ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

埋木書院/in瑞巖寺

2008年11月04日 20時45分27秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
仙台・宮城DCの特別拝観です。

普段は、公開されていませんので貴重なチャンスです。

天皇陛下が休憩室として使用したと聞いています。

実は、私も数年前まで知りませんでした。
それは、地元のガイドさんも説明しないからです。
と言うより知らないガイドさんの方が多いと思います。
この埋木書院の話をするガイドさんがいれば、よく勉強されてる方だと思います。

私が知ったのは、たまたま知り合いのお爺さんが、元瑞巖寺の住職をされていたらしく、小さい頃は瑞巖寺の軒下で遊んでいたと本人が申しておりました。
その方から埋木書院の話を聞いたのです。

仙台の伝統工芸に埋れ木細工があります。

埋れ木とは木の化石ですね。
昔は、青葉山や八木山一帯の亜炭層から約500万年も前の希少な埋れ木です。
それを細工したのが埋れ木細工ですね。
非常に高価なもので、それで家を建てたのですから、私が聞いた時は驚きでした

写真は携帯で撮影です
本堂の裏手に回る通路です。




お茶を立ててくれますぞ  私はこっちがいいですが


廊下の角ですが、
いい仕事してますね~



お宝探偵団風
















埋木書院とは

明治12年(1899)洪水で北上川底から発見された欅の巨木を、当時仙台でも指折の資産家だった八木久兵衛氏【仙台の方はわかりますね、あの八木山動物公園やベニーランドのある八木山の地主さんですね】が買い取り、一本の欅から天井板・柱・長押・敷居から戸障子の桟に至るまでを作り出し、5間×3間に半間廊下を四方に廻し、書院とした。

明治36年6月16日着工、竣工は41年12月で、場所は仙台市南六軒町(現土樋・東北学院大学構内)

昭和18年、戦禍を避けるために当山瑞巖寺に寄贈され五雲閣と命名されました。

書院欄間の両面透し彫りを始め、二室を隔てる欄間は粋で精緻であり、小さな釘隠しも上品である。ガラス戸も当時の手作りの為、所々ゆがんでいます。

通常貴賓室として使用しており一般には公開していません。


説明文は、瑞巖寺HPより参考詳しくはこちらへ
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 職場の花 2 &浅羽由紀さん... | トップ | 山を散策 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄い家なんだね (モコ)
2008-11-04 21:24:28
もう化石で家を建てるって凄いなぁ~
贅沢な家だねぇ~
一般公開されていないなんて~
見れないからどうにもこうにも成らないね
モコさんへ (ひー)
2008-11-04 21:29:30
お早い御着きで・・・
皇室に嫁げばいつでも見れるかも・・・www
Unknown (あーさん)
2008-11-04 22:04:21
知り合いのお爺さんが、元瑞巖寺の住職をされていた <ひーさん 凄い人と、お知り合いじゃないですかぁ!
あーさんへ (ひー)
2008-11-04 22:17:28
これだけじゃ・・・・わからないよう?
ガラス戸~が (維真尽(^^))
2008-11-04 22:23:32
いいですねぇ
廊下みても~凝りに凝ってますね(^^♪

自分も~
御点前のほうがいいですね
美人のおねいさん
しかし
写真撮ったのはすごいですね (^_-)-☆
Unknown (はー)
2008-11-04 22:37:20
埋木書院でお茶のお手前 贅沢ですね(^^)
器も和菓子も 興味ありで~す
埋れ木細工 いつか見てみたいものです
八木久兵衛の (ぐずら)
2008-11-04 23:05:18
埋木書院て、学生の頃に聞いた覚えがあったけど・・・
そうかぁ~、今は瑞巌寺にあったのか
Unknown (桃源児)
2008-11-04 23:25:26
化石で家を作る、すごいですね。正に何万年ものの家?
松島やー、ああ松島やー (クロンシュタット)
2008-11-05 06:22:04
埋もれ木細工の原材料は、もう「あるだけでお終い」ではなかったでしたっけ?
それを考えると、あまりに贅沢な書院ですな。
秀吉の「黄金の茶室」よりも、価値があるように思います(地元びいき)。

