爺々のひとりごと

毎日目にする何気ない風景そして風物詩気ままに書き綴っていきたいな

国土地理院へ

2017年01月14日 | 日記

国土地理院 地図と測量の科学館へ久しぶり訪ねた
直径32m測地用のアンテナとしては 世界最大級巨大アンテナが18年の運用終え三月までに解体撤去されることになりこの目に焼き付けておきたかった

      
            星がつたえる大地の動き VLBIの文字が

VLBIとは
はるか数十億光年離れた天体が出す電波を世界各地のアンテナで受信し到達時間の差からアンテナの距離を測る技術
世界21ヶ国国内4ヶ所総計300ヶ所位で観測している プレートの動きを見張り東日本大震災には 東へ65cm動いたことつきとめました  現在は 石岡市で観測されてます
広場を歩いてみました
1/20万 日本列島球体模型と 1/1200万の地球儀がありました

       

球体に上がり見下ろす地図は 高度300kmの人工衛星から見下ろした地表に相当します
宇宙飛行士の気分

       
                   赤点がつくば

面白いもの発見 ロンドンまでの距離
私バーチャル日本一周トライ中昨年二月半ば五年で達成約9,000km 只今10,500km東回りですのでコロンビア手前 歩いたものです 西回りならロンドン通過済み

       

三角点は 山の頂上付近や見晴らしの良い地球上の位置(軽度 緯度)が正確に求められている
地図の作成や道路の建設 都市の開発の測量になくては ならないもの
各三角点の平均距離は 一等三角点45km 二等三角点8km

                    

電子基準点 柱の先端部には GPS等の電波信号を受信するアンテナが取り付けられ国土地理院は  この様々なデータをつくば等にある中央局に転送し各種測量の基準として利用
地震予知や地殻変動監視も行う

       
            右電子基準点 左VLBI向きを変えてくれました

館内には 地図 測量に関する展示が満載
昨年千葉県佐原 伊能忠敬記念館訪れましたが

       
                  当時の測量機材

世界最古ベハイムの地球儀
ヨーロッパやアフリカは 現在の知識に近く一方日本は 大きい アメリカ大陸は 描かれてないとのこと

            
                    1492年製

何度か訪れてますが勉強になりました 市内の研究機関殆ど訪れてません
孫たちと夏休みの宿題サイエンスツァーでも参加したいと思った
七十半ばの手習いもこれまたいいのかな

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

つくば光の森

2017年01月10日 | 日記

第12回を迎えるつくば光の森 光で賑わう街つくば 新たな冬のファンタジーをテーマに11月から1月上旬まで点灯される
12月下旬には ろうそくを使ったランタンアート 彩り豊かなランタンがつくばセンター広場を飾る
参加者は 市内小中一年生 大学 一般が参加 内外孫が参加するとあって寒い中出かけた
年末年始の歳時記があり遅れてのご報告

     
               樹々にLEDが点灯されます

     
                 階段にランタンが

さあこれから孫たち手作りのランタン

     
         前列真ん中 小一外孫の作品ろうそくが輝いてました

桜学園7年生内孫の作品どうやら前進の矢印表現してるよう

     

作品がこんなに沢山 冬の街を彩りました

          

    

どの作品も素晴らしい 幻想的でした 今年も二人が出展予定
今から待遠い
今回狙い目は 自動車の軌跡の撮影 この機会にと思ってました

    
       左テールランプ 右ヘッドライト (露出f14 8秒 ISO200)

撮影設定頭に叩きこんだが難しかった 設定変更数回寒いので諦めました
使えたのは 二枚 やはり習うより慣れろの格言が当たってました 花火も年一回のみこれからいろいろチャレンジしてみたい

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

新春の彩り

2017年01月07日 | 日記

穏やかな新春を迎えた 庭先にもお正月に似合いの光景が
千両(センリョウ)赤い実をつけ名前がおめでたいので正月の縁起物として人気が高い
ナンテンは ヒヨドリの標的すでに実は ないがセンリョウには ネットで覆ってあり赤が輝いていた

      
                赤い実のセンリョウ

      
              黄色い実キミノセンリョウ

お金に縁がないのでせめて名前だけでもと 千両赤 黄 植えこみました
この時期の見頃は なんと言ってもロウバイ例年一月中旬から下旬にかけ咲き始めるのですがもう数え切れないほど咲いてました
やはり温暖化なのかな 昨夜のニュース東京で梅 満開だとか

      
                  ロウバイ

水仙と言えば房総が知られてますがまだ映像では 紹介されてません
早咲き水仙一輪見つけました

       
                   スイセン

ブログ仲間がもう菜の花ご紹介してました
私の春到来は ふきのとう さあ今年は いつ見つかるのかな
節分までは 寒中と言うらしいが 春よ来い 早く来い  筑波下ろしが身にしみる私のお願いでした

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

初詣

2017年01月04日 | 日記

成田山新勝寺が多かったがお参りした神社仏閣十数か所これで御利益あるのかな
今年初めて近くの大杉神社へ訪れた
地元では あんばさま と親しまれ社殿の豪華さから茨城の東照宮と呼ばれている
お正月三が日混雑してました やはり困った時の神頼みなのでしょうか
宝くじも大当たりするとか残念ながら年末ジャンボかすりもしませんでした 今年の年末期待

