爺々のひとりごと

毎日目にする何気ない風景そして風物詩気ままに書き綴っていきたいな

山百合の里と古刹西蓮寺

2017年07月20日 | 日記

ヤマユリが見頃との新聞報道出かけることに
霞ヶ浦東湖畔に位置する行方市の山林で咲いている 地元ボランティア活動により二万株の山百合が咲き誇る関東随一の山百合の自生地だそうだほぼ十年ぶりの訪れとなった
いつもは ゴルフ場へのルート慣れた一時間ほどのドライブ
竹で作られたトンネルをくぐります

      

青々とした水田の向こうに目指す山百合の里

      

やはり新聞報道の効果大 平日なのに人出は 多かった

      
        山林の至る所に山百合が 甘い香りが漂ってました

やはりユリの王様輝いてました

      

珍しい紅すじ山百合が紹介されてました
山百合の中で一番綺麗 病気に弱く滅多に見られない 一万株で一本の割合で見られるとのこと

      
             これが紅すじ山百合

山百合堪能の後お隣の西蓮寺へ
延暦元年(782年)天台宗の寺院として創建された 以前は 仏壇に飾り付ける戒名を書き込んだ掛け軸この寺でしか発行しなかったようで祖父の新盆の際飾り付けのためS56年父と訪れた思い出が
今では 各菩提寺で発行してます
仁王門は 国指定重要文化財

      
                  仁王門

相輪橖(そうりんとう)国指定重要文化財
元寇(弘安の役)戦勝を記念し建立された 高さ9.1m 全体として錫杖形
基壇 橖身 頭部の三つに分けられ  
相輪橖は 天台宗の象徴 比叡山延暦寺と日光輪王寺と並び貴重なもの

         

さあお待ちかね御朱印頂きました

         

帰り道霞ヶ浦東湖岸土浦まで通り抜けレンコン生産日本一ハスの花撮影したいと思う
土日ですと観光帆引き船が運航するのですが

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

我が家の畑

2017年07月17日 | 日記

筑波山877m 日本百名山の中で一番低い山 県民の象徴誰しもが一度は 登っている
周囲は 一変したがその姿は 昔のまんま優しく私たちを見守る 
おばあちゃんがよく言ったものだ山頂に雲がかかると雨 不思議と当たったものだ

      
              我が家付近からの筑波山

この右側に畑があり時々覗いてます メインは 草刈り花の撮影
このくそ暑い日に草刈りこの筑波山からパワーを頂き動いているのかも知れない
私は 仲間と500㎡の蕎麦栽培日常の管理と花木 桜六本 ハナミズキ など
果実 杏 梅 栗 枇杷 柿など
花 グラジオラス200㎡ ジャーマンアイリス コスモスなど コキアは 残念ながら発芽しませんでした
ウォーキング方たちから楽しみですとの言葉が嬉しくて でも手入れしなくてもいいものばかり
それからコンニャクも私の担当
畑を覗くと雲雀が舞い降りました私を見付け桜の支柱に止まりました
巣を偽装するのかも でも降りる時より舞い上がる付近に巣は あると言われてます

      
             ヒバリ意外と精悍な顔つき

蕎麦畑草が生え出ましたのでトラクターで耕すことに親類からの頂きものですが重宝してます
右左から往復します 見た目はいいのですが
ただ縁に乗り上げる際深くなります 最後の仕上げ 右端に凹凸がやはりアマチュア 八月には種蒔きその時プロの仲間にお願いします

      

手入れしない蕎麦畑昨年の刈り取りの種から発芽したのでしょう

      
           蕎麦の花 例年八月末種蒔き九月開花

手作り用コンニャク先般珍しい花をつけたコンニャクご紹介

      
         草むらの中で逞しくはたして何個使えますか

私の担当は 好きなものだけ植えこみお世話は なし
良妻担当私がお好みのもの育ててくれます ありがたい 我が家の食材もここで 手入れも完璧
ハクビシン カラス対策も やはりこの時期スイカ最高 子供の頃井戸に吊り下げて冷やしたもの
今では 冷蔵庫から取り出し冷えたスイカ食べられます

      
                スイカ

とうもろこしこれも大好き 天敵は カラス

      
                とうもろこし

極めつけは 綿も育ててくれました
ジョージア州アトランタ 映画 風と共に去りぬ 綿花畑の風景が思い起こされます
数年前育ててくれ花がきれいでしたのでリクエスト 花は後日ご紹介

