通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

新春特別セミナー<通訳ガイドで食べていく方法>のご感想(その4)

2018年01月10日 10時54分41秒 | ●セミナー・講演会

新春特別セミナー<通訳ガイドで食べていく方法>のご感想(その4)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アップロードした動画
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●関根周一郎さん(派遣ユニオン書記長)
https://youtu.be/ZOWHfkzlNgQ

●小林恵さん(全日本通訳案内士連盟(JFG)東日本新人研修委員長)
https://youtu.be/8Hk5oZdWV-k

●嘉悦レオナルド裕悟さん(英語、ポルトガル語、フランス語の三か国語の資格保持)
https://youtu.be/vcUSfiUv0sY

●加藤久和さん(英語通訳ガイド)
https://youtu.be/uzmoVtRNmt4

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食い物にされないようにご注意ください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<派遣会社110番>
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/5d17a4d53c43fcd55a60d509f24fad4b

<予備校110番>
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/e576eb3f32e964badd912f2ff87f35bd

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご感想(その4)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●植山先生
本日のセミナーは講師の方々のお話は現場感があり、エージェントへのアプローチ、旅程管理の重要性など実用に沿ったものでとても参考になりました。
講師の皆様はとても率直かつユーモアを交えて面白く話に引き込まれました。また、派遣ユニオンの関根様のお話は今後仕事をしていくうえで心強い味方です。
資格をとったからすぐ仕事になるというものではなく、初年度は稼働日数は少ないこと、語学力よりもサービス精神と地道な努力が必要なこともよくわかりました。これで食べていくのは厳しいと感じる反面、やり方は個人の力で工夫することもできるし、守備範囲を広げていくこともできると思いました。
やりがいのある仕事であると思います。
総合的にこれから開業するに当たり、気を引き締めて場数を踏んで経験を積むしかないと感じました。
植山先生の旺盛なチャレンジ精神にいつも感服いたします。どうぞ今後も通訳ガイドを引っ張って行ってください。
ありがとうございました。

●植山先生
本日は大変有意義なセミナーへの参加機会を頂き誠にありがとうございました。
私は今年初めて受験する立場のものですが、今回のセミナー出席にあたり、合格後の事を具体的にイメージするためにお話を伺いたいという事と、植山先生のお話を直接伺いたいという事を主な目的として、受講させて頂きました。
諸先輩方からの示唆に富んだアドバイスをお伺い出来る、通訳案内士として生きていくための考え方や行動をお聞き出来るすばらしい機会でしたが、実はそれ以上に、人生のすべての事柄に通じる、アントレプレナー向けセッションだったという印象がより強く残りました。
実際に通訳業務を行われている先輩方の言葉から、資格取得はスタート地点に立てる状況になるだけで、それから先が勝負であり、苦しいけれども、やりがいも大きい職業であるという事を強く意識出来ました。
そして成功を収めていくには、情熱を持って突き進んでいく事が大変重要で、我々は一秒たりとも無駄には出来ない状況にあり、強い思いをもって臨まなければ何事も成し遂げる事が出来ない、という事を強く信じさせて頂くに至りました。
まずはこの一年、強い思いを持って、試験の準備に取り掛かりたいと思います。今後とも何卒よろしくお願い致します。

●植山様
本日はセミナーを開催していただき有難うございます。どの講師の話も大変参考になりました。
強く感じたことは法律の改正により誰でも通訳が可能となるなど通訳で食べていくことは簡単なことではないということです。
例えば、兼業で従事することはまず無理と感じました。わたくしの場合、定年後もまだ週に4日間は働いているのでこのままではむずかしいと思いました。
しかし将来に備えて自己研鑽を行うことは非常に大切であると思いました。そのための方法についてアドバイスを頂けたと思います。
今後も機会があれば自己研鑽につながるセミナー、研修には参加したいと思います。差し当たりはJFG主催の新人 研修に申し込む考えです。

●今日はありがとうございました。
私は漠然と10月位から資格を取りたいなと思いました。ただどうやって勉強したらいいのかわからず、メルマガ登録をさせていただきました。
今日は漠然としていた通訳ガイドというお仕事がわかりやすくそして講師の先生方が一生懸命教えいただき、ありがとうございました。
講師の先生方のお話を聞きながら生き生きされてお仕事に誇りをもってされているのか感じとれました。
このお仕事をどう切り込んでいくのかどう食べていくのかということが全然わからなかったのでいろんな講師の先生方からの切り口でよくわかりました。
また前日に植山先生の決心は大事というYouTubeは、中学の娘と一緒に見せていただきました。中学の娘もとてもわかりやすくて面白いねと言っていました本当に決心をするには励ましのYouTubeでした。
ありがとうございました!
先生のお商売の仕方は本当にすごい。そして楽しまれている、今日の話もとても楽しくて勉強になりました。
私も仕事をしていると創意工夫というのは、いうのは簡単で実際するとなるとアンテナを張っていたり勉強したりユーモアだったり発想の展開だったり必要になってくると実感しています。
先生のお話には本当に情熱がありそして思いやりがあり勉強になりました。私の場合はまず資格を取る勉強からです。
先生のホームページとブログとメルマガでお世話にこれからなります。今日参加して、勉強をする資格を取るということがどういうことか明確に分かった気がします。
また機会があれば参加したいです。今日はありがとうございました。
このような機会に参加出来て良かったです。

●来年に引き続き、新春の当セミナーに参加させていただきました。
今回も豪華講師陣の方々による様々な角度からの通訳ガイドについての貴重なお話を聞くことができ、大変有意義でした。
昨年のセミナーの後は、自分が通訳ガイドとしてやっていけるかどうか、まだ半信半疑でした。しかし、今回は特に50代からスタートした加藤さんやMr.Xのお話を聞き、勇気づけられ、自分でも何とかやっていけそうな気持になりました。
私は2008年英語合格ですが、中学校英語教師としての職をあと2年3か月全うし、2020年に定年退職すると同時に通訳ガイドとしてデビューする予定です。 
そのために深川江戸資料館、江戸東京博物館でのボランティアで活動をしてきました。今年は東京シティガイドとしても研修、活動を始めます。中国語通訳ガイドの取得に向けても勉強中です。
貴重な機会を与えてくださった 植山先生、本当にありがとうございました。

