イラク派兵反対 街頭情宣のご案内/有事法制反対ピースアクション@山本

2006-01-31 23:01:50 | 集会情報
今日の、各紙に陸自5月末撤退、空自は活動範囲拡大のニュースが流れています。「米側は首都バグダッドや中部バラドなど米軍拠点への米兵や物資の輸送に期待を示しており、日本は政府内の調整を急ぐ。」とあります。すでに、昨年12月の延長時に活動範囲をイラク国内24の空港に拡大し、バグダッドなど4空港を調査をしているとの報道もあります。アフガニスタンへの派兵が続いているにも関わらず、ほとんどそのことが問題にされ . . . 本文を読む
コメント

傀儡の治安部隊がパレスチナ人10人を拘束/イラク・レジスタンス・レポート

2006-01-31 22:21:33 | イラク
フサイン旅団と呼ばれる「内務省」の治安部隊「ショック・トループ」の兵士が26日夜、バグダッド市バラディヤト地区でパレスチナ人10人を拘束した--27日午後3時20分の速報でイスラム・メモが伝えた。 □□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□■□□□イラク・レジスタンス・レポート Iraqi Resistance Report 日本語版  編集&発行 山本史郎/イラク情勢ニュース . . . 本文を読む
コメント

安倍官房長官とライブドア事件を繋ぐ「安晋会」の闇/情報紙「ストレイ・ドッグ」から

2006-01-31 22:14:04 | 社会
●謎の自殺を遂げたエイチ・エス証券・野口副社長は「安晋会」理事だった  今週発売の『週刊ポスト』はライブドア事件の特集記事のなかで、安倍晋三官房長官の私的後援会組織「安晋会」の理事に、自殺したエイチ・エス証券の野口英昭副社長が就いていたことをスクープしている。 本紙では、すでに1月18日、「ヒューザー・小嶋社長証人喚問、ライブドア疑惑のどちらでも名前が出る安倍晋三官房長官の不徳」なる . . . 本文を読む
コメント

関西テレビ「なぜ、公園を離れないのか」/P-navi infoから

2006-01-31 21:59:03 | 社会
昨年、ひとりの知人が自殺した。新宿のビルから飛び降りたのだという。その人は事業に失敗し、野宿の生活になっていた。死後、彼が書いていた文章が届けられた。そこにはドヤでの苦しい生活が綴られていた。ドヤから野宿へ。その生活を続けることもできなくなったとき、彼は死を選び取ったのだろう。とにかく、ずっと悔いが残り続けている。なぜ、何もできなかったのか、と。こういう死を防ぐことはできないのだろうか、と。 . . . 本文を読む
コメント

バグダードでの連続教会爆破の黒幕はモサド?/アラビア・ニュース

2006-01-31 20:35:23 | イラク
イラクの首都バグダードと北部の産油都市キルクークで29日6回にわたるキリスト教会の連続爆破テロ事件が起きたが、30日付のバスラ・ネットは、それらの黒幕にイスラエルの対外諜報機関のモサドが居ると特報で伝えた。 ----------  バグダードのカラーダ地区の聖女マリア教会を頻繁に訪れるイタリア人情報源から引いて、A.B.H大司教は、最近起きた一部の教会を狙った爆破事件の背後にはイスラエルのモサド要 . . . 本文を読む
コメント

私の父は現「朝鮮民主主義人民共和国」に生まれました/金信明

2006-01-31 20:21:25 | 社会
私の父は現「朝鮮民主主義人民共和国」の元山近郊の農村で1918年1月9日(戸籍謄本による)に生まれました。日本による植民地支配下の朝鮮で育ちました。父の父(祖父)「金國禎」は、元々農民でしたが、土地を奪われ、元山で行商をしていました。 そのため、私の父「金仁義」は少年時代、非常に貧しい生活を余儀なくされたと聞き及んでいます。ある時、腹が空いてたまらなくなり、日本人が経営する農地にあったトマトを盗 . . . 本文を読む
コメント

揺れる日米中:小泉外交・光と影・1 米国、「遊就館」を注視/毎日新聞

2006-01-31 20:14:02 | 世界
◇皇国史観、靖国不信広がる/「中国、韓国以外に靖国参拝を批判する国はありません」。先週の参院代表質問で靖国神社参拝について聞かれた小泉純一郎首相は、そう答えた。公式声明を見る限りではその通りだろう。だが、内実は違う。旧敵国であり、今は同盟国である米国の内部に微妙な変化が生まれている。靖国神社に併設されている戦争博物館の、第二次大戦に至るルーズベルト政権の対日政策や米軍主導の戦犯裁判を批判する展示や . . . 本文を読む
コメント

