趣味の音楽とブログ

日々の日記とギター・マンドリンに関する情報

梅が咲く(終わり)

2017年03月25日 08時32分44秒 | 日記

畑の中に、ただ植えてあるだけの梅ですが、子供が母ちゃん
と呼ぶ声が聞こえるような原風景的な写真



こんなキレイな花でも花粉症になると言う。
ところがシソで漬けた梅は、ヒスタミンを抑える効果があり、花粉
症に有効らしい。
怪しげな建物がある



何か出てきそうな雰囲気ですが、地元のめっぽう古い社です。
中には祭りに使う物が少々入っている程度ですが。
その右にあるのが梅の木です。
ちゃんと鳥居もあるんよ



神明宮(しんめいぐう)と書いてあるが、 伊勢神宮を祀った神社
で、 もともとは皇室とも深い関わりがあり、農業の神様でもあ
る事から各地に存在するらしい。
へえ、お化けでも出て来そうな、みすぼらしい佇まいですが、
由緒ある社(やしろ)だ
ったんですね、ノ ン ノ ン

群馬中央ギター学院のトップページへリンクします。

中央マンドリン楽団のページへリンクします。

フランク永井鉛筆画前橋展示室のページへリンクします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅が咲く(2)

2017年03月24日 08時43分34秒 | 日記

観光の 梅園 はあまたあるが、 近所にも観光地に負けない景
色はある。
ただ、本数では負けるが・・・
電線が邪魔だなあ



黒澤明監督が、この場所でロケをしたら、こう言うだろう。
お~い、あの電線をどかせ
とにかく気に入らなければ撮影はしない人だったらしい。
写真となると、邪魔者が景色となる事もある。
これなんかどうでしょう



上のほうだけ撮ったので、 電柱がなければつまんない写真に
なると思う。
どっちを主役にするか迷うほどです
少々色が付いている梅



に入れて飾っておきたいような写真ですが、 端っこに墓石が
写っていたんです
それをトリミングして、もっともらしい写真にした次第です。

中央マンドリン楽団のページへリンクします。

群馬中央ギター学院のトップページへリンクします。

フランク永井鉛筆画前橋展示室のページへリンクします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅が咲く

2017年03月23日 08時44分33秒 | 日記

昔、早稲田大学などの合格電報はサクラサクだった。
中にはハナサクなどシンプルなものや、東京大学のようにゴウ
カクなど、分かりやすいものもあったとか。
まあ、時期が違うから使われる事はなかったろうが、合格発表
が2~3月だったら梅が咲くとなっただろう。
合格です。 が咲く



枝がツンと伸びている。
まるで枯れ木に花が咲いているようだ。
古木になると肌が荒れて見応えがある。
人間とは逆だ
こちらの枝はキレイに剪定されている




鉢植えがそのまま大きくなったような風情がある。
もう少し空が青かったら更に映えたろうに
空は青いが絵が悪い



まだ若い木らしいが、桑の木のように伸びた枝に言い訳程度に
花がくっついている。
上のほうにあるもさ~っとした物は、 枝に巻き付いていた
の残骸。
東京では、早くも桜の開花宣言、梅の花がせかされている。

群馬中央ギター学院のトップページへリンクします。

中央マンドリン楽団のページへリンクします。

フランク永井鉛筆画前橋展示室のページへリンクします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

椿咲く

2017年03月22日 08時41分01秒 | 日記

あまり好き嫌いは言いたくないが・・・
椿の花は大きくて、 落ちると地面が汚くなるのであまり好きで
はない。
電柱を超える高さ



真っ赤だからキレイと言えばキレイだが、 主張が強すぎて私
の性格には合わないのか?
なんちゃって
アップにしてみると好きになれる



赤い花びらに囲まれた黄色い茶筅(ちゃせん)とのバランスが
良い。
昔、少しお茶を習った事がある。
裏千家だった。
そう言えば同時にお花も習った。
古流松藤会だった。
今は全く生かされていないが
ピンクの椿もある



赤い椿白い椿と落ちにけり、今回は白い椿の花がないので、知
ったかぶりが出来ない

中央マンドリン楽団のページへリンクします。

群馬中央ギター学院のトップページへリンクします。

フランク永井鉛筆画前橋展示室のページへリンクします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3景

2017年03月21日 08時37分46秒 | 日記

3月19日、20日の連休は家庭菜園に没頭していた。
従ってブログの更新もなし。

今日のタイトルは3景、わざと分かりにくいタイトルを付けてい
る訳ではありません。
写真は全て地元で撮ったものです。
いつかは載せようと思っていた写真ですが



思っていたほど迫力がない
ジェットコースターのような場所なんだが・・・
車の助手席からですが、撮り方が下手だったらしい
前方の空にある白い小さな四角は(たこ)ではなく、フロント
ガラスに貼ってあるシールでも写りこんだか
道がカーブしている雰囲気が出ると思ったが