●植山先生
本日は有意義なセミナーをありがとうございました。50歳を目前に恥ずかしながら3回目(過去2回とも二次で沈没)で英語に合格しました。
私はIT大手のサラリーマンで、職務上省庁の政策調査、マーケティング等を行なっており、白書等は良く読みますが、中々業界の実態等の「業界常識」、つまり民間側から見た整理された情報を入手するのが大変ですが、今回のセミナーは正にその業界常識のオンパレードに思え、非常に貴重な体験でした。今後は、何とか新聞を読んで大意を摑める程度の中国語についてもチャレンジしたいと考えており、まだ当面先生のお世話になると思いますので、引き続きご指導の程、宜しくお願い致します。

●植山先生
今日は素晴らしいセミナ-、本当にありがとうございました。
1年ぶりに、先生にお会いして相変わらぬエネルギシュな元気なお姿を拝見でき、うれしく思いました。
いろいろな方面の講師の方の生の声を聴き、通訳案内士の現状・厳しさ・またやりがいなど事細かく説明して頂き、1年のブランク(2016年・合格)で後ろ向きになって私の背中を押してもらったように感じました。
これから、JFGに加入し新人研修をうけようとおもっております。これは、先生のみんなに対して愛がこもったセミナ-でした。本当にありがとうございました。

●植山先生
本日はお疲れ様でした。
直前の個別模擬面接特訓でも大変お世話になりました。昨年は誠にありがとうございました。おかげで平成29年度 英語通訳案内士試験に合格した模様です。
しかし未だに信じられず、2月に合格証が届きましたら、合格体験記も是非お送りするつもりです。
本日は当日受付で本セミナーに参加させて頂き、沢山の貴重なお話を拝聴致しました。
主に専業、独立で通訳ガイドの世界に飛び込むお考えの方へのエールの意味合いが強い印象でした。
私はJFGの東日本新合格者研修に早速参加したいと考えておりますが、とりあえずは兼業で週末のみしか通訳ガイドの仕事はできないと思います。
できましたら、ボランティアでも構わないのですが、東京オリンピックの際は有給休暇を取ってでも通訳ガイドとして貢献したいとも考えております。
私のような考えの方も相当数いらっしゃると思われますので、その対策などのお話しもお伺いできたら尚良かったと思います。
セミナータイトルからすると主旨が異なるかもしれませんが。しかし、本日は通訳ガイドという仕事の楽しさを感じ、勇気づけられました。誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

●植山先生、講師陣の皆様、本日は貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。
現役通訳案内士の方々から、実際の実務の話や、営業の方法などお聞きすることができ、今後仕事をしていく上で大きな示唆を与えられた貴重な時間になりました。
当初は副業でガイドをやっていくことを考えていたのですが、島崎講師の話を聞き、中途半端ではダメで、専業として考えること、決意や覚悟がこれからは必要になるのだなと思いました。
仕事をする上では、下見の重要性を多くの講師の方々も指摘していましたし、みなさま勉強熱心で、多くの刺激を受けることができました。
そして、多(他)言語のガイドとして仕事をしていくことを考えているので、小林講師や、嘉悦講師の話は自分が今後どのように戦略を立てていくか、非常に参考になりよかったです。
関根講師の話は、知らなかった契約の話を聞くことができ、また仕事をする上で記録を取るなど、今後どのような会社と付き合っていくか考える上で大変ためになりました。
植山先生の話からは、起業していく上で、決心し、創意工夫すること、時代を客観視して仕事に取り組むことの重要性を知ることができました。
また、改めて動画が配信された際には復習して、目標を定めてこれからの戦略作りに役立てたいです。

●長時間におよぶ貴重な話をありがとうございました。
各ガイドの方の話はこれから何をすればよいかその指針となりました。
本業として通訳案内士業務を行う。
JFGの新合格者説明会と研修会に参加しまたその会員になる。
3月から4月の桜の季節にガイドデビューする。
下見は必ずする。確認を怠らない。
専門分野をもつ。
仕事は断らない。おこがましいですが。収入を数字で意識する。
またガイドの方から話はでませんでしたが外見についてちょっと感じたのは。
清潔感がありすっきりとした印象にする。
太るのはNG。島崎さんをお見かけして特にそう感じました。
健康を維持する。体力をつける。
忘れてる部分もあると思いますが以上のことが記憶に残ってます。
ネット上に合格番号があっただけなので合格証が届くまではほんとに受かったんだろうかと信じられない気持ちもあります。
でもまずJFGへのアクセスから初めていきます。
会場の椅子。クッションが良かったのでお尻が痛くならなかったです。
寒い中御自愛くださいませ。ありがとうございました。

●植山先生
昨日はありがとうございました。
昨年末からのご準備から当日の進行、後片付けまで、先生は常時パワー全開で敬服いたします。
長時間お疲れさまでした。寒さがきびしい時期、インフルもはやっておりますので、どうぞご無理のありませんよう。
昨日は、合格証を手にする前でありながら、業界内の方々から大変貴重なお話をいろいろうかがうことができ、感服いたしました。
私は20代からの約30年間、フリーランス(個人事業主)として働いて生計を立て、一人親で子育てをしてきました。
語学スペシャリストではありませんが、人類の資源とも言える「言葉」を駆使し、これといった経済的資本も生産拠点もないところでささやかな居場所と業務の付加価値を創り出し、いくばくかの報酬を産みだすことが自分なりの仕事と思って、楽しくがんばってきました。
寄らば大樹の陰とか、長いものに巻かれろといった考え方は嫌いで、オウンリスクを前提に自分の足で立ち、自分のやり方でやってみる、失敗には責任をとる、ダウンしても自力回復を待ってまた挑む…が当然と考えています。
私自身は、他人が創ったシステムに乗ることや雇用されることには興味がありませんが、派遣ユニオンの関根書記長様のご活動には感激し、非常に心強く感じました。
これから、全国通訳案内士のライセンスをもとに、刻々と変化する社会の中でどんな付加価値を創り、経済活動をすることができるだろうか…と、最後にお話しいただいた植山先生の人生観にいたく共感し、その問題提起を重く受け止めました。
植山先生のユーモラスでウィッティなお話を、これからもたくさん聞かせていただきたいです。
灯台の光のような植山先生の感性・知性によって、海図なき航海をお導きいただきますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。

●植山先生
昨日は、盛り沢山で、とても充実した貴重なセミナーを開催して頂き、有り難う御座いました。
土地勘の無い旅行業界とガイド関連の裏話等を聞くことが出来、本当にあっという間の5時間半でした!
植山先生の人徳と人脈、経歴でしか絶対為せない様な本当に「ありえへんセミナー」だと思いました。
今回学んだ情報をどう活かすか、よく考えて出来る事をやってみたいと思っております。
どうぞ、こうした貴重なセミナーは、継続して開催をお願い致します。
本当に有り難う御座いました!

