名古屋市中村区社会福祉事務所での住居のない人の相談状況から考える/藤井克彦

2009-02-28 22:09:31 | 社会
名古屋市中村区社会福祉事務所での住居のない人の相談状況から考える    2009-2-15 藤井克彦( 名古屋生活保障支援実行委員会(仮)) 1.1月5日以降連日住居のない人が100人前後相談 (1)相談者数  ・ 5日から30日の19日間の延べ相談者総数は、1,922人。一日平均101.2人(最大131 人、最少69人)。この数は、08年4月~12月の平均26.6人の約4倍、直近月の12月の平 . . . 本文を読む
コメント

自衛隊イラク派兵差止訴訟の会 メール配信09/2/28 派兵差し止め訴訟の会・名古屋

2009-02-28 22:06:54 | 集会情報
原告および支援者のみなさま 歴史的判決を根付かせ世界に広める運動を行いましょう!! 「戦争する国」への「派兵恒久法」を絶対阻止しましょう!! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■自衛隊イラク派兵差止訴訟の会 第6回総会のご報告 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2004年2月29日に設立してから、丸5年。派兵差止と違憲確認の実現を目指して法廷内外で様々な運動( . . . 本文を読む
コメント

伊藤和也さん追悼写真展を行ないます!/ペシャワール会事務局

2009-02-28 22:05:32 | 集会情報
4月10日より19日まで、伊藤和也さんが撮ったアフガンの写真の展覧会を行ないます。あわせて12日には、ペシャワール会農業指導員高橋修さんの講演会も行ないます。 なお、今回の写真展は、ペシャワール会が全国で行なう企画の一環として行なわれます。運営をピースウォーク京都が担っています。 みなさん、どうかおこしください! 「アフガンに緑の大地を」 伊藤和也君追悼写真展 故伊藤和也君はペシャワール . . . 本文を読む
コメント

ストップ・ザ空港 空港はいらない静岡県民の会MM NO.408

2009-02-28 22:03:33 | 社会
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  ストップ・ザ空港                      空港はいらない静岡県民の会MM   NO.408  2009.2.28 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ <INDEX> ★ 前代未聞大失態なのにこの言ぐさは何だ! ------------------------------------------- 前代未聞大 . . . 本文を読む
コメント

森法相による3度目の死刑執行を許さないため/死刑廃止を求める市民の声

2009-02-28 22:00:24 | 社会
欧州連合(EU)は日本へのメッセージで「いかなる罪を犯したとしても、す べての人間には生来尊厳が備わっており、その人格は不可侵であるという信念」 を表明しつつ、「何のために刑罰を科すのかという観点からすれば、死刑は刑罰 でもなければ、明らかに再教育でもなく、復讐にすぎません」と指摘しています。 あなたは、国連総会が一昨年と昨年の二度にわたり加盟国に対して死刑執行の一 時停止を求める決議を採択している事実を正面から真摯に受け止めるべきです。  日本政府はことあるごとに「国際協調」を力説しますが、本当にそう思ってい るのなら、ただちに死刑執行を停止し死刑制度の廃止に着手すべきではありませ んか。 . . . 本文を読む
コメント

『サイクロン「ナルギス」襲来のその後~イラワジ・デルタからの声』発表/ビルマ情報ネットワーク

2009-02-28 09:44:07 | 世界
報告書『サイクロン「ナルギス」襲来のその後~イラワジ・デルタからの声』 (原題 "After the Storm: Voices From the Delta") が 本日、発表されました。 ジョンズ・ホプキンズ大学ブルームバーグ公衆衛生大学院付属の 公衆衛生・人権センター、そしてビルマ緊急援助チーム(EAT-Burma)との 共同出版です。 昨年5月のサイクロン襲来後、被害が大きかったイラワジ . . . 本文を読む
コメント

竹島=独島問題ネットニュース 第18号/竹島=独島問題研究ネット

2009-02-27 21:16:12 | 世界
半月城です。竹島=独島問題ネットニュース 第18号をお送りします。        -------------------- 竹島=独島問題ネットニュース 18号                      2009.2.24             竹島=独島問題研究ネット発行  記事一覧 1.シンポジウム「竹島/独島問題の平和的解決をめざして」(2/21) 2.企画「竹島問題をどう考えるか」(2/ . . . 本文を読む
コメント

『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版。 2009年2月の記事 4本を公開

2009-02-27 20:00:27 | 世界
対ガザ戦の結果はイスラエルの想定内か?/ユーロ10年の成否は微妙 /対米傾斜を強めるカナダ外交/ヌーヴェルヴァーグ、乗り越えるべき遺産 . . . 本文を読む
コメント