松島の地元といえば、ホテル大○荘の息子が川内高校で仲良しでした。
学生結婚した際は三塚博を筆頭にお歴々が。
数年前は父上が県議会議長を務めていましたな。
元気かなー。家業をついでいるのかねー。
宝物ですね。 (ミモザ)
2008-11-05 07:43:51
お早う御座います~♪
瑞巌寺のHPも見せて頂きました。
1本の欅から書院造りを、只驚きました。
12月23日まで公開しているので、見学に
行って来ます。
情報有難う御座いました
いーさんへ (ひー)
2008-11-05 08:57:59
昔の板ガラスは歪んでいましたね。
明治の建物はほとんど文化財意外はありませんね。
はーさんへ (ひー)
2008-11-05 09:01:51
当時のお金持ちの八木さんですが、いくら掛かったのか、ちょっと知りたいです。
中には伊達家のお宝も飾っているようです。
ぐずらさんへ (ひー)
2008-11-05 09:04:17
そうなんですよ、意外と関係者しか知らないのかも?
当時は、ニュースにでもなったのかも知れませんが?
桃源児さんへ (ひー)
2008-11-05 09:14:13
欅の巨木の埋れ木は凄いですね。
普通の小さなものは、広瀬川あたりでも採れたようですね。
凄い年月ですね。
クロンシュタットさんへ (ひー)
2008-11-05 09:18:04
そうでしたか
今年、そこで同窓会しましたよ。
同級生の友達が副支配人をしてまして。
ところが、同窓会の前に辞めたようです。ww
ミモザさんへ (ひー)
2008-11-05 09:20:26
是非!祝日とか日曜なので気をつけて下さいね。
瑞巌寺 (ほでなすいっく)
2008-11-05 11:21:39
実は1度しか行ったことがありません
近いのにねぇ~
この機会に行ってみようかな

そうか
八木さんの山だから八木山なんだね
動物園には行ったことあるけど、ベニーランドには行ったことないって言ったら友達にビックリされたことがあります
すごい・・・ (丹治)
2008-11-05 13:40:29
  ひーさん、埋木書院の中を御覧になったん  ですね。すごい・・・

  埋木由来も
天皇陛下の行幸の折の御座所になったことも聞  いていましたが、見るのは本堂から、白いカーテンがかかった外観だけです。

  中を見ることが出来たなんて、すごくラッキーですね。いいなあ・・・
いっくさんへ (ひー)
2008-11-05 18:35:15
宮城の子供は100%ベニーランドに行ってると思ったら、99%に考え直さないと。
そりゃあ驚くよ!
丹治さんへ (ひー)
2008-11-05 18:40:26
どうぞ、今なら身分の違いは関係ありませんよ。
平民でも見れます。wwww
アリャッ (あーさん)
2008-11-05 19:09:56
消えてる!

そっか、絵文字を入れたら、その後ろが消えてしまうんだぁ


ええっと   凄い人と知りあいなんだなぁと
感心した、と書いたんだった
すんまへん 
あーさんへ (ひー)
2008-11-05 22:57:12
エッ? 消えたんですか? なぜだろ

住職さんは、私も驚いて何で? と思ったのですが、その知人は私よりずっと年上の方です。
お父さんは僧にならなかったのでしょうねぇ~ 詳しい事情は聞いてないんです。
冗談はよし子さん (モコ)
2008-11-06 07:36:03
ひーさんってそんなん無理よ
もう「ひーさんじゃなくて」「いーさんって呼ぶよ」
モコさんへ (ひー)
2008-11-06 09:28:52
これはこれは、失礼おば… 是非宮城に来てけさいん。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。