Movies!!

映画感想ブログです。3周年を迎えました♪
相変わらず、日本映画と香港映画が好きです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スピリット SPIRIT 霍元甲(試写会)

2006-03-17 11:40:27 | 映画(さ行)
ジェット・リー、中村獅童、スン・リー、原田眞人、ドン・ヨン、コリン・チョウ出演。ロニー・ユー監督作品。

優れた武術家を父に持つ少年フォ・ユァンジア。強さに憧れを抱くフォだったが、息子が同じ道に進むことを嫌った父は稽古をつけることを拒み続けた。だが、彼は秘かに鍛錬を積み、やがて天津一の格闘家へと成長する。高まる名声とともに傲慢さも増したフォはある日、大ケガをした弟子の仇をとろうとして、怒りのあまり相手を殺めてしまう。しかし、その報復がフォの家族に及んだとき、フォは絶望の果てに天津を離れ、放浪の旅へと出るのだった。そして、数々の苦難の末にフォは本当の強さというものを知る。ついに彼は天津に帰る決心をする。そんなフォを待ち受けていたのは、世界中から戦いの猛者が集い開催された世界初の異種格闘技の大会だった。(allcinema onlineより)

公式サイト

試写会に当たらなくても、観に行く予定の映画でした。この映画、なんとなく試写会に当たるような気がしてました(笑)。でもジャパン・プレミアに当たるかな~と思っていたので、それが外れた後は、「なんとなく」の予感のことはすっかり忘れていましたが。
新宿ミラノ座での上映でしたが、映画館だと見やすいし、音響もいいので、良かったです。

ジェット・リーが出演した前作「ダニー・ザ・ドッグ」がとっても良かったので、今回の映画も楽しみにしていました。
結論から書いてしまうと、私の中では「ダニー・ザ・ドッグ」ほどの感動はないものの、なかなか良かったです。
武術を極めるということは、相手を倒す事ではなく、自分に打ち勝つことだというテーマは、目新しいものではないにせよ、ちゃんと伝わってきましたし、そういう人物が実際にいたということを知ることが出来て良かったです。

やはり一番素晴らしかったのは、りんちぇいのアクションですね。冒頭の外国人格闘家との試合も凄いですが、天津で唯一闘っていなかった武術家、秦との闘いが凄かったです。観ている方も力が入りました。

以下、ネタばれ含みます。

無敵で傲慢だったフォは、秦を殺してしまったことで、恨みを買い、自分の家族を殺されてしまいます。その後、旅に出て、たどり着いた村ののどかさがまたいいですね。りんちぇいが田植えしてるし~。
盲目の女性役のスン・リーの演技も良かったです。
フォは天津に戻り、中国人の誇りを守るために再び闘うことを決意します。4人の格闘家との試合、アクションはもちろんいいんですが、りんちぇいの表情が凄くいい。
ラスト、毒殺だったとはちょっとびっくりしましたが、それでも闘い続ける姿にうるっと来ましたね。

共演の中村獅童には、中国語と日本語のセリフがありました。中国語は吹替えかと思ったら、そうではないようですね。フォと対面して、茶を飲むシーンがありましたが、りんちぇいに比べて、ずいぶんぼそぼそしゃべってるなぁと思ったら、本人のセリフだったようです。あれって、通じてるのか?(笑)
けれど、日本語の方がなんだか変でしたよ。あれは、中村獅童の演技うんぬんよりも、セリフが臭すぎるような気がします(苦笑)。外国の映画で日本語のセリフがあるとやたらと臭かったりするパターンをよく見かけるので、あれはしょうがないのかなぁ。なんといっても、監督が日本語分からないんだから、ニュアンスの判断のしようがないもんね・・・。凄くいいシーンのはずなのに、全然グッと来ませんでした・・・。残念。私の中で、ここがこの映画の点数下げてる部分なんですよね。
中村獅童のアクションはもちろん、吹替え。それがとてもよく分かるというのが、これまた残念(苦笑)。ラストのりんちぇいと中村獅童との対戦で中村は真剣を、りんちぇいは三節棍(ヌンチャクみたいな物で、棒の部分が3つのやつ)という武器を使ってますが、途中で武器を交換してました。しかも、中村獅童がそれを振り回して、自分の身体にぶつけ「いてっ」みたいなシーンがあって、思わす笑ってしまいました(笑)。
あ、そうそう、原田眞人監督が「サムライフィクション」に引き続き、役者として出演してましたね。この監督の映画、いくつか観ましたが、結構好きです。「突入せよ!『あさま山荘』事件」や「バウンス ko GALS」とか。
ミッシェル・ヨー姐さんが、出演していたけれど、時間の関係で全てカットになったそうで、残念。観たかったな~。

りんちぇいはこの映画で、自分が出演する最後の武術映画にすると語っているそうです。本当にそうなるのかは分かりませんが、それはそれで残念ですねぇ・・・
ここでインタビュー読みました。