      
                鳥居の前は長蛇の列

      
               茅の輪くぐりも久しぶり

      
              家内安全 健康をお祈りしました

      
           茨城の東照宮を連想させました 豪華絢爛

お参り後は 帰り道あみアウトレットへ十数年ぶり成田山初詣以来の立ち寄り
財布のひも緩んだのか駐車場一杯茨城は 勿論千葉 埼玉 東京ナンバーも見られました
目的がないと歩くだけ 私 年末年始にかけウォーキング不足歩くには 苦になりません
賢妻は この時ばかりと店内巡り続け靴を購入したようです

      
                 アウトレット内

本日の締めは 牛久大仏高さ129mブロンズ像では 世界一
浄土真宗東本願寺派の霊園にもなってます
かつて初詣に訪れたことが

           
                  牛久大仏

さあこうして2017年も穏やかな天気の下で初詣
今年もいい年になりますようにと願わずには いられません
でもピクニック気分の神頼みじゃ無理かな
         

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

神々しい朝

2017年01月01日 | 日記

新年明けましておめでとうございます 
         皆様のご多幸 ご健康をお祈りいたします

平成二十九年元日朝焼けの筑波山撮影しようと通りへ   
いつもは 新聞受けの玄関先までだが足を伸ばした 寒かった でも
東の空が輝き雲が幻想的な初日の出を演出してくれた 早起きは 三文の徳 まさに最高の朝焼けだった

          
         初日の出雲のいたずら雲最高の演出家6:55頃

何故か新年が期待を 予感させる瞬間でした
筑波山は 輝き始めました
喜びも悲しみも微笑んで見守ってくれました 風景は 一変しましたが筑波山と我が家の人情は
昔のまんま

   
             北は 快晴雲一つなし

最近遠出は おっくう ブログもネタ不足気味
でも こんな風景 我が家の伝統歳時記 一寸した変化 を見落とさずリポートしていきたいと思ってます

新年も宜しくお願いいたします



        

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

師走の伝統行事

2016年12月29日 | 日記

大昔この時期軒先に乾いた音が響いたものだ
それもご近所さんからも 餅つきだった 父か杵を振り下ろし母が臼でこねたものだ
子供の目には 神業に見えたそれほど意気があっていた
今では スーパーで買い求めたり自宅での餅づくり殆ど姿は 消えてるようだ
恥ずかしながら我が家の伝統餅づくりご紹介
私の役目は ボイラーマン真っ赤に燃やしセイロのもち米蒸します
例年一斗以上でしたが今年は 八升だそうだ勿論主役は 妻 私指示通り 昨夜の雨で火力が足りませんがそこは 経験豊富なボイラーマン何とか蒸気が吹きあがりました

          
          昔ながらのセイロ 火は 孟宗竹が最適

蒸し上がりますと餅つき器械へ

    
              十数分で丸くなります

孫も助っ人に 保存用に袋詰め 均一になるようのします

    

お供え餅用に丸くします さすが賢妻手慣れたもの

    

    
                        これで完成

神棚にお供えしたり元日の朝近くの神社にお供えします
これで師走の行事の一つが終わった 残りは 大掃除大晦日の年越し蕎麦打ちとなりました

今年のブログ投稿は これが最終となりました
仲間の皆様拙いブログに訪れていただき暖かいコメントありがとうございました
輝かしい新年をお迎えくださいますよう心よりお祈りいたします

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

賢妻で働き者

2016年12月27日 | 日記

賢妻で働き者 これだけ最大級の賛辞の言葉を表現しておけばこれから年末の餅づくり お正月のおせちづくりに励んでくれると思う
それにしてもよく働いてくれます 私が五十代中盤現役真っ只中地区の自治会長推薦された時平日の会長会議には 代行出席 葬祭も退職まで参列当主代行も
野菜作りは 専任担当 今回何やら庭で天日干し どうやらおせち料理に使う小豆のよう

       
                今年は 豆類不作のよう

振り打ちで実を落とします 昔は 各家庭にあったものですが今では 見かけません
仲間が民族資料館訪れ蕎麦の脱穀に使うため製作してくれました
何度か使いましたが回転させるのが難しく最近バットで代行
驚きました器用に作業してます

       
                作業が難しい 私ダメ

実を落とした後 ふるいでゴミを取り除きます

       

収穫少なかったおせちに賄えますか

       

ご近所さんも最近おせちスーパーで購入する方が増えてるようですが我が家は レンコン以外ほぼ我が菜園で栽培された野菜利用の手作りおせち 孫たちも楽しみのようです
師走の我が家の伝統行事餅づくりも賢妻が主役(後日ご紹介予定) 
こうして一年は あっという間に過ぎていきます あり難い あり難い

 

     

