爺々のひとりごと

毎日目にする何気ない風景そして風物詩気ままに書き綴っていきたいな

コンニャク

2016年12月10日 | 日記

コンニャクの産地 群馬県下仁田 我が県の大子地区が知られている
この辺りでは 冬至 大晦日 お正月 節分祭りに食べる習慣
コンニャクは 砂おろし と言い 体内に溜まった砂を出し コンニャク 砂のほうきと言われるそうだ
毎年師走中旬にお正月用のしめ飾り コンニャク作りをしてする どうも栽培が上手くいかず
友人の芋使ってるがどうやら今年は 使えそう
四ー五年物だと思われる夏頃撮影しました 熱帯植物のようでグロテスク

        

稀にタワーのような花を咲かせますがそうなるとコンニャクには 使えません
コンニャクの花は 巨大で新聞等で報道されます 世界最大の花ショクダイオオコンニャクそっくり今年も筑波実験植物園で見ることが出来ました
10月中旬葉が枯れかけました

   

掘り上げ時期かと思い スコップを
なんと巨大コンニャク芋が出現 芋の周りに子芋がびっしり三四年後が楽しみで埋め戻しておきました

   

計測しましたら1.7kg 皮を剥いても1kg以上と予想されます
一家族でで500gですから大きさが分かります
メンバー八人ですからあと三個必要ですが友が巨大芋届けてくれました
今年は 19日にお正月のしめ飾りと手作りコンニャク行います
師走も半ばお正月まで二十日余り早いものです



 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ウォーキングコース

2016年12月06日 | 日記

悪天候以外は ほぼ毎日メタボ気味の我が賢妻に引き立てられウォーキング
四コースあり今回紅葉が映える7,000歩コースご紹介
先ず初めは 我が家の真赤っかを

    
    親が植えこんだ思われますが大きくなりません ずっとこのまんま

ハゼが大好きで十本ほど植えこみましたが鳥が実を運びご近所さんにも育ってます

    
          ハゼ漆系なので触ると皮膚が被れます

ユズのバックにハゼが

    
             ユズの黄色とハゼの赤が

これからが我がウォーキングコース最先端宇宙航空研究開発機構JAXA付近桜は 名所として知られますが紅葉も美しかった

     
               真っ赤に染まってました

JAXA前 東大通 とうだいどおりでは ありません ひがしおおどおりです

    
     左JAXA 直進つくば中心部から筑波山方面日本の道百選のひとつ

この辺りから折り返しますと7,000歩ですが紅葉が美しい並木公園へ
妻の買い物でお付き合い時々池の周りを歩いてます

    
               紅葉が見頃

身近な所に見どころが一杯 8,000歩でこんなに素晴らしい光景が
足利フラワーパークイルミネーションや蕎麦の脱穀など旬の話題がありましたので
この写真の時期は 十一月中旬から下旬でした
今では 筑波山が微笑みかけ落ち葉が舞い赤い絨毯の上を歩いてます 超気持ちいい

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

オジサンたちの熱い闘いの最終章

2016年12月02日 | 日記

仲間と蕎麦栽培始めてほぼ十年余り今年は 例年より十日遅れの九月一日の種蒔き
全国に誇るブランド品種 常陸秋そば 在来品種を元に農業試験場が1987年品種登録 風味に優れ甘味や香りが抜群大粒で台風の影響も受けやすい
害虫や台風に心配しながら十一月中旬刈り取りしたものの天候不順天日干しに日数がかかり下旬やっと脱穀 歳とともに作業が短縮された
天日干しした蕎麦の束をバットで実を落とします

      
           作業開始後方では実を選別する唐箕設営

落とした実 茎の一部と分けます

      
                ふるいを使います

先人の工夫は 絶大 羽を回転させ風力でゴミと実を選別します

      
         唐箕これ最適 昔は こんな光景が見られたものです

約70分の作業 収穫は 45kg予定以上かな
収穫した蕎麦の実三四日天日干し

      
                特等席で天日干し

以前は 天日干し後実をお盆に乗せ泥や石を手で除いたものでしたが今では 古い精米機で
実を磨き上げます 楽になりました
十二月上旬には 待望の新蕎麦誕生
こうしてオジサンたちの九十日間の闘いは 終わった
次回は 新蕎麦打ち 冬至用の手作りこんにゃくとお正月用のしめ飾り作り 大晦日の年越しそば打ち
早いものです こうして一年は 過ぎていきます

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

ファンタジー光と花の庭

2016年11月28日 | 日記

下野 上州路最終章足利フラワーパークイルミネーションへ
関東三大イルミネーション全国イルミネーションランキング第一位に選ばれたこともあると言われている
どんな世界が待っているのでしょうか
奇蹟の大藤 フラワーパークのシンボル 樹齢140年の藤棚 藤の花が咲き広がっていく様子を光で表現します