      
           これが綿なのです 糸は とりません

猛暑の中ほんの少々草刈り 良妻の依頼でトラクターで畑耕しました 
そして冷えたスイカを口に これがこの夏最高の楽しみなんです

筑波山と我が良妻に感謝 感謝 明日も暑くなりそうだ

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥の楽園

2017年07月14日 | 日記

先般キジの巣作りご紹介しましたが今回なんと庭先にヒヨドリの巣作り発見
ヒヨドリは 我が家の制空権を握りスズメ メジロ等に餌を用意すると大きな声を張り上げ急降下他の鳥を追い払うしかも野菜など食い荒らし農家の方たちに嫌われる
狩猟鳥の指定を受けている嫌われ者
南天 千両など飾り物の実を食いつくし未消化のまま排泄し種子を運ぶ鳥としても知られる
春に白い花をつけるハナミズキの下をくぐると鳥が飛び立ったヒヨドリだ

         
               ハナミズキ

近づいてみますと中央やや下に巣が

     
              小さな巣でした

カラスなどの天敵を避けるため人の気配がする家の近くに巣作りしたのでしょう
それともご主人やさしそうだから?
近くの電線で相方が見守ってるようです いつも泣き続けてます安全確認を知らせてるのでしょう

     

生態観察しますと抱卵は メスの仕事 人が近くを通りかかりますと飛び立ち帰巣するときには 必ずオスがエスコートします夫婦愛は 我が家以上 姿は 見えませんが見守ってること知らせるのか鳴き続けてます
嫌われ者のヒヨドリですがこれも何かの縁 無事に巣立って欲しい

我が家には ヒヨドリの他スズメ メジロ セキレイ ウグイス キジバト等が訪れます
厄介者カラス ビニール袋見つけては 孔だらけ 困った者
ここで我が家を訪れた鳥たちいくつかご紹介まさに鳥の楽園
ヒヨドリ巣の近くの水たまりでスズメが気持ちよく入浴中

     
               混浴なのかも

これがメジロ桜 椿の蜜や柿を狙って見かけますが動きが早く撮影出来ません
数年前ハゼの実を食べる瞬間撮影成功

     

春にカメラマンが我が竹やぶでウグイス狙ってましたが失敗それほど野鳥の撮影は 難しい
これは まさに偶然巨大な鳥が屋根の上に
どうやらアオサギのようだ 急いで撮影

    
           アオサギ威風堂々見渡しています

どうでしたか我が家は いつでもウエルカム
周りの風景一変しましたが人情 建屋は 昔のまんま 是非お出掛けください


 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

庭先も夏模様

2017年07月11日 | 日記

九州地方豪雨悲惨な光景が映像で流れる心よお見舞い申し上げます
我が地方猛暑の連続庭先の花も夏模様ご紹介します
夏の代表は 芙蓉 ムクゲだが何故か芙蓉消えました

     
             ムクゲは 夏の代表

ユリの女王カサブランカ スペイン語で白い家と言うらしい
この花を見ると映画カサブランカが思い出される ボガードとバーグマンのセリフ
夕べ何なさいました そんな昔のこと忘れた
今夜会ってくださいます そんな先のことわからない

     
              残念ながら赤いユリ

キキョウ 花言葉は 永遠の愛 誠実
明智光秀の家紋として知られる

     
                 キキョウ

北海道富良野が知れ渡りますが我が家でもほんの少々

     
           ラベンダーせめて気持ちは 北海道

アガパンサスこの時期に似合います

     
                 アガパンサス

我が荒れ放題の畑で見られます ギリシャ語でらせん状の花に由来するそうです
白の花は 珍品だとか見つかれません

          
                 ネジバナ

暑い暑いこの暑さなんなんだ
せめて庭先の花が一服の清涼剤になってくれればいいのかな 無理だろな

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も巣作り

2017年07月08日 | 日記

荒れ放題我が家の畑が好きなのか毎年のように雉が巣作りする
以前ご紹介してた通り昨年巣作りした付近の草そのままにしておいた
雉の生態一部ご紹介優雅な雄は 縄張りを守るだけ子育ては 牝の仕事
さていつものように草刈りの前確認しが今年は なかったよう
草刈り始めると雉の雄が現れた私の観察によると巣から人間の目を優雅な雄にひきつける意味があるのか巣に近づくと現れる 抱卵中の牝に注意するのか鳴き声を上げる
草刈り開始すると雄が現れた もしかすると巣が近くにあるのかも

      

昨年巣作りした付近草を残しておきましたが刈り取ることに

      
                  右側付近

結局この付近には ありませんでした

      
            なんと青天井のスギナの中で卵発見

急に産気づき卵を産み落としたのかな 卵割られキミもあり天敵に襲われたのでは 無さそう

草刈りを進めると刈払機の先から雉が飛び立ちました
毎年の事ですが抱卵中の牝は 近づいても必死卵を守る姿に感動します
一度確認したのですがまさかこんな所に草なんかないのですが