主題歌ですが、ジェイ・チョウの歌が、日本のバンド?に差し替えられたという事で、物議をかもし出してますが、エンディングに流れた曲を聴いて???となりましたよ。
私は特にジェイ・チョウのファンというわけではないので擁護するというわけではないですが、あの女性ボーカルの歌はどうかと(苦笑)。
家に帰って来てから検索して、ジェイの主題歌を聴いてみましたが、ファンじゃなくても、ジェイの歌の方がいいと思うんですが、どうでしょ。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 探偵事務所5 Another Story... | トップ | 蟲師(むしし) »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リー・リンチェイ最後の武術映画ですか(T-T) (をかもと)
2006-03-18 12:16:42
なんと、この映画を最後にリンチェイの武術は封印されてしまうとですか...

「格闘技通信」の一言コラムで絶賛されていたのを読んで観にいった「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明」シリーズからのリンチェイファンとしては切ない話です(T-T)



これは話はどうあれ、観なければならない映画ですねぇ。

>をかもとさん (hi-chan)
2006-03-19 00:24:43
こんばんは。そうなんですよ~

最後、と御本人が言ってるみたいなんですよね…

私はまだ「HERO」と「ダニー・ザ・ドッグ」しか観ていないので、これから昔の映画も観たいと思ってます。



ぜひぜひ観て、感想を聞かせて下さい。
hi-chanさんへ (hana)
2006-03-23 16:17:45
ジェット・リーの存在感が光った映画でしたね。

改めて、彼の凄さを感じました。

武術映画を最後にするというのも、

この映画を見て納得出来ました!!

「ダニー・ザ・ドッグ」観てみますね~♪

>hanaさん (hi-chan)
2006-03-24 11:27:19
ジェット・リーのアクション、演技、どちらも良かったですよね。前半と後半では、目の輝きも違いましたし。



「ダニー・ザ・ドッグ」はおすすめです。

今年観たDVDの中で、まだトップです♪
TBさせていただきました。 (hal)
2006-03-25 16:52:05
今回の映画でジェトリーはのびのび演技していたような気がします。中村獅童もかっこよかったです。
>halさん (hi-chan)
2006-03-26 13:23:33
こんにちは。TBとコメントありがとうございます。

そうですね。ジェット・リーはのびのび演技してましたね。アクションも演技も良かったと思います。

中村獅堂さんは、オイシイ役でしたよね。武士道を重んじる日本人を役を演じてて、かっこよかったですね。
リンチェイの (ゆうこ)
2006-07-21 15:28:22
教えを胸に生きていこうと、すこし思いましたが、今日になったらちょっと忘れていて、自分がやだな・・・と思いました。

日本の主題歌は、一体誰が歌っていたか、わからんくなっちゃいましたねぇ。

>ゆうこさん (hi-chan)
2006-07-24 13:49:12
日本の主題歌、女性ボーカルだったことは覚えてますが、曲とかはぜ~んぜん覚えてません(苦笑)。

思いの他、ジェイの曲が気に入った私・・・
DVDで観ました (をかもと)
2006-08-15 08:07:17
遅ればせながら、DVDで観ました。

ジェット・リーのアクションが堪能できる良い映画でしたねぇ。



ジェット・リーの昔の映画だと「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズの2作目「天地大乱」がオススメですよ。

ありえないアクションシーン満載です (^-^)
>をかもとさん (hi-chan)
2006-08-15 13:41:29
コメント&TBどうもです。

ジェット・リーのアクション、良かったですよね。さすがでした。



「天地大乱」、ありえないアクション満載なのですか!(笑)