真っすぐに見える
やっぱり下手に撮れている。
前方に見えるのは赤城山
てっぺんには僅かながら雪が見える。
これならどうだ



かっこいい写真がダメなら、普通で行こう
真っすぐな道の前方に赤城山。
これ以上の説明ができない単純な景色。
勢い込んで撮っても所詮素人はこんなもの

群馬中央ギター学院のトップページへリンクします。

中央マンドリン楽団のページへリンクします。

フランク永井鉛筆画前橋展示室のページへリンクします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲリラ現る

2017年03月18日 09時51分33秒 | 日記

タイトルのゲリラ現るは、どこかの国の自爆テロなどの物騒な
話ではありません。
例え言葉も使い方によってはほっこり物語に変身する。
春彼岸 あたりの連休に前橋へ来るようなことは聞いていた
ので、心臓が止まるほど驚くことはなかったが・・・
ご存じ神戸の知人が鐘の鳴る丘少年の家の理事長宅
へ訪れた。
理事長夫人と共に私の事務所へ寄ってくれました。
手ぶらで来ることはないので、いつも恐縮しっぱなしです
きれいな手提げ袋に入っていた



神戸プリン、いちごジャムのプリンで、神戸市東灘区の会社
で作っている。
食い過ぎれば死ぬぐらい美味しかった
これは箱の表を見ただけでは、中身が分からない



これも東灘区の産だが、上の菓子とは会社が違う。
説明を読むと焼き菓子とあるが、 クッキーのようなラスクのよう
なパイのような食感だった。
一個ずつ包まれていて高級感はバツグン。
理事長夫人に頂いたのがココア



ココアの効能は
、 便秘・冷え性・コレステロール・ 傷の回復をは
じめ、万能薬とも言える効果があると言う。
日頃は飲む機会が少ないので、体調維持や成人病予防のため
に毎日いただきます。
お二人には、いつもお気遣いありがとうございます

フランク永井鉛筆画前橋展示室のページへリンクします。

群馬中央ギター学院のトップページへリンクします。

中央マンドリン楽団のページへリンクします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何の花?

2017年03月17日 08時29分59秒 | 日記

そろそろ春だなあと感じる。
天気がいいと花も映える。
手入れされた庭にピンクの花



紅梅か?
花桃か?
まあ、どっちでもいいや
仕事の道すがらではあるが、わき見運転ではありません。
助手席から撮っています。

しばらく進むと、 長い距離の 法面(のりめん)工事が完成し、
平一面太陽光パネルで埋め尽くされてしまった。
土手の崩壊を恐れて補強工事をしているのだと思ったが・・・
太陽光も数が増えれば買い取り価格も安くなる。
耐用年数もあるだろうし、修理も必要だろう採算が取れるのか
なあ



急こう配すぎて、家を建てるのは心配だろうからこのくらいしか
使い道がないのかも知れない。

この道路は片側一車線だが、高い建物もなく見通しも良い。
さほど交通量も多くないので、ちょっとしたドライブ気分が味わえ
る。
お寺ではなく神社のたぐいか 



地図で調べたら八幡山砦跡とありそれ以上の詳しいことは
分からない。
まだ桜は早すぎる
この時期の花は、梅・桃・桜ぐらいしか知らない
知識があれば、もう少し文章も長く書けるんだが

群馬中央ギター学院のトップページへリンクします。

中央マンドリン楽団のページへリンクします。

フランク永井鉛筆画前橋展示室のページへリンクします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝のうち

2017年03月16日 08時42分54秒 | 日記

サウジアラビアのサルマン国王一行が日本に来た。
サウジでは原油価格が下がり、赤字になっていると言う。
それでも日本のガソリン価格は上がる。
少しでも安いガソリンスタンドを目がけて走るのが人情
朝のうちにGSへ出かけた