      
            藤の大木が見えるよう夕暮れの時撮影しました

光のフラワーステージ 色とりどりに変化するバラ

      
                   幻想的

      
                    池の水面には

      
                  白藤のトンネル

            
              シンボルのイルミネーションタワー

今日夜は スーパームーン前々日 銀河鉄道が月に向かってます

      
        スーパームーンは イルミネーション 右レインボーマジッ

みんなの地球 地球のまわりに多くの仲間たちがにぎやかに現れます

      

ほんもののスーパームーンが撮りたくて

      
          タワーとピラミッド中央に本物のスーパームーンが11/12前々日

開門間近この場所に写真愛好家が大砲のような望遠レンズで狙ってました
フラーワーパー案内書もこのアングルのようでした
私も狙ってみましたが
光のピラミッド 大地 太陽 自然 空 平和をイメージしてるそうだ
狙いは 人間のシルエットで引き立たてようとしました
後ろは スノーワールド 教会に雪が降り注いでます 左にオーロラが

      

念願の足利フラワーパークイルミネーション訪れることも出来ました
折からニュースでも取り上げられたスーパームーンとのコラボ でもイルミネーションの撮影難しかった
弁天池 磯山弁財天そして高津戸渓谷 佐野厄除大師と盛りだくさんのコースでした
新車にして初めての遠出帰宅のコース最適エコノミーコースでカーナビ設定走ること三十数分
畑のみ家は 見当たらず 不安真っ暗闇で引き返し知ってた国道へ
相変わらずの珍道中になりました
でも楽しかったす


       

      

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

十一月の降雪

2016年11月26日 | 日記

足利イルミネーションご紹介予定でしたが
ニュースでも放映された季節外れの大雪ご紹介
都心では 五十四年ぶり水戸では 三十一年ぶりの雪だとか つくばは 県内最高で4cmだった
七時ごろまで雨でしたが急に雪が カメラ庭に向けてみました

    
                すごい雪

    
      ほぼ同じ光景でしたがホワイトバランス白熱灯に 一枚目オート

どうだんつつじも雪で白く

    
               セピア調にしてみました

おおてまり樹氷のよう 子供の頃花びらぶつけ合いしたことも まさに花合戦

    

孟宗竹林も雪景色 厄介者も雪に映えてました

    

最近雪が少なくなったよう
子供の頃父に背負われて登校した記憶が
過保護のせいか犬は(昔は 放し飼いしてたのかも) 喜び庭駆け回る 猫の姿も見られなくなりました 雪だるまも見られません
少子化で子供たちの遊ぶ姿は なく爺婆だけがコタツで丸くなってます

田舎の撮影は セピア調が似合うものだと再確認しました


コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

名勝高津戸溪へ

2016年11月24日 | 日記

上州路への二人旅は 十年ぶり 足利フラワーパークの大藤から太田の芝桜以来かも
上州名物空っ風とかかあ天下は 知られている
養蚕が盛んで女性の仕事からそう言われてるのだとか
高津戸渓紅葉が渓谷沿いに映えると言われ立ち寄ることに  
はねたき橋を渡ります

       

橋からは 渓谷沿いに遊歩道500m先に目指す高津戸橋が見えます 歩くことに

      
         赤い橋がゴール紅葉は 期待したほど輝いてませんでした

渓谷沿いに遊歩道が

      
                   右手に渡良瀬川が

      
                 流れも清らか

川原に降りてみますと 高津戸橋が大きく見えます

      
                  もうすぐゴール

ゴール高津戸橋からこんな絶景が
奥に赤城山 三角の橋がスタートのはねたき橋

           
                 見事なコントラスト

渓谷沿いにゆったり散歩 これが何よりの思い出
最終章の足利フラワーパークイルミネーションのため戻ることに
三十年ぶりに関東三大厄除け大師 佐野厄除け大師へ
殆ど記憶は ありませんでした

     
             参詣者でにぎわってました

境内では 菊祭りが 覗いて見ました

     
          優秀作品 品名 晴れ姿 お見事でした

私の厄除けは お祈りしたし 頑張る孫たちにお守りを求めたし
いよいよ最終章足利フラワーパークのイルミネーションどんな世界が待ち受けてるのか
お楽しみに

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

下野から上州路へ

2016年11月21日 | 日記

足利フラワーパークイルミネーション(関東三大イルミネーション)が話題に上る
見てみたいが寒さが苦手諦めてたがなんと十月末より開催とのこと 名物大藤は 数年前見ましたが天気予報と予定にらめっこ 急遽出かけた
先月訪れた筑波山麓過ぎるころ見事な雲海が 天もお出かけを祝福してるようだ
以前会津で雲海見られたがベストポジション探してる間に消えてしまった
その教訓から気に入った光景が目に入った時撮影することに 