初期の頃の作品は概ね好評のようなので、いつか観てみようと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
SPIRIT (メディアショップ駿河屋 なぜベス!)
わてが丁稚の定吉だす。 3月18日公開のSPIRITを観て来ました。 ジェット・リー演じる霍元甲は実在の人物で、日本で言えば力道山のような実在の伝説の存在。実際の死因とか戦いの経緯なども史実では不明らしいです。 父は甘さを見せる格闘家、その父を超えて天津一の格闘家を
映画「SPIRIT」主題歌差し替え関連記事 (SPIRITの魂はジェイ・チョウの霍元甲にある。)
「もうすぐ日本でも上映されるから、その時に聞けるよ」とうれしそうに話してたジェイの顔を思い出すと申し訳なくてならないのです。(抜粋) 1館でも、1日でもいい。オリジナル版の霍元甲を日本で見たいという気持ちに賛同いただける方はコメントをお願いします。
SPIRIT (ネタバレ映画館)
 天津飯を食えるのはいつだ?あ、今日だ、今日に違いない!腹減ったぞ・・・
36*霍元甲~SPIRIT~ (Lovely 電影生活~映画で元気をもらう~)
 優れた武術家を父に持つ霍元甲(李連杰(ジェット・リー))は、 病弱で喘息を患っていたため、 父親から武術を学ぶことを禁じられていた。 しかし、自分の弱い体を強くしたいという思いから、 霍元甲は父の死後、武術のつわものとして名を知られるようになる。 しかし、試
SPIRIT/ 霍元甲/Fearless (我想一個人映画美的女人blog)
実はちょっと期待してました。 チャッキーファンの為の映画「チャイルドプレイ・チャッキーの花嫁」、 1作も観てなかったのに、そこを見込まれ(笑「ジェイソンVSフレディ」を監督 ちょっと笑わせてくれた ロニーユー監督作。 今回は、マジメよん{/heart_orange/} あらゆ
SPIRIT 評価額・1350円 (Blog・キネマ文化論)
●SPIRITをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 武術の強者として名をはせるフォ。あ
【劇場鑑賞27】SPIRIT(霍元甲) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
1910年9月14日 世界初の異種格闘技戦 開幕 世界よこれが俺たちの勝ち方だ。
【映画】SPIRIT (芸術に恋して★Blog★)
映画「SPIRIT 」。ジェット・リーの作品の中で最も好きな作品になった。 というのは他の作品に比べ、ジェット・リーが生き生き演技をしているように思えたからだ。 「ブラック・ダ
SPIRIT-霍元甲 06年58本目 (猫姫じゃ)
SPIRIT - スピリット - (霍元甲) これぞ 李連杰 系!!やっぱり、チャイナ服に辮髪でクンフー。 これ、サイコー!! いぁ、ダニー・ザ・ドッグ も、悪くはなかったですyo。でもね、やっぱり彼には、こういう中国クンフー映画に出てもらないと、、、英語しゃべったり、
SPIRIT -スピリット- (Akira\'s VOICE)
ウォー!と熱くさせるものはないけれど, じわりと感動できるアクション映画。
『SPIRIT(スピリット)』2006・3・19に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『SPIRIT(スピリット)』  公式HPはこちら ←クリック 中国公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 父に武道に憧れて天津一の挌闘家になった霍元甲(フォ・ユァンジア)(ジェット・リー)は、その高慢な人格が災いして、人生のどん底へと突き落とされてし
映画館「SPIRIT」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
日本のチョンマゲも相当変な髪形ですが、中国の前ゾリロン毛もね。。。 マーシャルアーツ!カッコいいネェ!この手の作品、久々に観た気がしましたよ~♪ジェット・リーがジェット・リーじゃなくてリー・リンチェイだった頃を思い出しましたねぇ~!本当にもうマーシャ...
SPIRIT (Alice in Wonderland)
リー・リンチェイだった頃のジェット・リーから私は彼のファンです。ハリウッド映画界でも祖国の映画でも素晴らしい活躍をしている彼にです。今回はただのカンフー映画を超越した何か熱いものをこの映画からもらい大満足です。 世界的なスマッシュ・ヒットとなった「HE...
SPILIT (映画評論家人生)
動物園前シネフェスタ 今や何でもOKのワーナーブラザース。日本全国隅々爆撃映画。人気なのか、まだ終わらない。でも終映は近い。ようやく重い腰をあげ、やってきた。 枝葉もなく単純明快なストーリーで、娯楽
『SPIRIT』+自作連載小説 『ネゴシェイション』 第22話 (ストーリーの潤い(うるおい))
ジェット・リー主演の『SPIRIT』、テーマが興味深かったです。 「憎しみの連鎖はなぜ生じるのか? いったん始まった連鎖を断つには、どうすればいいのか?」 という点、『ボーン・スプレマシー』のラストシーンにも通じるところがあり、かなり良かったです。
SPIRIT (So What? Happy End だけが映画かい?)
  他に観たい映画があるので武術映画ってあんまり観ない。どれを観てもそう変わらんしぃ・・・・と思ってるんでしょうな。 で、この作品でその偏見が改まったかといえば、そうとも言えない。 敵を倒すために腕
霍元甲 SPIRIT (独断と偏見の何でもレビュー)
スピリット  出演: ジェット・リー, 中村獅童, スン・リー, 原田眞人  監督: ロニー・ユー 「"身を清くしていれば、潔く生きれる"... もつれはほどけるは」 最近めっきりリー・リンチェイ作品を観ていなかったのだが、hi-chanの記事でリー・リ ...
【洋画】SPRIT -スピリット- (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出3/脚本2/撮影4/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役3/魅力4/テンポ3/合計33) 『評論』 「SPR
SPIRIT スピリット (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
評価:★9点(満点10点) 2006年 103min   監督:ロニー・ユー 主演:ジェット・リー 中村獅童 スン・リー  原田眞人 【あらすじ】1910年上海。中国も海外の圧力で文明開化の真っ只中。雀拳後継者のフォ・ユァンジャ(ジェ ...