麻生発言 天皇を持ち出す危うさ/朝日新聞社説

2006-01-31 09:19:33 | 社会
 外務大臣は日本外交の責任者である。だが、靖国神社をめぐる麻生外相の最近の発言は、その責任と重みをわきまえているのか、疑問を抱かせる。  先週末、公明党参院議員の後援者らの会合で、小泉首相の靖国神社参拝について聞かれ、こう答えた。  「英霊からすると天皇陛下のために万歳と言ったのであって、総理大臣万歳と言った人はゼロだ。だったら天皇の参拝なんだと思うね、それが一番」  「(天皇の参拝が . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

全トヨタ労働組合の結成宣言

2006-01-31 08:30:33 | 労働運動
1月22日に結成された『全トヨタ労働組合』の結成宣言をご紹介します。 ------------------------------------------------------ 結成宣言 トヨタ関連企業で働くすべての労働者のみなさん! 私たちは本日ここに新しい組合、『全トヨタ労働組合』(略称全卜・ユニオン) を結成しました。 ○私たちは日本国憲法や労働組合法などにも明記されている労働者の団 . . . 本文を読む
コメント

【都教委News21】「ジェンダーフリー」特集(南日本新聞/国立市陳情、ほか)

2006-01-31 08:27:41 | 教育
今回は、17号に続き、「ジェンダーフリー」特集です。以前から気になっていた南日本新聞の記事をようやく読むことができました。また、先週、国立市で男女混合名簿に関する陳情もありました。というわけで、はっきりいって、えらく長いです。どうもすみません。 ┏━━ http://blog.livedoor.jp/suruke/ ━━━━━━━━━━━━━━━━  ◇◆ 都┃教┃委┃情┃報┃メールニュース◇◆ . . . 本文を読む
コメント

記者の目:争点隠れた名護市長選=三森輝久(毎日新聞那覇支局)

2006-01-31 08:23:50 | 沖縄
 沖縄県名護市長選は、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)への移設(沿岸案)に柔軟姿勢の島袋吉和氏(59)が、移設反対を訴えた2候補を破って初当選した。取材記者としては、市民の選択に異論を挟むつもりは毛頭ないが、私は言いようのないむなしさを感じている。それは、最大の争点であるはずの「普天間移設」が、選挙戦では堂々と語られず、かすんでしまったからだ。  名護市 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

大阪、野宿者テントを強制撤去

2006-01-30 20:07:57 | 社会
野宿者テントを強制撤去 人垣作り抵抗も  大阪の2公園 2006年01月30日 大阪市職員らの手で解体されるテント=30日午前、大阪市西区の靭公園で もみ合う警備員らと野宿者=30日午前、大阪市西区の靭公園で     大阪市は30日、公園整備の妨げになるとして、行政代執行法に基づき、靭(うつぼ)公園(西区) . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

妻を拘束する米軍戦術、文書が語る  ワシントン・ポスト/イラク情勢ニュース

2006-01-30 19:38:58 | イラク
イラク駐留米軍は、夫を投降させる「テコ」にできると期待して、最低でも2件、ゲリラ容疑者の妻たちを捕らえて投獄してきた--米軍の文書で明らかにされた。   URUK NEWS イラク情勢ニュース            □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■――――――――――――――――――――――――――――――――――2006/01/30 (月) . . . 本文を読む
コメント

<憲法二十条が危ない!緊急連絡会>への賛同を呼びかけます。

2006-01-30 19:32:25 | 憲法
ともすれば、宗教者だけの狭い問題として無視され軽く考えられがちな「信教の自由」「政教分離」は、”人間の内面の自由に対する最も大切な権利です。” <憲法二十条が危ない!緊急連絡会> への賛同を呼びかけます。 Ⅰ.二十条と九条 日本国憲法は、日本国家のアジア侵略と植民地支配を反省し、国際社会に対し て、二つの約束をしています。すなわち、九条によって、国軍を持たず、国民 を戦争に動員しないことと . . . 本文を読む
コメント

再び、《アフガン・イラク侵略戦争》に荷担するな!/井上澄夫(市民の意見30の会・東京)

2006-01-30 08:25:24 | 世界
 大事なことを忘れてしまう、忘れてはならないことを忘れることは、未来を 暗くするとしみじみ思う。忘れるという行為について、人間は自分が体験し た余りに辛いことを忘却の彼方に押しやって生きるように作られていて、そ れは自己防衛(保存)の本能から生まれるという説がある。それはそうかもしれない。しかし一国の歴史上の経験、共通の経験として忘れてはならない  ことを忘れたり、さりげなく棚上げすることは犯罪で . . . 本文を読む
コメント