●植山源一郎様
昨日は大変貴重なセミナーを開いて頂き、有難うございました。私は今年でガイド生活4年目となります。
この春、現地からのツアーリーダー不在のロングツアーを初めて任せられることになり、準備を進めておりますが、何をどのように準備し、またどのような意識で臨むべきなのか、
よく分からなくなってしまいまい、何か突破口が見つかればと参加させて頂きました。
新人ガイドの方々のフレッシュでひたむきな様子、また先輩ガイドの方々の熱意溢れるセミナーに感化され、多くの事を学びました。これで意識を新たに仕事に取り組むことが出来そうです。
とかく孤独なガイド業ですが、共に頑張っていらっしゃる方々の存在を心の支えに、水の下では懸命に足をバタつかせながらも、水面では憧れられるような素敵なガイド像を目指して頑張ってみます。心より御礼申し上げます。

●植山先生
昨日の講習会では大変お世話になりました。あの様な素晴らしい会を開催してくださいまして誠にありがとうございました。
全体を通していかに通訳ガイドで身を立てていくかが厳しいかを実感し、資格解禁を迎えた現在は以前よりさらに状況は厳しくなっているのだと思いました。
ただ、皆さんおっしゃる通り、やりがいがあり非常に楽しく人間的にも勉強になるお仕事なのだと思い、状況は認識した上でも私は頑張ってA級ガイドになりたいと思いました。
資格合格後は具体的に何をしたら良いかわからなかったのですが、昨日の講習会では具体的にイメージでき、さらに私もいつかこの様な講習会でお話ができる様になりたいと目標を設定することができました。
すぐにでも行動を起こし、前進あるのみで進んでいきたいと思います!
今後も御校のサービスを受け続けさせていただきたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

●今回、韓国語の通訳案内士試験に合格し、このセミナーに参加させていただきました。具体的な現場の意見を伺えて非常に参考になりました。
特に実際に派遣会社が求める人材がどういう人材なのかを具体的に教えたいただき、納得した次第です。要するに、派遣会社にとって、いかに便利であるかなんですよね、知識以前に。。
最後に植山先生と握手させていただき、感無量でした。私も先生と同じ大学出身でキャンパスも同じ、そして私の在学中も革マルや全学連があり、懐かしく思い出しました。
ほんとうに、先生はこの大学の申し子のような方です。大隈重信公もさぞやご満足のことでしょう。
これから、色々と厳しい現実に直面するかと思いますが、植山先生の姿勢から自分なりに学んだことを活かしていければと思います。
最後に、本当にありがとうございました。植山先生に感謝申し上げます。

●植山源一郎さま
昨日の特別セミナー、大変貴重な機会となりました。私はまだ資格を取得しておりませんが、取得後にどのようなことが待っているのか、その姿の一端を感じ取ることができました。
資格を得た後にこちらから積極的に自分を売り込む、いわゆる営業活動が必要であること、またエージェントによっては不当な扱いを受ける可能性があること、またそのために自分自身できちんとした対応を取る必要があることなどを心得として理解できました。
まずは登竜門としての試験に受かることは前提ですが、その後通訳案内士として起業、そのための勇気も必要であること、そして何よりも人生一度きりなのでこの1分1秒たりとも無駄にはできない、植山先生の言葉にも強く共鳴いたしました。
お話下さった先生方に対しまして、この場をお借りしてあらためて御礼申し上げます。有難うございました。
そして私も必ずや今年の試験を突破を決意いたします。今後ともご指導方、どうぞよろしくお願いいたします。

●植山先生
いつも大変ありがとうございます。
今回のセミナーも様々な立場の講師を揃えていただいたお陰で、目先のテクニックよりももっと大切なこと、つまりは通訳ガイドを仕事にしていく心構えや実際に個々人が起業する決意の必要性など身に染みて役に立ちました。
今後、研修や定期観光などを通じて、基本を身に着けること、スキルを磨くこと、他者と差別化できるように自分を磨くこと、立ち止まっている暇などないことよくわかりました。ありがとうございました。
植山先生には、試験準備に加えて様々なことを教えていただきました。通訳案内士道場の高田先生をご紹介いただいたことも大変感謝しています。

●昨日は、大変貴重なお話を、7人ものありえへん方々から聞かせていただきまして、ありがとうございました。
中でも、最後の植山先生のお話から、先生が、希有な、驚嘆すべき生活力をお持ちであることが良く分かりました。
その先生が、今こそ決心して独立・起業すべきであると我々を激励されましたことに感銘いたしました。
ありがとうございました。

●昨日のセミナーに参加させていただき、とても勉強になりました。
今回、試験に合格をしてから、今後、どのように活動していけばいいのか、まったく五里霧中でしたが、セミナーを受けて、自分の中で多少指針が見えてきました。
どの講師の方のお話もたいへん有意義で、参考になることばかりでした。
早速、新合格者研修会に申し込もうと思っています。具体的なビジョンはまだはっきりとは見えていませんが、少しずつでも自分が出来る最大限のことをやっていこうと思っています。
講師の方のお話はとても興味深く、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
また、このような機会があればぜひ、参加してお話を伺いたいと思います。ありがとうございました。

●今回出席するか迷いましたが、出席して良かったです。大変有意義な一日になりました。
島崎さんのお話は日当などのデータや体験談など具体的、良心的で盛りだくさん、もっとお話をお聞きしたかったですが、今日はご著書を購入しました。
嘉悦さんも体験談をまじえたお話が非常に論理的で分かりやすく、学生さんとは思えないプロ意識を感じました。
小林さんの、翻訳力の必要性や、下見の重要性についてのお話が特に印象的でした。
加藤さんには中高年でガイドを始められたバイタリティを感じました。ロングの仕事の後、スランプを経験されたということでしたが、何が原因だったのでしょうか、気になりました。
Mr.Xさん、面白すぎです。定期観光のすぐにも役立つ具体的な情報、添乗業務の厳しさを思い知りました。
関根さんのお話は現在派遣で働いている者として身にしみました。今まで気が付かなかったことが理解でき、早速相談させていただきたいほど心中穏やかではなくなりました。
植山先生の起業と人生のお話、最後に感動して涙が出ました。今日はありがとうございました。