      
               卵六個ありました

上の小丸が最初発見した卵下の大丸印が巣 草で偽装しました

      

偽装してもカラスなどの天敵に襲われます 果たしてうまく巣立ちしてくれるのかな
なぜこんな荒れ放題我が畑が好きなのかな
農家の方に嫌われる雉なのですが我が家は ウエルカム いつでもどうぞ
巣作りの場所確保しておきますから 草刈りが面倒なぐうたらご主人の願望なのかも

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

今が旬

2017年07月05日 | 日記

枇杷 柿が屋敷内にあり子供の頃季節になるとよじ登って食べたものだ
今の子供たち見向きもしないが摘んでやるとお美味しいと言いながら口にする
この時期枇杷 杏の季節ジューシーで好きな果物だ
この枇杷は 孫娘誕生記念樹ですから十六年になります
美味しくてカラスの標的になってます

      
            本場は 房総冨浦ですが

畑には 友人から頂いて美味しかったので植えこんだ 四年目
  枇杷 柿 ミニリンゴ ネクタリン ポポー 金柑 イチジク等があります(食べられるのは
三種類赤) 楽しみ
果実 花は 私が担当 野菜は 賢妻担当

      
        杏 花もきれい美味しいんです 二本あります

この時期見頃は 夏椿白くて清楚 朝に開花して夕方には 落花するはかない命 
花言葉 はかない美しさ 
別名シャラノキ仏教の聖樹沙羅樹に例えられる


      
                 夏椿

昨年移植しました 結構見栄えがします

      
       アストロメリア増えやすいので来年が楽しみ

早いものでもう一年の折り返し
グラジオラスそしてカサブランカ蕾も膨らみ 花は 夏模様
暑くなりました


コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花

2017年07月02日 | 日記

アジサイが好きで道路沿いに三十数株ほど株分け移植 人呼んでアジサイ通り
通りがかりの方も楽しみのようだ
お隣さんのブルーが一際輝いて咲いている 我が家と色が違うよう
頂いて挿し木することに

      
                  青いアジサイ

二葉残して挿し木 蒸発防ぐため葉を半分にカット

      
                果たして根付きますか

後日今度は 真っ赤なアジサイご近所さんから頂き十株ほどになりました
青から二週間三株ほど元気 赤から一週間まだ判明不能後日ご紹介
NHK趣味の園芸時々見てますがつい先日アジサイが放映 アジサイの咲き方には 二種類
手まり咲 花が集まって玉のように咲く

          
                手まり咲

ガク咲 花に見えるのがガク虫を呼ぶための飾り 実際の花は 中央部分綿毛のよう
撮影方法も教えてくれました
青のガクアジサイ
青味を加えることで雨の感じを出すことができる WB設定は 白熱電球にして青味を出す
真上から撮影して花を夜空に瞬く星に見立てて輝きを増した星が浮きたちアジサイがまるで宇宙のように見える
果たしてどうなりましたか撮影して見ました

      
                  ? ? ?

いかがでしょうか宇宙にみえますか 写真って難しいもんですね
早いもので一年の半分経過 週明けは 猛暑だとか梅雨明けも早くなりそうだ
アジサイも終盤グラジオラスやムクゲの季節 もう夏だ

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

輝かしい孫

2017年06月29日 | 日記

なんでそんなに可愛いのかよ 孫という名の宝もの(孫より)
孫娘のお姉ちゃんが昨年の今頃茨城県中学陸上競技大会100m決勝駆け抜けた
2019茨城国体でメイン会場となる笠松運動公園陸上競技場でだ 準決勝進出は 知ってたので応援に 決勝なんて思いも寄りませんでした アップする姿やメインスタンド前を走る姿は 孫が遠い存在になりました今は 高校で陸上部に属してるようだ
昨年ご紹介しましたがつい先日陸上日本選手権100mで夢の9秒台記録かなんて大騒ぎついつい思い出しました
妹も負けずに大活躍小学二年生からシンクロクラブチームに参加 只今中学二年生
四月には スイマー憧れの聖地東京辰巳国際水泳場で日本水泳選手権シンクロナイズドスイミング大会が開かれクラブチームとして参加オリンピック代表選手たちと泳ぎましたこれまた爺婆は 大喜びご紹介いたしました
今度は 茨城県南地区中学校総合体育大会水泳競技が取手市内のプールて開催
専門はシンクロですが代表に選ばれたようだ応援に
辰巳プールとは 比較になりませんが応援熱気は 日本選手権以上最高潮

