経産省前テントひろばと 関電前で 年越しイベント続いています

2011-12-31 22:38:11 | 社会
■原発NO! 関電前年越し座り込み~原発停止カウントダウン~     http://www.zenko-peace.com/_userdata/kandenCD.pdf     http://www.zenko-peace.com/_userdata/kandenCDr.pdf 日 時:12月31日(土)12:00~1月1日(日)12:00まで 場 所:関西電力本店前 http://www1.k . . . 本文を読む
コメント

真宗大谷派(本山:東本願寺)原子力発電に依存しない社会の実現に向けて、要望書

2011-12-31 13:26:31 | 社会
2011(平成23)年12月28日、真宗大谷派(本山:東本願寺(京都市下京区))は、野田佳彦内閣総理大臣に対し、原子力発電に依存しない社会の実現に向けて、要望書を提出しました。  その要旨は、以下の通りです。  1、放射線量の測定・周知と除染活動  2、早急な避難措置(特に妊婦や子どもの避難措置です)  3、被曝された方への長期にわたる健康管理と生活支援  4、一刻も早い原発に依存しない社会の . . . 本文を読む
コメント

【チェルノブイリ汚染地図のベトナム語版】ベトナムの知人に知らせてください

2011-12-31 13:24:19 | 世界
とーちです(NoNukeML) みなさまからご協力いただいて、チェルノブイリ汚染地図のベトナム語版を作成 しました。ベトナムにつてのある方はぜひ、伝えてください。 http://www.selectourfuture.org/map/vn/ 日本語版、英語版にもベトナム ニントゥアン原発の情報を追加しています。 http://www.selectourfuture.org/map/ 右 . . . 本文を読む
コメント

原発とめよう!九電本店前ひろば第255日目報告

2011-12-31 13:12:59 | 社会
青柳行信です。12月31日。 【転送・転載大歓迎】 原発とめよう!九電本店前ひろば第255日目報告 呼びかけ人(4月20日座り込みから12月30日現在総数1972名) ★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。   《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》    ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com 「原発 . . . 本文を読む
コメント

プレニテュード 新しい〈豊かさ〉の経済学・ジュリエット・B.ショア/岩波書店

2011-12-31 13:07:25 | 新刊・新譜情報
『プレニテュード 新しい〈豊かさ〉の経済学』 ■ 訳者からのメッセージ  成長神話と大企業神話を覆す本書は,〔環境と経済の〕複合危機に立ち向かう新しい〈豊かさ〉の経済学からの有力なパラダイムの提示であるだけでなく,環境と経済の再生に向けての取組や運動の確かなロードマップでもある.それだけに,複合危機に無関心ではいられない社会科学の研究者だけでなく,私たちの時代の最大の挑戦課題を自らの問題と受け . . . 本文を読む
コメント

【堺アピール:大阪・教育基本条例案撤回】目標設定権と罷免権

2011-12-31 13:05:13 | 社会
【堺からのアピール:教育基本条例案を撤回せよ】「修正協議のヤマ『教育目標設定権 と教委罷免権』」「違法覚悟。法廷闘争辞さず(維新府議)」2つの記事をブログアッ プしました。ご活用いただき賛同を広めて下さい。 http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/ よろしければ、下のマークをクリックして! よろしければ、もう一回! . . . 本文を読む
コメント

4月に全て停止する可能性 原発54基 ほか/[JCJふらっしゅ]2011/12/30

2011-12-31 00:24:23 | 社会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2011/12/30 2058号                     (転送紹介歓迎) [JCJふらっしゅ] 世界の平和にかかわる最新ニュース、マスメディアのニュースの検証など、市民とジ ャーナリストを真実の情報でつなぐメールマガジンです。メディア関係者、ジャーナ リスト志望学生必見の情報を満載。 ◇バックナンバー . . . 本文を読む
コメント

季刊「戦争責任研究」74号が発行されました。

2011-12-31 00:23:03 | 新刊・新譜情報
                           2011-12 季刊「戦争責任研究」74号が発行されました。                                   日本の戦争責任資料センター事務局  日本の戦争責任資料センターではこのほど『季刊・戦争責任研究』74号 および付録パンフレット「レッツ」74号を発行しましたので目次 . . . 本文を読む
コメント