●植山先生
昨日は大変お世話になりました。お疲れ様でした。
元旦に今年通訳案内士受験を決意し、ハロー通訳アカデミーに師事してまだ6日。右も左もわからず来てみたら3分の2の方々は資格保持者または17年度の合格者の方々で、身が引き締まる思いでした。
一日受講した感想は、やりがいがある仕事であり、かつ想像していた通り、世の為人の為になる仕事であるなあと実感すると共に、極めて労働集約型の仕事であり、収入という意味では知力、体力、気力と忍耐力をかなり使い、かつ気配りもしっかりする割りにはあまり高くないと感じました。
収入を上げるためには、通訳案内士の認知向上と地位向上、そして個人としては必要な体力を維持しつつ、顧客満足度をあげて「この人が良いな」と言われるガイドになる必要があることが良くわかりました。本件に関しては、特に島崎講師、レオナルド講師、小林講師、加藤講師ありがとうございました。
一方まずは英語、次にイタリア語での資格取得を漠然と考えていた小職としては、三ヶ国語の資格をお持ちのレオナルド講師とドイツ語の小林講師のお話が大変為になりました。他言語組のメリットもありますが、競争も激しいですが、やはりニーズが多い英語でまずは経験を積んでいこうと思いました。
関根講師は、起業まもない個人事業主にとって大変頼りになる方だと感じました。「食べていく方法」のセミナーだけに、この様な角度からのレクチャーを頂けて感謝します。
MR.X講師には定期観光の実態をご教示いただき感謝します。大変な業務かもしれませんが、新米通訳案内士の基礎固めには役に立つと感じました。
最後に植山先生には、新しいIT時代に適した仕事の探し方のヒントをいただきました。既存の旅行会社や宿泊施設以外にも広く目を向けたいと思います。また決心の大切さとやるからには情熱を持ってやるべしとの心に刻むべきお言葉いただき大変感謝しております。
小職は60歳定年まであと2年あまりで第二の人生では、今まで以上に世の為人の為になる仕事をしたい、出来れば身体の動く限り仕事をしたいと思います。
これから受験の身。受験までもその後も、末永くご指導賜りたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

●植山様
この度は、1月6日上記セミナーを受講させていただきありがとうございました。
私は、昨年2次試験(英語)で敗退し、今年再度挑戦する者です。
今回のセミナーで第一線で活躍されてる通訳案内士の皆さんのお話をお聞きし、あらためて通訳案内士になり仕事をしたいというモチベーションが高まりました。
特に、島崎さんのお話は時系列を含め、具体的で大変参考になりました。
個人事業主であり起業そのもであるという考え方に共感いたしました。
またそのほかの方々も立場や経験の違いから興味深い話を多々聞かせて頂いたことも勉強となりました。
また、大手旅行者のX氏の旅行者サイドからの視点、派遣ユニオン様についての情報も大変参考となりました。
最後となりましたが、いつもながら会場を明るくし、我々を応援していただく植山様の姿勢に感謝申し上げます。
お世話になりました、ありがとうございました。

●昨日は大変有意義な講演を拝聴させていただきありがとうございました。
植山先生をはじめ、すべての講師陣の方々が、それぞれ、甘い世界ではないが、新人ガイドとしてのこれからを実戦的な見地からお話しいただき、とても有難く、勇気づけていただけました。
地方の在住の身としては地方で活躍されている方のお話がお聞きできず、講演の中で少しお話されていた通り、引っ越すしかないのでしょうか。
その部分に疑問が残りました。今後はこの点に関してもお話しが聞けたら幸いです。
しかし、繰り返ますが、講演で実際の通訳案内士でできる事は微に入り、細に入り、収入等までプライベートな部分もさらけ出していただいて、また、植山先生に直接、合格のお礼も言うことが出来ました。
お静かでありながら、お話しになるととても堂々と、ユーモアを忘れず、今でも新しいことに続々挑戦されるすごい方です。
このような講演を聞くことが出来、本当にありがとうございました。

●植山先生へ
おはようございます。まだ特別セミナーに参加した時の興奮はおさまっておりません。このたびは大変内容の濃いお値段以上の講演会をありがとうございました。
今まであったもやもやとした部分がクリアになり、すがすがしい気持ちになりました。
植山先生がこれまでどのようにして人生を歩まれてきたのかというお話をされ自分をさらけだしてくださり、私はハロー通訳アカデミー全盛期の阿佐ヶ谷校に通っていたのでそのころのことも思い出され感慨深いものがありました。
今まで会った通訳案内士の方はきつい方が多かったのですが当日お話をされた通訳案内士の方はどの方もにこやかで好感がもてる方たちばかりでほっとしました。
旅行会社の実態も垣間見れ、いろいろな角度からお話が聴けたことで貴重な知識を得ることができました。今回のセミナーに参加して本当によかったと思います。
皆様から元気なパワーをいただけました。ありがとうございました。
今回お話いただいたことが今後どうしていくのかということのベースとなっていくと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

●この度は皆様、大変貴重なお時間を頂戴し、本当に有り難うございました。
皆様よりご経験を基にした、なかなか伺うことの出来ないリアルなお話しをいただくことができ、本当にためになりました。
講師の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
また植山先生にはこのような貴重な機会を設けてくださり、感謝の言葉もございません。本当に頭が下がります。
通訳ガイドの地位向上のためとおっしゃっておりましたがそれに報いることができるよう、今後も努力して参ります。
先生、どうかお体には十分ご留意を・・・。
最後に、本当に貴重な機会を設けてくださり、ありがとうございました!
講師の皆様、本当にありがとうございました!

●ハロー通訳アカデミー植山先生そして講師の皆様
本日はとてもためになるお話、有難うございました。
印刷した資料いっぱいにメモを取りましたので、いつでも取り出してじっくり読み返したいと思います。
講師の皆様の温かくエナジェティックなお言葉、アドバイスを胸にこれからガイドとして活躍していきたいと思います。
これからの時代にガイドとして求められることと、そして、自分がこの仕事で望むことを両立できる、そんなガイドを目指します。
とても良い時間をありがとうございました。

●新人研修のために、節約中も これだけはと参加しました。
前の席で聞かせて頂きました。
それは、五度目の今年、植山先生のセミナー参加と、配信教材のお陰で合格にたどり着いたからです。
お陰様で この春 デビューするために、今やるべきことがわかりました。インバウンドリストを入手し、旅行会社の繁忙期までにアクセスします。
地方在住につき、ハブと地方ツアー開発もやりたいのですが、まずは、1人で関東ガイドができるよう準備します。
有難うございました。

●植山先生、各先生方、貴重な講演をありがとうございました。
私は、通訳ガイドになりたい思いがありながら、今まで本気度が足りず、まだ資格を取れずにおります。
今回の講演に意を決して、広島から来て本当に良かったです。
実際のガイドの働き方や感じていらっしゃる思いなどが知りたくて参加させて頂きましたが、目から鱗で、今までイメージできなかったものが少しずつ明確になっていくきっかけになりました。
先生方の温かいアドバイスに心から感謝しております。
しっかりと取り組んで今年こそ先生方の後輩になります!
ありがとうございました。

