・・・
             太陽          
私達が知りえない「あの人」の考えなどを普通の人間として描かれていて、興味がもてました。
      3位  グムエル~漢江の怪物~     
単純の楽しめた!こういう映画は理屈ぬきで見たいわ!!


1位が2作品というのもどうなんだ?と言われても、どちらも同じくらい好きだったので許してください。

3位は、息子にいわせるとしょーもない映画というけれど、ひまひまとしては単純に楽しめたので3位にしました。

次点は本当に沢山あり、ここに載せるとそれこそ凄い状況になるので載せませんが、全般的に今年はこれが一番だったわ!という抜きに出たものがなかったのがちょっと残念でした。



家で見たもの部門

       1位 うつせみ     
キム・ギドク作品の中では一番好き!ひまひまはとてもエロチックだと思った作品

       2位 亀は意外と速く泳ぐ     
これを見た時、凄い衝撃でした!久しぶりに、邦画って本当に面白い!とひまひまを思わせた作品でした。
            
            木浦は港だ     
大笑いした韓国作品はこれがはじめてかもしれません。

            トンマッコルへようこそ     ともすれば、悲惨に描かれそうな作品なのにこれがファンタジーとして描かれていたのが好きです。

     

映画館まで足を運んだ作品と家で見た作品を同じ土俵では戦わせるのは無理だと思い、このように分けたのですが少なくともひまひまは本当に見たいものは足を運んでも見たいと思っています。

でも、その時は気付かなくても後になってあれ見とけば良かったわというのもや、チング達にあれは見たほうがいいよなんて教えてもらう事もあるので、この部門もひまひまには必要です。(笑)

「王の男」に関しては、最初家で見た時はさほどの印象がなかったのに、映画館で見た時、あ~やっぱり映画館で見るのは違うなあと実感させられた珍しい体験をさせてくれた作品でした。

今年も本当にこんな偏った見方しか出来ませんでしたが、来年もこんな調子で見続けて行けたらいいなあ・・・と思っています。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

インサイドマン ★★★

2006年12月18日 17時31分48秒 | これ見たよ!(映画)
インサイドマン ★★★    DVDにて視聴

        監督 スパイク・リー
        出演 デンゼル・ワシントン
            クライヴ・オーウェン
            ジョディ・フォスター
            ウィリアム・デフォー


         2006年   アメリカ

1人の男が、銀行を襲う完全犯罪を計画し、4人の仲間で人質を50人近くとり立て篭もるのだった・・・

まず、観たかったのは、監督がスパイク・リーだからなのと、この凄い出演者の顔ぶれ・・・これで、観たくないという人は少ないのではないでしょうか?

始まる音楽もいいし(スパイク・リー作品は音楽も好きなのよ)、のっけから引き込まれるのだけれど、ひまひまはクリストファー・プラマーが出てきた時に、全てが分かってしまったのよ・・・(あんな最初で分かるとは、自分でもちょっとびっくりだったけどね!)(笑)

淡々と銀行強盗が行われていくシーンも、良く考えられていて、観る人を惹きつけるのだけれど、なにせネタがバレちゃったものだからな・・・

作品としては、本当に飽きることなく見せてとても面白かったのですが、ひまひまは最初に分かってしまったので、★3つにしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新酒 2

2006年12月18日 17時17分22秒 | みーはー通信(日々のいろいろ)
いや~嬉しいわ!
たまには、スーパーでもお酒売り場覗いてみなきゃね!
そこで見つけたのが、売れ残っていたワインの新酒!それも、先日のものとは違う会社のものでした。(もうこれ1本きりだったよ!)

             

このワインはマンズワイン 新酒にごり[白] 2006というものです。

実は、ひまひま先日の物も好きなのですが、それよりもこの「にごり」の方が好きなんです。

このワインも新酒の特徴であるようにとても甘く、ジュースの様ですがすこしトロミがあるようにひまひまは思います。

このワインに合う食べ物は何か?と考えてみたのですが、かなり甘いので何かと共に飲むというより、このワインだけで飲むか、アイスクリームなんか結構よさそうだわん。(嬉)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二度目のプロポーズ ★★★

2006年12月16日 19時26分30秒 | 視聴済みドラマ な行
詳しいレビューは「韓ドラの箱」をご覧ください。
STORY
家族の為に尽くしていたミヨンにある日突然ふってわいた夫・ミンソクの愛人騒動・・・そこからミヨンが家族を考え、ひとり生き抜くさまを描いたドラマ


CAST
     チャン・ミヨン・・・オ・ヨンス
     イ・ミンソク・・・キム・ヨンホ
     ナム・ギョンス・・・オ・ジホ
     ファン・ヨンジョン・・・ホ・ヨンラン


KBS   2004年   全22話   KBSワールドにて視聴

最初見た時は、不倫ものなのか?と思ってみていましたが、単にそういうドラマではなく、ミヨンという1人の女性とその周りにに入る人達そして、ミヨンの家族をきちんと描いたもので、楽しめました。(本当は★3つ半です)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

