ガザ

2009-01-31 20:46:15 | 世界
日本国際ボランティアセンター/tnfuk [today\\\'s news from uk+]/パレスチナ情報センター/P-naviinfo . . . 本文を読む
コメント

「戦争と女性の人権博物館」日本建設委員会発足集会「慰安婦問題をつたえる 平和をつくる」

2009-01-31 20:33:49 | 集会情報
韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)が2004年から計画・推進してきた「戦争と女性の人権博物館」。06年8月にはソウルの西大門独立公園内に敷地を確保、いよいよ09年3月8日に着工式を迎えようとしていますが、ここに来て光復会など独立運動関連団体が反対運動を繰り広げています。「民族の聖地」である西大門独立公園内にこの博物館を建てることは「殉国先烈に対する名誉毀損」だと言うのです。  日本で最初に「慰安婦」問題を展示する歴史館として立ち上げられた「もうひとつの歴史館・松代」も、未だに地域住民の反対に遭っており、「女たちの戦争と平和資料館(wam)は右翼の攻撃を受けています。 . . . 本文を読む
コメント

スペイン司法がイスラエル戦争犯罪人の捜査開始決定(2002年の事件について)

2009-01-31 20:31:34 | 世界
前田 朗です。 ザンビアのSalim Vallyからの情報です。会ったことがないのでよく知りません が、たしかジョハネスブルクの大学教員だったと思います。 1月29日にスペインの裁判所(Spanish National Court)が、イスラエルの元国 防大臣Benjamin Ben-Eliezerや、その軍事顧問Michael Herzogなど7名につい て、2002年7月にガザ地区において戦 . . . 本文を読む
コメント

ユニオンチューブ新着情報~ハワイ・パシフィックビーチホテル争議

2009-01-31 20:27:27 | 労働運動
松原です。 以下、ユニオンチューブ新着です。レイバーフェスタ2008で上映された3分ビデオ「パシフィックビーチホテル争議報告」のフルバージョンです。レイ バーネット代表の伊藤彰信さん(全港湾委員長)が大活躍しているのが、ご覧いただけます。 ―――――――――――――――――――――― ● ハワイに滞在予定のあなた必見です!!!(Part 2)  2009年01月29日 7分50秒 制作 . . . 本文を読む
コメント

防衛大臣の「ソマリア沖への海自護衛艦派遣準備指示」に抗議する

2009-01-31 20:22:56 | 社会
浜田靖一防衛相は28日、アフリカ東部・ソマリア沖の海賊 対策として、自衛隊法82条による「海上警備行動」に基づき、 海上自衛隊の護衛艦を派遣するための準備指示を自衛隊に出し た。このソマリア沖への海上自衛隊の派遣は、各国との共同軍 事行動を伴い、憲法9条1項・2項に違反するものであると考 え、反対する。今般の国会にも諮らず、国民の声も聞かずに準 備指示を出した暴挙に対し、強い抗議の意を表明する。 . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (1)

「新しい歴史教科書をつくる会」の申し入れに統合幕僚長から回答

2009-01-31 13:17:01 | 社会
昨年12月17日付の朝日新聞は、更迭された田母神俊雄統幕長が校長をしていた統幕学校の講師に「つくる会」の関係者が加わっていたことについて、「統幕学校講師『バランス欠く』/統合幕僚長、見直し表明」との見出しで報道しました。これに対し、「つくる会」は「当会の歴史観・国家間観に問題があると誤解されるような表現となっている」ことを重視し、去る12月26日に齋藤隆統合幕僚長宛に下記の文書で申し入れを行いました。(「新しい歴史教科書をつくる会」) . . . 本文を読む
コメント

執筆者ら訂正申請断念 「集団自決」修正 教科書会社が拒否/沖縄タイムス

2009-01-31 13:10:20 | 教育
執筆者ら訂正申請断念 「集団自決」修正/教科書会社が拒否 記述回復 交渉は継続  【東京】沖縄戦の「集団自決(強制集団死)」をめぐる教科書検定問題で、執筆者らでつくる社会科教科書懇談会は二十九日、文部科学省で会見し、高校日本史教科書で「日本軍の強制」の記述を復活させるため、教科書会社と協議してきた本年度の再訂正申請を断念したことを明らかにした。申請提出に否定的だった会社側の意向が変わらなかった . . . 本文を読む
コメント