●植山先生へ
講演 大変有難う御座います。参加者の皆さんの熱気がムンムン、エアコン1度下げ、かつてない盛り上がりでしたね。 以下ご報告申し上げます。

〇島崎秀定様(英語通訳ガイド)
ガイドで 食べていくことは 起業する事。経営者、開発部、営業部長 !本気度、覚悟 が大変なんですね。うーん 重たい言葉です(^ω^) 島崎先生の積極的な活動に感銘しました。1000万を狙いたいです。

〇嘉悦レオナルド裕悟様(大学2年生+現役通訳ガイド)
失礼ですが、この若さで 話の組み立て ロジックが 素晴らしい。

〇小林恵様(ドイツ語通訳ガイド)
新人研修委員でのお話 役立ちました。少し勧誘のイメージが強すぎるかもしれませんネ。JFG加入したいと考えます。やりがい、報酬、社会貢献 が 小林さんのメッセージの旨 承知致しました。

〇加藤久和様(英語通訳ガイド)
ガイド3年目、50代 と フレッシュな感覚でお話しいただき楽しかったです。

〇Mr. X(元大手旅行会社通訳ガイドアサイン担当)
面接はいつでも出れると言う、東京在住 、英語は誰でも話せるので体力が大切。ごもっともです。 刺激になりました。

〇関根秀一郎様(派遣ユニオン書記長)
個人一人で働いてかたの 労組。 通訳案内士も契約を会社と結ぶ事が大切。記録を残す事も。

〇植山源一郎(ハロー通訳アカデミー学院長)
じゃんけんには負けましたが、それ以上に素晴らしい御話を賜りますよう 心より感謝申し上げます。

●講師陣の皆様、植山先生、大変お忙しい中でこのような豪華なセミナー開催に向けてご準備いただき誠にありがとうございました。
長丁場ながら気が付けば17時、時間はあっという間に過ぎていきました。
第一線でベテランとして日々創意工夫を続けて活躍していらっしゃる方、若いながらしっかりとノウハウを確立している方、豊富な社会経験を経てから通訳ガイドの世界に飛び込んだ方、インバウンド業界に就職した経験を惜しげなくお話ししてくださった方、日本の労働実態と雇用問題、身の守り方を伝授してくださる方、そして植山先生ご自身の仕事史、バラエティに富んだ切り口から全てをリアルタイムで共有できたことは大変刺激になりました。
どのような立ち位置にいる方にとっても得るものが多いセミナーだったと思います。
情熱を持って取り組む、こうと決める、すぐやる。
人生、何かを始めるのに年齢は関係ないのだと改めて確信しました。
資格を取っても何もできないまま一年が過ぎてしまいましたが、今年こそは始動すると誓いました。
貴重な1日にあらためて感謝を申し上げます。

●植山先生
本日は長時間にわたる盛りだくさんの企画、ありがとうございました。
まず、人生百歳時代への備えへの必要性は、まったく同感です。「爆発」への勇気をいただきました。
各講演者にほぼ共通していた思われる点は、自身の体験に基づく説明に自信がみなぎっていて隠れたところでそれなりに努力と創意工夫をされていると感じられたこと、「差別化」が重要であると力説されていたいうことで、プロとしての自覚が大切であることを認識しました。
今後、どう準備していくかを計画するために大変参考になりました。ありがとうございました。

●植山先生
本日は大変為になるお話を聞く機会を与えて下さいまして有難うございます。
昨年の4月に先生のメルマガに登録させて頂き、毎回お送り頂く沢山の情報を活用させていただきました。
動画での講義、過去問、一時試験合格後の英文300選とフラッシュカードの練習でなんとか一発で合格を勝ち得ました。
そして本日の講演会で多くの先輩方の貴重なお話を伺い、決心して、前に進んでいく気持ちをより強くしました。
なかでも嶋崎講師のお話しは興味深く、
①ミスはするけど、リカバリーしてお客様に笑顔で帰って頂く事で失敗はしない。
②一番になる事の大切さ、その方法。(視点を替え、範囲を狭める)
③上位5%になるための努力
等は、「なるほど」と納得でした。
また嘉悦レオナルド裕悟さんの軽快なトークでは、如何に予習が必要か、を実感しました。
そのほかの皆さんの話も、決して楽な仕事ではない事、でも希望を失わないで「今、前に進む」事が何よりも大切である事を痛感した次第です。
まだまだ十分では無いけれど、「弱点は全部伸びしろ」と考え、「独立、起業」を実現すると「決心」しました。
浜田山の迎賓館での合格記念パーティで先生に再会する事を祈念しています。

●植山先生、また講師の皆様
本日は貴重なお話をしていただき有難うございました。
植山先生の貴重な体験談、また日々通訳案内業またこれに携わる講師の方々の現実味を帯びたお話は、今後ガイドとして歩んでゆく上の大きな糧となることでしょう。
本気で行えば、忙しいながらも様々な知識を得ることができ、加えて充実した日々が送れる職業であると感じます。
自分の得意とすることを延ばし、不足している事柄を補うべく、一分一秒たりとも無駄にせず、自己研鑽に励んで参ります。
本日は有難うございました。

●今すぐ会社を辞めて専業になる予定はないのですが、JFGの新人研修に出ようと思っています。
正直、英語力には不安があるのですが、ずっと接客業をしてきたので、お客様からの無理難題、理不尽なクレームも日常茶飯事ですし、イベント運営で団体を動かしたりすることと共通点が見えてきました。
まずは怪我なく安全に、予定通り円滑に全行程を終了させる・・・とても大事なことだと思います。
性格的には人を喜ばせるのが好きで、他国の文化を知るのが大好き、人見知りなし、声がでかいタイプなので、向いているとは思います。(でも後ろ向きにバスに乗ったら、酔うかもしれない・・・)
「本物のガイディングというものを見てみたい。ガイドによってその旅行がより楽しめるのなら、一生の思い出を造るお手伝いができるのかも知れない。」これが今の気持ちです。
最終的には他の方が考えたツアーのガイディングより、自分なりのツアーを考えて、ネットで販売した方が、結局旅行する方も、自分にも良い気がしてきました。 ただ、需要があっても、そのターゲットに届くかどうかが難しいと思いました。
植山先生、講師の皆様、とても有意義なセミナーを開催して頂き、本当にありがとうございました。
皆様の更なるご活躍をお祈りしております。