雲一つない快晴の午前中だった。
赤城山もくっきり
信号が赤だったのでパチリ



上武道路に架かる陸橋ですが、お年寄りは大変だろうなあ。
これだけの高さと距離を杖をついて歩くのは至難のわざ。
まして車椅子とくれば不可能。
自分がそうなった時の事を考えると、サウジアラビアの国王の
ように移動式のエスカレーターが欲しくなる
ガソリンが満タンになると、少し気が大きくなりお葬式ではない
が、帰りは違う道を通りたくなる。
火事ではありません



市営清掃工場の煙突です。
写真を撮った道から清掃工場は見えない。
時々通る道だが、その都度煙が出ている訳ではない。
風があるとは思えなかったが、ほぼ真横になびいている。
昔は真っ黒い煙がモクモクと出ていたが、ダイオキシンや地球
温暖化に配慮して改良されたのだろう。
日本はこんなに努力しているので・・・
サルマンさん、ガソリンを安く売って下さい

群馬中央ギター学院のトップページへリンクします。

中央マンドリン楽団のページへリンクします。

フランク永井鉛筆画前橋展示室のページへリンクします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

訪問演奏 アットホーム尚久玉村(終わり)

2017年03月15日 08時31分58秒 | ギター・マンドリン

演奏場所は、 多目的ホール・イベントスペース・多機能室など
と呼ばれる広い部屋だった。
入居者さんは車いすを使用する方もいるので、 広い場所は
職員さんにとっても使い勝手が良いものと思う。
このようなポスターが貼ってあった



こりゃあ、本格的な演奏会のポスターですねえ
細やかなお心遣い大変ありがとうございました
施設長さん、副施設長さんは共に男性で、施設職員の鏡のよう
な温厚で腰の低い方だった。
その影響は全職員さんにも及び大変気持ちの良い演奏をさせ
ていただく事ができました。
写真は両サイドをカットしてありますが、 9人が一列に並んでも
有り余るスペースでした



天井付近に見えるピンク色の楕円形の物は照明器具ではなく 、
職員さん手作りの桜の花びらを散りばめた飾り物です。
春にちなんで「早春賦」や「さくら変奏曲」などをレパートリーに加
え、童謡の「ふるさと」と「北国の春」の2曲を斉唱していただきま
した。
施設長さんは、 涙腺がゆるむ方もいたと言われ、 音楽は口
ほど
に物を言い、との新語が生まれた気がいたします。
歌詞カードを手に熱唱



クライアントさんのご尊顔は、念のためマスキング処理させてい
ただきました。
会場は音の響きも良く持ち込んだ音響装置が存分に威力を発
揮していました。
当クラブは、演奏者用のモニタースピーカーは使用しないので、
壁や天井の跳ね返えり音が演奏の出来、不出来を左右します。
帰りは広い共有スペースで、 お茶をご馳走になりながら施設長
さんと歓談、思い出深い訪問演奏になりました。

中央マンドリン楽団のページへリンクします。

群馬中央ギター学院のトップページへリンクします。

フランク永井鉛筆画前橋展示室のページへリンクします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

訪問演奏 アットホーム尚久玉村(1)

2017年03月14日 08時45分35秒 | ギター・マンドリン

中央マンドリン楽団では、 平成29年3月6日(月) 佐波
郡玉村町大字福島にある介護付有料老人ホーム、 アットホ
ーム尚久 玉村
さんへ訪問演奏に行ってきました。
住所に 大字が使ってあるので、 とんでもない田舎を想
像される方もいるかと思いますが、 平成の大合併に 参加しな
かった地区なので当時のままの表示となっています。
近くには、 テレビでも紹介された肉の駅 や、 大正時代に作
られた利根川に架かる福島橋がある。
大通りから1本入った場所にある、3階の立派な建物です。
建物の前は野菜畑になっている



この施設で自給自足をしている訳ではないだろうが・・・
それにしても絵になる景色ですねえ
三方は全て駐車場



建物も大きいが駐車場もベラ広で福祉施設としては珍しい
私たちとしては気兼ねなく止められるので大変ありがたい。
アットホームと玉村は意味が分かるが尚久素直に(なおひさ)
と読むそうですが、意味は聞いていないので分かりません。
人名でしょうかねえ?
こちらが玄関



白と赤のマークは鶴をイメージしているのかも知れませんね。
玄関を入る時はフリーパス、 出る時は職員さんがボタン操作を
しないと開かない。
利用者さんの中には、 日常の行動に自信が持てない方もいる
ので、施設ごとに必要なセキュリティーを施している。

中央マンドリン楽団のページへリンクします。

群馬中央ギター学院のトップページへリンクします。

フランク永井鉛筆画前橋展示室のページへリンクします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加