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

魅惑の蘭

2016年12月24日 | 日記

つくば蘭展堪能した後 筑波実験植物園の世界の野生ラン コレクション公開の温室へ
研究と保全のため約3,000種のランを育てており世界有数のラン科研究施設
また絶滅危惧植物の保全に努めている
今回の野生ラン目玉は 国花
フィリピン花の女王とも呼ばれ今では フィリピンの国花として大切にされている
日本では 昭和天皇御即位祝賀宴の御座所に飾られた記録があります
両端の株は 赤みが抜けた珍しい個体です との説明文

     
            フィリピンの国花 バンダ サンデリアナ

     
                アップしますと

ミャンマー国花
国民に愛され生活の中に溶け込むように親しまれている
女性の髪を飾る花として人気があるようです

     
               ミャンマー国花 タジン

          
           引き立つように黒いズボンと重ねました

タジンは 香りのランとしても知られてるようです

各国の野生のランご紹介

     
             インド タイ ヴァンダ.コエルレア

     
     コロンビア ブラジル ヲーセヴ゛.イッツラ.アマゾニカ

             
                  メキシコ ホンジュラス リカステ.ヴアルギナリス

     
         中国(雲南)インド ホルコグロッスム.キンバリアヌム

勿論各国の野生ラン初めて見ることが出来ました まさに妖精
やはり国花は 印象に残りました 珍しいラン身近に接することが出来 係りの方に感謝 感謝
次は どんな花がお出迎えしてくれるのかな 楽しみだな

 

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

師走の風物詩

2016年12月21日 | 日記

今日は 冬至 ふゆなか ふゆはじめと言われる すでに関東地方は 日の長さ最短脱出しいるよう 少々長くなったような でも寒さは これから
例年この時期冬至やおせち用のコンニャクそしてお正月神棚を飾るしめ飾りを作る
仲間がコンニャク芋やしめ飾り専用の藁を栽培してくれる コンニャク一個私が栽培
早速ご紹介しよう
1こんにゃく芋 1kgごとに切り落とす 2ジューサーに掛け芋を砕き液状にする 3鍋をとろ火にかき混ぜる 色が白からコンニャク色に変わり粘りが出てきたら火を止める 4炭酸ソーダ液を少しづつ加え一気にかき混ぜ 5のり状になったら容器に移す

コンニャク芋皮を剥ぎ細かくします1kgずつ

                  
                                   これを更に細かくします 今回約6kg

細かくした芋をジューサーに

       

液状になればジューサーから鍋へ移してかき混ぜ 色がコンニャク色に変わると炭酸ソーダを加え手早く一気にかき混ぜます

       
                 これが重労働

のり状になったら容器に移します

       
             これで二家族分なので半分に分けます

更に細かく切り刻みます 約一時間煮込んであく抜き コンニャク数倍に膨れ上がります
その後水に浸して完成 食べ易い大きさに切り取ります

さあ次は しめ飾り
縄は 手編み昔は 農作業で使いましたので慣れてましたが現代人は 全くダメ
でも手慣れた仲間にお任せ

        
         しめ飾り三人で寄りあげます この作業私未だに理解できません

どうですかこの作業

        
                  まさに神の手

さあ完成しました 色も鮮やか普通の稲わらよりも長く見栄えもよい
真ん中には ダイダイ 代々栄えるようにとの願いがあるようですが
何より一年間飾り付けた実が落ちない不思議な果実なのです

        
                     完成品

冬至 お正月の準備一部完了
素晴らしい仲間に恵まれ私報道班殆ど手出ししてません 口だけ参加
いつも通りの師走の風物詩ご紹介いたしました

 

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

つくば蘭展

2016年12月19日 | 日記

国立科学博物館筑波実験植物園は 自宅近くにあり四季折々花を愛でに訪れる
今般つくば蘭展が開催された 市内愛好家の方たちが丹精込めたランを展示する
東京ドームで開催される世界ラン展日本大賞で何度か市内の愛好家の方たちが受賞しているほどだ
今週の屋外見頃ベスト1 エントランスのメタセコイア並木だったが時期が過ぎてました 
ベスト2 柑橘類 ユズ ハナユ見慣れてましたのでパス そこでいつものコース   
寒い中アオサギがお出迎え 数年前我が家の屋根に飛来大きかった

     
                  アオサギ

見ごろベスト3 イロハモミジ 盛りは 過ぎてましたがまだ輝きは 留めてました
薄い木洩れ日が差し込み幻想的でしたが撮影難しい

     
                これが精一杯

寒いので温室へ 温室見頃ベスト1 センナリバナナ

           
          長く伸びた花茎に小さいバナナと花をつけてます

さあこれから蘭展へ どんな花がお出迎えか楽しみ
温室へ入るとレンズが曇りこれが幻想的に撮影できました

     
          エントランスのラン レンズが曇りました

世界ラン展日本大賞数度受賞された方のラン

     
               苦労がしのばれます

     
                   カトレア

     
                フラグ ペティム

どの作品も素晴らしく手入れが大変だなと思いました
私は 手入れのない花ばかり植えこんでます
やはりこの時期の目玉ブーゲンビリアで締めくくりました

     

次回は 世界の野生ランご紹介します 国花もあります
お楽しみに


      

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加