高江区、条件付き容認へ ヘリパッド移設/来月にも交渉者選任/沖縄タイムス

2009-01-31 12:53:19 | 沖縄
【東】東村の米軍北部訓練場の一部返還に伴うヘリパッド移設問題で、地元の高江区は受け入れを前提に沖縄防衛局と交渉するための委員を二月中にも選任する方針であることが二十九日、分かった。仲嶺武夫区長は「国と交渉すべきは交渉すべきだと判断した」とし、条件付き移設容認の方向性を初めて表明した。  同区代議員会は過去二度、移設反対の決議を全会一致で採決している。  仲嶺区長は「軍事基地反対という区民の総意 . . . 本文を読む
コメント

私たちはパレスチナと呼ばれる土地にいた。/E・W・サイード『パレスチナ問題』(みすず書房)

2009-01-31 08:38:52 | 世界
私たちはパレスチナと呼ばれる土地にいた。 たとえナチズムを生き抜いたヨーロッパのユダヤ人残存者を救うためで あっても、ほとんど何百万もの同胞にパレスチナからの離散を余儀なくさせ、 私たちの社会を雲散霧消させてしまったあの土地奪取と私たちの存在抹消とは、 いったい正当化される行為だったであろうか。 いかなる道徳的・政治的基準によって、私たちは自らの民族的存在や土地や 人権に対する主張を捨て去るよ . . . 本文を読む
コメント (2)

ガザ Q&A スティーブン・シャーローム/益岡賢のページ

2009-01-31 08:34:00 | 世界
ガザ Q&A2009年1月16日スティーブン・シャーロームZNet原文2008年12月27日、イスラエルはガザに対する非人道的な攻撃、キャスト・リード作戦を開始しました。本記事の目的は、頻繁に出る質問を一カ所にまとめ、回答と情報源を提示することにあります。全体を読んでもいいですし(ただし、長い!)、節と質問の一覧を見て、関心のある部分だけ読むこともできるようになっています。 質問一覧 序 1. . . . 本文を読む
コメント

韓国野党-市民団体、1日「竜山惨事」大規模集会/innolife.net

2009-01-31 07:34:29 | 世界
(韓国)民主党と民主労働党、創造韓国党、そして400余りの市民·社会団体で構成された民生民主国民会議は、日曜日のあさって午後ソウル清渓広場で、大規模な国民大会を開く事にした。 国民大会準備委院長であるアン・フィジョン民主党最高委員は、今日国会で記者会見を開き、竜山惨事の真相糾明と責任者処罰、「MB悪法」を阻止するために、市民社会団体が共に行う大規模集会を開くことになったと伝えた。ま . . . 本文を読む
コメント

ガザ被害の状況といま必要なこと/パレスチナ子どものキャンペーン

2009-01-30 23:17:27 | 世界
======================================== ★ガザ地区の被害状況 (2008年12月27日から2009年1月19日の間) ======================================== 死者:1,314人(うち412人が子ども、110人が成人女性) 負傷者:5,300人(うち1,855人が子ども、795人が成人女性) ※停戦後、不発弾で子ど . . . 本文を読む
コメント

現地速報 : フランスでゼネスト、200万人がデモ・飛幡祐規(パリ)/レイバーネット

2009-01-30 19:58:21 | 労働運動
去る1月29日(木)、フランスでは8主要労働組合がよびかけた全国統一スト・デモが行われた。寒さにもかかわらず、全国195か所で繰り広げられたデモ行進には約200万人(CGT組合発表250万人、警察発表108万人)が参加し、2006年のCPE反対のデモに匹敵する規模となった。 CPE闘争の際は高校生・学生など若者が主だったが、今回の特徴は労働者、それも民間企業の従業員が大勢参加したこと。フランスで . . . 本文を読む
コメント

【賛同急募】プルサーマル燃料輸送問題で要望書/阪上 武(福島老朽原発を考える会)

2009-01-30 14:13:59 | 社会
プルサーマル(再処理で取り出したプルトニウムを通常の原発で使用すること)で用 いるMOX燃料(ウランとプルトニウムの混合酸化物燃料)の輸送容器の安全性問題で 国土交通大臣宛の要望書への団体賛同を急ぎ募ることになりました。やや専門的な中身 も含ますが、以下に呼びかけ文と要望書をつけますので、急ぎ賛同をお寄せいただけれ ばと思います。よろしくお願いします。 阪上 武 転載歓迎*********** . . . 本文を読む
コメント

今週のビルマのニュース(0904号)ガンバリ氏がビルマを訪問へ、ほか

2009-01-30 14:11:48 | 世界
国連のガンバリ事務総長特別顧問が31日から4日間の日程で ビルマを訪問することが明らかになった。アウンサンスーチー氏が 書記長を務める国民民主連盟(NLD)によれば、氏がガンバリ氏と 会う可能性もある(29日付イラワディ誌)。 民主化勢力の間で特使の訪問に対する期待は低い。 . . . 本文を読む
コメント