麻生首相の「しかるべき時期をみて私が解散を決めさせていただく」答弁と・・・/JCJふらっしゅ

2009-02-27 19:56:02 | 社会
きょう(27日)の東京近郊は雪になった。雨と違って雪は、町をしんとさせる。 厳粛さを漂わせ、人の心を自分の内側に向かわせる力がある。  新聞を取りにドアをあけたとき、天から舞い降りてくる圧倒的な量と広がりの雪に気づいた。明け方から外で物を動かすような音が聞こえ始めていたが、それは雪のせいだと知った。ダンボール箱をずらすような音は、雪が手すりや壁から落ちる音だったのだろう。そう思い至って、身体のどこかを緊張させていた一つの塊が、ため息とともにひとつどこかえ消え去ったように思った。 . . . 本文を読む
コメント (1)

世界は何を夢見ているか アカデミー賞から見えるアメリカ/フィナンシャル・タイムズ

2009-02-27 19:50:51 | 世界
私たちはオスカーから、社会と歴史について学ぶことができるだろうか? もちろん。今でも? もちろん。昨年の受賞作が暗くてディストピア的で悪夢的だったとするならば、今年の作品賞候補は、戦って傷ついた者ならではの、特有の前向きな明るさを備えたものばかりだ。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』しかり、『スラムドッグ$ミリオネア』しかり。ナチスと贖罪を描いた『愛を読むひと』しかり。ついに己の罪に直面する大統領の物語『フロスト×ニクソン』しかり。そして信念に殉じたゲイの政治家を描いた『ミルク』しかり。どれもが、希望の光に向かって暗いトンネルを突き抜けていく物語ばかりだ。ジョージ・W・ブッシュが舞台の右側から退場していき、バラク・オバマが舞台のリベラルな左側から入場してきた今、この変化はとても偶然とは思えない。 . . . 本文を読む
コメント

今週のビルマのニュース(0908号) 政治囚の釈放 サイクロン被災地のその後 ほか

2009-02-27 19:47:40 | 世界
・ビルマ軍政は20日夜、約6300人の囚人に恩赦を与えると 発表した。ビルマ政治囚支援協会によれば政治囚23人が 21日に釈放された。同協会は、ビルマにはいまだに2100人 以上の政治囚がいるとしている。 . . . 本文を読む
コメント

中東ニュース 2009/02/27 No.353 TUFS中東イスラーム研究教育プロジェクト

2009-02-27 19:46:10 | 世界
━━━━━━━━━━━━━━ TUFS中東イスラーム研究教育プロジェクト 中東各国の新聞が報じた最近のニュース 2009/02/27 No.353 ━━━━━━━━━━━━━━ . . . 本文を読む
コメント

「派遣切り」された労働者を三菱ふそうの社員寮に居住を認めさせた件についての声明

2009-02-27 19:44:29 | 労働運動
首都圏青年ユニオンの河添誠です。 以下の声明を発表しましたので転送いたします。 三菱ふそうの社員寮に居住を認めさせた組合員は、2月25日の日本経団連前での反貧困フェスタプレ企画「切るな」で発言した組合員です。 「派遣切り」された労働者を三菱ふそうの社員寮に居住を認めさせた件についての声明 首都圏青年ユニオン 2009年2月26日  本日、三菱ふそうトラック・バス株式会社(以下、三菱ふそ . . . 本文を読む
コメント

「いのちの戦場-アルジェリア1959」と「帝国オーケストラ」「オーストラリア」「ミルク」/坂井貴司

2009-02-27 19:37:35 | 映像・美術
明日2月28日から20世紀現代史の闇を描く映画が上映されます。   「戦争ではない戦争」、アルジェリア戦争(1954年~1962年)を描い た映画です。  「いのちの戦場-アルジェリア1959」  http://www.1959.jp/    1830年以降、フランスはアルジェリアを「フランスと一体化した不可分の 領土」と位置づけ、異常なまでの執着心を持って支配しました。先住民族のベル ベル人やア . . . 本文を読む
コメント

自衛隊イラク派遣岡山訴訟、憲法判断せず原告敗訴/朝日新聞

2009-02-27 10:59:13 | 憲法
イラクへの自衛隊派遣は憲法9条に違反するとして、岡山県内に住む約40人が国を相手に派遣差し止めや違憲確認などを求めた集団訴訟で、岡山地裁(近下秀明裁判長)は24日、派遣についての憲法判断に踏み込まず、原告側の訴えを全面的に退ける判決を言い渡した。  訴えの根拠にできるかどうかが争点となった「平和的生存権」については、具体的な権利だとして原告の主張を認めた。この判断をめぐっては専門家から、過去の . . . 本文を読む
コメント