     
              ガラス窓越しの応援

一種目目は 400m いよいよ登場 6レーン

     
             緊張してるのかな体が小さい

     
       スタートは 足を前後に練習したことあるのかな

     

     
            ガンバレ ガンバレ

二種目目/100m

             
                 トンボ返りターンもよく覚えました

     
          やはり100m水しぶきが違います

     
            100m素人なのになんと1位

最終的には 100mが県大会出場のようでした 練習もしてないのに母校のため頑張りました
肝心のシンクロつい先日横浜で関東地区の予選 決勝は 八月あの辰巳国際プール
そしてジュニアオリンピックは 札幌のようだ
ママが多忙のよう週五日間のプール送りは 爺の担当 銭は 協力出来ないので車出し位は
応援してます
夢のような舞台で活躍する孫たち輝いてます 爺からもまぶしく見えるようです
我が家のDNAでトップは 無理スポーツの楽しさ 苦しさを味わってくれればいいさ
そしていい戦友たちとこれからよい友だちであって欲しい 沢山ともだち作って欲しい
爺婆も頑張るから
本日は 孫自慢させて頂きました



 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

初夏のらん展

2017年06月26日 | 日記

筑波実験植物園では 毎年十二月にラン展が開催され温室内レンズが曇り撮影に閉口する
この時期初めての開催 その心配もなく出かけた
つくば洋ラン会の皆さん栽培熱心で東京ドームで開催される世界ラン展には 出品し日本大賞三度受賞しているほどだ そのお世話は 大変のよう
植物園四季折々花を愛でに訪れ楽しんでいる
私の撮影技術では 無理かも知れませんがその魅力の一端ご紹介

    

    
                最優秀作品

    

    

    

如何でしたでしょうかここまでにするのにご苦労があったでしょう
園内一周
花のすぐ下につく葉の半分だけが白くなることから半化粧(はんげしょう)と言われます
花の替わりに虫を誘う役割があると考えられる
夏至から11日目を半夏生と言い天候によって稲作の出来を占います

    
                半化粧

温室内に入るとアカバナナが見頃NO1
高いところにバナナの房がついてます その下に伸びるのは 花の集まりで暗紫色の苞の内側に並んだ花が咲きながら下へ下へと伸びています

         
               アカバナナ

世界最大の花ショクダイオオコンニャク昨年は 花をつけましたが気まぐれ今年は 巨木になってました 開花が待ち望まれます

         
            でかいショクダイコンニャク

植物園四季折々訪ねて楽しんでます
次は どんな花が待ってるのかな楽しみだな

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花の大宝八幡宮とレトロな駅

2017年06月22日 | 日記

大宝八幡宮は 県西で知れ渡るお社で関東最古の八幡様
ご本殿は 国の重要文化財に指定され境内は 南北朝時代の大宝城跡で国の史跡に指定されてます 
大宝元年(901年)対馬で金が発見され天皇に奉納され朝廷は 大喜び大宝元年と改めその年に創建されたのが大宝八幡宮 金の発見された年縁起の良い年に創建されたことから宝くじの当たる神社として知られてるようだ
年末が楽しみだ

     
                  拝殿

早速御朱印いただきました

         

名物のあじさい苑へ

    
            木漏れ日の中楽しみました

    
               見頃に近かった

    
              鮮やかに輝いてました

境内の一角に土俵が 先日の新聞で大相撲高砂部屋が合宿したニュースが

    
               その土俵

近くを関東鉄道常総線が走ってます 取手ー下館間結んでるローカル線一作年鬼怒川の決壊で大被害運休してました(ニュースで全国に流れました)
大正時代の面影を残す騰波ノ江駅へ十年ぶりに立ち寄りました
映画下妻物語やドラマ 音楽のプロモーションにも使われてます

    
              書体も大正時代

木漏れ日のアジサイ撮影のためレンズ単焦点にしたまま 遠近の撮影が難しかった

    
             丁度ディーゼルカー入線

    
            ホームの椅子は 木製

今回古刹巡りそしてアジサイ何より赤く輝いてた小麦畑まさに麦秋感じることが出来ました
賢妻いつもは 孫たちの世話グウタラな当主に替わりに野菜作り一瞬でも忙しさ忘れてくれたかな
年に数えるだけになったドライブ昔は ナビゲーター地図とにらめっこ こっくりこっくり頭揺らしてましたが今は カーナビ装備任務は 無くなりましたが脇にいるだけで安心するものです  次回は 日本のグランドキャニオン笠間の砕石場狙ってますがいつになりますか




 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加