●植山先生
本日もありがとうございました。
私は今年の試験合格者(英語)ですが、一発合格できたことがまだ信じられず、実際にどう仕事を始めるのかまだまったく調べられておりませんでした。
もちろん、団体に所属して実際に仕事を始めなければわからないと思いますが、その前にこの業界について知ることができ大変有意義でした。
どの方のお話もとても役に立つものでしたが、意外にネガティブ(失礼)だった加藤さんのお話は、現在の自分に近いところがあり非常に親近感をもって聞くことができました。
法改正の影響がどう出るかわからないので、なるべく早いうちに活動を始めることが重要、ぼーっとしている暇はない!ということも良く理解できました。
今回のセミナーで学ばせていただいたことをもとに、今年ガイドデビューし、いつか「講演者」としてお話しできるレベルのガイドになれるよう努力したいと思います。
重ね重ね、ありがとうございました。

●植山様、講師の皆様へ
本日は全国通訳案内士として仕事をする上で役に立つ情報を惜しみなく語って頂きまして、誠に有難うございました。限られた時間の中で講師の方それぞれの念いを感じて、そのメッセージをレジメに書き込みました。これからも何度も見返すことになるでしょう。資格を取った後に自分の決心が鈍らないよう大事に保管しておきます。
本当なら2017年度の2次試験に合格して、このセミナーに参加したかったのですが、叶いませんでした。会場に意気揚々と来られていた合格者の皆様の顔を見て、来年こそは自分がそうなってなきゃ駄目だぞ!と言い聞かせました。
帰宅後、妻と息子にこんな話をしました。島崎さん曰く、副業としてこの仕事をやるのは厳しいと。やるなら本気で、本業でやるべきだと。
すると、二人からは、じゃあ(あなたは)どうしたいの?と。
国際交流・国際貢献に魅力がある以上、今の仕事でそれが実現できないなら、いつかそれを終わらせる時が来て、自分のやりたいこの仕事に賭けてみたいと答えました。勿論、まずは次の試験に合格するのが先決なのですが。。
本日のセミナーは、資格を取るということは自分の人生にどんな意味を持つことなのか?をじっくり考える良い機会となりました。講師の方のように、この仕事はやりがいありますよ!といつか私もそんな風に語れる日を夢見て。

●植山先生
本日はありがとうございました。
合格したものの、何をどうすれば実際に仕事ができるのか全く五里霧中の状態でしたが、少しずつ道が見えてきたように思います。
それぞれの講師の先生方のお話しに心を動かされましたが、特に小林さんのお話は、他言語のガイドとして仕事をしていくことの大変さと面白さが、よくわかりました。
また、今まで勤め人の経験しかないので、個人事業主になることが怖くはありますが、頑張ってみたいと思いました。
今日の先生方のお話を伺い、何とか現在の仕事の都合をつけて研修会に参加し、同じ言語の仲間とつながりたいと思うようになりました。
考えてみれば、去年の今頃は通訳ガ イド試験を受けることなど考えてもいない状態でした。それが、今年は開業を目指すところにいるとは全く人生おもしろいものです。これも植山先生のお導きのおかげです。
先生、ありがとうございました!

●植山先生
いつもお世話になっております。
昨日は、<通訳ガイドで食べていく方法>のセミナー参加し、素晴らしい講師陣より貴重な情報を得ることができました。
通訳ガイドという仕事が全く分からない小生が、昨日のセミナーである程度理解することができました。
有難うございました。
現段階では、まだこの仕事を専業にしてとは考えておりませんが、非常に参考になりました。
同じ事例でも、講師の方によって、若干ニュアンスが違う部分があったので、いろいろな側面から理解することができました。
レオナルドさんのように学業の空いた時期を活用して、このような仕事もできるのかと参考になりました。
小生の場合は英語ではない「他言語」なので、ドイツ語の通訳ガイドをされている小林さんのお話は有益でした。
強いて欲を言えば、収入面の情報がもう少し得られたらと思いました。
有難うございました。

●植山先生
昨日の、セミナー開催本当にありがとうございます。
現役通訳ガイドの方々による現場の声が聞けて、本当に役立ちました。
ツアーガイドの仕事をしてみたいと思いつつ、体力的に自信がありませんが、ネットを通じて起業する事を考えてみると、色々なやりかたがありそうだな、と思いワクワクしてきました。
植山先生の、人生100年時代、起業こそが自分を活かせる道、という話が今の自分にぴったり合って嬉しかったです。
今回二次試験がダメで、今年はまた一次試験の一部を受験しなければならない身ですが、この機会を前向きに捉えて、また精進してまいります。
貴重なお話、本当にありがとうございました。

●昨日は貴重なお話しを聞ける機会をありがとうございました。
今回初めてハローのセミナーに参加をさせて戴きました。
2015年よりトライをしておりますが、いまだ一次試験合格ならず、2018年の試験は必ずやと思っております。
そして、今回、現役のガイドさんによる「食べていく方法」のお話を聞き、試験への決意がより一層強くなりました。
現役ガイドさんからの実体験、組合の役割、業界裏話、個人として働き方、稼働日数の具体的な数字は非常に勉強となりました。
また、独立して生きてゆく事を考えるためにも、植山先生のお話は非常に勉強になりました。
わたくしの場合はまず試験に合格しなくてはなりませんため、今年もまずは勉強を続けます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
今回はありがとうございました。

●植山先生
昨日はありがとうございました。
ハロー関係のイベントに初参加ながら、現在の自分、これからの通訳案内士試験の受験を控えている自分を考える上で多くのことを学ぶことができました。
仕事の都合で残念ながら嘉悦さんの途中からの参加ではありましたが、それでもさまざまな観点からみた通訳案内士像をうかがい知ることができたと思っています。
その中でもMr. Xのお話はとても印象に残りました。
というのも他の皆様は、いかに心のこもったサービスを、であったりいかに充実した時間を過ごしていただけるか、というおもてなし精神あふれるお話だったのに対し、いかに現場で滞りなく旅程を進めるかというとても生々しい観点から(しかしながら面白おかしく!)お話をされておりましたので、華々しい部分だけをピックアップしてもてはやすサービス業の裏を見ることができたという意味ではとても貴重な経験だったからです。
もちろん裏の部分を知った以上にやりがいのある職業だということが再認識できましたので、より一層のやる気をもって学習に励んでまいりたいと思います。
今後ともセミナー等でお世話になります。
よろしくお願いします。