      
              雲海が 右奥が筑波山

まずは 佐野 清水で知られる出流原弁天池へ
日本名水百選の一つで栃木県の天然記念物に指定されている

  
  紅葉が水面に映えます 鴨もスイスイ        紅葉と錦鯉とのコラボ

       
             湧出源付近 清らかに澄んでました

隣の磯山弁財天へ

           
                   山門と拝殿

朱塗りの弁天堂は 三層の舞台造りになっており 水の神様の遣いである白蛇が至る所に見える

      
            山門をくぐり見上げるとまさに清水寺

懸造 山の中腹や斜面 急峻な崖に造られ釘一本も使用しない日本独自の建築
130数段の石段上ると舞台が まさに清水寺

       
              何をお祈りしてるのでしょうか


       
                  拝殿の奥 壁は山の石灰岩

今回初めての訪れました 池も清らか弁財天は まさに清水寺驚きました
次は 上州紅葉の名所へ

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

蕎麦の刈り取り

2016年11月18日 | 日記

オジサンたちの楽しい集まり蕎麦会月一集合
例年蕎麦の種蒔きは 盆明け今年は 温暖化を見込んで十日遅れ九月一日(蕎麦は 台風 害虫 
霜が大敵)ですので霜が降りる前に刈り取り
いつものメンバーが集まった
二回ほど鎌で手刈りしましたが今は 刈払い機刈り取る 時間も早い

     
             刈り取り 束ねる 結ぶ 運ぶ班編成

さすが同級生息もぴったり

           
                筑波山も微笑んでるよう

楽しいおしゃべりの中作業は 進み ほぼ終了

      
                  西日も傾きました  

天日干しのため竹竿に刈り取った蕎麦を立てかけます

        
     
鳥たちの襲来に備え上をビニールシートで覆います

      

十日間ほど天日干しの後最終章脱穀となります
オジサンたちの熱い闘いは 長いようでも九十日間なんです
歳と共に工夫を凝らし時間も短縮今回も一時間四十分で終了 さあ収穫は 何kgになるかな(栽培面積は 500㎡)予想は 40kg
下旬に脱穀十二月上旬には 新蕎麦誕生 楽しみは 続きます

刈り取り前の蕎麦の実忘れてましたのでご紹介

      
                 実り具合よさそう
 

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

スーパームーン

2016年11月16日 | 日記

月が地球に近づき満月が大きく見えるスーパームーンがマスコミに取り上げられた
地球との距離は 約500,000kmから356,000kmに近づく 明るさは 三割増し68年ぶりらしい
日にちは11月14日関東地方小雨でしたので前夜のお月様

      
                スーパームーン前夜のお月様

月の出間近が撮影に最適らしいのですが東の上空に差し掛かった時間でした
子供の頃は お月様でうさぎが餅つきしてるんだなんて言われたものでした
国によっては カニ などに見えると言われてます
今では 人間が月に到達する時代になりました
次のスーパームーンは 十八年後だとか 今回見られなかった方へご紹介いたしました
十六夜の月の出も見られませんでした
十七夜月の出見られれば写真だけでもアップさせていただきます
柄にもなくただなんとなく夜空を見上げるのが好き 青春真っ盛りのオジサンからのリポートでした

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

忘れてました

2016年11月14日 | 日記

シイタケには コナラ ナメコには 桜に植菌し楽しんでいる
シイタケ(2012年植菌)殆ど出て来ず ふとナメコのほだぎを覆う寒冷紗開けて見るとなんとナメコが生えてるでは ありませんか2011年3月に植菌したものでした 私のために生え出るとは 孝行息子だ
普通は 4年目位で出なくなるもの
黄色い妖精たちご紹介

         
          湿気を保つため寒冷紗で覆ってます

ナメコの存在忘れてました

     
                 少々育ちすぎ

大きくなり過ぎは 麺つゆで煮込むと美味 私は これが好きだ

      
             この部分は 最適 味噌汁に使えます

      
          これは 小さすぎしばらく待ってみます

      
                  左煮込み 右味噌汁

私キノコ大好き 昔は 近くの山林で 採れたものですか開発されたり管理不行き届きで荒れ放題
天然キノコは 無理
植菌したシイタケ ナメコを楽しむしかない でも今回忘れかけたナメコが生え出るとは 驚きだ


コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加