鉄コン筋クリート(試写会) ★★★

2006年12月15日 01時35分04秒 | これ見たよ!(映画)
鉄コン筋クリート ★★★     試写会にて視聴

         監督 マイケル・アリアス
         出演(声) 二宮和也
               蒼井 優
               伊勢谷 友介
               宮藤 官九郎

          2006年  日本



とても見たかった、「鉄コン筋クリート」の試写会が当たったので、行ってきました。

              

いや~、驚いた!!
何に驚いたかって?それはもう、シロ=蒼井 優が本当にピタリとはまっていて、まさに、シロは蒼井 優しかいなかった!と思わせたところです。

ひまひまは、松本 大洋さんの大ファンで、多分松本ファンの多くが、いったいシロは誰がやり、あのイメージを壊さないでできるのか!ということがとても大きな壁であったように思うのですが、蒼井 優は期待を裏切りませんよ!!((蒼井 優さんは本当に色々なことが出来る人なんですね~)

映画全体の雰囲気も原作のイメージを壊す物でなく、私達をがっかりさせることもありません。

クロとシロが一時期別れる時のシーンでも、ひまひまはコミック同様ちょっとウルッときちゃったもの・・・

ただ、ひとつひまひまが思ったのは後半にクロが豹変するところ・・・原作では本当に怖いクロを描いていたと思うのですが、クロの狂気の部分があまり怖くなかったところ・・・

でも、街の描き方も、声優さんたちもとてもよかったように思いました。



番外編
ダンナが本屋さんで見た評の中に、誰と一緒に行くのがいいか?と言う中に夫婦で行くというのに、★が0だったそうです。そんな夫婦向きでない映画にダンナと数年ぶりに一緒に行ったひまひまっていったい・・・

でもひまひまたちは、面白かったからいいけどね!(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三年身篭る ★

2006年12月12日 16時38分41秒 | これ見たよ!(映画)
三年身篭る ★      DVDにて視聴

        監督 唯野 未歩子
        出演 中島 知子
            西島 秀俊
            木内 みどり
            塩見 三省

        2005年   日本

冬子は妊娠9ヶ月を迎え、もうすぐ母親になるという実感が湧かないまま、生まれてくる子供の個性を守ろうと生活している。
しかし、夫・徹は冬子以上に実感がなく、毎日愛人とデートしている。冬子はそんな夫と愛人の関係はいずれは終わると思っていて、それに関しては興味なしといった感じである。予定日をとうに過ぎた妊娠18ヶ月たっても子供は生まれてこないが・・・

なんとも不思議な作品だった。
コメディーでもなく、ホラーでもない3年間子供を身篭った1人の女とその周りの人間を描いた作品です。
題材もキャストもいいのですが、ひまひまにはどうしても、中島知子さんの演技がすんなりと入ってこなかった・・・(特に出産シーンなど)

人間の怒りや喜びまでもが、あんなに淡々と描かれてしまうと、見ているこちらとしては「ふ~ん、それで・・・」という感想しか出てこない。

3年身篭っている間に、夫もあれだけ変ったのならもっとそこを深く描くとかすればいいのだけれど、そうでもないし・・・なので、子供が誕生しても喜びがこちらに伝わってこない。

ひまひまが、期待しすぎたのがいけなかったのかな・・・

しかし、特筆すべき事は描かれたあの料理・・・とても、美味しそうだったわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KNTV 特別上映会

2006年12月11日 00時30分55秒 | これ行ったよ!(イベント)、CLAZZIQUAI
KNTVが主催する特別上映会にチングと一緒に行ってきました。

特別上映されたものは「春の日」「ある素敵な日」でした。
ひまひまが、見たかったのは「ある素敵な日」
コン・ユ氏が主演だと聞き、ず~っと前から見たいよ~と思っていたので、1話だけでも雰囲気を感じられて良かったです。

上映会なので、お客さんのテンションもさほど高くなく、司会の方の語りかけに、みなが反応せず、盛り上がらないのは、まあしょうがないかな・・・・

最初は「春の日」で、この上映が終わった時点で、帰る方もちらほら・・・
15分の休憩後に「ある素敵な日」の上映でした。

そのあと、それぞれについてのクイズがあり、その時は賞品があると聞き、反応するお客さんも多くいました。


ロビーでは、俳優のポスターや来年のカレンダー、DVDやCDまで100円から本当に安く(定価の1/10くらいで)KNTVさんが沢山の品物を出してくれました。(ひまひまは何も買わなかったけど、キム・レウォン氏の来年の卓上カレンダーも100円で出ていて、沢山の方が色々な物を買っていました)

日曜日にチングと何気にいけるイベントを開いてくれたKNTVさんコマオヨ~!

               
本日のおみやは、ポスター2枚・クリアファイル・「ある素敵な日」のOST・手提げ袋でした。

お土産のOSTは「春の日」「ある素敵な日」のうち好きな方を1枚いただけました。(ひまひまは「春の日」は持っているので、「ある素敵な日」のOSTをいただきました)

イベントの内容はいまひとつ盛り上がりませんでしたが、こんなに沢山のおみやまでいただけ、久しぶりにチングにも会え、楽しいひと時を過ごさせていただきよかったわん。               
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加