●新春特別セミナー、大変参考になりました。植山先生、講師の皆様、ありがとうございました。臆病者で腰の重い私です。
新しいことを始める一歩を踏み出すのに時間がかかってしまい、チャンスを逃してしまうのが常。JFGの新人研修には興味があるけど、個人事業主として通訳ガイドはやはり無理かなぁ、と二次試験合格以来考えていました。
セミナーで、講師の方々のお話で厳しさを再認識したのと勇気づけらたのと半分半分でした。
新人ガイドとして私に仕事がひっきりなしに来るはずがなく、営業活動も最初から上手にできるはずがないですよね。
でもガイドとしての少しでも仕事ができるように、お客様にお金を払った価値があったと思っていただけるガイドになれるように自己研鑽あるのみです。
セミナーで席が近かった同郷の2人の紳士からも役立つ情報と前に進む勇気をいただきました。
セミナーに参加して本当に役に立ちました。JFGの新人研修申込日までネガティヴにならないように自分をキープしていきます。

●昨日はセミナーに参加させていただきありがとうございました。
実際にガイドとして活動するために何が必要なのかが分かりました。特に、レオナルドさん独自の視点からお話いただいた事前準備の内容は本質を付いており、大変参考になりました。
また、Mr.Xさんの採用基準のお話もまさにその通りだと思い、考えが変わりました。
私にとっての通訳案内士はあくまでも生涯学習の一つなので、仕事として取り組むことは考えていませんが、これからボランティアとして活動しようと思っており、そんな私にとっても貴重な情報を手に入れることができました。
本当にありがとうございました。

●植山先生
この度は新年早々から、通訳ガイドで食べていく方法のセミナーを開催して頂き、ありがとうございました。
私は昨年通訳ガイドの資格を取得致しまして、すぐに新人研修を受けたまでは良かったのですが、準備不足で桜の時期のガイドスタートに乗り遅れてしまいました。せっかく打診を頂いたお仕事をお断りしてしまったからです。
今回、もう一度気持ちを入れ替えるため、諸先輩の皆様の貴重な「通訳ガイドで食べていく方法」をお伺いしようと思い、セミナーに参加させて頂きました。
スピーカーの皆様は最前線でガイドとしてご活躍されているだけあって、ガイドに必要なことを多面的に、そして的確に分析されていて、とても分かりやすいお話をされていました。
中でも通訳ガイドで食べていくことは、経営者であり、商品開発部長であり、営業部長でもあるという、島崎様のお話には、ハッとさせられました。
私は今まであまり売上などに関心が無く、商品開発、つまり研修ばかりに気を取られていました。そして営業活動も、数社に履歴書などを送り、契約したものの、そのままになっていて、熱心とは言えない状況だったからです。
そして、通訳ガイドとして必要なことは、まずは勇気と覚悟 「今すぐ始める」というお言葉にとても背中を押された気分になりました。
またMr.Xさまの、通訳ガイドにとってのお客様とは誰なのか?という問いかけには、当然旅行者様しか頭に無かった私には、エージェント様もホテルの関係者の方も全ての方がお客様であるというお言葉に少なからずショックを受けました。
様々な点で気持ちを入れ替えることが出来て、今回のセミナーを生で受けさせて頂き本当に良かったです。 
ありがとうございました。

●休憩時間を除いても、5時間「も」あるセミナー、そこまで集中力が続くのだろうか...と、参加前は少し心配になりましたが、その心配は杞憂に終わりました。
皆様の話が、内容も勿論価値あるものでしたが、話の進め方が本当に上手で思わず聞き入ってしまい、あっという間の5時間となりました。
現役のガイドの方は皆様、話(プレゼン)が本当にお上手ですね。常日頃から心がけておられるからなのでしょうが、流行りの話題を上手く取り入れられたり、季節的な話題のものを身につけ話題にされたりと、聴衆の惹きつけ方を心得ておられ、「さすがだな」と感心することばかりでした。
また、ガイドの仕事を本当に楽しんでおられる様子が伝わってきたのが、大変印象的でした。
合格発表直後のこのタイミングで、お手本にしたい、そんなガイドの方々のお話を直接拝聴できたことは、私に取って大変有難い、貴重な機会だったと感じております。有難うございました。

●この度は大変有意義なセミナーに参加させて頂き、有難うございました。
寝不足で参加したのですが、5時間以上に及ぶセミナ-にもかかわらず、内容が充実し過ぎていて一睡も出来ませんでした!
私には旅行業界について全く知識がありませんでしたので、参加させて頂いて大正解でした。通訳案内士の先生方が、みなさん、大変だけど仕事が楽しいと言われていたのが、とても印象的でした。
また、派遣先と直接雇用契約を結ばないとの誓約書を書かせるような狡い旅行会社が、今だに存在する事にも驚きました。やはり、いつの時代もそんな会社はあるのですね。
先生方のお話を、簡単ですが私なりにまとめますと、私達が目指すべきなのは、強く賢く努力家で謙虚で明るい羊でしょうか。簡単にまとめすぎましてすみません(笑)
セミナ-の資料とメモを時見直し、頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

●植山先生
セミナー開催ありがとうございました。
合格したという事でゴールインした気になっていたのですが、それが大きな間違いで、よーやくスタートラインに立つことが出来たのだと改めて思い知らされたセミナーでした。
「通訳案内士になる事は起業する事」、この言葉は、30年以上サラリーマン生活を送ってきた私にとって、正直なところ想定外の言葉でした。
同様に思われている方も多いで有ろう事、またそんな考えに対する先生方のご意見も拝聴出来きた事、大変ショックではありましたが、大変有意義なひと時でした。
来週JFG主催の説明会にも出席します。
2月の研修会にも出席しようと考えていますので、それらの行事を通じて最終的にどう行動するか、決定したいと思います。
本当にありがとうございました。
PS:講師の方全員が通訳ガイドの仕事についてやりがいを感じている事が本当によくわかりました。

●植山先生
新春特別セミナー<通訳ガイドで食べていく方法>に参加させて頂きありがとうございました。
私は福島県通訳案内士の資格はありますが、全国通訳案内士の資格は、ありません。
私のようにまだ合格していない人が、三分の一ぐらいいたでしょうか。
バッググランドが異なる講師の皆さま方のお話し、とても参考になりました。
実務に直結した形での新人研修を受け、自分自身のバリケードを取り除き、勇気と覚悟をもって活動に体当たり、植山先生のおっしゃる通り、勝ち残れる者は、情熱そして決心することなのだということが、よくわかりました。
自分が説明できないことが、判断基準ではなく、あくまでもお客様の満足度が最優先であること、自分の人生経験が大いに役立つこと、積極的なエージェント回り、仕事は歩いて来ない、自分で開発していくもの。
私にはまだまだ超えなければいけないハードルがたくさんありますが、いつか講師の方々のように、なりたいなと思いました。
10時半ごろ会場に到着し、並んで待っておりましたが、前後の人達と情報共有ができたりと、大変有意義な時間となりました。
ありがとうございました。