総務省と労基署が2拠点に立ち入り調査 大揺れ日本郵便で年賀状遅配の危機

2011-12-30 23:07:43 | 社会
黒鉄好@福島です。 「総務省と労基署が2拠点に立ち入り調査 大揺れ日本郵便で年賀状遅配の危機」というニュースサイトの記事を見つけました。(ダイヤモンドオンライン掲載) 9月末に行われた郵政非正規職員の大量首切りで、またも現場が大混乱している、というニュースです。 経営陣の無能が招いたゆうパック大遅配騒動のツケを労働者に転嫁し、そのツケがまた現場に回る・・・いつまでこんなことが繰り返されるので . . . 本文を読む
コメント

経産省前テントひろば 111日目 テント日誌 12/27~12/30

2011-12-30 20:52:10 | 社会
<テント日誌 12/27(火)>   テントに年賀状到着 テント談話室『語り合おう再生可能文化』第1回盛況のうちに        ―― 経産省前テントひろば 108日目 ―― テント前広場に早々と年賀状を届けていただいた人がいました。紙面をかりてお礼を申し上げる次第ですが、年賀状をお寄せいただく方は下記のところにお願いします。 〒100-0013東京都千代田区霞ケ関1-3-1経産省前テント広場で . . . 本文を読む
コメント

中国・広州の日系自動車部品工場でストライキ続く/レイバーネットML

2011-12-30 20:50:39 | 労働運動
中国・広州の経済開発区にある日本企業アーレスティ( http://www.ahresty.co.jp/index.html )の現地工場で27日からストライキが続けられています。画像が掲載されていましたので、短いですが翻訳紹介します。 原文と画像はこちらです http://www.molihua.org/2011/12/14_30.html  + + + + + 2011年12月30日 広州 . . . 本文を読む
コメント (1)

1月16日が判決。東京「日の君」強制反対最高裁要請署名のお願い/keystoneML

2011-12-30 20:48:35 | 社会
2003年に、都立学校に「日の丸・君が代」を職務命令で強制する「10・23通達」が出されてから8年が経ちました。2004年の卒業式で「君が代」斉唱の際起立しなかった私は「戒告」処分(3ヶ月の昇級延伸・生涯賃金で約1千万円の減給)を受けました。その前の2004年1月、私は「予防訴訟」の原告になりました。また、戒告処分撤回を求める訴訟の原告にもなっています。両裁判とも現在最高裁での闘いとなっています。 . . . 本文を読む
コメント

暴かれたICRP基準の欺瞞(NHK「真相ファイル」の問いかけ)

2011-12-30 20:46:11 | 社会
◆ICRPの化けの皮は剥がれた! ◆日本政府は危険な「年20ミリシーベルト」避難基準を撤回せよ! 東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/みどりの未来)です。 12月28日(水)午後10時55分~11時25分にNHK総合TV『追跡!真相フ ァイル』で「低線量被ばく 揺らぐ国際基準」が放映されました。日本政 府が避難基準「年20ミリシーベルト」(放射線管理区域の約4倍!)の根 拠として「錦の御旗」 . . . 本文を読む
コメント

原発NO!関電前年越し座り込み~原発停止カウントダウン~

2011-12-30 20:42:58 | 社会
全交(平和と民主主義をめざす全国交歓会)から、関西電力前での年越し座り込んみが呼びかけられています。 ---- 原発NO!関電前年越し座り込み~原発停止カウントダウン~ ●2011年12月31日(土)12:00~2012年1月1日(日)12:00まで ●関西電力本社前 ●お問い合わせ 山川  アドレス : ymkw4483._.genki@softbank.ne.jp ≪プログラム≫  以 . . . 本文を読む
コメント

「年越しテレビ@経産省前テント」生放送中

2011-12-30 20:39:41 | 社会
経産省前テントの街頭で、「年越しテレビ」放送中です。 午後5時から10時まで。松元ちえさん司会で、豪華ゲストを交えて、ことしを振 り返りディスカッションしています。現在は大野和興さんが話しています。 大変おもしろいです。ぜひご視聴を。私も現場にいましたが、大変寒いところで 頑張っています。テント周辺には50人ほど集まり、座り込みをしたり歓談をした り、豚汁をたべたり、盛り上がっていました。 ↓ . . . 本文を読む
コメント