●植山先生
いつもお世話になっております。
25日の合格発表前に、この研修に参加したいという気持ちでいっぱいでしたが、お陰様で実際に合格できて<通訳ガイドで食べていく方法>の講演に参加することができたことを本当に嬉しく思いました。
長時間に渡り、お昼休みの時間も30分だけ、休憩時間も惜しいほど植山先生や講師の先生方の熱い講演の内容、本当に勉強になりました。
11月の2次対策セミナーに3回参加させていただきましたので多少重複する内容もありましたが、目から鱗が落ちるような内容が沢山ありました。
年齢的に50代半ばですので年齢に対しての不安もありましたが、私と同じくらいの年齢の講師の方のお話を聞いて安心したこと、通訳ガイドの現状、仕事の取り方、心構え、新人研修の情報、仕事をする上での困り事や相談場所、最後の時間の植山先生のメッセージ等々盛り沢山の内容でした。
今後この研修を活かし、さらに自己研鑽に励みたいと思います。
本当にありがとうございました。

●セミナーに参加させていただき大変ありがとうございました。
12月25日にwebでの合格発表で自分の番号を見つけ、ようやく合格できたことに喜びを噛み締めていたところでしたが、セミナーに参加して、あぁ、資格取得してからが大変なのだということを講師の皆様に教えていただきましたし、多くの方々が資格取得だけで終わっているという理由も分かりました。
腰掛程度では、お小遣い程度にしかならない(小遣いにもならないかも??)。話を聞いた自分が自らその世界に飛び込んで大変なこともどんどん経験を積んでいかなければ依頼が次から次へと入ってくる様な通訳案内士にはなれない。
これからは無資格者も加わり、こちらに有利なところは一つもない。ただ、仕事のチャンスを得るためにエントリーできる対象になっただけだったということ。3,4月には旅行会社の繁忙期が始まるので、1,2月中に活動を開始するべきであること。これから進めて行くうえで自分に制限を加えるなというコメント。
のんびりしていた私には講師の皆さまのお話はかなりの刺激でした。自分の是非、東京オリンピックまで自分を奮い立たせて頑張って進めて行きたいと思います。
講師の皆さまそして植山先生、貴重なお話をありがとうございました。

●昨日は大変ためになる講義ありがとうございました。
感想としましては、Mr.X氏がおしゃっていたように、厳しい現実が良く分かりました。
生半可な知識や経験、英語の能力よりも走れる事が重要というのが非常にリアルに感じました。
また食べていくには、どれだけのガイド日数をこなせるかが重要という一点だけという事を痛感しました。
なかなか実入りの良い商売はないですが、あらためて自分の今後を考えていきたいと思います。
参加して良かったです。
ありがとうございました。

●昨日は長時間にわたるセミナー、講師の皆様お疲れ様でございました。
独学で2016年度英語合格したものの、英語講師・マナー講師の仕事が忙しく、新人研修を受けられずにおりました。
今年こそはガイドデビューを果たそうと思い、初めてハロー通訳アカデミーのセミナーに参加させていただきました。
合格後にハロー通訳アカデミーの存在を知りました。
皆様のお話はとても勉強になりましたが、特に、島崎さん、嘉悦さん、小林さんのお話はとても心に残りました。
貴重な内容のセミナーをありがとうございました。

●この度は、大変ツボを突いた内容の講演会を開催して頂きありがとうございました。
事前に参加者から質問を集め、講演者の方々の内容に盛り込んで頂けるという植山先生のカスタマーファーストのお考えが素晴らしいと感じました。
自分は現在51歳の会社員でまだ不自由なく会社内でも活躍していることもあり、どのタイミングで通訳案内士としての活動を開始するか、今後の人生設計と通訳案内士を取り巻く環境の変化に鑑みて、皆さまのお話しが示唆を与えて下さいました。
会社はこのご時勢副業を認める方向にはなりつつありますが、やはりそのような中途半端な態度ではうまく行かないであろうことが明確になりました。
会社という組織の中で守られていた自分が、個人事業主という経営者として 一人立ちすることへの不安の裏返しかもしれませんね。
最後の植山先生のお話では、私のような人間の背中を押して下さっているように感じました。
今後、JFGの説明会などにも参加し、情報収集をしつつ、次のステップを検討していきたいと思います。
改めまして御礼申し上げますと共に、引き続きご指導いただけましたら幸甚です。
よろしくお願い致します。

●植山先生へ
まずは、講演者へ参加者からの質問を事前に伝えて置き、その要望に沿ってのレジメを準備し、また参加者に事前情報を宿題とし読んでもらうという方法自体大変に合理的で、この基本準備なしの講演会が多く、がっかりすることも少なくありません。
現在社内外で、数名から200名程度に研修と言いますかプレゼンを行うことがあり、話したいことに関連する事前資料の宿題や講義途中や後半の理解度チェックは行ってきまっしたが、事前の質問(要望収集)は抜けていました。
今気づきましたが、感想の提出は次回への修正ヒントとともに理解度チェックでもあるのかもしれないと思いました。
講義内容については、多くの方が詳しくお書きになると思いますので省きますが、植山先生の実体験の基づくお話は面白かったですね。私も聴講者からの笑いが取れれば乗ってきますが、見ていても大変楽しそうでした。
ありがとうございました。

●2年前に合格して参加したときにくらべると、講師の方々の内容はますます濃く、日本の置かれている状況の厳しさからか、今ガイドにならなくては、と切実な思いにさせられました。
まず会場内で実際に活動をしている人が十数人だったという事は驚きで、グズグズしている人にがわたしだけではなかったということに励まされました。
どの講師の方々も実体験の中からお話をして下さったこと、ミスはあってもお客様の満足を損わない限り失敗ではないこと、年齢のハンディはそれほどない事など、2年前に受けた講義に比べると励まされるものばかりでした。
2年前講師の方々のお話しにJFGに入会することも含めすっかり怖気付いてしまいましたが、通訳ガイドと言う仕事がより身近に感じられた今、やらなくては、という気持ちになりました。
有意義なお話を本当にありがとうございました。

以上

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新春特別セミナー<通訳ガイ... | トップ | 特別セミナー<通訳ガイドで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●セミナー・講演会」カテゴリの最新記事